買いたいものを検索してください

短い毛もするんと抜ける!痛くない毛抜きおすすめランキングTOP7

普段の生活に欠かせないアイテムの1つである『毛抜き』ですが、皆さんは毛抜き選びにこだわったことがありますか?

100均で購入できる毛抜きからオーダーメイドの高級毛抜きまで、様々な毛抜きが販売されていますが、「どの毛抜きが優れているのか」「どの毛抜きを選べば良いのか」と、悩んでしまう方も多いかと思います。

そこで今回は意外と奥が深い『毛抜き』というアイテムに焦点を当てて、毛抜きの魅力や使い方をご紹介します。

また、最後には痛くない使い勝手の毛抜きもランキング形式でまとめていますので、ぜひ毛抜き選びのご参考になさってくださいね!

 

意外と知らない『毛抜き』の奥深さ。そもそも毛抜きはどんな商品?

脱毛器やシェーバーと違い、ムダ毛に気付いたときにサッと処理できる『毛抜き』を愛用している方も多いかと思います。

毛抜きの歴史は古く、かつてはハマグリなどの二枚貝を毛抜きとして利用していたそうです。江戸時代以降は鉄素材の毛抜きが主流となり、現在ではステンレス製やチタン製など、様々な素材が毛抜きに採用されています。

 

毛抜きは元々、白髪を抜く道具として愛用されていましたが、近年では、眉毛やヒゲを整えたり、ワキ毛や細かな部位のムダ毛ケアなどに使われています。

筆者の周りでは、『ピンセット』と『毛抜き』を混同している方をよく見かけますが、先端部分が尖っているピンセットとは違って、毛抜きは先端が平らになっているので、ムダ毛を抜くことに特化しているのが特徴です。

皮膚に刺さったトゲを抜きたい場合などには、毛抜きは不向きですので、基本的にはピンセットを用いるように心がけましょう。

 

毛抜きを使って良い部位・悪い部位とは?

普段何気なく毛抜きをお使いになっている方も多いかと思われますが、皆さんは毛抜きを正しく使えている自信はありますか?

ここでは毛抜きを使っても良い部位、ダメな部位を併せてご紹介いたしますので、あなたの使い方に当てはめて読み進めてみてください。

 

このムダ毛は毛抜きを使ってOK!

  • 眉毛
  • 鼻毛
  • ワキ
  • ヒゲ
  • 指の毛

毛抜きは基本的に様々な部位に使用することが可能です。ピンポイントのケアや、眉毛や指の毛など、脱毛サロンでは処理が難しい部位にも使用できることが最大のメリットでしょう。

また、毛抜きで処理をする前には、入浴をしたり、ホットタオルで肌を温めたりして、毛穴が開いた状態をキープしておきましょう。

毛穴が閉じたまま毛抜きで除毛してしまえば、上手く毛が抜けなかったり、肌が傷ついてしまう恐れがあります。

毛抜きを使用した時に「痛い!」と感じるのは、毛穴が閉じているまま毛抜きを使ったことが原因となっているケースがほとんどだと言われています。

 

このムダ毛は毛抜きを使ったらNG!

 

  • まぶた
  • ニキビ
  • ほくろ

まばらに生えてだらしない印象を与えるまぶたのムダ毛…気になる方も多いはずです。

しかし、まぶたの皮膚はとてもデリケートなのが特徴です。毛抜きで引っ張ってしまえば皮膚が傷つき、まぶたのトラブル・たるみにも繋がりますので、注意しましょう。

また、ムダ毛の周りにできたニキビの場合は、毛を抜くことでニキビが悪化することも考えられます。肌トラブルを更に悪化させることに繋がりますので、毛抜きの使用は絶対にやめましょう。

まぶた、ほくろ、ニキビのムダ毛がどうしても気になる場合は、眉用ハサミなどでトリミングすることをおすすめします。便利な毛抜きは使いどころによっては想定外のトラブルを招くこともあるので、使う部位にはきちんと注意を払いましょうね!

 

【種類別でご紹介】毛抜きにもバリエーションがあるんです!

毛抜きは、毛を掴む先端部分の形状によって種類が異なります。

ここでは毛抜きの種類の一部を、使いたいシーン別にいくつかご説明いたします。

 

たくさんの毛を処理したいのなら『平先タイプ』

皆さんが『毛抜き』をイメージした際に、一番に思い浮かぶ形状がこちらの『平先タイプ』なのではないでしょうか。平先タイプは主に、安価な毛抜きで採用されています。

鼻毛やワキ毛など、たくさんの毛を大きな力を入れずに処理をしたい場合には向いていますが、逆にピンポイントの毛を抜きたい場合には不向きでしょう。

 

うぶ毛のような細い毛を処理するなら『先斜めタイプ』

毛抜きの先端が斜めになっているタイプの毛抜きは、うぶ毛のような細い毛もピンポイントにキャッチしてするする抜くことが可能になります。

眉毛のお手入れなど、狙った部位のムダ毛を効率良く処理したいのなら、こちらの先斜めタイプがおすすめです!

 

デリケートな肌を守りたいなら『先丸タイプ』

敏感肌の場合、毛抜きの角で刺激を感じてしまう場合があります。そんな方におすすめなのが、毛抜きの先端が丸くなっているタイプの毛抜きです。

毛抜きを肌に当てた際のダメージも少ないので、目の周辺などのデリケートなエリアに使いたい場合は、こちらの先丸タイプを選ぶと良いでしょう。

 

こだわって選べばこんなに違う!毛抜き選びで重要な2つのポイントとは?

「安いから」といって、粗悪な毛抜きを使っていると、あなたの肌を傷付けてしまい、出血や腫れなどの肌トラブルを招いてしまうこともあり得ます。

そのような肌トラブルを避けるには、良い毛抜きの選び方のポイントを押さえて商品を選ぶことが重要なんです!

ここでは、お店やインターネットで使える毛抜きの上手な選び方についてご紹介いたします!

 

毛抜きにおいて『噛み合わせ』は最重要!

毛をつまむ部分がしっかり噛み合うかどうか、という点は、毛抜き選びにおいて最重要とも言えるほど大切なポイントです。

噛み合わせが良くないと、毛を上手くつまめずに、肌だけを痛めてしまう危険性があります。きちんと毛をつまめて、引き抜けるかどうかを判断する大事な基準なので、噛み合わせにはこだわって選びましょう。

噛み合わせの善し悪しは、購入前に目視で確認することも可能ですので、きちんとチェックして噛み合わせの”ズレ”が無いか確認しておきましょう。

 

『バネの強度』をチェックすれば長時間使っても疲れ知らず!

 

毛抜きは、素材自体の跳ね返る力(バネの特性)を利用して毛を掴んでいます。

このバネの力が弱すぎると先端部分が上手く開かずに、毛が抜きにくくなります。逆にバネが強すぎると、強い力が必要となるので、長時間使っているとかなり疲れてしまいます。

弱い力でもしっかり抜ける、疲れ知らずの毛抜きを求めるのなら耐久性も高く、程よいバネの力を利用した『ステンレス製』の毛抜きがおすすめです。

一方でプラスチックやアクリルの素材を使用した毛抜きは、バネがかなり硬くて強い力が必要となりますので、女性の力では扱いが難しいでしょう。

 

持ち運ぶのなら『付属品』にも注目して!

特に女性の場合は、化粧ポーチに毛抜きを入れて持ち運ぶ方も多いかと思います。

ところが、毛抜きをそのままポーチに入れておけば、毛抜きが劣化してしまったり、毛抜きの先端部分でポーチの中身を傷付けてしまったりとデメリットだらけです…。

このようなトラブルを避けるためには、ケースが付属している商品や、先端にキャップが付いている諸品を選ぶと便利に持ち運ぶことができます◎持ち運ぶ機会が多い方は付属品にも注目してみてくださいね。

 

一生使える毛抜きを手に入れよう!筆者のおすすめは「高級毛抜き」!

いま、毛抜き業界で勢いをつけているのが5,000円以上の高級毛抜きです。

高級毛抜き、というと少しハードルが高い気もしますが、安価な商品と比べても使い心地は段違い。正しく選べば安価な毛抜きよりもコスパ良く扱える優れものでもあるんです!

高級毛抜きのジャンルで、いま注目を浴びているのは、スイス・ルビス社のツィーザー・クラシックです。

出典: Amazon.co.jp

ルビス社 ツイーザー・クラシック
ブランド
カテゴリ

エステサロンなどでも使用されるほど、肌に優しく、しっかり毛が抜ける高級毛抜きです。デザインもとってもおしゃれなので、女性人気が高い商品なんですよ!

お値段が高くても、お気に入りの毛抜きを1本持っていれば、毎日のムダ毛処理も快適に行えるようになるので、ぜひ検討してみてくださいね♡

 

中川政七商店 関で作った鍛造毛抜き

出典: 楽天市場

中川政七商店 関で作った鍛造毛抜き

刃物の町、岐阜県関市で熟練の職人が仕上げた逸品!

刃物の町として広く知られる岐阜県関市で熟練の職人によって仕上げられた毛抜きです。

先端が斜めになっているため、抜きたい毛をピンポイントにキャッチしやすく、抜きやすい形状を採用しています。

素材には厳選したステンレス鋼を使用し、鍛造加工で精密に成型されていることがポイントです。これにより、長く愛用できる頑丈な作りに仕上がりました。

熟練の職人による繊細な仕上げと、こだわりの素材によって品質を高めた毛抜きを、ぜひチェックしてみてください。

 

本気で使いやすい毛抜きを徹底比較!毛抜きおすすめランキングTOP7

多くの人が毛抜きに求めているのが「すっきりきれいに毛が抜ける」ことや「痛くない」ことではないでしょうか。

そこでここからは、すっきり毛が抜けて痛くないと評判な毛抜きを中心に、おすすめの毛抜きをランキング形式でご紹介いたします!

 

第10位 貝印 スタンダードセレクション 毛抜き・マユ毛抜きセット

出典: Amazon.co.jp

貝印 スタンダードセレクション 毛抜き・マユ毛抜きセット
ブランド
カテゴリ

ムダ毛を美しく整えるスタンダードな毛抜きはいかが?

先が広い毛抜きと先が細い毛抜きのセットです。用途に合わせて使い分けることで、どんな毛もするすると抜くことができるでしょう。

手の小さい人でも使いやすいコンパクトサイズであることも嬉しいポイント。手にフィットするから長時間使う際でも安心ですね。

 

第9位 グリーンベル ステンレス毛抜き 先太

出典: Amazon.co.jp

グリーンベル ステンレス毛抜き 先太
ブランド
カテゴリ

先が広いから細い毛もしっかりと掴める!

先が太く・広い作りになっており、太い毛も細い毛も抜きやすいベーシックな毛抜きです。

素材には強度抜群のステンレスを採用することで、丈夫で長持ちすることが嬉しいポイントです。400円以下のプチプラ商品でありながらも、抜きやすさ・丈夫さともに優れているため、1本あればとても重宝することでしょう。

 

第8位 資生堂アイブローニッパーズ

出典: Amazon.co.jp

資生堂 アイブローニッパーズ
ブランド
カテゴリ

大手メーカーだから安心!眉毛を整えるならコレ!

ドラッグストアや資生堂の店舗などでも簡単に購入できることから、愛用者も多いのがこの毛抜き。

先端部分が斜めにカットされている『先斜めタイプ』を採用しているので、特に眉毛やお顔のうぶ毛などのピンポイントのムダ毛を処理することに適しています!

女性人気が高く、クチコミでも「力を入れずに綺麗にムダ毛処理できる!」評判の商品なんです。スリムなデザインですので、化粧ポーチに入れておいても邪魔にならずに使えて便利なのも、評価が高い理由の1つです。

ワキ・ヒゲなど、広範囲のムダ毛処理にはやや不向きですが、お顔のお手入れなど、細かな処理が出来る毛抜きを求めている方におすすめです!

 

第7位 BeQu 毛抜き

出典: Amazon.co.jp

BeQu 毛抜き
ブランド
カテゴリ

ブラックフライデー 開催中!

Amazonで価格を見る

様々な部位に使いたいのならお得な3点セットがおすすめ!

毛抜きの形状によっては、使用部位にも向き不向きがあります。

しかし、毛抜きをお使いの多くの方は「様々な部位に使える万能毛抜きが欲しい!」と感じているのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、異なる形状の毛抜きが3点セットになった、BeQu 毛抜きです。

3本の先は、先平タイプ・先斜めタイプ・先細タイプとなっていて、それぞれ、デリケートゾーン、眉毛、指毛、などに使い分けても良いと思います◎

レザーケース付きですので、万が一紛失してしまう…という心配も少なくなりますね!

高品質な毛抜きが3本も入っているのに、お値段はなんと1,000円以下のプチプラ!毛抜きデビューしたい方や、どの毛抜きが良いか分からない方はまず、こちらの商品を選んでみてはいかがでしょうか。

 

第6位 グリーンベル 驚きの毛抜き 先丸タイプ

出典: Amazon.co.jp

グリーンベル 驚きの毛抜き 先丸タイプ
ブランド
カテゴリ

力いらずでするする抜ける!肌へのやさしさもピカイチ!

お肌に優しい先丸タイプの中で、評価の高い商品がこちら。

力いらずで簡単にムダ毛をキャッチすることができる上に、毛抜きの先端が丸みを帯びているので、デリケートなお肌にも安心して使えます◎

ワキ毛や男性のヒゲなど、広範囲に生えている太いムダ毛の除毛処理を得意とする反面で、眉毛やうぶ毛などの細かな毛をピンポイントに除毛するのは苦手なようです。

細かな部位の除毛に毛抜きを使いたい場合は、上位の商品を選ぶと良いでしょう。

 

第5位 倉田製作所 江戸本手打ち毛抜き

出典: Amazon.co.jp

倉田製作所 江戸本手打ち 毛抜き
ブランド
カテゴリ

ブラックフライデー 開催中!

Amazonで価格を見る

一生モノの毛抜きを求めているならコレ!一度使えばもう手放せない!

一生使える毛抜きをお探しならば、倉田製作所の毛抜きがイチオシです◎

倉田製作所の毛抜きは「本手打ち」と言って、職人がひとつひとつ金づちで叩いて作っています。本手打ち製法を採用することにより、毛抜き本体の強度が高まり、よく抜ける毛抜きが出来上がるのです。

尖端部分がかなり研ぎ澄まされていますので、1位の小林製作所の毛抜きと比べて肌への負担が心配されますが、埋没毛の処理や、細かな部位のムダ毛をきっちり抜きたい方におすすめです◎

「一度使ったらもう手放せない!」というクチコミが多数見受けられるほど、中毒者が多いのが倉田製作所の毛抜きです。

お値段かなりお高めですので、4位にランクインとなりましたが、使い勝手は最高の逸品です。

 

第4位 貝印 先が丸い毛抜き

出典: Amazon.co.jp

貝印 先が丸い毛抜き(シルバー)
ブランド
カテゴリ

デリケートな肌でも安心して使える先丸タイプが嬉しい

肌当たりが優しい先丸タイプの毛抜きは、お肌がデリケートな方でも安心して使えることが特徴です。

緩やかなカーブを描いた独特のフォルムは握りやすく、力を入れなくてもするりと毛を抜くことができます。長時間使っていても疲れにくいことが嬉しいですね。

肌への刺激を極限まで抑えることができるため、お顔のお手入れ用の毛抜きをお探しの方におすすめです!

 

第3位 無印良品 スチール毛抜き

出典: Amazon.co.jp

無印良品 スチール毛抜き
ブランド
カテゴリ

ブラックフライデー 開催中!

Amazonで価格を見る

プチプラなのに超優秀!狙ったムダ毛を逃さない精密さが売り!

SNSでも話題となった、無印良品から発売されている『スチール毛抜き』は、シンプルな見た目に反してとっても優秀な使い心地が特徴です。

グリップ部分が滑りにくいように加工されており、日本人の手によく馴染むように作られているので長時間使っても疲れにくいというメリットがあります。

先端部分は細めの先斜めタイプとなっており、短い毛や埋没毛の処理にはかなり重宝します。狙った部位の毛をしっかりキャッチできる精密さで、私も愛用している毛抜きの1つです。

安心安全な日本製かつ、プチプラな点もお気に入りポイントとなっています◎

 

第2位 レジンレジン ヴィーナスツィーザー

出典: Amazon.co.jp

レジンレジン ヴィーナスツィーザー
ブランド
カテゴリ

女性におすすめ!細かい毛も逃さずキャッチする優秀さ!

スイスの精密機器メーカー・レジン社製の毛抜きは、細い産毛や細かなムダ毛、角栓にも使える万能さで人気を集めています。

こちらは私も愛用しているのですが、噛み合わせが抜群に良いので、狙った部分のムダ毛がピンポイントで抜ける使い勝手に病みつきに!個人的に今まで使ったどの毛抜きよりも使いやすかったです♡

全体的に細めのデザインとなってますので、男性の太い指ではやや不向き。あまり力を入れなくてもするんと毛が抜けるので、力のない女性にもピッタリな使い心地を叶えます。

 

第1位 小林製作所 毛抜き 先斜め

出典: 楽天市場

小林製作所 毛抜き 先斜め

使い心地・コスパ共に満点◎お気に入りの1本になること間違い無し!

昭和20年11月に創業した小林製作所は、毛抜き・ピンセットを専門として制作している町工場。

優れた毛抜きを多く取り揃える小林製作所の製品の中でも、特に人気なのは細い毛も抜きやすい先斜めタイプの毛抜きです。

熟練の職人の手によって丁寧に研磨された毛抜きは、先端部分がしっかり噛み合っているので、細いうぶ毛や、短い毛も、痛みを抑えてするっと抜ける点が特徴です。

クチコミでは「つまんだ毛も切れずにするーっと抜けて気持ちいい!」「肌に当たる部分が滑らかだから、デリケートな肌でも安心!」などの声が多数寄せられています。研磨技術が高いからこそ、肌当たりも良いんです◎

とても高品質な毛抜きなのに、価格も2,000円台とお手頃!使い心地もコスパも重視したい方におすすめの毛抜きです!

 

毛抜きの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、毛抜きの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

こだわりの毛抜きでムダ毛とサヨナラしよう!

普段何気なく使っている毛抜きも、こだわって選べばかなり使い勝手は変わります。

どの商品が良いのか分からない方は、ランキングでご紹介した小林製作所の毛抜きがおすすめです。今まで安価な毛抜きで妥協して使っていた方ならば、使い勝手の良さに感動することでしょう。

使う部位や、毛抜きの種類によって、大きく異なる毛抜きの使い心地。皆さんもぜひ一度、脇役に回りがちな『毛抜き』というアイテムに焦点を当てて、お気に入りの1本を見つけてみてくださいね!

 

記事内で紹介されている商品

ルビス社 ツイーザー・クラシック

サイトを見る

中川政七商店 関で作った鍛造毛抜き

サイトを見る

貝印 スタンダードセレクション 毛抜き・…

サイトを見る

グリーンベル ステンレス毛抜き 先太

サイトを見る

資生堂 アイブローニッパーズ

サイトを見る

グリーンベル 驚きの毛抜き 先丸タイプ

サイトを見る

倉田製作所 江戸本手打ち 毛抜き

サイトを見る

貝印 先が丸い毛抜き(シルバー)

サイトを見る

無印良品 スチール毛抜き

サイトを見る

レジンレジン ヴィーナスツィーザー

サイトを見る

小林製作所 毛抜き 先斜め

サイトを見る

関連記事