買いたいものを検索してください

【使い方・成分】融雪剤・凍結防止剤おすすめ人気ランキング12選

あなたの住んでいる地域が豪雪地帯か、雪が珍しい場所かでも冬には問題があります。「積雪」や「凍結」に直面し、慌て悩むこともあるはず。融雪剤や凍結防止剤で塩化ナトリウム、塩化カルシウムなど聞いて困惑しませんか。「塩害」と聞いて頭を痛めたりなど。

種類は他にもあり、迷うこともあるかもしれません。使うタイミングが難しいのも、融雪剤や凍結防止剤ですよね。仕組みや選び方、使い方次第でメリット・デメリットがあります。そこで雪国からお届け!車に付着し困った時の対処法も含め、参考までにご覧ください!

 

融雪剤・凍結防止剤の仕組み

雪を溶かすために降雪後などに散布するのが融雪剤です。凍ることを防止するため事前に抑制させることが、凍結防止剤になります。融雪剤と凍結防止剤には極端な違いはありません。塩化カルシウムや塩化ナトリウムなどは、凝固点降下のための凍結抑制です。

塩化系だけはなく、酢酸系、カーボンブラックやその他にもあります。違いは、−20°か−50°など温度のマイナス値(−)です。塩化カルシウムか、塩化ナトリウムは道路などに散布されます。融雪剤と凍結防止剤の使い方は、地域ごとに違いがあるでしょう。

 

成分でみる融雪剤・凍結防止剤の選び方

塩化カルシウム、塩化ナトリウムがあります。また塩化マグネシウムもあり、炭酸カルシウム、カーボンブラックと豊富です。さらに酢酸カルシウム、酢酸マグネシウム、尿素と融雪剤や凍結防止剤は多々あります。各々の成分を含め、特性や注意点を知った上で使用してくださいね。

 

しっかり融雪するなら「塩化カルシウム」「塩化ナトリウム」

雪を溶かす、凍ることを防止するための融雪剤・凍結防止剤です。しっかり落とすことも大切ですが、そこにはメリット・デメリットがあります。まず、塩化カルシウムと塩化ナトリウムから見てみましょう。

塩化カルシウム

道路に夜中に撒かれている塩化カルシウムは、雪国では略して「塩カル」と呼ばれます。メリットは雪国で塩化カルシウムは、−50°まで対応しているからです。豪雪地帯でも問題ないことが分かる温度になります。凝固点降下の役割に対しては十分です。

デメリットは「塩害」「付着したら落ちにくい」が挙げられます。サビに繋がるため、融雪はしっかりですが、困ることがあることも否めません。

塩化ナトリウム

地域によっては塩化ナトリウムを使用します。塩化ナトリウムは−20°まで対応でき、メリットは格安で使えることです。食塩と同じですが食用ではありません。

デメリットは「塩害」「付着したら落ちにくい」「豪雪地域には不向き」が挙げられます。サビに繋がるため、融雪はしっかりですが、悩む点があるのは塩化カルシウムと同じです。

 

駐車場にはサビ対策に「塩化マグネシウム」「炭酸カルシウム」「カーボンブラック」

融雪剤や凍結防止剤を散布するのは、道路だけではありません。駐車場で驚くことがないように、雪を溶かしたり、氷を防ぐための事前の準備は必要です。塩化マグネシウム、炭酸カルシウム、カーボンブラックのメリット・デメリットはどうでしょうか。

塩化マグネシウム

塩化系は金属や人体に影響を及ぼす場合もあります。ただし塩化マグネシウムのメリットは、環境に優しく水に溶けやすい点です。畑などでも安値なので使いやすくなっています。

また−30°まで対応でき、土壌や鉄、コンクリートに対しての影響は極端ありません。

デメリットは軽度でも金属など塩害は多少あり、持続性に欠けていることが挙げられます。雪を溶かすスピードも若干遅いこともあるでしょう。

炭酸カルシウム

炭酸塩で融雪する効果があるのが、炭酸カルシウムです。豪雪地帯でも、庭や畑などで散布することができるのがメリットになります。地域ごとで使われるかは異なりますが、芝にも効果を発揮し、植物や金属に優しいです。

広大な範囲にわたり散布する場合は効果的になります。デメリットは融雪スピードが遅く、水に溶けにくいので次々降る場合には不向きでしょう。

カーボンブラック

熱を吸収して炭の力によって融雪するのがカーボンブラックです。人体や金属、植物に影響が害がないのがメリットになります。凝固点降下温度は太陽光のため分かりません。

デメリットは、陽の光が当たらないと効果がないので、夜間など事前の散布は難しいです。原材料の中には発ガン性物質が含まれている可能性も否めません。また雪が溶けた後には黒く残ってしまうため、場所を選ぶ必要があるでしょう。

 

環境にやさしい「酢酸カルシウム」「酢酸マグネシウム」「尿素」

塩害を防ぐために効果が期待できる融雪剤・凍結防止剤もあります。環境に優しいことから目を向けられた、酢酸カルシウム、酢酸マグネシウム、尿素です。含まれている成分やメリット・デメリットも合わせてご覧ください。

酢酸カルシウム

酢酸塩を使って雪を溶かしてくれるのが、酢酸カルシウムです。凝固点降下温度は−25°。メリットは、塩害を抑える効果が期待できる点にあります。食材の廃棄物や、工業用の酢酸を使用し、環境に優しい商品があることもポイントです。

デメリットは若干価格が高めに設定されている場合もあります。また、凍結防止としてはコンクリートに劣化の問題があることでしょう。

酢酸マグネシウム

酢酸カルシウムと同じく酢酸塩により、−25°まで凝固点降下が期待されています。メリットは温度設定が低くても効果があるところです。さらにコンクリートへの影響が見受けられにくく、散布できる範囲が広くなっています。

デメリットは尿素に近いと、酸味を帯びた臭いがする点です。塩化系と酢酸マグネシウムを、場所によって使い分けている地域もありますね。

尿素

微生物の効果で融雪するのが尿素になります。メリットは金属を痛めることなく、植物・農作物などに影響が及ぶことがないところです。庭や畑に対して優しく、雪国ではなく少ない降雪時でも問題ありません。

デメリットは豪雪地帯には、−15°ほどの凝固点降下なので難しいことが挙げられます。アルカリ成分と混合すると、アンモニア臭がすることもあり得るので注意は必要ですね。

 

駐車場の融雪剤を落とさないと車が痛む!融雪剤の落とし方は?

金属に弱い塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化マグネシウムの塩化系。車に付着してしまい、車が痛むけど落とし方が分からないこともあるかもしれません。対策としては「高圧洗浄を下部の中心から落とすこと」これが大切です。

よく洗車機で下部洗浄がありますが、低圧なので効果の期待は難しくなります。高圧で洗浄することは容易ではありません。毎回落とすことも難しいので、白く付着が目立ったらプロに任せることが1番!

リフトを使い、下部中心から高圧で作業をあなた自身が行うことは困難だからです。付着の度に落とすのではなく、ある程度はそのままでも大丈夫なので安心してくださいね。

 

融雪剤・凍結防止剤の使い方

 

使用前の準備

融雪剤・凍結防止剤を使う前には、下準備が必要です。まずスコップ、ゴーグル、マスクや軍手を身につけることで安全を確保します。手押しやハンディ散布機が必要なこともありますが、地域や状況で異なるからです。

ペットボトルの融雪剤・凍結防止剤もあるので、状況に合わせる必要があります。狭い範囲では手押しは必要なく、広い場所では散布機を使うなどです。他にも流すためのホースが必要になるケースもあります。

スコップは専用にし、ゴーグルはスキー用の代用も問題ありません。マスクやナイロン製、また軍手は大事なので、専用に事前に準備しましょう。

 

融雪剤の使い方と使用のタイミング

同じ都道府県の中でも、道路や河川近くなど使い分けることもあります。地域ごとで異なるのが、融雪剤の使い方と使用のタイミングです。降雪時に使う、降りそうな温度や天気で使うなど2つのパターンのある融雪剤。目的は雪を溶かすことに変わりはありません。

問題は必ずこのタイミングと決まりもなく、雪が降る前の場合もあります。反対に「融雪」の言葉の通り、雪が降ったあとで「既に降っているけど…」のケースも多いはず。降雪後でも問題がなく、何cmかよって使い方が異なるのが融雪剤です。

 

凍結防止剤の使い方と使用のタイミング

雪国では凍結が当たり前ですが、どこでも避けるために使うのが凍結防止剤です。使い方は3°ほどの気温で凍結は始まるので、撒くタイミングは融雪前になります。天気が良くても、急激な温度の低下はあるので事前にチェックが必要です。

「凍ったら使えないの?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。凝固点降下の温度、凍結防止剤の種類によっては、使えることもあります。できるだけ凍結前に使うことがおすすめですが、降雪後でも問題なく使えて便利ですね。

 

融雪剤おすすめ人気ランキング6選

第6位 コンパル(Compal) 無塩 凍結防止剤 融雪剤

成分 尿素・金属防錆剤
内容量 2kg
無塩
特徴 塩害を軽減

金属・土壌・コンクリートに優しい!

短時間でシャーベット状になります。塩化系と違って尿素や金属防錆剤が、金属・土壌・コンクリートへの影響が少ないです。玄関先や駐車場、庭先などの凍結防止剤として重宝します。2kg、5kg、10kgから選べるので、範囲を問いません!

無塩で問題もなく、塩化系と同じ部分は即効性や持続性になります。アルカリ成分と混合すると、アンモニア臭がするので注意が必要です。塩害の心配が薄い凍結防止剤になっています。塩害の心配が少ないとしても、事前の準備はしておきましょう!

 

第5位 高森コーキ(Takamori kohki) 凍結防止 融雪剤 エコワンダーEX

No.5

出典: Amazon.co.jp

高森コーキ(Takamori Kohki) 凍結防止 融雪剤 エコワンダーEX 10kg ECO-10
ブランド
カテゴリ
成分 塩化カルシウム・塩化ナトリウム・ヒトデ抽出エキス・腐食防止剤
内容量 10kg
無塩 ×
特徴 エコ

塩化系でも環境に優しい3代要素が含まれている!

含まれているのは塩化系の中でも、カルシウム・ナトリウムです。ヒトデ抽出成分のイオン吸着率は排出を90%にし、塩害を極力抑える効果があります。鉄や植物、コンクリートへの影響を最小限まで留めるからです。3cm以下の降雪、3cm以上積雪で使う量も表示!

長期間の保存もでき、氷や雪に対して浸透性が高いので、凍結防止もできる融雪剤です。即効性・持続性に関しても素早く、問題はありません。環境に優しく3代要素が含まれているエコタイプは、使っていても安心でしょう!

 

第4位 長良化学工業 まくだけで雪や氷を溶かす融雪剤 雪とけっ子

No.4

出典: Amazon.co.jp

長良化学工業 まくだけで雪や氷を溶かす融雪剤 雪とけっ子
ブランド
カテゴリ
成分 塩化カルシウム(弱アルカリ性)
内容量 5kg
無塩 ×
特徴 スリップ・転倒防止

スリップや転倒の防止が期待できる!

1㎡あたり0.5kg〜1kg、場所によりますが使用が変わります。溶け始めるまで2〜3時間以上かかることもあるので、降雪前に散布しておくと効果的です。スリップや転倒を防止してくれる役割があります。降雪後に散布する場合には、スコップで除雪をすると効果を発揮!

塩化カルシウムなので、直前の支度は必要です。マスク、ゴーグル、軍手などの事前の準備を整えてから使うことをおすすめします。溶けた後白く残った場合は、塩化カルシウムの場所を綺麗に除去しましょう!

 

第3位 フジオックス まくだけ簡単! 雪当番

No.3

出典: Amazon.co.jp

フジオックス まくだけ簡単! 雪当番
ブランド
カテゴリ
成分 塩化カルシウム
内容量 2kg
無塩 ×
特徴 ペットボトル式

家庭用で使うなら持ち運びも保管も簡単!

2kgは約20㎡の範囲使うことができます。ただし降雪後の場合、天候や積雪具合で量の調整が必要になることに間違いありません。どちらかというと道路ではなく、玄関や駐車場などの範囲に撒くことをおすすめします。家庭用と捉えておくことが1番!

ペットボトルで持ち運びが簡単ですが、散布の際には事前の準備は必要です。保管もしやすい大きさなので、場所をとる心配もありません。ただ広範囲の場合には、2kgは限られてしまうので、散布場所に注意が必要ですね。

 

第2位 costick 塩化カルシウム

No.2

出典: Amazon.co.jp

costick 塩化カルシウム
ブランド
カテゴリ
成分 塩化カルシウム
内容量 5kg
無塩 ×
特徴 カチカチ雪可

事前の凍結防止・カチカチの降雪後でも効果的!

カチカチ雪になって諦めてしまうことはありませんか。融雪剤として活躍するのはもちろん、氷を張る前の凍結防止剤としても効果的です。降雪後のカチカチ雪になっても、シャーベット状になり効果を発揮します。5kgなので女性でも極端な重みを感じません!

駐車場や道路だけでなく、玄関先や階段など足の滑りやすい場所で活躍します。事前の身支度を整えてから、粒状の融雪剤を散布することがおすすめです。水気がないところで使うことがポイントになります!

 

第1位 フジオックス 融雪剤 TOKETA SNOW&ICE MELTR

成分 塩化カルシウム
内容量 2kg
無塩 ×
特徴 ペットボトル式

少量使う場合には手軽に持ち運べて収納も簡単!

雪国で広範囲使う場合には難しいかもしれませんが、持参するには問題ありません。降雪のあまりない地域からでは、準備がないこともあります。ペットボトルに入っていることで、降雪後に遭遇し、困ってしまった時など便利に活用!

降雪が少ない地域でも、突然のことで驚く心配もありません。2kgで約20㎡使えるので、駐車場の範囲なら大丈夫です。積雪具合や天候でも変わるので、事前の準備と予報を把握しておくことは必要でしょう。

 

【融雪剤】おすすめ人気融雪剤の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

商品名 フジオックス 融雪剤 TOKETA SNOW&ICE MELTR costick 塩化カルシウム フジオックス まくだけ簡単! 雪当番 長良化学工業 まくだけで雪や氷を溶かす融雪剤 雪とけっ子 高森コーキ(Takamori Kohki) 凍結防止 融雪剤 エコワンダーEX 10kg ECO-10 コンパル(Compal) 無塩 凍結防止剤 融雪剤
成分 塩化カルシウム 塩化カルシウム 塩化カルシウム 塩化カルシウム(弱アルカリ性) 塩化カルシウム・塩化ナトリウム・ヒトデ抽出エキス・腐食防止剤 尿素・金属防錆剤
内容量 2kg 5kg 2kg 5kg 10kg 2kg
無塩 × × × × ×
特徴 ペットボトル式 カチカチ雪可 ペットボトル式 スリップ・転倒防止 エコ 塩害を軽減
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【凍結防止剤おすすめ人気ランキング6選

第6位 みやちゅう 凍結防止融雪剤

成分 塩化カルシウム
内容量 4L
無塩 ×
特徴 ペットボトル式

降雪後やアイスバーンでも効果を発揮!

降雪前に間に合わないことがあるのは当然ですが、雪が降った後にサッと撒くだけです。もちろん降りそうなタイミングで使用しても問題ありません。ペットボトルに入っていますが、駐車場20台分も散布できる優れもの!

塩化カルシウムの力で融雪・凍結から避けられます。ペットボトルなので簡単ですが、重さを感じることもあるので注意が必要です。駐車場だけでなく、玄関先にも散布できるので滑る心配がありません。 事前の準備も忘れないことをおすすめします!

 

第5位 昭和貿易(showa boeki) 凍結防止剤 アイスキラー

成分 天然大理石(弱アルカリ性)
内容量 8kg
無塩
特徴 天然素材

1日1回散布するだけで20時間凍結防止の効果が期待できる!

弱アルカリ性の天然大理石を使用しているので、塩害も心配がありません。凍結を防止するだけでなく、氷を溶かしてくれることも期待できます。散布は1日1回だけで問題なく、凍結防止効果は20時間の持続性を発揮!

弱アルカリ性の天然大理石を使用しているので、金属の腐食・発錆を抑えやすいです。環境に優しいので、建物や車、階段などの周りでも問題なく使えます。即効性もあり再凍結もしにくいので、使いやすい凍結防止剤でしょう。

 

第4位 ルーカスギター(Lucas guitar) 塩化マグネシウム

No.4

出典: Amazon.co.jp

ルーカスギター(Lucas guitar) 塩化マグネシウム
ブランド
カテゴリ
成分 塩化マグネシウム
内容量 1kg
無塩 ×
特徴 フレーク状

入浴にも使用されるほどの安全性!

塩化マグネシウムは水に溶けやすく、環境に優しくなっています。塩化系ですが、入浴にも問題なく使えるので安心な成分を使用。凍結防止剤として使用でき、屋内でも問題ないほど便利です。フレーク状で、500g、1kg、3kg、5kg、10kgから選ぶことができます!

価格も抑えめなので、身体にも、植物にも極端な影響はありません。高濃度の6水和物は、市販の塩化マグネシウムと違う即効性があります。温度が下がり始め、氷始めたタイミングで使うことがおすすめです!

 

第3位 トクヤマ 塩化カルシウム 道路の凍結防止剤

No.3

出典: Amazon.co.jp

トクヤマ 塩化カルシウム 道路の凍結防止剤
ブランド
カテゴリ
成分 塩化カルシウム
内容量 25kg
無塩 ×
特徴 防湿・防塵

塩化カルシウムの力で融雪から凍結防止まで!

雪を溶かす融雪効果はもちろん、事前に凍結防止剤として使えるので安心です。家の周りから道路まで幅広く使用できます。25kgあるので十分な量があり、塩害の問題はありますが、効果は抜群です。雪国では数多く使用しますが、他の地域でも問題ありません!

防湿・防塵の役割もあるのでおすすめです。十分な支度と、広大な場所での散布には小さくても散布機が必要になる場合もあります。一箇所に固まらないように工夫し、満遍なく散布することが良いでしょう。

 

第2位 みやちゅう 凍結防止剤 ペットボトルタイプ

成分 塩化カルシウム
内容量 2kg
無塩 ×
特徴 ペットボトル式

キャップで量の調整ができるので効率的!

大きさがあると、置き場や持ち運びに不向きと感じているかもしれません。手頃に使いたい、便利に収納したい時には向いている凍結防止剤です。キャップ1杯10gなので計算がしやすくなっています。駐車場で10台分に対応でき安心です!

1㎡で−5°を想定して約20g、−15°を約40gとして使えます。キャップを使わず、そのまま散布しても問題ありません。ペットボトルなので収納スペースの心配もなく、持ち運ぶことができますね。

 

第1位 昭和貿易(showa boeki) アイスキラーグリップ

No.1

出典: Amazon.co.jp

天然素材のすべり止め剤配合 融氷・凍結防止剤『アイスキラーグリップ』1kg
ブランド
成分 天然大理石
内容量 1kg
無塩
特徴 天然素材

氷を溶かす融氷・凍結防止のW効果が期待できる!

滑り止めにもなり、凍った後でも使える凍結防止剤です。氷を溶かす融氷と、凍結自体を防ぐWの効果が期待できます。天然成分なので塩害の心配もありません。雪国では少なく感じるかもしれませんが、身の回りであれば低コストで使いやすいです!

量のバランスを考慮することをおすすめします。玄関や階段、コンクリートからモルタンまで使えるので、使い勝手が良いです。細かなグリップ剤がスリップ防止の役割を果たし、まさにW効果を発揮していますね。

 

【凍結防止剤】おすすめ人気凍結防止剤の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

商品名 天然素材のすべり止め剤配合 融氷・凍結防止剤『アイスキラーグリップ』1kg みやちゅう 凍結防止剤 トクヤマ 塩化カルシウム 道路の凍結防止剤 ルーカスギター(Lucas guitar) 塩化マグネシウム 昭和貿易(showa boeki) 凍結防止剤 アイスキラー みやちゅう 凍結防止融雪剤
成分 天然大理石 塩化カルシウム 塩化カルシウム 塩化マグネシウム 天然大理石(弱アルカリ性) 塩化カルシウム
内容量 1kg 2kg 25kg 1kg 8kg 4L
無塩 × × × ×
特徴 天然素材 ペットボトル式 防湿・防塵 フレーク状 天然素材 ペットボトル式
リンク Amazon Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

除雪グッズもチェックしよう!

雪かきスコップ
スノーダンプ 雪かき

 

融雪剤・凍結防止剤の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、融雪剤・凍結防止剤の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

優れものを揃えてウィンターシーズンを乗り切ろう!

冬場に動けなくことがあったら困りますよね。さらに、前が見えなくなるほどの氷に悪戦苦闘するなど避けたいはず。融雪剤で雪を溶かし、氷を避けるために凍結防止剤はウィンターシーズンには必要です。地域によって使い方や、量の加減も違いはあるかもしれません。

事前に、または降雪後に融雪剤や凍結防止剤を使うと、安心して過ごすことができます。困ってからではなく、事前の準備は必要です。優れものを揃えて、ドンと構えたウィンターシーズンを過ごしましょう!

 

記事内で紹介されている商品

コンパル(Compal) 無塩 凍結防止剤 融雪剤

サイトを見る

高森コーキ(Takamori Kohki) 凍結防止 融…

サイトを見る

長良化学工業 まくだけで雪や氷を溶かす融…

サイトを見る

フジオックス まくだけ簡単! 雪当番

サイトを見る

costick 塩化カルシウム

サイトを見る

フジオックス 融雪剤 TOKETA SNOW&ICE MEL…

サイトを見る

みやちゅう 凍結防止融雪剤

サイトを見る

昭和貿易(showa boeki) 凍結防止剤 アイス…

サイトを見る

ルーカスギター(Lucas guitar) 塩化マグネ…

サイトを見る

トクヤマ 塩化カルシウム 道路の凍結防止剤

サイトを見る

みやちゅう 凍結防止剤

サイトを見る

天然素材のすべり止め剤配合 融氷・凍結防…

サイトを見る

関連記事