雪国に驚いたら!迷った時の雪かきスコップおすすめランキングTOP7

あなたが突然、雪国に住むとしたらどうでしょう?日本全国雪は降りますが「雪国」と呼ばれる地域の雪は特別違います。

とはいえ、日本全国どこでも雪質は違います。私は長野県に住んでいますが、同じ県内でも質が異なるなど。同じ地域でも何種類も呼び方がある程、雪の種類はたくさんあります。それによって降雪も様々です。どこでも雪が降ると雪かきは必要ですが、片付けなくてはいけません。

そこで必要になるのが雪かきスコップ。毎年必要になるので、迷った時の雪かきスコップにはどれを選ぶべきかを紹介します!

 

目次

雪かきスコップは必要?

雪

雪国に来たからといって、最初はそんなに雪かきスコップの必要性を感じないかもしれません。ところがドカッと降るのが雪国ならではのこと。昨日まで天気が良かったのに、と思っても突然降り続けると止まりません。止まない雪に、徐々に不安も募ってくるでしょう。いつの間にか家の周りや、車の周りに雪がたくさんで戸惑うかもしれませんね。そんな時のために、事前に事前に購入しておきたいのが雪かきスコップです。

そんなに気にしなくても大丈夫から、必需品になるでしょう。雪国では道路の雪にも気になりますよね?除雪車が通っているとはいえ、除雪車のかいた雪が溜まります。その雪のことも考え、あなたの家や車の周りの雪を道路に出して他車の車の妨げになってもいけません。雪を外の出したら溶けると考えがちですが、ゴツゴツした道路になってしまうだけ。ゴツゴツした道路では、他車だけではなくあなたの車も傷んでしまいます。

また事故にも繋がる原因の一つでしょう。生活していく上で冬の間、雪かきスコップを使う頻度はとても多いのです。重労働に思うかもしれませんが、雪かきスコップも使い方によってはとても重宝するでしょう。雪かきスコップは、雪国では欠かせない商品といえます。

 

雪かきスコップの種類

雪かきスコップ

雪かきスコップには、使い方によって種類がいくつかあります。その一つ一つを見ていきましょう。

 

使いやすさで長時間でも大丈夫なアルミ製!

金属製に近い性質ですが、アルミ製は軽く耐久性に優れています。体の負担を軽減し、なおかつ雪国では活用の場面が多いでしょう。金属製に似ていますが、アルミ製は錆びなく軽い設計になっています。

デメリットは、お手入れ方法に気をつける点です。メリットは、雪かきでも長時間の使用でも疲れにくい点がいえます。

 

耐久性バツグンなスチール製!

スチール製は重さが気になる点がありますが、崩したりなどには良いでしょう。雪かきの回数が多い冬の間が多々あるので、耐久性に優れているといえます。片付ける際に雪を押し出す時にも便利です。

デメリットは、投げたりする時多少重いことがいえます。メリットは、なかなか変形しにくく長持ちができる点でしょう。

 

スノーダンプでも使えるカーボネイト製!

スノーダンプでも使えますが、片付けに便利なサイズもあるカーボネイト製。大・中・小とありますが、小さいサイズでも雪かきには十分活用できます。スチールより軽く、持ちやすさがポイントです。

デメリットは、極端重い雪には向いていない点があります。メリットは、ちょっとした雪かきをするなら軽い上にコンパクトなことがいえます。

 

軽さ重視のプラスチック製!

玄関先などの新雪だけを片付けたい、少量の雪を運びたい時はプラスチック製があります。車の上だけ少し片付けるなど考えたら、裏向きにして車を傷つけないようにしましょう。玄関先で使用する時は、軽い分傷に注意は必要になります。

デメリットは、新雪など軽い雪などに限定されるくらい脆い点があります。メリットは、軽いので女性には使いやすいことが利点です。

 

雪かきスコップは素材によって使いやすさが違う

スコップ

雪かきスコップも素材によって使いやすさが変わります。その違いとはどこでしょうか。

 

アルミ製は軽さから錆びにくいところが良い!

金属製や鉄製などもありますが、軽さや錆びにくいことからアルミ製など。雪かきをするには軽くて持ちやすく、雪国では必要といえるでしょう。

アルミ製が多い中、工事などで見かけるスコップと同じ形が特徴ともいえます。

 

耐久性なら砕ける(割る)を求めてスチール製が便利!

硬くなった雪を崩したり、変形を防ぐとしたらスチール製を選ぶと良いでしょう。

冬の間の雪かきの回数は多いことからも、買い替えばかりではない若干重みのあるスチール製も便利ですね。

 

雪を押し出す時などにも使えるカーボネイト製!

スチール製よりも少し軽めではありますが、極端重さのない雪をかいたり押し出す時に便利なカーボネイト製。

女性の力でも、コツさえ掴めれば押し出すタイプもかいて投げるとしても良いですね。

 

やわらかな雪限定な女性でも簡単なプラスチック製は軽い!

雪国でも玄関先や新雪には使用されますが、重い雪には対処が難しいプラスチック製。

降ったばかりの新雪や少量の雪に利用できます。

降ったばかりのような新雪のような、雪限定に使えるといえる軽さ重視の商品ですね。

 

雪かきスコップを選ぶのに注目したいポイント

スコップ

雪かきとひとことで表しても、工程が分かれています。

まず、砕く(割る)、すくう、寄せ集めて運ぶといった作業です。

 

用途によって種類を選んでおく

あなたにとって家の玄関先なのか、周りなのか屋根なのかで用途も様々です。つららを取るだけのための場合もありますね。

砕く(割る)などの時には、硬めの金属製やスチールなどを選んでおくと良いでしょう。

アルミ製やカーボネイト製もすくう時や寄せ集めて運ぶ時に使うといえます。つららを取るだけなら下に気をつけながら、プラスチック製など。

極端に多いところでは、電動除雪機が必要になることもあります。使い方を分けることも必要になりますね。

 

使いやすさを左右する雪かきスコップの素材をチェック

雪国とひとことでいっても、雪の質によって素材でかなり左右します。雪かきには大きく分けて、金属や鉄製、アルミ製、スチール製、カーボネイト製、プラスチックがあります。金属や鉄製は雪かきスコップというより、砕く際の工事用の小さいスコップといえます。使用目的が異なるため、例えば重い雪にプラスチック製は割れたり折れたりするでしょう。

金属や鉄製は、雪を何度も往復して運ぶ際に長時間で重労働になってしまいます。素材を見比べて、使いやすいスコップを使用することが大切ですね。

ある程度の時間がかかる雪かきなので、素材を把握しておくことで使いやすさが変わります。決して簡単ではない雪かきなので、慣れるためにチェックしておくと良いですね。

 

使用目的によって大きさにも注目

使いやすさを考えると、大きさにも注目するところでしょう。大きなスペースに早く片付けたいと思って、大きな雪かきスコップを使用すると疲れたり持てません。時間をかけて、大きさもあなたに合わせた大きさを選ぶことがベストですね。身体全体を使うということが一番ベストなスタイルです。

腕だけで頑張ろうとしないことが大切!スペースが広いからと簡単にスノーダンプを使うと軽い部分だけ運んだり、すくいすぎなど重くなりすぎて運べなかったりなど。

使用目的を選んで、目的別にあなたの身体に合った大きさも考えることも大切ですね。大きさの分かれている雪かきスコップもあるので、大きさにも注目です。

 

雪を集めるスペースを考慮したスコップの選び方

雪国では家に池や雪置き場がある場合があります。雪かきの回数が多いので、アパートやマンションでは確保するスペースも必要です。

雪を投げても良いところでは、投げられるタイプのスコップ。スペースがなくて、固めて置かなければならない場合には寄せ集めるためのスコップなどが必要です。

一つあれば十分に感じるかもしれませんが、場所や慣れも関係するでしょう。重ねないといけない場所には、砕いて(割って)寄せ集めるためいくつか必要になります。

持っている本数が、一つでないといけない訳ではありません。雪を投げたり集めたり、または流したりすることもあるでしょう。

スペースによって、スコップを探すことも選び方の一つですね。

 

雪かきスコップの収納方法

 

雪かきスコップの収納は、必ず家の外でないといけないと思うことはありませんか?

実際には、凍ってしまうことも考え玄関先や家の中でももちろん大丈夫!玄関先にスペースがない場合には、家の中にスペースを作ります。

そこで必要になるのが、ダンボールとナイロンですね。ダンボールで雪かきスコップを立てかけて、下にナイロンを敷きます。直接ナイロンでは、雪が溶けて濡れてしまったりダンボールだけでは床にカビ!などの心配があるからです。

邪魔にならないスペースで、なおかついつでも取り出せるところに置くと便利ですね。

 

知っておきたい雪かきのマナーと注意点

雪かきスコップ

雪かきの際に、気を付けたいことが3点あります。

まずはケガに対する注意、近所への気配り、そして雪崩です。ケガの心配とは、雪かきスコップが雪の反動で自分に当たってしまったりなど。間違えて足を踏んでしまったり、切り傷や転んで擦り傷などを防ぎましょう。

そして近所への気配りですが、隣近所の敷地や塀に邪魔になる行為はしない方が良いです。どうしてもスペースがない時は、近所の声や自治体の方などに相談してみましょう。雪崩とは、山だけの問題ではありません。家の屋根から突然崩れて、雪崩を起こす雪です。

下手をすると埋まってしまったり、凍った部分などに転んでしまうので注意したいですね。

 

お手入れに困った時の対処法

雪かきスコップ

アルミなどでは、雪かきスコップに付着した雪が凍ってしまう時もあります。ロウや、スプレータイプのワックスなどでお手入れすると良いでしょう。

また水分が付着してしまうので、乾いたタオルなどでお手入りすると良いです。あまり細かくこすったりしないで、無理のない軽めのお手入れがベストです。

土などが付着してしまったら、雪に部分で簡単に取り除いてから乾いたタオルで簡単に拭きましょう。サビの原因にも繋がるので、長持ちのためにはきちんとした対処が必要ですね。

 

筆者愛用中の雪かきスコップをご紹介!

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ

あなたが住もうと思っている地域の雪は、どのような雪質でしょう。私の住んでいるところでは、雪かきをしていると更にまた雪が降るの繰り返し…

そんな時のために愛用しているのが、駐車場や歩くスペースで活用できるタイプです。積み重ねることが多いため、できるだけ頑丈かつ運びやすいアルミ製の雪かきスコップを使用。

しかも、硬い雪でもタイプできる金具付きの商品を使っています。

重さは、1.5kgとありますが耐久性に富んでいてデザインも見えやすい色を利用していますね。

長く使用している商品ですが、傷もなく使えていますね。

同じ商品ですがお手入れも簡単で、雪かきスコップに中でも滑らず錆びず便利ですね。

 

雪かきスコップおすすめランキングTOP7

雪かきスコップの中でも、コレがおすすめという商品を選んでみました。

あなたが初めて購入する際、または素材から改めて購入する時の参考になれれば幸いです。

 

7位 コンパル 除雪スコップ 車載&ハウスくん

出典: Amazon.co.jp

コンパル 除雪スコップ 車載&ハウスくん

新雪対策の除雪といえば軽量タイプ!

玄関先などに積もった軽い雪なら、軽量タイプのプラスチック製でしょう。まずは、少しだけ新雪を片付けたい場合には使いやすいです。

重さ:630gで軽量です。

大きさ:スノーダンプほど大きくなく小型なサイズ

耐久性:重い雪ではなく、軽量な雪に向いてる商品です。

デザイン:美しい色合いと共に目立つでしょう。

価格帯:価格としてはお安いです。

軽さでいえばコンパクトなのでお手頃です。

車にも積めますが、雪質にもよることから7位にしました。

 

6位 TREKOO 16種類多機能シャベル 折り畳み式スコップ

出典: Amazon.co.jp

TREKOO 16種類多機能シャベル 折り畳み式スコップ

災害時にも活用!急な雪降りに困ったら一つは欲しいアイテム!

車で出かけた際に雪に遭遇してしまったら、便利な多機能シャベルです。

16種類多機能なので、お出かけの場合には使いやすい一つでしょう。

重さ:約1kgで、少し重いタイプですがコンパクトになります

大きさ:組み立てタイプですが小型といえます

耐久性:高合金マンガン銅を使用しているため優れています

デザイン:先が尖っていて、災害時に見かける黒いデザインです

価格帯:多機能タイプなのに価格は抑えめでしょう

お出かけの際に、突然の雪で動けなくなってしまう場合にも活用できます。

雪かき専用となると、長時間にわたるため6位に位置付けました。

 

5位 Astage 雪かき用 ポリカーボネート製 ポリカラッセル

出典: Amazon.co.jp

Astage 雪かき用 ポリカーボネート製 ポリカラッセル

雪を運ぶ時に便利で、初めてでも使いやすさから押し出ししやすい商品!

初めて雪かきスコップを使う時でも、腰に負担がかかりにくいタイプです。

押し出すこともできる上に、グリップが持ちやすいでしょう。

重さ:約1kgと、若干の重みはありますが力が入れやすいです。

大きさ:横に広いタイプなので、雪が逃げにくいです

耐久性:ポリカーボネイト製で、極端の重みがかからなければ優れています

デザイン:軽そうに見えて、美しいフォルム

価格帯:少し高めになっています

雪を片付ける時に、玄関先などで押し出す際には便利でしょう。

価格面の面を考え5位にしました。

 

4位 牛鷺 アルミ角スコップ

小回りが利くからちょっとした場面で女性でも簡単!

金属や鉄製のようで、運びやすいアルミ製は女性にも便利なスコップでしょう。

ちょっとした雪には最適な商品といえますね。

重さ:約1.3kgと、少し重さはあれども小型なので重宝します

大きさ:小回りが利く分小型です

耐久性:アルミ製で、極端な重みがかからなければ十分です

デザイン:見た目は畑などで見かけるようなショベルタイプ

価格帯:お手頃なお値段でしょう

サクサク使えて、運ぶ時にも軽い形なので活用方法はたくさんです。

救って運ぶ時には、小型で少し時間がかかるため4位にしました。

 

3位 アイリスオーヤマ 雪かき スコップ メタルブレードスコップスリム

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ メタルブレードスコップスリム

先端が尖っている点が硬い雪をかくポイント!

しっかりした形で、救いやすく片付けやすいです。

女性でも持ちやすい、スリムコンパクト。

重さ:約1.5kgと若干重さはあります

大きさ:スリムタイプなので収納できる点がポイントです

耐久性:スチール製なので重さがある分、耐久性は抜群でしょう

デザイン:持ちやすく目立つ色で、丸みを帯びています

価格帯:価格は抑えめです

車間の狭いところなども、気を付けて使えばスリムなので安心。

重さを考え3位にしました。

 

2位 Astage ポリカスコップ

握りやすい上に運びやすく割れにくく雪離れしない!

角度的に持ちやすく、力の入れやすい形になっています。

握りやすいグリップは、疲れにくいので時間のかかる作業に向いているでしょう。

重さ:約1kgを若干切るくらいの軽い設計です

大きさ:少し大きめのサイズですが、大量に運ばなければ女性でもピッタリ

耐久性:ポリカーボネイト製で、極端重みがかからないなら優れています

デザイン:力が入れやすいので形も美しいです

価格帯:ちょうど良いか買う設定でしょう

スムーズに作業できるからこそ、時間をかけても安心感があります。

収納の幅を取ることを考慮して2位になりました。

 

1位 オウル アルミ石炭スコップ#3

軽くても運びやすく雪国では多く使用されています!

錆びなくて軽く、お手入れも簡単です。

長持ちをすることからも、雪国では人気といえるでしょう。

重さ:約1.1kgと、持ちやすくちょうど良いです

大きさ:大きすぎず小さすぎないところがポイント

耐久性:錆びにくく、アルミ製でも耐久性バツグン

デザイン:持っても安定しているからこそ、デザイン性と安定性が良いです

価格帯:お値段設定も良いでしょう

女性でも軽く使用できるので、雪国では活躍の場が広がります。

全面的に安定しているからこそ、1位に選びました。

 

雪かきスコップの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、雪かきスコップの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

万能な雪かきスコップで作業もラクラク♪

雪

あなたがこれから雪国に住む時、スキー場などで感じた雪との違いに気付くことでしょう。私自身の住んでいる地域では「雪下ろし」が盛んな地域です。最近は振り方も極端降ったり、降らなかったり様々ですね。スキー場の雪の部分的には、人工雪が使用されています。住むとなったら、スキー場で感じた雪質とは違うことを感じるはず。

次々に降り積もる雪を感じたら、それが本当の雪国の「雪」です。そして雪かきにはコツが必要です。腕だけを使おうとすると疲れてしまいます。

身体全体を使うことで、初めての「雪」を感じるのではないでしょうか。

記事内で紹介されている商品

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ

サイトを見る

コンパル 除雪スコップ 車載&ハウスくん

サイトを見る

TREKOO 16種類多機能シャベル 折り畳み…

サイトを見る

Astage 雪かき用 ポリカーボネート製 …

サイトを見る

牛鷺 アルミ角スコップ

サイトを見る

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ メ…

サイトを見る

Astage ポリカスコップ

サイトを見る

オウル アルミ石炭スコップ#3

サイトを見る

関連記事