今キテる調理家電!絶対使える電気圧力鍋のおすすめランキングTOP8

毎日料理を作っておられる方は、どのような調理家電を使われておられるのでしょうか。

最近、使っている方が多くなってきているのは、断然「電気圧力鍋」だと思います。

何と言っても「時短」になるところが嬉しいですね。

シチューやカレー、肉じゃがなど、普段よく家で作るメニューですと、調理時間にかかる時間が圧倒的に短縮出来ちゃいます。

また、電気圧力鍋は安全性が高いので、小さなお子様がおられる御家庭でも人気がありますね。

簡単に作れるところも嬉しいです。

電気圧力鍋に材料を入れてボタンを押して放置するだけでOK、なんてメニューも多いので、火加減で失敗することもありません。

私は一年前に電気圧力鍋を購入して使い始めたのですが、ものすごく簡単に料理が作れるので最初ビックリしたほど。

作れるメニューも増えたのも嬉しいですね。

電気圧力鍋があると、コンロ口が少なくても、もう1品多く用意するということも出来るのも良いですね。

ホームパーティーなどで料理の品数を多く作りたい場面では、大活躍しますよ。

電気圧力鍋

 

電気圧力鍋とは?メリットは?

電気圧力鍋は、電気を使って加熱するタイプの圧力鍋のことです。

一般的な圧力鍋はコンロを使って加熱するのですが、電気圧力鍋はコンロを使わず電気で加熱するため、コンロ口を1つふさいでしまうこともありません。

ここでは、電気圧力鍋のメリットについて、1つ1つ見ていきましょう。

 

安全性が高い

電気圧力鍋は、自動で加熱、加圧、減圧を行ってくれる仕様になっているので、安全性に優れているというメリットがあります。

ガスコンロなどで鍋やフライパンを使って調理する場合には、火をかけている間中、目が離せないのですが、電気圧力鍋を使えば長時間の調理でも危険性が無いため、あまり普段から料理をしない、という方でも安心して使うことができます。

直接火を使わないので、小さなお子さんがおられる御家庭でもハラハラしながら料理をする、ということもなくなりますね。

 

料理の際の価格が抑えられる

シチューや煮物などを作る時に、コンロで長時間弱火で加熱をしていれば、ガス代が高くなってしまうことになります。

電気圧力鍋で同じメニューを作る場合には、まず電気を使うことで安く上がり、しかも圧力をかけて調理するため、時間もかからずに済むので、さらに光熱費を低く抑えることが出来ます。

毎日の料理に関して言えることなので、10年も使えば光熱費はトータルでかなり違ってくるのでは無いでしょうか。

 

エコな料理が出来る

新じゃがなどが手に入ったら、肉じゃがを作りたいですよね。

そんな時にも、じゃがいもの皮を剥かずにそのまま肉じゃがを作ることも出来ます(もちろん、皮は剥いてもOKです)。

電気圧力鍋なら、皮付きのじゃがいももそのまま料理しても食べられるので、時短になる上、美味しくて、エコにもなると、良いことだらけです。

トウモロコシも、上の薄皮付きで電気圧力鍋を使って蒸すと、とっても甘みが残って美味しく仕上がります。

 

ビーフシチューなど手間のかかる煮込み料理でも時短な料理が出来る

みんな大好きなビーフシチュー!

でもビーフシチューって、お肉が柔らかくなるまで煮込むと、すごく時間がかかるのですよね。

短時間で作ろうとすると、お肉が硬くなってしまったりすることも。

そんなビーフシチューも、電気圧力鍋を使うと驚くぐらい時短で出来ちゃいます。

しかも、作っている間は放置しておくだけなのでとても楽チン。

鍋に火をかけて調理する場合と比べても各段に安全ですし、失敗の無いお味に仕上がるところも嬉しいですね。

全体の調理にかかる時間ですが、「圧力を上げる」時間と料理ごとの調理時間と「蒸らし時間」がかかるので、トータルで40分程度で調理出来ることになります。(電気圧力鍋によって異なります)

一般的に、鍋とフライパンを使って作るビーフシチューの場合には弱火でじっくりと2時間は煮込まないといけないので、大幅に時短になりますね。

 

メニューの幅が各段に広がる

煮込み料理に強い電気圧力鍋ですが、もちろん、それ以外の料理にも活用出来ます。

設定温度や運転モードの使い方に慣れてきたら、自分でオリジナルのメニューを作れるようにもなるのが嬉しいですね。

電気圧力鍋には色々な料理メニューを作ることを設定して作られているものが多いので、購入時にレシピ集などがついてきます。

炊飯も出来るので、炊き込みご飯や、鯛めしなどを作って楽しむことも出来ます。

人気の無水料理が出来る機能がついていれば、食材の持つ水分だけで出来上がり、味が濃厚で栄養たっぷりの料理も簡単に作ることが出来ます。

蒸し料理機能や、スロー調理機能もついているタイプであれば、もう自由自在に様々な手の込んだ料理が作れるようになります。

お料理初心者の方に嬉しい電気圧力鍋ですが、プロの方でもオリジナルの料理を美味しく時間をかけずに作れるという理由で電気圧力鍋を使っておられますよ。

圧力鍋

料理の失敗が無い

ほとんど全ての調理の工程をまかせられるのが電気圧力鍋です。

人間が手を加えて火加減を調節するという場面が無いので、火加減で失敗するということがありません。

お肉を煮込む場面などでは、火加減を間違えてしまうと、硬いお肉になってしまうことがありますが、電気圧力鍋を使えば柔らかい仕上がりになります。

お料理の火加減でよく失敗してしまう、という方に電気圧力鍋は是非使っていただきたい調理家電です。

 

電気圧力鍋の機能性とは

電気圧力鍋には、どのような機能が備わっているのでしょうか。

圧力調理はもちろんですが、他にも様々な調理が簡単に出来る機能が付いているタイプも多く出ています。

どのような機能があるのか、1つ1つチェックしていきましょう。

 

無水調理機能

人気の無水調理が行える機能です。

水を使わないで、食材の水分だけで仕上げるので、栄養豊富で美味しくコクのある味わいが楽しめるようになります。

無水調理の代表的なメニューはカレーですが、野菜の旨味がギュッと詰まったオリジナルカレーが作ることが出来ます。

野菜の煮物なども無水調理機能を使えば、とても美味しく手軽に作れるので、もう1品という時でもすぐに作ることが出来て便利です。

 

低温調理機能

低温調理というのは、40℃~70℃程度の温度で、じっくりと調理していく調理方法のことです。

お肉などを煮込む時に、70℃前後でじわじわと調理すると肉の旨味が肉の内側に閉じ込められて美味しい仕上がりになります。

ローストビーフなども簡単に作ることが出来ますね。

他に、低温調理では何が出来るかというと、40℃程度でヨーグルトを作ることが出来、70℃で温泉卵も出来る便利な機能です。

 

スロー調理機能

スロー調理は、沸騰しない温度で長時間かけてじっくりと煮込み調理をするスロークッカーの機能のことです。

煮込み料理やおでんなど、長時間火のそばにいなければ作れない料理が、材料を入れてボタンを押して放置するだけで作れるのですから、これはあると嬉しい機能ですね。

しかも、煮崩れしないという特徴があるので、失敗無く美味しい煮込み料理が楽しめます。

煮物

炊飯機能

意外と思われるかもしれませんが、電気圧力鍋では炊飯が出来ちゃうんです。

普通の圧力鍋でも炊飯は出来ますが、コンロをふさいでしまわずに使える電気圧力鍋は便利に使えますね。

一般的な炊飯器の圧力が1.2~1.3 気圧で、この値は電気圧力鍋の圧力と同等なので、十分に炊飯が出来るわけです。

白米はもちろん、玄米も炊き込み御飯も美味しく作れる電気圧力鍋は、家にあると重宝する調理家電となりそうです。

ただ、炊飯機能があっても、「タイマー入機能」と「保温機能」が一緒についている電気圧力鍋でないと、炊飯には向かないでしょう。

「タイマー機能」が付いていなければ、好きな時間に炊くことが出来ないですし、炊きあがった御飯を保温しながら美味しく食べるためには「保温機能」が必要になります。

 

調理コース機能

調理コースがあるとさらに便利です。

材料を入れて、調理コースのボタンを押して放置するだけで、料理が仕上がります。

調理コースのボタンには、「シチュー/スープ」があるタイプが多いです。

おでんを作る場合であれば、内鍋の中におでんの具材と調味料を入れて、料理コースボタンを押して放置して待つだけで美味しいおでんが出来てきます。

これはシチューの時にも同様ですね。

手間要らずで美味しい料理が簡単に出来るので、調理コース機能がついていると便利だと思います。

 

保温機能

調理が終わった後、自動的に保温の状態になる機能がついていると、空いた時間を利用して前もって料理の支度をすることが出来ます。

炊飯機能を利用する場合にも、この保温機能がついていれば、炊いた直後に食べなくても1時間後に美味しいご飯が食べられます。

 

料理上手を目指すならレシピ数が多い商品を選ぶのも◎

電気圧力鍋には、調理機能コースが付いているタイプが多くありますが、他にも色々な凝ったお料理を作りたい、と思っておられる方も多いはず。

商品によっては、購入時にレシピ集が付属してついてくる電気圧力鍋がほとんどです。

レシピ数の豊富な商品を選ぶのも、料理のレパートリーが広がるので良いと思います。

また、有名な料理サイトでも、電気圧力鍋を使ったレシピが数多く載っているので、そういったサイトを積極的に利用していくとレパートリーがどんどんと増えていきそうですね。

 

電気圧力鍋のおすすめランキングTOP8!

8位 ワンダーシェフ 電気圧力鍋 OEDA30

ワンダーシェフの電気圧力鍋で、とても人気があります。

容量は3リットルのタイプと、4リットルのタイプの2タイプが選べます。

カラーはキレイなレッドなので、キッチンに置いておくだけで楽しくなりそうですね。

サイズは、幅30.4× 奥行27×高さ27.8cmで、結構大き目なので設置場所は予め考えておきましょう。

オートメニューキーがついているので、ボタン1つで火加減要らずで調理可能です。

火力の自動調整をしてくれるので、失敗が無く、調理が終われば自動で保温してくれます。いつでもアツアツのお料理が楽しめるようになっています。

付属の「ガラス蓋」を使い、90℃で低温加熱が出来ます。圧力調理をしないで、じっくりと煮込みたい料理にもうってつけです。「スロークッカーキー」を押すだけでOKです。

また、付属の「蒸しす」を使って余分な脂を落としながら圧力調理するので、とってもヘルシーです。

調理完了の合図はデジタルタイマーとブザーでお知らせしてくれるので、わかりやすくて便利に使えます。

炊飯機能を使う時には、タイマー予約が可能なのも嬉しいですね。

鍋の内面はノンスティック加工なので、お手入れが簡単に出来るのも良いと思います。蓋部分もはずせて洗えるので衛生的で良いと思います。

蒸気の噴出音が無いので、とても静かなため、赤ちゃんや小さなお子様のおられる御家庭でも安心して使えます。

料理研究家の浜田陽子先生による「クッキングブック」が付属でついてくるのも魅力です。

何と50種類のレシピが掲載されているというから、料理メニューのレパートリーが増えるのも良いですね。

価格帯も電気圧力鍋としてはリーズナブルで、お料理初心者の方も火加減で失敗することが無いのでとてもおすすめです。

 

7位 AL COLLE 圧力式電気鍋 電気圧力鍋 APC-T19/W

出典: Amazon.co.jp

AL COLLE 圧力式電気鍋 電気圧力鍋 APC-T19/W

アルコレの電気圧力鍋です。

本体サイズは、幅29.5× 奥行30.5×高さ26.5cmと結構大き目なので、設置場所を決めてからの購入が良いと思います。

付属としては、計量カップ、しゃもじ、蒸皿、蒸気受け、レシピブックがついてきます。

圧力をかけるタイプの料理だけでなく、蒸し料理、煮込み料理、炊飯などにも対応できるので、持っておくととても重宝しそうです。

電源コードを引っかけても安心なマグネットプラグも嬉しいですね。

料理が楽しくなる50種類のレシピブックと、蒸し料理に便利な蒸し皿付き。

時間がかかるスペアリブも簡単に作れるということなので、忙しい方の味方になってくれそうです。

保証期間も12 ヶ月ついているので、信頼出来ると思います。

価格帯も電気圧力鍋としてはリーズナブルで気軽に買えるところも良いですね。

 

6位 ティファール  マルチクッカー  クックフォーミー  CY7011JP

出典: Amazon.co.jp

ティファール マルチクッカー クックフォーミー CY7011JP

ティファールの電気圧力鍋です。

サイズは、幅38×奥行35×高さ32.5cmなので、かなり大き目です。

設置場所はあらかじめ考えておいた方が良さそうです。

容量も6リットルで、4人家族などのファミリー向けのサイズです。

付属品としては、中かご(蒸し料理用)、炊飯用計量カップ、クイックスタートガイドがついています。

何と内蔵レシピが60もあるので、毎日の料理を選ぶのが楽しみになりそうです。

使い方も簡単で、「レシピ選び」液晶画面で作りたいレシピをセレクトし、「調理スタート」画面の指示に従って調理し、「できあがり」タイマーが鳴ったら出来上がり。

タイマー設定が出来るので、食べたい時間に合わせて料理が出来上がるようになっています。

マニュアル操作も出来る仕様になっています。

圧力調理、通常調理(焼付け、煮る、スロークッキング)、再加熱、保温が出来るので、オリジナル料理もラクラク出来るように作られています。

使用後のお手入れも簡単で、鍋は取り外し可能で、内側はセラミックコーティングで出来ているので、こびりつきにくく、洗いやすくなっています。

安全基準に適合していることを示す『SGマーク』がついているので、信頼出来ると思います。

保証期間は1年ついているので、安心感があります。

価格帯は、若干高めですが、安心出来るブランドということもあるので、妥当なところではないかと思います。

 

5位 D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋 STL-EC25

D&Sの電気圧力鍋です。

2.5リットルのタイプの他に、4.0 リットルも用意してあるので家族数に応じて選べるところが良いですね。

2.5 リットルのタイプだと、サイズは27.2×24.6×29センチと案外と大きいです。

付属品は、内なべ、しゃもじ、計量カップ、パッキン(予備)、コードバンド、取扱説明書、レシピブック、かんたん手順シートがついています。

予約タイマー機能が搭載されているので、お出掛け前に材料を入れてセットしておけば、帰宅する頃には美味しいお料理が出来上がっているなんて夢のようなことが実現出来そうです。

予約タイマーは、30分単位で最大24時間まで予約出来ます。

「炊飯」「煮物」といったようなダイレクトボタンがついているので、わかりやすいところが良いと思います。

「お好み」ボタンでは、加圧調理時間を変えることが出来るようになっており、自由に設定も出来ます。

炊飯も出来るので、持っていると便利に使っていけそうです。

角煮や野菜の煮物などの煮るのに時間がかかる料理を簡単に作りたい、という方におススメです。

保証期間も1年あるので、安心感があります。

価格帯もリーズナブルなので買いやすいところも嬉しいですね。

 

4位 パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式 SR-P37-N

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式 SR-P37-N

パナソニックの電気圧力鍋です。

サイズは、幅31.5× 奥行27.0×高さ29.6cmで、結構大き目です。

容量は、満水容量は3.7リットル、調理容量は2.4リットル、炊飯容量は0.4~1.2 リットルとなっています。

3段階の温度設定が出来る「低温調理」コース、下ごしらえから煮込みまで1台でまかなえる「下ごしらえ」コースが搭載されています。

材料に合わせて、「高圧」約200kPa(2気圧)と、「低圧」約160kPa(1.6気圧) が選べるようになっています。

炊飯ももちろん出来るようになっており、白米だけでなく玄米も炊き込み御飯もOKです。

圧力をかける料理に強いだけでなく、煮込み機能や低温調理機能も楽しめるようになっています。

鍋には「ダイヤモンドフッ素加工」が施されているので汚れや臭いがつきにくく、お手入れも簡単です。

また、コードの着脱がしやすいマグネットプラグ採用なのも、危険がなくて良いですね。

3段階の温度設定が可能な「低温調理」が出来るので、温泉卵やプリン、煮物まで幅広く楽しめるようになっています。

お料理初心者の方にも便利だと思いますが、圧力鍋を使い込んだ方にも納得のいく商品ではないでしょうか。

カラーは、ノーブルシャンパンの他にピンクもあります。

どちらも素敵なカラーなので、キッチンが華やかになりそうです。

保証期間も1年ついているのも安心感があります。

価格帯は若干高めですが、信頼出来るブランドということがあるので、お値段以上の価値があるように思います。

 

3位 シロカ マイコン 電気圧力鍋 クックマイスター SPC-101WH

出典: Amazon.co.jp

シロカ マイコン 電気圧力鍋 クックマイスター SPC-101WH

シロカの電気圧力鍋です。

1台で「圧力調理」と「スロークッカー調理」が出来るので、持っていると重宝します。

スロークッカー調理では、約85℃で沸騰させずに調理することで、煮崩れせずに食材をやわらかくすることが出来ます。

じっくりと調理したいおでんなどにもおススメです。

8種類の便利なプリセットメニューが搭載されているので、ボタンを押して放置するだけで、お料理が出来上がってきます。

もちろん、前後5分の調整が可能なので、好みのやわらかさに調整することも出来ます。

圧力は自由な時間で設定が可能で、1分から60分まで1分単位で圧力をかける時間が変えられるので、上級者の方にもおススメの電気圧力鍋です。

電気圧力鍋は、安全性が高く放置しておいても自動で美味しい料理を作ってくれるので、時間を有効に使いたいという方にはすごくおススメです。

カラー展開は、ホワイトの他、レッド、グレーがあります。

デザインもとてもスタイリッシュなので、キッチンに常時置いておいてもお洒落な印象に。

サイズは案外と小さめなので、2人用という感じです。

こちらは価格帯もリーズナブルですし、あと1品、という時に出番が多いので、購入して損は無いと思います。

 

2位 シャープ ヘルシオ ホットクック 水なし自動調理鍋 KN-HT99A-R

出典: Amazon.co.jp

シャープ ヘルシオ ホットクック 水なし自動調理鍋 KN-HT99A-R

シャープのヘルシオブランドの水なし自動調理鍋です。

サイズは36.4×28×22.4cm と大き目ですが、赤いカラーもデザインも素敵な調理家電なので、キッチンにずっと置いておけるところが良いと思います。

容量は1.6リットルで、2~3人家族向けに丁度良いサイズです。

ホットクックは、水を使わず火も使わず料理が出来るという新発想の調理家電です。

食材を切って調味料と一緒にお鍋に入れて、おまかせすると、ヘルシーなお料理が出来上がってきます。

素材本来の美味しさも栄養も楽しめる無水調理が簡単に出来るので、人気があります。

火加減が自動でコントロールできるというから、失敗が無いところが嬉しいですね。

予約調理機能がついているので、朝セットしておくと帰宅時には美味しいお料理が完成しているということも実現出来ます。

あたため直し専用キーがついているので、いつでも作り立ての美味しさが味わえます。

炊飯ももちろん出来ますし、保温機能もついていて便利です。

マグネットプラグ方式の電源コードも安心感があります。

メニュー掲載数は100もあるので、お料理初心者の方も上級者の方も満足出来るのではないでしょうか。

価格帯は若干高めですが、人気の調理家電ということもあり、妥当ではないかと思います。

 

1位 象印 圧力IHなべ EL-MB30-VD

象印の大人気圧力IH鍋の「煮込み自慢」の新モデルです。

象印の電気圧力鍋は、IH過熱を採用しているところが一番の特徴になります。

IHの高火力によって、食材にムラ無く火が通るので、仕上がりがとても美味しくなります。

煮物や煮込み料理には味が染み込みやすい「可変圧力」が実力を発揮してくれます。

圧力をかけてからいっきに圧力を抜くので、鍋の中で大きく対流が起こり、具材に出汁をかけながら調理する出汁の対流効果が実現されるというわけです。

魚介や野菜などには煮崩れしにくい「一定圧力」が向いています。

一定の圧力をかけることも出来、1.2 気圧のやさしい圧力でコトコト調理するので、じゃがいもや野菜が煮崩れしにくく、食感を大事にしたい海老などの魚介類もプリプリに仕上がります。

材料を入れるだけで簡単に作れる「おまかせ自動調理」の機能も使いやすく、忙しい時には「おまかせ予約調理」機能が大活躍してくれます。

朝セットしておいて、帰宅したら美味しい料理が出来ているということも可能になります。

炊飯も出来ますので、便利に使えます。

パンを焼いたり、麺を茹でることも出来るというから、これは頼もしいですね。

また、100 ℃~40℃まで10 ℃刻みの温度調節が出来て、スロークッカーのようにも使えます。

ヨーグルトや塩麴なども簡単に自宅で出来るようになりますよ。

容量は1.5 リットルで、2~3人分は作れるサイズです。

大きさは、幅29×奥行37.5×高さ25cmと結構奥行きがあります。

お料理初心者の方から、圧力鍋を使いこなしている方まで、全ての方におすすめの電気圧力鍋です。

IH過熱なので、圧倒的に美味しい仕上がりになります。

Amazonでの口コミも概ね高評価なのも信頼出来ます。

価格帯は高めですが、とても使い勝手が良く、料理の味も美味しく仕上がるということなので、納得の価格では無いでしょうか。

 

まとめ 時短で本格メニューを実現♡みんなに褒められる料理上手に

電気圧力鍋は、いったん使い始めると、その使い勝手の良さから「もう手放せない」という方が続出している調理家電なのです。

作るのに手間も時間もかかるビーフシチューやスペアリブも、電気圧力鍋を使えば半分の時間で出来ちゃいます!

しかも時短というだけでなく、本格的な味わいの料理になるので、ホームパーティーなどで作って出したらもう人気になること間違い無しですね。

忙しくても美味しい料理を手作りしたい、という方にぴったりです。

今まで「圧力鍋は便利だと聞いていたけれど、ちょっと怖そう」と思っていた方も、電気圧力鍋なら安心して使えます。

安全性が高い点も嬉しい調理家電ですね。

ランキングで載せた電気圧力鍋は人気があるものを集めてみました。

商品選びの参考にしていただければ幸いです。

記事内で紹介されている商品

ワンダーシェフ 電気圧力鍋 OEDA30

サイトを見る

AL COLLE 圧力式電気鍋 電気圧力鍋 APC-T1…

サイトを見る

ティファール マルチクッカー クックフ…

サイトを見る

D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋 STL-EC25

サイトを見る

パナソニック 電気圧力鍋 マイコン式 SR-P…

サイトを見る

シロカ マイコン 電気圧力鍋 クックマイス…

サイトを見る

シャープ ヘルシオ ホットクック 水なし自…

サイトを見る

象印 圧力IHなべ EL-MB30-VD

サイトを見る

関連記事