おいしいコーヒーをご家庭で楽しもう!コーヒーペーパーフィルターおすすめランキング

自宅でコーヒーを飲むとき、どのような淹れ方で飲んでいますか?

コーヒーを淹れるにはマシンや器具がたくさんあり、それぞれお気に入りの淹れ方があると思います。

私はフレンチプレスかペーパーフィルターを使って淹れることが多いです。

フレンチプレスは、挽いた豆に直接お湯を注ぎ抽出する方法です。

淹れるまでに4分計測しないといけないですし、器具を洗ったり出がらしの豆の処理が面倒だったりと少し手間がかかるのですが、香りが良く濃厚でおいしいコーヒーが淹れられます。

抽出中、ガスの泡と浮いた豆とコーヒーの液体の3層にきれいに分かれるところを見るのも好きです!

ペーパードリップ

 

ペーパーフィルターを使用したドリップ方法は一番ポピュラーですね。

カップにドリッパーをセットし、ペーパーフィルターをのせて豆を入れます。

ペーパーフィルターの豆を蒸らすとき、いい香りの湯気が立ち上る瞬間がたまりません。

ペーパーフィルターを使用すると紙ごとぽいっと捨てられるので豆の処理も簡単ですし、ドリッパーは食洗器OKの商品を選べば本当にお手軽にドリップコーヒーが飲めます。

ささっと準備したいときにはペーパーフィルターのお世話になっています。

 

コーヒー作りにおけるコーヒーペーパーフィルターの大切さ!

ドリップ式のフィルターはペーパータイプの他に金属や布のフィルターがあります。

 

ペーパーフィルター

特長は、紙の繊維質にコーヒー豆の油分が吸着されすっきりとした味わいになります。

細かい豆の粒子もキャッチしてくれるため、コーヒーはさらさらとした舌触りです。

1回づつ使い捨てで利用できるため、衛生的で後片付けも便利ですね。

金属製のフィルター

よくステンレスやチタン製の商品を見かけます。

直接豆を入れるので何度も使えてコーヒーオイルもしっかり抽出されます。

メーカーによっては細かい豆のカスも落ちてしまうので、少しとろりとしたフレンチプレスに似た舌触りのコーヒーになります。

布製のフィルター

ネルが一般的ですが、リネンで作っている商品もあります。

ペーパードリップに比べてゆっくりと抽出するのでより濃厚な味わいが楽しめます。

使用後は沸騰消毒し、水に漬けて冷蔵庫に保管するので管理に手間がかかります。

 

コーヒーペーパーフィルターの種類について

円錐タイプ・台形タイプ

ペーパーフィルターはそれぞれ微妙に形が違います。

大きく分けると円錐型と台形型があります。

これはペーパーフィルターをセットするドリッパーの形状によって円錐型か台形型を選ぶ必要があります。

 

円錐型は側面に、台形型は側面と底面にそれぞれ貼り合わせの部分があります。

貼り合わせの部分を折って使用することでドリッパーにぴったりセットできるので、お湯の通りが均一になりおいしいコーヒーが抽出できると言われています。

また強度のアップにもなりますので、貼り合わせ部分の際からお湯の重みで裂けたり破れたりしにくくなりますね。

 

茶色・白タイプ

ペーパーフィルターには真っ白な漂白タイプとナチュラルな茶色の無漂白タイプがありますね。

漂白されたと聞くと薬剤の影響が気になります。

しかし現在では塩素を用いず人体にも安全と言われる酸素漂白を行っているメーカーがほとんどです。

漂白されているのでコーヒーに紙の味が移りにくいことが特徴です。

 

無漂白タイプは長時間水に漬けておくことで、紙のにおいをなるべく取り除いた商品です。

エコで安全なのですが、多少コーヒーに紙のにおいが移ります。

ドリップをする前に湯通しをすることで、無漂白タイプでも紙のにおいを軽減させることができます。

漂白タイプは大量に短時間で漂白をすることができますが無漂白タイプは製品化に時間がかかるため、同じメーカーでも漂白タイプの方がお値段が安価なことが多いです。

こう書くと紙のにおいが少なく価格も安価な漂白タイプが絶対に良いように聞こえてしまいますが、酸素漂白といっても仕上げに塩素系の薬剤を使うメーカーもあるようです。

漂白タイプを選ぶときは安心できるメーカーのものを購入するといいですね。

毎日ペーパードリップでコーヒーを飲む方は、特にこだわってフィルターを選んでいただきたいと思います!

 

コーヒーペーパーフィルターを選ぶときのポイント

コーヒーは濃厚派?さらっと軽め派?

コーヒーをドリップするとき、ゆっくり時間をかけてお湯を通過させると苦みや渋みの強いコーヒーが落ちます。

このような風味がお好きな方はドリッパーの穴がひとつで、なるべくドリッパーとペーパーフィルターが密着するような形状の商品がおすすめです。

メーカーで言うとメリタの製品は比較的ゆっくり抽出できる商品ですね。

逆にやや早めにお湯を通過させると酸味のある、軽い味わいのコーヒーが落ちます。

軽めのコーヒーがお好きな方はドリッパーの穴が多め、もしくは大きめに開いているもので、ドリッパーとペーパーフィルターの間に溝が多くある形状の商品がおすすめです。

三つ穴のドリッパーはカリタが有名ですね。

ドリッパーとペーパーフィルターの形状はもちろんですが、お湯を注ぐときの速度や量でも出来上がりのコーヒーの味は大きく変わります。

まずはお手持ちのドリッパーとペーパーフィルターでいろいろな仕上がりを試してみてくださいね。

 

コーヒーペーパーフィルターのおすすめランキング7

7位 カルディオリジナル コーヒーペーパーフィルター102

出典: Amazon.co.jp

カルディオリジナル コーヒーフィルター102

輸入食品が見ているだけでも楽しいカルディではプラスチックのロゴ入りドリッパーを販売しています。

ペーパーフィルターとドリッパーを合わせても500円ほどなので、ドリップをお試ししたい方やアウトドアなどで持ち歩きたい方におすすめです。

ドリッパーは3つ穴なので軽めですっきりとした味わいに抽出できます。

無漂白タイプ、台形型。3サイズ展開。

 

6位 無印良品 コーヒーフィルター50枚入り

出典: Amazon.co.jp

【まとめ買い】コーヒーフィルター 50枚入り

無印良品のペーパーフィルターは何といってもお値段がお得です。

50枚入りで84円、1枚あたり1.68円の計算です!

無漂白タイプ、台形型。1サイズのみの販売です。

ドリッパーは白の磁器製の商品が販売されています。

 

5位 カリタ ウェーブフィルター

出典: Amazon.co.jp

カリタ ウェーブフィルター KWF-185

カリタは日本の老舗コーヒー機器メーカーです。

この商品はカリタのウエーブ型ドリッパーに合う商品です。

フィルターには20個のひだがあり、ドリッパーに密着しないよう設計されています。

ドリッパーは三つ穴で抽出は比較的早く、さらっとしたコーヒーがお好みの方におすすめです。

 

4位 ケメックス コーヒーメーカー フィルターペーパー 3カップ用

出典: Amazon.co.jp

[ケメックス] CHEMEX 【3カップ用】

化学者のシュラムボームが実験器具のビーカーからインスピレーションを受けデザインした、ドリッパーとサーバーが一体化したコーヒーメーカーにセットします。

このコーヒーメーカーにセットするペーパーフィルターは半円型です!

自分で折りたたんで折り畳み、円錐型を作ります。

半円からいちょう型まで折りたたむので、抽出液はフィルターを何層も通過していきます。

その効果で渋みや脂肪分が取り除かれ、うまみのあるコーヒーができあがります。

コーヒーメーカーはガラスで美しく、持ち手は木製のパーツに革紐が巻かれてとてもおしゃれです。

ニューヨーク近代美術館ではパーマネントコレクションに認定されているそうです!

 

3位 ハリオ V60用ペーパーフィルター

出典: Amazon.co.jp

HARIO (ハリオ) V60用 ペーパーフィルター

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーです。

独自のV60という円錐型のドリッパーを販売しており、そのドリッパーの型にぴったりのフィルターです。

ドリッパーはコーヒー豆の深い層をお湯が通過することによりおいしいコーヒーが落ちるよう円錐型に設計されています。

ドリッパーの素材はガラスやセラミック、カラーも数種類あり選ぶのも楽しいです。

過去にグッドデザイン賞も受賞していますね。

ペーパーフィルターも酸素漂白、無漂白の2タイプ出ています。

フィルターの大きさは1-2杯用、1-4杯用、1-6杯用の3種類販売されているので用途に合わせてサイズを選べるのもうれしいですね。

 

2位 カリタ 簡単ドリップ

出典: Amazon.co.jp

カリタ かんたんドリップ 30枚入り 3個パック

made in Japanのカリタより、ドリッパーいらずのペーパーフィルターが販売されています。

この商品は厚紙を折り曲げカップに立てて、ペーパーフィルターの中にお好きなコーヒー豆を入れてドリップできます。

 

個包装でコーヒー豆がセットされている商品はよく見かけますが、フィルターだけの販売はありそうでなかなかありません。

自分の好きな豆でドリップでき、抽出後は洗い物が少なくお手軽なところがいいですね。

とても便利です!

 

1位 メリタ フィルターペーパー アロマジック ナチュラルホワイト

出典: Amazon.co.jp

メリタ フィルターペーパー アロマジック ナチュラルホワイト【2~4杯用 40枚入】PA1X2

メリタはドイツに本社を置くコーヒー機器のメーカーです。

創業者のメリタ・ベンツがペーパーフィルターを使ったドリップシステムを開発したそうです!

この商品は特許を取得した「アロマホール」がおいしさの成分はすぐに通過させ、余分な雑味や油分はしっかり吸着します。

また、メリタは環境保全にもしっかり取り組んでおり、日本で初めてFSC®認証を取得したペーパーフィルターです。

成育の早い竹の繊維を織り込んで過度な伐採を防いだり、認証された木材だけを使ったりと環境をしっかり考えて商品を生産しています。

この商品は漂白タイプですが、漂白の全工程で塩素、二酸化塩素を使わない独自の完全酸素漂白方式を採用しています。

環境にやさしく、しかもおいしいコーヒーを淹れることができるのでとてもうれしいですね。

 

まとめ

ペーパーフィルターと言っても、ドリッパーとの相性やお好みのコーヒーの味に近づけるためにこだわりポイントがたくさんありますね。

私は苦みが強く酸味が少ないコーヒーが好きなのでメリタを1位に選びましたが、軽めのコーヒーがお好きな方が選ぶとまた違ったランキングになるかと思います。

自分の好みに合ったお気に入りのフィルターが見つけて、毎日のコーヒータイムを楽しんでくださいね。

記事内で紹介されている商品

カルディオリジナル コーヒーフィルター102

サイトを見る

【まとめ買い】コーヒーフィルター 50枚…

サイトを見る

カリタ ウェーブフィルター KWF-185

サイトを見る

[ケメックス] CHEMEX 【3カップ用】

サイトを見る

HARIO (ハリオ) V60用 ペーパーフィルター

サイトを見る

カリタ かんたんドリップ 30枚入り 3個パ…

サイトを見る

メリタ フィルターペーパー アロマジック …

サイトを見る

関連記事