買いたいものを検索してください

雪かきスコップおすすめ人気ランキング10選!雪かきスコップの種類もご紹介

近年、暖冬が続いているとは言え、時々、びっくりするような積雪があります。雪の降る地方では対処の方法がわかっていても、雪に不慣れな地域の方は、対処がわからずオロオロすることもあるのではないでしょうか。

積雪の際にまず行うべき事は「雪かき」。

その雪かきに必要となってくるのが専用の「スコップ」です。日常的に必要というわけではないので、「雪かきスコップ」について不明な点も多いかと思います。そこで今回は、来たるべき積雪に備えて「雪かきスコップ」について解説していきたいと思います。

 

雪かきスコップの種類

まずは、雪かきスコップにはどういったタイプのものがあるのかご紹介していきましょう。

 

スノーダンプ

豪雪地帯など、多くの雪を一度にたくさん運ぶのに向いているのが、スノーダンプ。

もともとは、冬季の間、出稼ぎのため男性不在となる新潟県で、女性が除雪作業をする際、労力を軽減するために開発されました。

角形で大きなスコップにパイプの持ち手がついており、ソリのような形状で、ダンプカーのように雪がはこべることから「スノーダンプ」と名付けられたのだとか。

スコップ部分を雪に 突き刺し、雪をすくって、そのま押して雪を運ぶことができ、広範囲の雪かきを効率的に行えるという特長があります。

スノーダンプ 雪かき

 

スノープッシャー

雪かきスコップの中でも比較的新しいタイプが「スノープレッシャー」です。

積もった雪をスコップですくい上げるのではなく、ブルドーザーのように雪を押し出して移動し除雪します。その様子から、別名「スノーラッセル」とも呼ばれています。

新雪や凍結前の柔らかくて軽い雪を一度に移動させるときには大変便利ですが、凍結したり、水分を多く含んだ硬くて重たい雪を除雪するのには、身体に大きな負担がかかります。使い方としては、腕だけで雪を押し出すのではなく、腰を入れ身体全体で押し出すように使うのがポイント。

 

スノースコップ・スノーシャベル

スノースコップ、スノーシャベルは雪を乗せる皿の部分がプラスチックでできており、柄の分が短いタイプが多く、とても軽くできています。通常のスコップよりもブレード部分が広く、たくさんの雪をすくえるようになっているのが特長。

素材がプレスチックのため、ある程度強度があるとはいえ、金属製のスコップと比べて耐久性が弱く、重たい雪をたくさん運んだり、硬い雪を切り崩して除雪するのには不向きと言えます。

柔らかくて軽い雪を一度に除雪したり、軽量で持ち運びに便利なため、自動車に積み利用するのにおすすめです。

 

角スコップ・剣先スコップ

スコップ

アルミや鉄の素材でできた雪かきスコップもあります。これらにはスコップの先が四角くなった「角スコップ」と、先が丸く尖り剣先のようになった「剣先スコップ」があります。

いずれも強度があり耐久性もあるのが大きな特長で、軽くて柔らかい雪かきに適したスノースコップ、スノーしゃべるに対し、重たい雪を運んだり、硬い雪に突き刺して崩しながら運んだりするのに適しています。

特に角スコップは、雪を四角く切り出しやすく、効率的に除雪作業を進めることができます。

 

雪はね

ポリカーボネートやポリエチレンといった樹脂素材の「雪はね」は小型で軽いため、小さな子供から高齢者まで幅広い年齢の方に手軽に使っていただける雪かきスコップです。雪かきスコップの中でも扱いやすさNO1と言えるでしょう。

雪の重さや雪を投げる距離に応じて柄の握る部分をかえるのが、腕や身体に負担をかけず雪はねで除雪作業を行うコツです。

ただし、圧雪した雪や凍結した雪を除雪するのには不向きであるのが難点。雪が降り始めた頃の軽くて柔らかい新雪の除雪には最適です。

 

雪かきスコップの選び方のポイントは?

雪かきスコップ

 

強度と耐久性

雪かきスコップを選ぶ際に、まずチェックしたいのが強度と耐久性です。豪雪地帯とそうでない地域では雪質も変わり、それによって最適な雪かきスコップの材質も変わってきます。

豪雪地帯では雪も圧雪になり、凍結することも多いため、強度も耐久性も高い金属製、もしくはアルミ製の角スコップや剣先スコップがおすすめです。

一方、雪の降る回数が少なかったり、積雪の量が少ない地域では、強度や耐久性が低くても、軽量のプラスチックタイプのスノースコップ等が使いやすいでしょう。

 

雪かきスコップの重さ

雪かきは大変重労働。そのため、身体に負担がかからない重さの材質を選ぶのは重要なポイントであると言えます。金属製、アルミ製の雪かきスコップは重量があるので、力が弱い方が使うのには大変。

プラスチックといった樹脂製のタイプは非常に軽量で、ある程度強度もあるため、誰にでも使っていただけます。最近では、プラスチック製の皿の先端に金属製のブレードがつき、凍結した雪や圧雪に対応したタイプもあり、バリエーションも豊富になってきています。

 

除雪しやすいスコップの形状

雪質によって除雪しやすいスコップの形状も変わってきます。柔らかく凍結前の雪には四角い形状のスコップが雪を四角く切り出し除雪できて便利ですが、凍結後の硬くなった雪には剣先スコップのような先が尖った形状のタイプが、雪に突き刺し崩すことができ適しているといえます。

毎年、積雪がどういった状態になるかを確認し、その状態に最適なスコップの形状を選ぶことが大切です。

 

雪かきスコップおすすめ人気ランキング10選

第10位 グリーンパル ミニ雪ハネ

種類 雪はね
サイズ 73.5×25.5cm
重さ 259g(発送重量)
素材・材質 皿・グリップ:ポリエチレン、柄:塩ビパイプ

小型で軽量、子供にも扱いやすい雪かきスコップ

全長73.5㎝、259gと非常に小型で軽量。皿の部分が穴が空き、メッシュ状になってるため、溶けてきた雪の水分を下に落としながら雪かきをすることも可能です。

豪雪の時や、重たい雪、圧雪の雪かきには不向きですが、軽くて扱いやすいため、力のない子供、女性、高齢者の方が、降り始めの軽い雪や、少量の雪の際に楽しみながら雪かきを行う場合には特におすすめです。

カラフルな色合いの雪かきスコップですので、子供達は喜んで使ってくれるのではないでしょうか。購入者のレビューには、子供用として利用しているといった内容と共に、駐車場の屋根の雪かき利用に活躍しそうとも紹介されています。

 

第9位 BCOM アルミスコップ 炭 大

No.9

出典: Amazon.co.jp

BCOM アルミスコップ 炭 大
ブランド
カテゴリ
種類 角スコップ
サイズ 107 x 34.5 x 15 cm
重さ 1.45㎏
素材・材質 アルミ製

軽くて頑丈な用途の広い雪かきスコップ

1.45㎏と、金属製の角スコップの割には少々軽め。ヘッドの部分の横幅が広く、両サイドが持ち上がっているため、一度にたくさんの雪を乗せて処理することが可能です。そのため、大雪や豪雪地帯の道路や屋根の雪かきを効率的に行うことができます。

アルミ製で凍結した硬い雪や圧雪にも対応しています。ただし、スチールに比べると強度が弱いため、耐久性は少々劣るかもしれません。しかし、重量としてはアルミ製のこのタイプが軽量なため、使用する際の身体的な負担を考えると楽に使うことができるでしょう。

除雪作業はもちろんですが、泥はねといった雪のない季節にも利用できるというメリットがあります。

 

第8位 アイリスオーヤマ 雪かき スコップ ポリカブレード ダンプE N130

No.8

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ ポリカブレード ダンプE N130
ブランド
カテゴリ
種類 スノーダンプ
サイズ 幅約59×奥行約132×高さ約40.5
重さ 約4.4kg
素材・材質 本体:ポリプロピレン 先端部分:ポリカーボネート樹脂 パイプ:スチール

女性や子供が使いやすいスノーダンプ

このスノーダンプの魅力は、グリップが極太であること。そのため、女性や子供でも握りやすく扱いやすいのが大きな特長です。

本体先端部には耐久性に優れたポリカーボネートを、本体には割れにくいプリプロピレンを使用しています。また、パイプ部分には錆びにくいエポキシ粉体塗装を施し、軽量でありながら頑丈なつくりになっています。

そして、注目すべきはこのカラー。目を引くレッドで雪の中でもすぐに見つけることができます。雪の多い地域や、豪雪地帯の雪かきには、一度にたくさんの除雪をすることができるため、ぜひおすすめしたいです。

 

第7位 グリーンパル クリスターラッセル ラクラク

No.7

出典: Amazon.co.jp

種類 スノープッシャー
サイズ 141x43x8cm
重さ 1.3kg
素材・材質 皿:ポリカーボネート、グリップ:ポリエチレン、柄:パイプ(焼付け塗装綱管)

斜めに付いた溝で雪を中央に寄せ効率よく除雪

軽くて強いプラスチック製。素材のポリカーボネイトは3倍強度がアップしています。ラッセル部分は小さめですが、特殊な斜めの溝が付いており、雪が中央部分に集まるよう工夫されています。そのため、大きな負担をかけずに雪を押し出し、除雪を作業がスムーズに行えます。

ECサイトの口コミを見ると、スノープッシャーとして使うこともできるほか、スコップとして使うこともできるとのこと。

ラッセル部分が狭いため、豪雪地帯の雪かきには不向きかもしれませんが、あまり雪が降らない地域や、狭い範囲の雪かきを行うときには便利であると言えます。

 

第6位 アイリスオーヤマ ポリカ車載スコップ

種類 スノースコップ
サイズ W280mm/全長820mm
重さ
素材・材質 ポリカーボネイト・ポリポロピレン・塩化ビニル被覆鋼管

コンパクトサイズで車のトランクにぴったり

車のトランクルームにすっぽりと入るコンパクトなサイズ。常備しておくと、雪道での立ち往生にも、車周辺の雪かきがスムーズに行えすぐに対処が可能。

ヘッド部分に丈夫なポリカーボネイトを使用。柔らかい雪はもちろん、圧雪で固まった雪も崩して除雪が可能。足かけの部分にはすべり止めの突起が付いており、安定して除雪作業を進めることができます。軽量なので、力のない方にも扱いやすいスノースコップ。

雪かきはもちろんですが、土砂や砂利の除去施行にもぴったりです。

 

第5位 E-Value イーバリュー 木柄丸ショベル 刃先研磨 EWS-3

No.5

出典: Amazon.co.jp

E-Value イーバリュー 木柄丸ショベル 刃先研磨 EWS-3
ブランド
カテゴリ
種類 剣先スコップ
サイズ 98x23x2.5cm
重さ 1.6kg
素材・材質 ショベル用鋼板、柄部:白樫及びそれに準ずるもの

凍結した雪の除去にぴったり

土刺さりのよい刃先研磨加工、土離れのよいハンマートン処理を施した作業用の剣先スコップ。

もともと、硬い泥や土砂の除去を行うなため作られているので、硬く凍った雪や圧雪の除去に対し、威力を発揮。ある程度、重さもあるので、硬い雪にしっかりと刺さり、切り崩しながら除雪が可能。

刃先の加工が除雪作業にも活かされ、掬った雪もくっつきにくく、効率よく除雪作業を進めることができます。雪の多い地域や、雪が凍結してしまう地域におすすめ。

雪かきはもちろんですが、庭のお手入れやガーデニングにも使える便利なスコップです。

 

第4位 ビーカム 折りたたみ式スノーダンプ コロ付き

No.4

出典: Amazon.co.jp

ビーカム 折りたたみ式スノーダンプ コロ付き
カテゴリ
種類 スノーダンプ
サイズ 幅60.5×奥行111×高さ98cm
重さ
素材・材質 ポリプロピレン・スチール・アルミニウム

置き場所に困らない省スペース型

ハンドル部分がロックを外し、ピンの抜き差しで折りたためる折りたたみ式スノーダンプ。持ち運びも簡単。従来のスノーダンプと比較し、収納スペースが1/4でOK。マンションやアパートなど収納スペースがあまりない場合に大変便利です。

キャスターが付いているため、前後の操作が非常に楽で、雪を集めやすいこともポイント。深皿になっているため、一度にたくさんの雪を乗せることができ除雪効率も大幅にアップします。

ハンドルの取り付け角度は、身長等によって使いやすい角度に調整が可能。どなたにも、無理のない体勢で作業を行っていただけるスノーダンプです。

 

第3位 ガーデンガーデン ジョイント式スノープッシャー SVL135-BLK

No.3

出典: Amazon.co.jp

ガーデンガーデン ジョイント式スノープッシャー SVL135-BLK
ブランド
カテゴリ
種類 スノープッシャー
サイズ 71x29x15cm
重さ 1.1kg
素材・材質 樹脂部分:ポリプロピレン・EVA、パイプ:スチール、ブレード:アルミニウム、金物:スチール

軽量でどなたにも使いやすいスノープッシャー

先端は金属製のブレード付き。柄にはしっかりしたジョイント式のスチール製のパイプが使われています。3つに分解できる省スペース型。使用する際には、ネジ止めで簡単に組み立てが可能。組み立て時には全長136㎝のスノープッシャーに完成。

握りやすいグリップの形状で、しっかり握って雪かきが可能。凍結した雪や、湿って重量のある雪には不向きですが、降り始めの雪やサラサラした軽い雪の除雪には最適。積雪が比較的少ない地域の除雪におすすめのスノープッシャーです。

 

第2位 Soomloom 折りたたみ式 アルミニウムスノーショベル

No.2

出典: Amazon.co.jp

Soomloom 折りたたみ式 アルミニウムスノーショベル
ブランド
カテゴリ
種類 角スコップ
サイズ 約幅21㎝x全長59㎝
重さ 550g
素材・材質 アルミニウム合金

折りたたみ可能な軽量雪かきスコップ

使用時は最短で、約幅21㎝x全長59㎝、調整ストッパーを利用して、65㎝、最長で81㎝までハンドルの長さを三段階に伸ばすことができます。自分の身長に合わせて、使いやすい長さで使用が可能。また、持ち運びにも便利で車載にも最適。

素材はアルミニウム合金を使用してあり、強度がありながらも、550g前後ととても軽量。硬くて、かびにくく、丈夫なため、湿った積雪や凍った雪の除雪にも大活躍です。

爽やかなレッドとブラックのとてもおしゃれなデザイン。T字型グリップは、力が入れやすく女性や高齢の方にも使いやすくなっています。

 

第1位 コンパル カルスコ 635

種類 スノースコップ
サイズ 6x28x97cm
重さ 640g
素材・材質 ポリエチレン ステンレス鋼 鉄パイプ(塩ビ被覆)

とにかく軽いスノースコップ!

小型で軽量なため、女性や年配の方にも扱いやすいスノースコップです。ハンドル部分は鋼管でできており、曲がったり折れたりしにくく、先端部分には先金付きで、凍結しはじめの固まった雪の除雪にも対応。コンパクトな大きさのため、駐車場や玄関周りの雪かきに最適です。

ただし、重たい雪や、豪雪地帯の雪かきに対しては強度が足りないため、おすすめできませんが、降り始めの雪や降雪が少ない地域の雪かきにはおすすめ。

お手頃なお値段でお求めになりやすい価格であることも魅力のひとつ。もしもの積雪に備えてご家庭に常備しておくとよいでしょう。

 

おすすめ人気雪かきスコップの比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

商品名 コンパル カルスコ 635 Soomloom 折りたたみ式 アルミニウムスノーショベル ガーデンガーデン ジョイント式スノープッシャー SVL135-BLK ビーカム 折りたたみ式スノーダンプ コロ付き E-Value イーバリュー 木柄丸ショベル 刃先研磨 EWS-3 アイリスオーヤマ ポリカ車載スコップ グリーンパル クリスターラッセル ラクラク アイリスオーヤマ 雪かき スコップ ポリカブレード ダンプE N130 BCOM アルミスコップ 炭 大 グリーンパル ミニ雪ハネ
種類 スノースコップ 角スコップ スノープッシャー スノーダンプ 剣先スコップ スノースコップ スノープッシャー スノーダンプ 角スコップ 雪はね
サイズ 6x28x97cm 約幅21㎝x全長59㎝ 71x29x15cm 幅60.5×奥行111×高さ98cm 98x23x2.5cm W280mm/全長820mm 141x43x8cm 幅約59×奥行約132×高さ約40.5 107 x 34.5 x 15 cm 73.5×25.5cm
重さ 640g 550g 1.1kg 1.6kg 1.3kg 約4.4kg 1.45㎏ 259g(発送重量)
素材・材質 ポリエチレン ステンレス鋼 鉄パイプ(塩ビ被覆) アルミニウム合金 樹脂部分:ポリプロピレン・EVA、パイプ:スチール、ブレード:アルミニウム、金物:スチール ポリプロピレン・スチール・アルミニウム ショベル用鋼板、柄部:白樫及びそれに準ずるもの ポリカーボネイト・ポリポロピレン・塩化ビニル被覆鋼管 皿:ポリカーボネート、グリップ:ポリエチレン、柄:パイプ(焼付け塗装綱管) 本体:ポリプロピレン 先端部分:ポリカーボネート樹脂 パイプ:スチール アルミ製 皿・グリップ:ポリエチレン、柄:塩ビパイプ
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天 Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

車の除雪にはスノーブラシ!

積雪のない地方の方には耳慣れない「スノーブラシ」。毎年、積雪がある山陰地方の生活には、この「スノーブラシ」が必須となっています。では、スノーブラシとはどういったものなのでしょうか?

ハンドルの先にブラシが付いた形状で、車に積もった雪を落とすときに利用するグッズです。効率よく雪を落とすためには、ブラシとスクレーパーが両方付いているタイプが便利です。

ここで注意したいのが、スノーブラシを使う目的。車に積もった雪をすべて除雪するためのものではなく、車を動かすために最低限、リアやフロントガラスの積雪を落とすことがスノーブラシの本来目的です。

車全体の雪を落とそうとしてブラシで強く擦ると、ボディーに傷を付けてしまうことにもなりかねません。力を入れずにサッと雪を払うように落とすのが、スノーブラシを上手に使うコツでもあります。

雪をはらったり、落としたりする際にはブラシ部分、凍ったガラスやタイヤ、ホイールの氷を剥がす際にはスクレーパー部分と場所や用途によって使い分けると素早く車を動かせるようになります。

 

AZ スノーブラシ スクレーパー 伸縮タイプ

出典: Amazon.co.jp

AZ スノーブラシ スクレーパー 伸縮タイプ
ブランド
種類 横向きタイプ スクレーパー付きブラシ
サイズ 約26×11×伸縮パイプ長さ78~122cm
重さ 420g

取り外し可能のスクレーパー付きスノーブラシ

ヘッドのブラシ部分は7段階に角度が調節でき、お好みの角度で窓に積もった雪を払い落とすことができ、ゴムワイパー部分では、凍り付いた雪を擦ったり、溶けた氷水を流す際に大変役立ちます。

取り外しができるスクレーパーは、タイヤ周辺や足回りの凍り付いた雪や氷を砕くのに便利。

伸縮式になっており、コンパクトに収納ができ車載にぴったり。伸ばすと落としにくい車屋根部分の雪の除雪を容易に行うことができます。

 

雪対策グッズもチェック!

雪の上を走る車

 

雪かきスコップの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、雪かきスコップの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

まさかの積雪に備えたい「雪かきスコップ」

雪

以上、雪かきスコップについて解説いたしました。近年、地球温暖化の影響からか、雪の降らなかった首都圏でも積雪に見まわれることが多くなってきています。雪に不慣れな地域では、たちまち交通がマヒしたり、積雪により滑って転んでケガをする人も多いと耳にします。

雪が降ったときにまず行うのは雪かき。まさかの積雪に備えて、いつでも対処できるようご家庭に「雪かきスコップ」を常備しておきましょう。備えあれば憂いなし。安心して冬を迎えることができるのではないでしょうか。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

グリーンパル ミニ雪ハネ

サイトを見る

BCOM アルミスコップ 炭 大

サイトを見る

アイリスオーヤマ 雪かき スコップ ポリカ…

サイトを見る

グリーンパル クリスターラッセル ラクラク

サイトを見る

アイリスオーヤマ ポリカ車載スコップ

サイトを見る

E-Value イーバリュー 木柄丸ショベル 刃…

サイトを見る

ビーカム 折りたたみ式スノーダンプ コロ…

サイトを見る

ガーデンガーデン ジョイント式スノープッ…

サイトを見る

Soomloom 折りたたみ式 アルミニウムスノ…

サイトを見る

コンパル カルスコ 635

サイトを見る

AZ スノーブラシ スクレーパー 伸縮タイプ

サイトを見る

関連記事