買いたいものを検索してください

ドライブレコーダーおすすめランキングTOP5!安心して運転できる!

最近交通事故のニュースが増えてきたように思います。そこで問題なのは、実際に事故が起こった際に自分が悪いのか相手が悪いのか、はたまたどちらにも非がある・ないのか、その判断は何をもって行えばよいのかです。広い大通りなどで、ほかに目撃者が入れば話は別ですが、自分と相手のみでは、互いに言い分もありますし、主観で発言して喧嘩腰になってしまうことも。

ドライブレコーダーは、車の周囲の様子を常に録画してくれる商品。万が一事故が起こった際も、録画を確認することで状況把握しやすいです。いざという時に備えられるドライブレコーダーを選ぶポイントや、おすすめ商品をご紹介しましょう。

 

ドライブレコーダーの魅力と注意点は?

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーは、万一に備える商品ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

 

メリット

まずメリットは、上でも触れたように事故が起きた際にその瞬間を確認できるため、証拠として扱われること。またドライブレコーダーの存在があることで、自分自身が日ごろから自然と安全運転を心がけるようになるメリットもあります。

商品によっては夜間など、肉眼で確認しづらい状況でもしっかり録画してくれ、自分や相手が把握できない部分もカバー可能です。

 

デメリット

デメリットは、例えば視界の遮断が挙げられます。ドライブレコーダーは通常フロントウィンドウに吊り下げたり、ダッシュボード上に乗せて使うことが多いです。

ドライブレコーダーのサイズが大きいと、その分フロントウィンドウを遮ってしまい、運転の邪魔になる可能性があります。

 

ドライブレコーダーを選ぶときに気をつけること

メリット・デメリットを踏まえ、ドライブレコーダー購入時は以下のポイントを踏まえて選んでみましょう。

 

本体の大きさは運転の邪魔にならないように

デメリットでも触れましたが、ドライブレコーダーが大きすぎると運転中に実際の道路が確認しづらくなり、それこそ事故の元になってしまいます。

本体は小さくでも、カメラのレンズなどによって撮影範囲を広げることはできますから、本体はできるだけコンパクトな商品を優先しましょう。

 

車の「前後」を録画できるものがおすすめ

フロントウィンドウやダッシュボード上という設置位置から、ドライブレコーダーは前方のみ撮影する商品が多いです。ですがそれでは、後方から追突された時などに役立ちません。万全を期すならば、前方だけでなく後方も録画できるタイプのドライブレコーダーがおすすめです。

前後撮影においては、後方部分はリアウィンドウなどに設置するタイプ、1か所の設置のみで前後両方の撮影が可能なタイプとあるので、使いやすい方を選びましょう。

 

取り付け方・設置方法で選ぶ

ドライブレコーダーの設置方法も複数パターンがあります。

一体型

前後撮影と被りますが、1つ目の一体型は車の前方にのみ設置するタイプ。ルームミラーの下に吊り下げるタイプと、ダッシュボード上に乗せるように置くタイプがあります。ドライブレコーダーとしては前者が多く、アクションカメラなどをドライブレコーダー替わりにする場合は後者が目立ちます。

セパレート型

セパレート型は、前後撮影で触れたように、もう1つをリアウィンドウ側(=後方)に設置するタイプです。後方用のカメラは車内だけでなく社外設置可能なタイプもあり、よりはっきりと後方の撮影をすることが可能

設置場所は商品ごとに変わりますから、自分の車に取り付けられるかは事前に確認しておきましょう。

ミラー型

ミラー型は一体型、もしくはセパレート型の前方用に見られるタイプで、フロントウィンドウのどこかではなく、ルームミラーの裏側に設置するのが特徴です。

ルームミラーと同じか近い形状をしているため、ドライブレコーダーのデメリットである視界を遮る点が解消されています。ドライブレコーダーが視界に入ると煩わしい、きちんと外の確認ができるか不安という方に向いています。

 

カメラ自体のスペックを徹底解説!

ドライブレコーダーとSDカード

ドライブレコーダーは録画するための機器なので、カメラを搭載しています。本体はコンパクトでも、以下の機能を備えることで、より鮮明な映像を残すことが可能です。

 

画質はフルHDが基本!

ドライブレコーダーは、いかに鮮明に事故時の映像が見られるか、が一番重要になります。事故時の映像が見られるだけでなく、相手の車のナンバープレートが読み取れる程度の画質が欲しいところです。

そのため、まず画質はフルHD程度のドライブレコーダーがおすすめ。ドライブレコーダーに記載されている表記としては、「Full HD 200万画素以上」の画質であれば十分だと思います。前あるいは後の車のナンバーなど、細かいパーツまではっきり記録することができます。

さらに鮮明な映像を求めるなら、「スーパーHD」や「WQHD」レベルのドライブレコーダーも存在します。「Full HD」よりも「WQHD」の方がより細かな部分の映像までクッキリ再現出来るので、より高品質の画質を求める方は、「WQHD  370万画素」を選ぶと良いと思います。

 

画角は水平120°がおすすめ

画角とは、ドライブレコーダーの「カメラが映せる範囲」のことです。この撮影範囲は撮影できる角度で表記されており、垂直は上下の撮影可能角度を、水平は左右の撮影可能角度を示します。

一般的に事故時に必要な映像を撮影するには、垂直60度以上、水平100度以上が必要とされています。

遠くまではっきり映すのはもちろん、左右に広く記録できるのも大事です。おすすめは120°で、最低でも100°は欲しいところ。横からの危険な追い越し等にも対応するためには、水平画角は100度が必要最低で、それ以上の画角が望ましいと思います。

余裕があるならば、360°まるごと記録できるドライブレコーダーがベストです。

 

基本は上書き!自動保存機能もある!

ドライブレコーダーはテレビなどのレコーダーと異なり、容量限界になるとその都度過去のデータを上書きしてしまいます。もし少し前の映像が必要になった時、既に消去されていたら困りますよね。

そんな時に便利なのが自動保存機能。自動保存は通常の保存とは別にフォルダが作成され、上書きでも消されないよう対処してくれます。手動で逐一移動や編集などを行わずに済むのも便利です。

 

フレームレートにはご注意!

フレームレートとは、「1秒間に何コマ撮影できるか」をあらわし、数値の単位は「fps」で表されます。数値が多ければ、一瞬レベルの短時間に起こったことでも細かく記録できるのでおすすめですが、注意したいのは信号の点滅数と同じ数値、あるいは信号の点滅数の倍数になるドライブレコーダーは避けること。

同じ数値の場合、信号の点滅周期とフレームレートが同期し、信号がずっと点灯あるいは消灯した状態で表示され、状況が分かりにくくなってしまうからです。

ちなみに信号は東西で異なり、東日本は1秒間に100回西日本は1秒間に120回とされます。仮にドライブレコーダーのフレームレートが30fpsなら、西日本だと120回のうち、4分の1で周期が重なってしまうので、信号の状況がわかりづらくなる、という仕組みです。

100あるいは120に重ならない、倍数にならないフレームレートを選びましょう。

 

あったら嬉しい便利な機能をご紹介!

ドライブレコーダー

以下の機能は、ドライブレコーダーにあるとちょっと便利になる要素です。備えを徹底したい方はチェックしてみてください。

 

エンジンのONとOFFに連動!

ドライブレコーダーを積んた車でも、いざという時に撮影自体を行っていなければ意味がありません。しかし、車に乗る度レコーダーのスイッチを入れるのも手間ですよね。

そんな方に便利なのが、エンジンと連動した機能。車のエンジンを入れるだけでドライブレコーダーが起動し、エンジンを切ればレコーダーもオフにすることができます。

 

駐車管理機能

ドライブレコーダーは走行時だけでなく、駐車時にも効果的に活用出来ます。エンジン連動機能と逆ともいえるのが、駐車管理機能

駐車管理機能が付いているドライブレコーダーは、駐車時の車上荒らしや当て逃げを映像でしっかりと捉えてくれるので、とても安心出来る機能です。こちらはエンジンを切っている状態でも稼働し、駐車場でのトラブル対策に役立ちます。

衝撃はもちろん人や動物の行動でもセンサーが起動するので、車をぶつけられたなどの問題はもちろん、車上荒らしや窃盗などでも活躍してくれます。

客観的な映像記録なので信憑性も高く、保険会社や警察に提出する証拠として十分なものになります。特に、他人が羨むような車種に乗っている方には必須の機能だと思います。

 

ダイナミックレンジ

夜や暗い場所でも活躍するドライブレコーダーを求めているなら、ダイナミックレンジ機能を搭載した商品がおすすめ。HDRやWDR対応などの表記があり、トンネルの出入り口など明暗の変化が激しい場所でもしっかり記録してくれます。HDRは時間問わず自然な映像を、

WDRは白とびや黒とび対策に便利。夜間やトンネルでの運転が多いなら、両方搭載したドライブレコーダーはもちろん、どちらか1つに対応した商品は欲しいところです。

 

GPS対応や、Bluetooth対応の機種も!

GPSは衛星通信を使って位置を把握することが出来る仕組みのことで、GPS搭載のドライブレコーダーであれば、走行時の位置情報を正確に知ることが出来、事故が起こった場所の緯度と経度などを正確に記録できます。

GPS機能による位置データがあれば、事故が起こった時に映像だけでなく正確な位置データも警察や保険会社に提出することが出来ます。映像証拠だけでなく位置情報もあれば、さらに信憑性が高まるので、GPS機能がついたドライブレコーダーを選ぶことで安心感が増します。証拠として提出するのはもちろん、日ごろの走行記録をつける際にも便利です。

またBluetooth対応のドライブレコーダーであれば、連携できるスマホなどから操作したり、レコーダーの状況を確認することが可能。現在の撮影モードはもちろん、バッテリー残量などのチェックができることも。レコーダー本体より操作画面が見やすいメリットもあるので、ドライブレコーダー画面での操作設定がやりづらいという方にもおすすめです。

カーオーディオ

 

Wi-Fi対応

Bluetooth対応の機種と同じように、Wi-Fi搭載のドライブレコーダーであれば、手持ちのスマートフォンと連携出来るので、便利に活用することが出来ます。

液晶画面と一体型のドライブレコーダーは通常はサイズが大きいのですが、この液晶画面の小型化が可能になるというメリットがあります。事故の現場で、大きい画面でドライブレコーダーの画像を再生したいという時にも効果を発揮してくれます。

また最近では、ドライブレコーダーをドライブ中の風景撮影として楽しんで使う方も増えてきているので、そういった方にはこのWiFi搭載タイプは向いていると思います。

「技術基準適合証明」を取得した商品以外を使用してはいけないという事が電波法で決められているので、海外のドライブレコーダーでWi-Fi搭載の商品には注意しましょう。

 

Gセンサー

Gセンサーは、衝撃を受けた時に感知する装置です。ほとんどのドライブレコーダーには、このGセンサーが採用されています。

車が衝撃を受けた時に感知してくれ、映像を自動的に保護して上書きされないように記録しておくことが出来ます。当て逃げ時にも威力を発揮してくれるので、必要な機能であることは言うまでもありません。

 

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度はご存知ですか?

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度とは、ドライブレコーダー協議会による制度で、制度対象のドライブレコーダーを購入し、所定の方法で事前登録を行った方対象で、1年以内にレッカー搬送を伴う交通事故に遭った場合に、ドライブレコーダーの最購入費用及び諸経費を補填する目的で、協議会より一律4万円の補償金が支払われる制度です。

購入時に対象商品となっているかどうか、チェックしておくと良いかもしれません。

 

ドライブレコーダーおすすめランキングTOP5

ドライブレコーダー

では最後に、おすすめのドライブレコーダーをランキングでご紹介します。イマイチ自分に向いているレコーダーがわからないという方も、以下の商品を参考にしてみてください。

 

第5位 コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025

No.5

出典: Amazon.co.jp

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る
サイズ フロント92.4×52.1×30.6mm、リア56.2×24.6×27mm
取り付け方 セパレート
前後録画
画質 1920×1080(フルHD)、200万画素
フレームレート 19.1fps、29.1fps
便利機能 駐車監視、緊急停止、ファイル保護、安全運転支援、GPSなど

日本製ドライブレコーダー

まず5位は、コムテックの商品。日本製にこだわる方におすすめです。前後2か所に設置するセパレートタイプで、後方の映像もバッチリ録画。機能では、前方車の発進や後方車の接近を知らせてくれるなど、運転のサポートともいえる内容が特徴的。いざという時が起こった場合に必要なドライブレコーダーながら、未然に防ぐためのサポートが充実しています。

録画は自動だけでなく、マニュアル操作で録画したい時に手動で行うことも可能。気になる時はもちろん、ちょっとしたドライブ映像を残したい時にもおすすめです。

 

第4位 ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745

No.4

出典: Amazon.co.jp

ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る
サイズ メイン87.9×50.6×34.4mm、サブ44.0×40.4×33.0mm
取り付け方 セパレート
前後録画
画質 1920×1080(フルHD)、200万画素
フレームレート 27.5fps
便利機能 駐車監視、地デジ干渉対策、GPS、画面切り替え、運転支援など

スモークガラス越しでも鮮やかに録画

4位はケンウッドのドライブレコーダーです。こちらも前後別々にカメラを設置できるセパレートタイプ。リアウィンドウ用の2ndカメラは、スモークガラスで見えにくい場合でも鮮明な記録を残すことが可能。スモークの度合いで3段階の調節も行えます。レンズ自体も「F1.8明るいレンズ」を採用し、HDRも相まって明るさ暗さどちらにも強いドライブレコーダーになっています。

視野角も150°と5位より広め。また駐車監視機能は最大24時間の録画をすることができ、自宅やマンション、ホテルなど、一晩停めっぱなしの駐車場にもおすすめです。

 

第3位 AKEEYO 全方位同時録画ドライブレコーダー AKY-V360S

No.3

出典: Amazon.co.jp

AKEEYO 全方位同時録画ドライブレコーダー AKY-V360S
サイズ 285×65×15mm
取り付け方 セパレート、ミラー
前後録画
画質 1920×1080(フルHD)、フロンド360万画素、リア200万画素
フレームレート フロント27.5FPS、リヤ25FPS
便利機能 駐車監視、Gセンサー、地デジ干渉対策、GPS、ノイズ対策など

360°の広角視野で左右を徹底カバー

3位のドライブレコーダーはミラータイプ。と言っても後方用カメラもあるため、セパレートタイプも兼ねています。最大の特徴は、フロントカメラの広角視野が360度あり、車内の様子の撮影もできる点。左右からの幅寄せと言ったトラブルから、後部座席など同乗者の様子確認にも役立ちます(リアカメラの視野は140度)。

また機能では、映像の観やすさだけでなく音の聞き取りやすさにも配慮し、ノイズ対策がされています。ブレーキの音など、証拠となる映像をより正確に補足したいならおすすめです。

 

第2位 JADO ドライブレコーダー ミラー型 G 840

No.2

出典: Amazon.co.jp

JADO ドライブレコーダー ミラー型 G 840

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る
サイズ 301×72×10mm
取り付け方 セパレート、ミラー
前後録画
画質 1920×1080(フルHD)、370万画素
フレームレート 27.5fps
便利機能 駐車管理、エンジン連動、暗視、GPS、防水など

リアカメラでいつでも駐車時の様子確認

JADOのミラー型が2位です。こちらも3位同様セパレートタイプでもあり、後方カメラの利用もできます。フロントカメラは12インチと最大規模で、日本車の右ハンドルに対応しやすい形状が特徴。3位とは異なり360°の広角視野はありませんが、それでもフロント170°、リア140°と平均より広く、広範囲を見渡すことができます。

モニターはリアカメラをメインに切り替えることもでき、駐車時に背後の様子をチェックするにもうってつけ。またリアカメラは防水機能もついており、車外に設置した際、悪天候でも機能しやすいです。

 

第1位 Joyhouse ドライブレコーダー H19

No.1

出典: Amazon.co.jp

Joyhouse ドライブレコーダー H19

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る
サイズ フロント151×75mm、リア89×52mm
取り付け方 セパレート
前後録画
画質 フロント2340×1296(フルHD)、1800万画素、リア720×480
フレームレート
便利機能 駐車監視、Gセンサー、赤外線暗視、動体検知など

フルHDの中でもさらに高画質

おすすめドライブレコーダー1位は、JoyhouseのH19型番です。フルHDの中でも、最大2340p、1800万画素と高画質で、鮮明な映像を残すことができます。夜間には赤外線ライトによる暗視ができ、WDR機能も相まって昼と変わりなく記録可能です。リアカメラにおいては、こちらのドライブレコーダーにも運転サポート機能が搭載。駐車が苦手な方の補助ツールとしても役立ちます。

また機能は2位以降と大差がないわりに値段が低めなので、お試しでドライブレコーダーを使ってみたいという方にも求めやすいです。

 

ドライブレコーダーおすすめランキングTOP5の商品一覧表をチェック!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 Joyhouse ドライブレコーダー H19 JADO ドライブレコーダー ミラー型 G 840 AKEEYO 全方位同時録画ドライブレコーダー AKY-V360S ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR745 コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダー ZDR025
サイズ フロント151×75mm、リア89×52mm 301×72×10mm 285×65×15mm メイン87.9×50.6×34.4mm、サブ44.0×40.4×33.0mm フロント92.4×52.1×30.6mm、リア56.2×24.6×27mm
取り付け方 セパレート セパレート、ミラー セパレート、ミラー セパレート セパレート
前後録画
画質 フロント2340×1296(フルHD)、1800万画素、リア720×480 1920×1080(フルHD)、370万画素 1920×1080(フルHD)、フロンド360万画素、リア200万画素 1920×1080(フルHD)、200万画素 1920×1080(フルHD)、200万画素
フレームレート 27.5fps フロント27.5FPS、リヤ25FPS 27.5fps 19.1fps、29.1fps
便利機能 駐車監視、Gセンサー、赤外線暗視、動体検知など 駐車管理、エンジン連動、暗視、GPS、防水など 駐車監視、Gセンサー、地デジ干渉対策、GPS、ノイズ対策など 駐車監視、地デジ干渉対策、GPS、画面切り替え、運転支援など 駐車監視、緊急停止、ファイル保護、安全運転支援、GPSなど
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

ドライブレコーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ドライブレコーダーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

車内を便利アイテムでカスタマイズして、自分だけの最高のドライブを

 

心地よい旅のお供にドライブレコーダーを

高速道路

交通事故は、いつ何時、誰に起こってもおかしくありません。ドライブレコーダーがあれば、事故の真実をしっかりと記録してもらえ、捜査や相手がいる場合はその方とのやり取りなどもスムーズに行うことができます。

またドライブレコーダー自体が、運転者の意識を高め、事故防止に繋がるというメリットも。自分にぴったりの機能を備えたドライブレコーダーを見つけて、車の利用をより安心して行えるようにしてみませんか?

記事内で紹介されている商品

コムテック 前後2カメラ ドライブレコーダ…

サイトを見る

ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブ…

サイトを見る

AKEEYO 全方位同時録画ドライブレコーダー…

サイトを見る

JADO ドライブレコーダー ミラー型 G 840

サイトを見る

Joyhouse ドライブレコーダー H19

サイトを見る

関連記事