1度に2個は当たり前!プリン大好き人間のおすすめプリン5選

卵と牛乳のクリーミーな食感がたまらないプリン。スイーツの中でも王道の人気の一つで、特に好きという方は多いでしょう。

ただ単に卵と牛乳で作ったといっても、様々なメーカーやお店で販売されていて、種類も豊富でたくさんの商品があります。

今回はプリン大好きで1回に2個は当たり前のわたしが、その中でも特におすすめのプリンをご紹介します。

わたしはコスパにもこだわっているので、限られた専門店でしか購入できない高級なものではなく、近所のスーパーやコンビニで手に入る商品を選びました。
もちろん味も折り紙つき。これを見た後すぐに買いに行くことも可能な商品ばかりです。

 

スーパーで売っているプリンも魅力たっぷり

「スイーツは専門店で食べないと美味しくない!」もしそう思っているなら、ちょっと損をしているかもしれません。もちろんスイーツ専門店の味も美味しいですが、スーパーやコンビニで購入できる商品にも色んな魅力が詰まっていますよ。

 

値段が手頃

まずはなんといってもコストパフォーマンスが高いこと。1個あたり100円前後で購入できる商品が多いため、お財布がピンチの時でも買いやすいです。

余裕があれば、複数の商品をまとめ買いすることもできますね。1度に様々な種類を食べ比べしたい時も、気兼ねなく行えます。

 

質もアップ?

スーパーなどで売られているプリンと言うと、スイーツ専門店のものと比べるとゼリーのようなプルプル食感タイプの商品をイメージする人も多いでしょう。

スイーツ専門店は反対に卵と牛乳の味を生かしたクリーミータイプの商品が多く、その点で優っていると考えるファンも少なくありません。

しかし昨今では、スーパーのプリンもとろとろなクリーミータイプの商品になりつつあります。それでいて値段はお得なのですから、メリットづくしですね。

 

様々な味や容量が存在

また1製品が3箇や4個セットになっている商品、味に季節の野菜や果物を取り入れている商品など、バリエーションが多いのも特徴。

値段は3個や4個の場合でも100円前後なので、家族や友人と分け合う際にも便利です。

季節限定商品は人気もあり、スイーツ専門店だとすぐ売り切れてしまいがち。しかしスーパーやコンビ二なら販売数も多い上、仮に1店舗で売り切れていても、近所の別のお店に行けば見つかることも。

スーパーの系列などを問わず、様々なお店で売っているプリンもありますから、買えなくて損をすることもないのです。

物足りない人におすすめのアレンジ

もしスーパーで売っているプリンが物足りないと感じているなら、自分でひと工夫してしまうのも手。簡単にできるアレンジ方法をご紹介します。

 

クッキーやタルトに乗せて

プリンと言えば、パフェの具としても知られていますよね。まずはそれに近いものを作って美味しさをアップさせましょう。

生クリームやアイス、チョコレートソースと合わせるのが簡単ですが、おすすめはクッキーやタルトに乗せる食べ方。クッキーやタルトはサクサクの食感が特徴ですから、プリンにはない味を得られます。

スーパーやコンビニで一緒に買っても良いですし、クッキーやタルトは手作りして、焼きたてと合わせるのも良いですよ。

 

固めるとアイスに!

プリンはそのまま食べても美味しいですが、凍らせてアイスクリーム風にするのもおすすめです。凍らせるとまた違った食感が楽しめます。

ただ購入時に入っている容器は冷凍に耐えられないこともあるので、別途保存できる容器に移し替えましょう。

夏場はもちろん、冬にこたつで温まりながら食べるのも美味しいですよ。

 

ケーキの素材にもなる

牛乳と卵、そして砂糖という素材で作られていることに注目したアレンジも。小麦粉などと混ぜることで、ケーキの材料にしてしまう方法です。

プリンの食感はなくなってしまいますが、独自の味や甘さが残るため、完成したケーキなどは普段作るのとは違った仕上がりに。パンケーキにひと工夫したい、そんな場合に重宝しますよ。

また卵と牛乳、砂糖は1人分を購入するのはなかなか大変。特に卵は6個や10個パックが当たり前ですから、あまり食べない人は消化にも苦労しますよね。

しかしプリンに置き換えてしまえば、1個購入するだけで済んでしまう手軽さがあります。

主に卵の代わりとして使われることが多く、フレンチトーストの材料にしても美味しいです。

 

おすすめプリンベスト5

ここまでのポイントを踏まえて、食べて欲しいプリンを5つセレクトしました。味や容量はもちろんのこと、健康にこだわった商品や食感を楽しめる商品もある点に注目です。

 

5位 雪印メグミルク とろりとろけるプリン

第5位は雪印メグミルクのとろりとろけるプリン。名前の通りクリーミーな食感で、卵本来の味を生かした層と、カスタードクリーム仕立ての層の2つが重ねられているのがポイント。

CRAEM SWEETSシリーズの商品として、ほかにコーヒーゼリーや宇治抹茶プリンなどの商品も販売されています。

ただ以降のプリンと比べると、やや小さいのが惜しいので5位に。短い休憩時間屋、ちょっと小腹が空いた時におすすめしたいサイズです。

 

4位 栄屋乳業 こだわり極チョコプリン

続いて第4位は、屋乳業のアンディコブランドからこだわり極チョコプリン。極プリンとしてノーマルタイプもありますが、敢えてチョコ味の商品を採り上げました。

改良によって、よりチョコ感がアップしているので、プリンよりもチョコをクリーム状で食べている気分になれますよ。

極シリーズ商品の特徴は、着色料や保存料といった添加物を取り除いていること。スーパーのプリンは添加物がいっぱいだから嫌という人におすすめです。

その分賞味期限が早めなので、購入後は早めに食べましょう。

極シリーズ商品ではキャラメルプリンも販売しているので、ノーマルプリンの味に飽きた時にもぜひ。

 

3位 ロピア 絹ごしプリン

第3位はロピアの絹ごしプリン。5位と4位もクリーム寄りのプリンですが、絹ごしプリンはもはやカスタードクリーム。固めていないのではないかと思うほどなめらかな食感です。

また卵というより牛乳、ミルク感が強いのも魅力。ミルクプリンなど、普段から牛乳の味を求めている人にぴったりです。

質の良い商品に贈られるモンドレセクションを5年連続で受賞するなど、世界的にも評価が高いプリンと言えます。

欠点を挙げるとすれば、北海道や沖縄など、一部の地域では販売がされていないことでしょうか。

 

2位 グリコ Bigプッチンプリン

第2位に入ったのは、グリコのBigプッチンプリン。ランキングの中では唯一のプルプル食感タイプなので、クリーム味を求める人にはやや不評かもしれません。

しかしポイントは、Bigの名に恥じない容量です。

今回のランキングもそうですが、だいたいプリンの容量は100g前後。しかしBigプッチンプリンはなんと160g入っています。このボリューム感も人気のひとつですね。

2倍近い量のプリンとあって、満腹感も期待できるほど。とにかくたっぷり味わいたい人には見逃せないでしょう。

 

1位 森永乳業 森永の焼プリン

そして堂々の1位に輝いたのは、森永乳業 森永の焼プリンです。こちらも王道の人気商品のひとつです。

実はこのプリン、上記の商品の良いところを色々と兼ね備えています。

まずクリームタイプであることに加え、焼きというアレンジが追加。表面の焦げ部分が大好きという人にはたまりません。

また容量も140gと、一般サイズとしては大きいです。

「プッチンプリンのサイズでクリーム感を楽しめれば……。」と考えたことはありませんか?森永の焼プリンなら、それを叶えてくれますよ。

 

~番外編~スーパーやコンビニでは買えないおすすめのプリン

to buy編集部

to buy編集部

りいあさんから身近に販売されているプリンを中心としたおすすめ商品をご紹介していただきました!


ここからは番外編として、スーパーやコンビニではあまり見かけないおすすめのプリンをご紹介していきたいと思います!

 

KINGプリン

こちらはパーティーにもってこいの面白商品、「キングプリン」です。

アマゾンでも非常に人気の商品で、商品名に「キング」という言葉が付いているようにとっても大きなバケツプリンを作ることができます。インパクト大の商品なので、度々多くのユーチューバーに取り上げられていますね!

こちらの商品は、自分で作るタイプのプリン。容器の中にはカラメルソースとプリンの素が別々に入っているので、説明通りに作り、冷やして固めることで完成になります。固めるのに長時間かかるので、パーティーなどでみんなで食べる時には、あらかじめ作っておく必要がありますね。

また、かなり大きいので、冷蔵庫に入るかどうかの確認も必要です。

「バケツプリンが食べたい」というあなたの夢を、この商品がかなえてくれます!

 

神戸プリン

こちらも大人気商品である「神戸プリン」です。

神戸は洋菓子が非常に盛んな街。こちらの神戸プリンは、人気の証拠として4年連続モンドセレクションを受賞しています。

神戸に行った時のお土産品として王道ですよね。

お土産品としても良いですが、アマゾンでも販売されているので手軽に食べることができますよ!

神戸プリンの特徴は何といってもそのプリンのクリーミーさと少し苦味のあるカラメルソースの絶妙な組み合わせ。

カラメルソースは別でついていて上からかけるタイプになっているので、まんべんなくカラメルソースとプリンを絡めて食べることができます!

 

神戸フランツ 神戸魔法の壷プリン

こちらも神戸から販売されているプリン。こちらの商品は非常に人気でおいしい評判なので、たびたびグルメ番組などでも紹介されています。

こちらのプリンの特徴は何といってもその見た目!他の商品では見かけることのない、素焼の壺に入ったプリンなんです。

to buy編集部

to buy編集部

商品名の「魔法」という言葉から、只者ではないプリンな予感、、、!

 

こちらのプリンで驚くのは見た目だけではありません。

プリンの上部はクリーム状になっているので、スプーンですくうと分かるのですが、ふわふわとした食感を楽しむことができます。

そして、真ん中部分は濃厚でクリーミーなカスタードプリン。真ん中はふわふわというよりはとろとろ系ですね。

そして下部分はじっくりと煮詰められたカラメルソースが入っているので、ほんのりビターな味を楽しむことができます。

最初から最後まで存分に楽しむことができる、こだわりの詰まったプリンです。

今回ご紹介したのはプレーンタイプの商品ですが、このほかにもショコラ、マロンが販売されているようです。

ただ、上部がクリーム状になっているのはプレーンだけで、ショコラは上部がガナッシュ、マロンは上部分がモンブランケーキのクリームのようになっているようです。

食べ比べして自分のお気に入りを見つけてみるというのも良いかもしれませんね。

少しお値段は高めですが、新食感のこだわりプリンとして大人気の商品なので、プリンが大好きという方にはぜひ一度食べていただきたいと思います。

 

花畑牧場 十勝カタラーナプレーン

こちらは北海道の花畑牧場から販売されているカタラーナのプレーンタイプになります。

こちらは一見プリンではなくケーキのようにも見えます。クレームブリュレといった感じでしょうか。

なので、とろとろ系のプリンというよりは、少し硬いアイスプリンというような感じです。半冷凍のまま食べたり、バーナーで少し上部を炙って食べるのが人気。

花畑牧場は、一時期「生キャラメル」が大ヒット商品となったお店です。

こちらの商品は、原材料が非常にシンプル。使用されているのは生クリーム、砂糖、卵黄、バニラビーンズのみ。添加物は一切使用されていないそうです。

なので、北海道の素材の味を楽しむことができますよ。

今回ご紹介したのはボックスタイプですが、大容量タイプの商品も販売されているようです。

 

まとめ

スイーツ専門店の手作りプリンに及ばないなんて言われることもありますが、市販で販売されているプリンも日々進化しています。もしそれでも気になることがあったら、自分で改良してしまうのもありです。そうした自由度があるのもプリンの魅力ですね。

またいくつかの商品で迷ったら、いっそのこと全部選ぶのもおすすめ。さほどコスパも大きくならずに済みますよ。手軽さもあるスイーツ・プリンの魅力、ぜひ堪能してください。

記事内で紹介されている商品

グリコ Bigプッチンプリン

サイトを見る

神戸フランツ 神戸魔法の壷プリン

サイトを見る

花畑牧場 十勝カタラーナプレーン

サイトを見る

関連記事