安心して運転できる!ドライブレコーダーおすすめランキングTOP7

2017年東名高速道路で起こった死亡事故で、煽り運転が大きな社会問題となっていることが明らかになりました。

この事故をきっかけに、「ドライブレコーダー」を搭載する車が急激に増えています。

煽り運転だけでなく、無理な幅寄せがあった時や当たり屋に目をつけられてしまった場合にも、ドライブレコーダーによる客観的なデータがあれば安心出来ます。

ドライブレコーダーは、車体に衝撃が加わった時には、その前後十数秒の時刻、位置、映像、加速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作等を詳細に記録することが出来るので、煽り運転や当たり屋対策としては非常に効果的。

かつてはドライブレコーダーは高価な装置とされてきましたが、最近では高性能な商品が安く手に入るようになりました。

ここでは、ドライブレコーダーのメリット、ドライブレコーダーの選び方(機能紹介)、愛用しているドライブレコーダーの紹介、ランキング形式によるおすすめドライブレコーダーの紹介までを書いていきます。

 

ドライブレコーダーのメリットとは?

ドライブレコーダー

全てのドライバーにモラルの高さを求める事は残念ながら出来ません。

事故につながるような煽り運転もまだまだ見かけますし、嫌がらせのような幅寄せや当て逃げなどのトラブルにいつ巻き込まれるかわからないのが現状です。

そういった不安な状況でもドライブレコーダーがあれば、映像と操作等の記録が残り、客観的な証拠となるわけです。

自分の車が事故に遭った時には、自分の身を守ることが出来ることになるので、車を運転する人にはもはや必須アイテムになっています。

ドライブレコーダーは車の走行時だけでなく、駐車中の映像を記録することも出来る商品もあります。

車上荒らし対策としても有効で、ドライブレコーダーを搭載しているだけで被害に遭うことがなくなるかもしれません。

ドライブレコーダーの楽しい活用法もあります。

旅行中などに走行した映像が記録出来るので、車で通った時に観た美しい風景を楽しむということも出来ます。

ドライブ好きならではの活用法かもしれませんが、運転しながら動画撮影は出来ないのでドライブレコーダーでドライブを楽しんだ時の映像を残すことが出来るのも魅力の1つです。

最近ではSNSでも投稿が見られます。ドライブレコーダーの新しい楽しみ方かもしれません。

 

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーには様々なメーカーが数多くの商品を出しています。

どの商品を見ても良さそうな感じだし、どれを選んだら良いのか迷ってしまうのでは無いでしょうか。

ここでは、ドライブレコーダーを選ぶ際に注目しておきたいポイントをいくつか挙げておきます。

 

価格

ドライブレコーダーの価格帯は幅広く、安価な商品は海外製でノーブランドのタイプです。

海外製ノーブランドの商品は品質にも安定性が無く、機能も必要最低限の録画機能だけの商品が多いので、「まず価格ありき」という方以外にはおすすめはしません。

高品質で長く使おうと思ったら、若干価格は高くなりますが国産メーカーの商品がおすすめです。

国産メーカーのドライブレコーダーでも機能に差異があり、価格帯が上がるにつれて高性能な機能が搭載されるようになります。

現在では、国産メーカーの商品でも古いモデルは値下がりが期待出来るので、機能面で満足行く商品が見つかればお得に揃えられるようになっています。

 

画質

ドライブレコーダーは、いかに鮮明に事故時の映像が見られるか、が一番重要になります。

事故時の映像が見られるだけでなく、相手の車のナンバープレートが読み取れる程度の画質が欲しいところです。

ドライブレコーダーに記載されている表記としては、「Full HD 200万画素以上」の画質であれば十分だと思います。

「Full HD」よりも「WQHD」の方がより細かな部分の映像までクッキリ再現出来るので、より高品質の画質を求める方は、「WQHD  370万画素」を選ぶと良いと思います。

 

画角

ドライブレコーダーのカメラが映せる範囲を示すのが画角です。

この撮影範囲は撮影できる角度で表記されており、垂直は上下の撮影可能角度を、水平は左右の撮影可能角度を示します。

一般的に事故時に必要な映像を撮影するには、垂直60度以上、水平100度以上が必要とされています。

横からの危険な追い越し等にも対応するためには、水平画角は100度が必要最低で、それ以上の画角が望ましいと思います。

 

録画時間

ドライブレコーダーの録画時間は、商品の解像度や記録媒体の容量、画素数によって変わりますが、Full HD画質で記録すると考えると、8GBで1時間30分程度の録画時間となります。

長時間の旅行やドライブ時の録画には大容量のmicroSD カードが必要になるので、長時間録画に対応している商品を選ぶことが必要になります。

 

手動録画機能

ドライブレコーダーの録画映像は、常に自動的に上書きしてしまうために、事故時の映像も上書きされてしまうという心配があるかと思います。

そんな時でも、手動録画機能が備わっていれば、スイッチを押すだけで上書きされない領域に映像が保存されるので、自動で上書きされることもありません。

事故時の映像はもちろんですが、旅行時に楽しんだ景色などを保存しておきたい時に便利に使えます。

 

さらに、こんなポイントにも注目!

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーを選ぶ際に是非注目していただきたいポイントを上記で挙げましたが、さらに高機能を求める方におすすめのポイントも載せておきます。

 

駐車中の防犯

ドライブレコーダーは走行時だけでなく、駐車時にも効果的に活用出来ます。

駐車監視機能が付いている商品では、駐車時の車上荒らしや当て逃げを映像でしっかりと捉えてくれるので、とても安心出来る機能です。

客観的な映像記録なので信憑性も高く、保険会社や警察に提出する証拠として十分なものになります。

特に、他人が羨むような車種に乗っている方には必須の機能だと思います。

 

前後2つのモニター付き

前方(フロント)と後方(リア)の2か所にモニターが付いているドライブレコーダーです。

車の事故の中でも、追突事故と衝突事故とが多くなっています。

リア側にもカメラを設置していると、背後から追突された時にも役立ってくれそうです。

後方車両の危険行為も記録できるので、記録画像があれば事故が起こった時でも、客観的な証拠として映像を提出することが出来ます。

 

設置の難易度

ドライブレコーダー本体をフロントガラスに取り付けるまでは、簡単に出来ると思います。

各メーカーの公式サイトにも取り付け方は紹介されているので、困ったらサイトを見れば大丈夫なようになっています。

電源の取り方によって難易度が上がってきます。

シガーソケットから電源を取れるのであれば簡単なので、初心者でも失敗無く設置が出来るので安心して下さい。

ただし、シガーソケットを使用する際には、ノイズ対策が施されているドライブレコーダーであることが前提です。

一方では、シガーソケットもUSB端子も使えないという場合も考えられます。

この場合は、ヒューズボックスからの電源を使用することになります。

ヒューズボックスから電源を取り出す必要がある場合、難易度がグッと上がってしまいますので、一人では設置が困難になります。

また、監視用の常時電源に関しても、走行に影響を与えない電源ということで、ルームランプ用のヒューズ電源を使うことが望ましく、初心者には設置が難しいと言えましょう。

 

Gセンサー

Gセンサーは、衝撃を受けた時に感知する装置です。

ほとんどのドライブレコーダーには、このGセンサーが採用されています。

車が衝撃を受けた時に感知してくれ、映像を自動的に保護して上書きされないように記録しておくことが出来ます。

当て逃げ時にも威力を発揮してくれるので、必要な機能であることは言うまでもありません。

 

GPS搭載

GPSは、衛星通信を使って位置を把握することが出来る機能で、GPS搭載のドライブレコーダーであれば、走行時の位置情報を正確に知ることが出来ます。

GPS機能による位置データがあれば、事故が起こった時に映像だけでなく正確な位置データも警察や保険会社に提出することが出来ます。

映像証拠だけでなく位置情報もあれば、さらに信憑性が高まるので、GPS機能がついたドライブレコーダーを選ぶことで安心感が増します。

 

LED信号機対策

信号がある道路での事故が起きた時には、信号機が赤なのか、青なのかが問題点となることがあります。

ドライブレコーダーで全てを記録しているから大丈夫、と思っていても、LED信号機が真っ暗に映ってしまっていることもよく見られるそうです。

LED信号機対策に対応した商品を選んでおくと安心出来ると思います。

 

Wi-Fi対応

Wi-Fi搭載のドライブレコーダーであれば、手持ちのスマートフォンと連携出来るので、便利に活用することが出来ます。

液晶画面と一体型のドライブレコーダーは通常はサイズが大きいのですが、この液晶画面の小型化が可能になるというメリットがあります。

事故の現場で、大きい画面でドライブレコーダーの画像を再生したいという時にも効果を発揮してくれます。

最近では、ドライブレコーダーをドライブ中の風景撮影として楽しんで使う方も増えてきているので、そういった方にはこのWiFi搭載タイプは向いていると思います。

「技術基準適合証明」を取得した商品以外を使用してはいけないという事が電波法で決められているので、海外のドライブレコーダーでWi-Fi搭載の商品には注意しましょう。

 

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度

ドライブレコーダー協議会による制度で、制度対象のドライブレコーダーを購入し、所定の方法で事前登録を行った方対象で、1年以内にレッカー搬送を伴う交通事故に遭った場合に、ドライブレコーダーの最購入費用及び諸経費を補填する目的で、協議会より一律4万円の補償金が支払われる制度です。

購入時に対象商品となっているかどうか、チェックしておくと良いかもしれません。

 

私が愛用しているドライブレコーダーはコレ!

私が去年から愛用しているドライブレコーダーを御紹介します。

設置も簡単に出来て、ドライブの記録用としても大活躍してくれています。

 

KENWOOD  スタンダード  ドライブレコーダー DRV-325

 

ドライブレコーダー

出典: Amazon.co.jp

KENWOOD スタンダード ドライブレコーダー DRV-325
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

高性能と小型化を両立

ケンウッドのドライブレコーダーで、かなりのコンパクトサイズです。

高精細フルハイビジョン録画が出来るので、PCで再生した時にもくっきりとした鮮明な画像が見られます。

急激な明るさの変化に強いHDR(ハイダイナミックレンジ)を採用しており、白とびや黒つぶれを防いで明瞭な映像が記録出来ます。

最大記録画角は、水平100度、垂直52度、対角111度となっています。

Gセンサー、GPS搭載、LED信号機対応なのも安心感があります。

地上波デジタル放送受信のノイズ対策が搭載されており、カーナビの動作や地デジの受信機に影響を及ぼさない仕様になっています。

常時録画モードで、エンジンをオンにするだけで自動で録画がはじまるので手間要らずなのも嬉しいですね。

長時間の記録が可能な大容量32GBのmicroSDカードが付属で付いています。

旅行時のドライブ録画にも使えて楽しみの幅も増えました。

設置も自分で簡単に出来るのも嬉しいですね。これはポイントが高いです。

1年以上使っていますが、毎日活躍しているのに一度も故障が無いところが良いですね。

価格帯も高品質のメーカー品なのに、非常にリーズナブルなのでおすすめです。

 

ドライブレコーダーおすすめランキングTOP7

ドライブレコーダーのおすすめ商品をランキング形式で御紹介します。

 

7位 ユピテル ドライブレコーダー SN-SV70c

出典: Amazon.co.jp

ユピテル ドライブレコーダー SN-SV70c
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

Wi-Fi搭載!夜間映像も鮮明

ユピテルのドライブレコーダーで、Wi-Fi搭載タイプです。

スマホと連動して、事故時の映像もスマホに保存可能になるので、とても便利です。

SNSへの投稿もすぐに出来るので、ドライブ時の楽しみ方も増えそうです。

画質は200万画素と十分で、超広画角174度がと業界トップクラスの記録範囲となっています。

新技術により、昼間だけでなく、夜間でも圧倒的な精細感を実現してくれます。

夜間に運転をする方におすすめの商品です。

形状はユピテルが特許取得した円筒形モデルで、スタイリッシュな設置が可能になります。

Gセンサー、GPS搭載、 ノイズ対策、LED 信号機対策、駐車監視機能が備わっているので、ドライブレコーダーとしては非常に安心感があります。

もちろん、常時録画でエンジンに連動して録画を自動で開始することが出来ます。

価格帯は若干高めですが、夜間の撮影画像が優れている点と、Wi-Fi搭載という点を考えると妥当では無いかと思います。

 

6位 コムテック  ドライブレコーダー ZDR-015  前後2カメラ

出典: Amazon.co.jp

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015 前後2カメラ
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

前後2カメラのFull HD200万画素

コムテックのドライブレコーダーで、前後2カメラタイプです。

コムテックは自動車用精密機器を製造している企業として有名なので、とても信頼出来ると思います。

フロントとリヤの2つのカメラの設置により、走行時や駐車時に前方と後方の両方の映像が記録出来ます。

レンズ画角は、フロントカメラは水平115度、垂直58度、リヤカメラは水平112度、垂直84度となっています。

画質はFull HD200万画素なので、鮮明な記録が期待できます。

Gセンサー、GPS搭載、LED 信号機対策済みの機能が備わっています。

常時録画、衝撃録画(Gセンサー)、マニュアル録画の3つ録画機能も充実しています。

安全運転支援機能が搭載されており、快適なドライブをサポートしてくれます。

前後2つのカメラを付けようと思っておられる方におすすめです。

製品保証期間が1年付いているので安心感があります。

価格帯は2カメラタイプとしてはリーズナブルではないかと思います。

 

5位 カーメイト ドライブレコーダー アクションカメラ 360度 カメラ ダクション 360S DC5000

出典: Amazon.co.jp

カーメイト ドライブレコーダー アクションカメラ 360度 カメラ ダクション 360S DC5000
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

360度レンズ搭載☆スマホとの連携も

カーメイトのドライブレコーダーで、360度レンズ搭載している「ダクション360」シリーズの新商品です。

前方だけでなく、車両側方や車内の状況も360度記録出来るので、煽り運転、幅寄せ、交差点での飛び出しまでの映像記録を撮ることが出来ます。

日本初のデュアルレック機能が搭載されており、「全天球録画」で周囲の状況を記録すると同時に、車両前方を「フロント録画」として高解像度で記録出来るので、ナンバープレートの記録も可能です。

記録画素数は、全天球+フロント;410万画素+200万画素。

「駐車監視オプション」で装着で、駐車中も360度監視することが可能で、ドアの接触や後方での当て逃げまで記録出来るようになります。

また、カメラ本体に無線LANが搭載されているため、スマホですぐに再生が可能。

夜間撮影にも対応しており、裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、夜間でも高感度で撮影が可能になっています。

どのような事故にも対応出来るドライブレコーダーを探している方におすすめです。

Gセンサー、GPS搭載、LED信号機対応、明るさ補正のWDR 機能等、基本的な機能はもちろん備わっています。

旅行先などでは、取り外して別売のバッテリーを装着することで、アクションカメラとして使う事が出来ます。

360度広がるパノラマ風景が撮影出来るので、一味違った撮影が楽しめそうです。

保証期間は1年ついているので安心感があります。

※メモリーカードは別売の専用microSD カードを御使用下さい

価格帯は高めですが、欲しい機能が全て揃っていて、アクションカメラとしても楽しめる点を考えると、価格以上の価値があるように思います。

 

4位 DRV-MR740ケンウッド前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740

出典: Amazon.co.jp

DRV-MR740ケンウッド前後撮影対応2カメラドライブレコーダー DRV-MR740
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

前後2カメラタイプ☆事故時保障制度対象商品

ケンウッドの2カメラドライブレコーダーで、交通事故時ドライブレコーダー買替補償金精度の対象商品です。

前後とも高精細フルハイビジョンカメラを搭載しており、210万画素。

常時録画、イベント記録、手動録画、静止画記録が可能となっており、後方録画で煽り運転対策にも有効とみられています。

別売りの車載電源ケーブルを使用すれば、最長24時間の「駐車監視録画」が可能になります。

業界トップクラスの明るさの「F1.8明るいレンズ」を採用しており、急激な明るさの変化に強いHDR(ハイダイナミックレンジ)を搭載しています。

Gセンサー、GPS搭載、LED信号機対応、ノイズ低減設計、運転支援機能等の基本的な機能はもちろん搭載されています。

メーカー保証1年がついています。

「交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度」の対象製品に興味がある方で、2カメラタイプをお探しの方におすすめです。

価格帯も高品質なのにリーズナブルなのも良いと思います。

 

3位 ユピテル 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW9100d

出典: Amazon.co.jp

ユピテル 前後2カメラ搭載ドライブレコーダー DRY-TW9100d
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

前後2カメラでFull HD記録☆無線LAN内蔵

ユピテルの2カメラ搭載のドライブレコーダーで、無線LAN内蔵の新しい商品です。

2カメラで車両の前後を記録し、リアカメラは視野角最大157度の広角記録画可能になります。

さらに夜間・プライバシーガラス・スモークガラスにも対応しており、後方からの万が一の事態も鮮明に記録してくれます。

リアカメラの映像記録は画質が劣化しないデジタル方式で高画質のままフロントユニットへ転送し保存できます。

オプションで駐車中記録も可能になり、いたずらや当て逃げにも対応出来る仕様となっています。

また、無線LAN内蔵なので、スマートフォンやタブレットで記録映像の確認が出来るようになるため、事故現場でもすぐに大きな映像が見られて便利になります。

HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載で、白とびや黒つぶれを抑え、より鮮明な映像を記録できるようになっています。

Gセンサー、GPS搭載、LED信号機対応、地デジノイズ対策などの機能ももちろん備わっています。

非常用電源(スーパーキャパシタ)の機能は嬉しいですね。

前後2カメラタイプで、スマートフォン対応(無線LAN)ドライブレコーダーをお探しの方におすすめです。

価格帯は高めですが、最先端の高品質ということを考えると妥当ではないでしょうか。

 

2位 セルスター ドライブレコーダー CSD-790FHG

出典: Amazon.co.jp

セルスター ドライブレコーダー CSD-790FHG
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

安心の日本製☆3年保証も

セルスターのドライブレコーダーで、2つのカメラで前後同時録画が出来る商品です。

24インチタッチパネルを搭載しており抜群の操作性です。

GPSお知らせ機能が付いており、ドライブ中の危険なエリアを警告音と画面表示で事前に知らせてくれるという優れもの。

このGPSデータは毎月無料で更新出来るのが嬉しいですね。

超速GPSを採用しており、6種類76基の衛星が使用可能となっています。

受信可能な衛星数が多いので、測位が不安定な高層ビル街や山間部でも精度の高い測位が可能になります。

夜間やトンネルの中でもキレイな映像を記録出来る仕様で、ノイズの少ない鮮明で美しい映像が撮影出来ます。

スーパーキャパシタ搭載で、電源ケーブルが外れても録画画像を正常に保存するまでは動作してくれます。

また、microSDカードメンテナンスフリー(特許出願中)となっており、定期的なフォーマットが不要なのも便利です。

オプションの常時電源コードが必要となりますが、パーキングモード時には最大12時間の録画が出来るので安心出来ます。

この商品は、交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度の対象機種というところも良いですね。

映像録画時に音声も録音可能ですし、自動録画開始もエンジンのオンとともに連動します。

3Gセンサー、LED 信号機対応、手動撮影機能などの基本性能も充実。

安心の日本製で、3年の保証が付いています。

高品質のドライブレコーダーを長く使いたい、という方におすすめです。

価格帯は高めですが、3年保証付きで国産品質なので、価格以上の価値があるように思います。

 

1位 KENWOODドライブレコーダー WideQuad-HD Wifi機能付 DRV-W630

出典: Amazon.co.jp

KENWOODドライブレコーダー WideQuad-HD Wifi機能付 DRV-W630
ブランド

タイムセール祭 開催中!

Amazonで価格を見る

お買い物マラソン開催中!!

楽天市場で価格を見る

WQHDで鮮明な画像に!無線LAN機能搭載

ケンウッドのドライブレコーダーで、WQHD の高画質で映像記録画出来るようになっています。

これは、フルハイビジョンの約1.8倍の情報量ですが、これからのドライブレコーダーの新基準となると思われます。

急激な明るさの変化に強いHDR(ハイダイナミックレンジ)搭載で、白とびや黒つぶれを抑えて明瞭な映像を記録します。

運転支援機能も充実しており、Gセンサー、GPS搭載、LED信号機対応、地デジのノイズ低減などの基本機能も備わっています。

エンジンをかけるだけで自動で録画を始める常時録画が出来るので便利に使えます。

また、別売りのドライブレコーダー用車載電源ケーブルを使用すれば、最大24時間の駐車監視録画が可能になります。

無線LAN対応なので、録画した映像をスマートフォンにデータ転送出来、好きな時に再生して楽しむことが出来ます。

旅行先のドライブ風景をSNS投稿することも簡単に出来るようになります。

こちらは、交通事故時ドライブレコーダー買替保障金制度の対象製品です。

高画質のドライブレコーダーを探している方におすすめです。

価格帯は新しい機能が満載のドライブレコーダーとしてはリーズナブルで、買いやすい点も良いと思います。

 

ドライブレコーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ドライブレコーダーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ドライブレコーダーを使って、運転を楽しもう

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーがあれば、予期せぬもらい事故や煽り運転の被害に遭った時でも、客観的な証拠を提出することが出来るので、有利に物事を進める事が出来ます。

毎年ドライブレコーダーの機能はどんどんと進化を遂げていますね。

フロントとリアの2か所にカメラを設置するドライブレコーダーも主流となりました。

走行時だけでなく駐車中にも長時間撮影できるようになっています。

また、高画質な映像が撮影出来たり、無線LAN搭載によりスマートフォンやタブレットで撮影画像をすぐに見られるようになっていたりと、単なるドライブレコーダーとしてだけではなく、趣味のドライブ撮影を楽しめる仕様にもなっています。

ランキングでおすすめしたドライブレコーダーは、人気が高い商品、新製品、話題の商品を集めてみました。

ドライブレコーダーを選ぶ際に、少しでも参考にしていただければと思います。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

KENWOOD スタンダード ドライブレコーダ…

サイトを見る

ユピテル ドライブレコーダー SN-SV70c

サイトを見る

コムテック ドライブレコーダー ZDR-015 …

サイトを見る

カーメイト ドライブレコーダー アクショ…

サイトを見る

DRV-MR740ケンウッド前後撮影対応2カメラ…

サイトを見る

ユピテル 前後2カメラ搭載ドライブレコー…

サイトを見る

セルスター ドライブレコーダー CSD-790FHG

サイトを見る

KENWOODドライブレコーダー WideQuad-HD W…

サイトを見る

関連記事