イチゴ本来の味が楽しめるおすすめイチゴジャム

朝食のトーストやヨーグルトに彩りと美味しさをプラスするジャム。

さまざまなフルーツの美味しさを凝縮されたジャムですが、やはり人気NO.1なのはイチゴジャムではないでしょうか。

海外、国内、様々なメーカーから発売されているイチゴジャムの中から間違いなく美味しいおすすめ商品を選び方と共にご紹介いたします。

 

イチゴジャムの選び方

イチゴジャム

まずは甘さをチェック!

ジャムの甘さは4段階分け、そのうちの3段階については下表のような呼称がついています。

糖度65度以上・・・高糖度

糖度55度以上65度未満・・・中糖度

糖度40度以上55度未満・・・低糖度

糖度40度未満

この糖度は加えた糖類の他に、果実自体がもつ果糖を合わせた糖の量となります。

基本的に砂糖の量が多いものは保存期間が長く、低糖度のものは日持ちが短いとされています。

 

原材料表示にある「ペクチン」とは

原材料が書かれているラベルを見ると「ゲル化剤(ペクチン)」と書かれているものをよく見かけます。

この「ペクチン」は果実や野菜に含まれる食物繊維の一種で天然の食品添加物です。

ペクチンは砂糖と酸を混ぜ合わせ加熱するとゲル化する性質を持っているので、ゼリー状のジャムを作る際に使用されます。

サラッとしたタイプのジャムにはゲル化剤は使用されておらず、粘性の高いジャムには使用されていると考えてよいでしょう。

 

海外製品と国内製品の違い

海外ブランドのイチゴジャムも豊富にありますが、往々にして糖度が高いのが特徴です。

これには理由があり、本来保存食であるジャムは糖類の含有量に一定の基準がありました。

日本でも昭和43年には糖度65度以上と設定されており、糖度の高いものほど高品質と評価されていたそうです。

しかし、果実本来の風味を生かした甘さ控えめの低糖度ジャムへの注目度が高まり、昭和63年に糖度40度以上のものがジャムとして認められるようになったのです。

現在でもヨーロッパでは糖度60度、アメリカでは65度が基本となっており、低糖度ジャムは繊細な味覚の日本人ならではのものです。

低糖度のジャムは糖分が少ないため保存性に劣り、衛生管理や高度な加工技術も必要となります。

また、高糖度のジャムに比べ品質の変化も早く、一貫した鮮度管理も必要です。

そのため、保存性の低い低糖度ジャムは、国内流通ならではの商品となるのです。

糖度の記載のない商品でもアメリカ、ヨーロッパの商品は糖度60度以上であることは確実ですので、甘さ控えめのジャムがお好みの方は海外のジャムよりも国内生産のジャムの方がおすすめです。

 

美味しさを保つ保存方法

イチゴジャム

大瓶タイプのものは小さめサイズのものよりもグラム当たりのお値段は総じてお買い得になっていると思いますが、開封後のジャムは品質劣化の恐れがありますので、なるべく早く食べ切れる量のものを購入するようにしましょう。

室内に放置しておくとジャムの温度が上がりカビや酵母が発生しやすくなりますので、開封後は冷蔵庫に保存し、1週間で食べ切るのが理想です。

空気に触れるとカビや酵母が発生しやすくなってしまうので、瓶のフタはすぐに閉めるようにし、食べる分だけ小皿に取り出して使用するのがよいでしょう。

 

おすすめイチゴジャム

それでは、おすすめのイチゴジャムをご紹介いたします。

ストロベリージャム 沢屋

軽井沢の沢屋は素材の美味しさを大切に国産果物を使用し、無添加、低糖度のジャムを作り続けている人気のお店です。

その美味しさは日本経済新聞NIKKEIプラス1 朝食におすすめのジャムランキングで1位になったほどです。

ストロベリージャムは国産の女峰種を使用し生の形と風味を残すプレザーブタイプ。

糖度を抑えいちご本来の甘さを生かしたジャムはヨーグルトに添えていただくのもおすすめです。

 

メルカートピッコロ ジャムキッチン

メルカートピッコロのジャムは全て国産素材を使用し無添加で作られています。

甘さ控えめのいちごジャムはいちご本来の甘酸っぱさを感じる味わいでしっかりめにバターを塗ったトーストによく合います。

 

シンプルいちご ロミユニコンフィチュール

オシャレな鎌倉みやげとしても人気のジャム専門店ロミユニコンフィチュール。

フランス菓子のエッセンスを詰め込んだジャムはフルーツ本来の香りや風味を大切にするため無添加で作られています。

フランス風らしく糖度は高めなので、さっぱりとしたレアチーズケーキなどに添えても美味しいですよ。

 

いちごジャム ひろさき屋

青森で育った素材を活かし、家庭で作るような素朴な製法で仕上げるひろさき屋のジャム。

いちごジャムは小粒のいちごを使用し、ハチミツと砂糖でじっくり煮込み無添加で作り上げられます。

瓶の中でゆらゆらとゆれる粒をそのまま生かした苺はコンポートのよう。

牛乳や豆乳に入れるといちごミルクのような美味しさです。

 

アヲハタまるごと果実 イチゴ アヲハタ

日本の家庭にジャムを広めたと言っても過言ではないほどの大手メーカー・アヲハタも時代に合わせ低糖度でフルーツの風味を生かした商品を作っています。

まるごと果実は砂糖を加えず、果実と果汁で作ったフルーツの美味しさが感じられるジャムはさっぱりとしたイチゴの酸味と甘さが味わえます。

ペクチンが加えられていますが、その分、手軽に購入できる価格が魅力です。

 

まとめ

気に入っていただけそうなイチゴジャムは見つかりましたでしょうか。

ひと口にイチゴジャムといっても甘さや酸味、いちごの質感など味わいは様々です。

ぜひ、皆さんも1年中イチゴの美味しさが味わえるお好みのジャムを見つけてくださいね。

記事内で紹介されている商品

沢屋 ストロベリージャムR

サイトを見る

メルカートピッコロ ジャムキッチン

サイトを見る

弘前屋 いちごジャム

サイトを見る

アヲハタ まるごと果実 いちご

サイトを見る

関連記事