料理好き主婦が教える!そうめんおすすめランキング!

夏休みのお昼ご飯の定番と言えばそうめんですよね。暑い日にキンキンに冷えた素麺を薬味が入った麺つゆにつけながら食べるのは美味しいものです。

暑さで食欲がなくてもそうめんなら食べられるという経験がある方は多いのではないでしょうか?

また、冷たいだけでなく温かい入麺も違う味わいで寒い時期になると食べたくなります。今回はそうめんについてご紹介します。

 

そうめんの魅力

そうめんの一番の魅力は先ほどもお伝えしましたが、夏の暑い時期にツルッと冷たい細い麺をすすりながら食べる事だと思います。

小さい頃にはこの美味しさに気づきませんでしたが、大人になって、そうめんのこの美味しさに気づきました。

冷たいだけでなく温かくしても、ツルッとさっぱり食べられるのは他のどの麺よりも優れているのではないでしょうか。

また、主婦目線からの魅力は、乾麺なので日持ちがするので常備しやすい。そして、麺が細いので茹で時間が短く調理に時間がかからないので家にあると便利。

特に夏場のお昼時は、献立に悩んだ時にそうめんがあると助かります。

 

 

そうめんの種類・銘柄の種類

そうめんの種類は、製法の違いで「手延べ麺」か「機械製麺」の2つに分けられます。

そして多くの銘柄があり、日本三大そうめんと言われているのが「揖保乃糸」「三輪そうめん」「小豆島そうめん」です。

 

手延べ麺

手で延ばしたそうめんです。手で延ばすことによりきれいに成形され食感と弾力がほどよい麺にしあがります。

 

機械製麺

機械で生産されたそうめんで、食感や弾力にバラつきがありますが、大量生産可能なので購入しやすい価格です。

「手延べ」と記載されていないそうめんは機械製麺だと思ってよいと思います。

 

揖保乃糸

そうめんと言えば揖保乃糸を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。それほど有名なそうめんです。

国内生産1位で、細さとツルッとした食感の良さは揖保乃糸の右にでるものはいないと思います。

 

三輪そうめん

そうめんの最も古い歴史を持つ三輪そうめん。寒い時期に作られるそうめんで、弾力と歯ごたえがしっかりしているそうめんです。

コシが強いので温かくして食べても煮崩れしにくいです。

 

小豆島そうめん

酸化しにくいごま油を使用して作っている小豆島そうめん。そのため、作りたての風味や品質を保てます。

見た目が少し黄色く、舌触りが良いそうめんです。

 

そうめんのおいしい食べ方

 

トッピング

定番の薬味はネギ・大葉・しょうが・わさび・茗荷、そして刻み海苔にゴマ・天かすがあります。

その他のトッピングでおすすめなのは、とろろ・納豆・めかぶ・モロヘイヤ・梅干・刻みオクラ・素揚げ野菜(ナスやオクラなど)です。

 

 

そうめんは麺つゆ以外にも美味しくいただく事ができます。

間違いのない美味しさなのはごまダレ。また、ごまドレッシングや青じそドレッシング・和風ドレッシング、そしてポン酢でそのまま食べてもサッパリとして美味しいです。

和風だけでなく、カレーに付けながら食べるのもオススメです。

 

そうめんおすすめ8選

 

手延素麺 揖保乃糸 上級品

手延べそうめんの揖保乃糸です。そうめんの中で最も一般的で誰もが知っている揖保乃糸。

上級品は揖保乃糸の中でも80%の生産量で一番売れている商品です。

細い麺でツルッとしたのどごしよく、価格も1袋350円ほどとそれほど高くないのでこの商品に勝る物はないように思います。

 

手延素麺 揖保乃糸 特級黒帯

手延べそうめんの揖保乃糸です。揖保乃糸にはには種類があり、帯の色で分けられます。

赤は上級、青は上撰、紫は縒つむぎ、黒は特選です。

厳選された小麦粉・水・塩で作られており、揖保乃糸の中でも黒帯に「三神」と書かれたものの次に最上級に位置するそうめんです。

最高級品のそうめんが食べたい方にオススメです。

 

手延素麺 揖保乃糸 お試し用味くらべセット

出典: Amazon.co.jp

手延素麺 揖保乃糸 お試し用味くらべセット

手延べそうめん、揖保乃糸の3種類が入ったお試しセットです。

赤「上級」、紫「縒つむぎ」、黒「特選」のセットでそれぞれ麺の細さ、食感、舌触りが違うので揖保乃糸の違いを知りたい方にオススメです。

 

はくばく 絹の食卓そうめん

機械製麺のそうめん。麺が束になっていないので好みの分量で調理する事ができ、一人前の目安も書いてあるので便利です。

4人前で250円ほどと購入しやすい価格で、麺は細く舌触りも良いので筆者はこちらのそうめんをよく購入します。

 

小豆島 手延そうめん

手延べ麺の小豆島そうめんです。送料込で500g500円ほどのお試し価格のそうめんです。

ごま油を使って作られる小豆島そうめんを食べたことがない方、小豆島そうめんを食べてみたい方にオススメです。

 

三輪そうめん 池利

機械製麺の三輪そうめんです。コシのある美味しいそうめんなので、冷たいだけでなく温めて食べても美味しいです。

20人前で3000円ほどなのでご自宅用でも購入しやすいそうめんだと思います。

高級品でなくても良いけれど細いそうめんを求めてる方にオススメです。

 

讃岐 そうめん

機械製麺のそうめんです。高級品のような細いそうめんではありませんが、歯ごたえがあり舌触りが良いそうめんで美味しいです。

コシがあるそうめんなので、そうめんチャンプルーなど炒めたりしても美味しくいただけます。

200g×12袋で1200円ほどと大容量で購入しやすい価格なので、夏休みの昼食用にオススメのそうめんです。

 

五木食品 彩菜そうめん

機械製麺のそうめんです。ツルンとした食感が良く、白・緑・オレンジ・黄色の色彩豊かなそうめんです。

真っ白のそうめんもいいですが、色とりどりのキレイなそうめんは見た目に楽しいです。

 

まとめ

そうめんについてご紹介しました。やはり一番のオススメは揖保乃糸です。

ネームバリューもありますが、麺の細さ、食感・味は間違いのない美味しさです。

しかし、その他のそうめんもコシが強かったり、風味があったり、それぞれに魅力があるので、何種類かを常備しておきその時の気分に合わせて食べるそうめんと決めても良いのではないでしょうか。

筆者は入麺やそうめんをスパゲティ風にアレンジして食べる事もあるので、麺が細くない低価格帯のそうめんも常備しています。

記事内で紹介されている商品

手延素麺 揖保乃糸 上級品

サイトを見る

手延素麺 揖保乃糸 特級黒帯

サイトを見る

手延素麺 揖保乃糸 お試し用味くらべセット

サイトを見る

はくばく 絹の食卓そうめん

サイトを見る

小豆島 手延そうめん

サイトを見る

三輪そうめん 池利

サイトを見る

関連記事