ガジェット好きが紹介する!ブルーレイレコーダーおすすめランキング!

ブルーレイレコーダーへの興味は、最初は録画機器でなく、再生機として知ったのがきっかけです。昨今ビデオはもとより、DVDですら古いとされるようになってきて、映画などの作品もブルーレイで発売されることが増えていますよね。

DVDで販売されないということはないのでしょうが、なぜかブルーレイの方が特典なども豊富。作品のファンからすると、お財布の都合でどちらかしか選べない場合はブルーレイを買わざるを得ない印象があります。

ただ視聴をブルーレイで行うとなると、テレビ番組を録画する際も同じようにした方が、機器が1つで済むので置き場所など困らずに便利かなと思ったんです。古い作品ならまだしも、今後DVDしか提供できない作品が生まれる可能性も低そうですよね。

そこから改めて、ブルーレイレコーダーの機能などを詳しく見ていくと、ほかにも色々魅力的な部分を発見しました。今回は私が感じた魅力をご紹介します。

 

ブルーレイレコーダーって何ができるの?

リビング

名前のとおり、ブルーレイレコーダーはブルーレイデイスクに記録する機械です。DVDに比べるとハイビジョン、つまり画質が良いので、録画した番組の再生をよりオリジナルの状態に近づけたまま保存してくれます。

特に大画面、高画質を謳っているテレビで番組を視聴した場合、DVDなどに録画し、再生すると色や音が何か違うと感じてしまうことも。ブルーレイレコーダーであれば、その心配も少ないです。

また大半のブルーレイレコーダーは再生機としての役割を果たしていますし、DVDに対する互換性も備わっています。DVDへの録画や再生を継続したい人にもおすすめなんです。

 

ブルーレイレコーダーの機能

リモコン

上記以外にも、ブルーレイレコーダーならではの特徴が満載。

 

観たい番組は全部抑える!番組同時録画機能

まずは複数の番組を同時に録画できるというもの。ダブルチューナーなどの名称が付いている機器であれば、1度に2番組以上の録画が可能です。

アナログ放送から地デジに移行したことで、テレビや各レコーダーにはデジタルチューナーが内蔵されるようになりました。通常は地上波、BSなどの放送局によって1つのチューナーが備わっているのですが、もしダブルチューナーと表記されていれば、それが1局あたり2つずつ付いています。

要はチューナーの数だけ同時に録画可能というわけ。外出中に放送する番組が2つあるけどどちらも観たい、なんて場合にどちらかを断念する必要がなくなるんです。

 

移動中の暇つぶしにもなるネットワーク対応機能

テレビ番組を録画する機器ではありますが、ブルーレイレコーダーの中にはインターネットに接続できる種類もあります。機能はサイトを閲覧出来る…のではなく、ネットワークを介してスマホなどから録画番組を視聴できるというもの。

ポータブルタイプのブルーレイプレイヤーを持ち運ばなくて済むどころか、スマホにSDカードなどを入れる必要もありませんから、とても手軽ですね。またスマホの側からレコーダーを操作し、録画予約をすることも可能。うっかり自宅で予約を忘れてしまった時や、急に放送することを知った番組に対して役立ちます。

ちなみに録画した番組だけでなく、インターネット上で提供されている動画サービスに対しても効果を発揮。パソコンやスマホなどの小型画面ではなく、テレビの大画面で提供されている動画を観たい時にもおすすめです。

 

ブルーレイレコーダーのHDDってどういう意味?おすすめの容量は?

いくら便利な機能が多くても、たくさん使っていれば容量に限界が訪れるもの。HDDはハードディスクドライブと呼ばれ、どれだけの作品を録画できるかを示しています。パソコンやDVDレコーダーに内蔵されているものと基本的には同じですね。

作品1本あたりの容量は、放送時間や画質、ブルーレイレコーダーの種類によっても異なりますから、購入を決めたレコーダーで目安を確認することをおすすめします。

ブルーレイディスクに録画した番組を移すこともできるレコーダーですが、操作をしなければレコーダー本体に番組データは残ったまま。上記で触れた同時録画や、すぐに視聴やディスクへの移動ができない(本体内のデータ削除が困難)場合は、容量が大きいものを選びましょう。

レコーダーによっては外付けHDDを後から取り付けることもできますが、本体のみであれば最低でも1TB(テラバイト。=1000GB)は用意したいところです。

 

ブルーレイレコーダーを選ぶときのポイント

ブルーレイレコーダー

いざブルーレイレコーダーを購入するとなったら、上記の要素に対して、自分がどれだけの機能を求めているかを考えてみましょう。

 

何番組同時録画できるか

まずは上でも触れた同時録画。普段は裏番組まで悩むことがないという人でも、年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの長期休暇の際は特番も多く、迷ってしまいませんか?そのため、普段はチューナー1つで十分であっても、ダブルチューナーのレコーダーがおすすめです。

ちなみに多いものだと、10以上チューナーが備わっていることも。2、3じゃ足りないという人は、検討してみるのもありですよ。

 

容量は多ければ良いとは限らない?

容量はできれば1TBとしましたが、多ければ良いというわけでもありません。というのも、その分値段が上がるからです。本当に外出時しか録画しない、録画しても休日にはブルーレイディスクに移す、見終わったらその都度消去していく、をこまめに実践できる人は、1TBでも十分かもしれません。

4TB、7TBという多すぎる容量でコスパを高め、実際は空き容量ばかり…なんてことにならないように注意してくださいね。

 

画質は4K対応より補正機能付きを

画質に関しては、もともとが良い4Kや8Kテレビ対応のレコーダーもありますが、言い換えるとそれらを再現できるというだけで、もとが良くない映像をさらに良くすることはできません。

録画もとのテレビや作品が4K対応であるなら話は別ですが、そうでなければ画質そのものを良くしてくれる機能を持ったレコーダーを選びましょう。

 

ガジェット好きが選ぶ!ブルーレイレコーダーのおすすめ

では最後に、おすすめするブルーレイレコーダーをいくつかランキング形式でご紹介します。

 

1位: パナソニック DMR-BRW1020

1位はパナソニックのブルーレイレコーダーです。容量は1TBで、チューナーは2とシンプル。リモコン用に単三乾電池と、テレビとの接続のためにHDMIケーブルが必要な点に注意。無いとは思いますが、テレビ側にもHDMI端子が必要なので、アナログ放送のみ対応というテレビの場合は接続不可の可能性もあるので気をつけましょう。

新番組をポップアップで知らせてくれる機能や、専用アプリによるスマホからの視聴、 4Kアップコンバート対応、さらに同メーカーのテレビDIGAで視聴している音楽のハイレゾリマスターやパソコンとのファイル共有など、できることも多岐に渡っています。

 

2位:シャープ AQUOSブルーレイレコーダーBD-UT1100

出典: Amazon.co.jp

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー BD-UT1100

2位やシャープのブルーレイレコーダー。1位のように、メーカーを同じくするテレビ、AQUOSでの操作性が良いため、AQUOSで番組を視聴している人には1位よりもおすすめ。

容量は1TBですが、チューナーが3つと多いので、3番組以上の同時録画を求める人にも向いています。またブルーレイの中でもUltra HDや4Kに対応しており、視聴の際、画質や音をより鮮明にできます。

ちなみに外付けHDD用のUSB端子も付いているので、1TBでは足りなくなりそうという人でも安心です。

 

3位:SONY ブルーレイディスクBDZ-ZW1500

ソニーのブルーレイレコーダーを3位に選びました。容量は1TBでチューナー数は2。外付けHDDによる容量拡大と、無線LANを備えているのが特徴です。外付けHDDに関連してSeeQVault対応でもあり、外付けHDDに録画した作品を別の再生機で視聴することも可能。友人や親戚の家で録画した番組を再生することもできますよ。

そのほかVideo & TV SideView機能によるスマホでの視聴、4K及びハイレゾ音源にも対応しています。

 

4位:東芝 ブルーレイレコーダーDBR-T1008

出典: Amazon.co.jp

東芝 ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA 

4位は東芝。1TBでチューナーが3つのタイプです。テレビのREGZAに対応。また再生機としての機能に特化しており、3D対応、自動スキップ再生、とばし見などのモードチェンジが存在。また専用アプリによって、スマホやタブレットでも視聴することができます。

録画番組を観る時間が足りないけれど、別にじっくり堪能しなくても良い作品に対しては、CMカットや観たい場面だけ視聴するのもありですね。

 

5位:パナソニックブルーレイレコーダーDMR-BRW1050

出典: Amazon.co.jp

パナソニック  ブルーレイレコーダー  DMR-BRW1050

5位は再びパナソニックです。1位との違いは、おうちクラウド機能を有していること。スマホアプリを介して、動画だけでなく音声や写真をインターネット上で共有することができます。番組の録画よりも、ホームビデオなどの作品を撮ることが多い方におすすめ。離れて暮らしている祖父母へ孫の様子を伝えるなんて時に活躍します。

同じ家の中であればジャンプリンク機能も利用できますから、レコーダーはリビングでも、寝室でのんびり好きな作品を楽しめます。

 

6位:東芝 ブルーレイレコーダーDBR-W507

6位は4位に続いての東芝。容量が500GBと少なめですが、チューナーは2で3D対応、REGZAによる使いやすさなど、ほかの機能は4位とほぼ同じ。容量の分だけ、値段が安くなっているのが特徴です。録画機器は欲しいけど、必要な時だけ使う程度ならおすすめ。

外付けHDDも利用可能で、もし容量足りなくなったら別途用意してカバーすれば問題ありません。

 

7位:パナソニック ブルーレイレコーダーDMR-BRX2030

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-BRX2030

7位と8位はパナソニックですが、容量及びチューナーの多さが特徴です。まず7位は2TBと7チューナー。1チャンネル丸ごと録画する全録機能や、自動録画機能が備わってるので、うっかり忘れた時にも安心です。値段は高いですが、ついつい録画予約を怠りがちな人におすすめ。

 

8位:パナソニック ブルーレイレコーダーDMR-BRX7020

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 7TB  ブルーレイレコーダー DMR-BRX7020

個人的には、利用する機会があるひとはいるのかな?という印象もあるのが、8位の7TB、11チューナーを擁するレコーダー。全録や自動録画など、機能は7位及びほかのパナソニック製レコーダーと共通していて、容量と同時録画数がアップしています。

ランキング内で見ても最高額ではありますが、音声検索やドラマとりおき機能など、電化製品の取り扱いが苦手な人でも使いやすい機能も多いです。サポート費用を抑えられると思えば多少良いかもしれませんね。

 

まとめ

ブルーレイレコーダーは、DVDやHDDのみのレコーダーに比べて機能が良いものばかり。ただ便利だからといってたくさんの機能を備えたり、1つの機能の中でもより優秀なものを選んで行くと、値段は高くなります。

もともとが高額になりがちなブルーレイレコーダー。容量やチューナー数など、どのレベルなら自分にとって問題なく使えるかを考えて、賢い買い物をしましょう。

記事内で紹介されている商品

パナソニック DMR-BRW1020

サイトを見る

シャープ AQUOSブルーレイレコーダー BD-…

サイトを見る

SONY ブルーレイディスクBDZ-ZW1500

サイトを見る

東芝 ブルーレイレコーダーTOSHIBA REGZA 

サイトを見る

パナソニック  ブルーレイレコーダー  D…

サイトを見る

東芝  ブルーレイレコーダー DBR-W507

サイトを見る

パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-B…

サイトを見る

パナソニック 7TB  ブルーレイレコーダー…

サイトを見る

関連記事