日用品ライターが教える!!お部屋用芳香剤おすすめ10選

外から帰ってきたとき、何となく部屋が臭うという経験はありませんか。

その臭いの原因は日常生活を送ることによってできた生活臭です。生活臭は、家具に染み付いた汗やトイレ、生ゴミ、ふけやアカによって繁殖したカビや雑菌によるもののほかに、たばこやペットの臭い、料理の匂いも原因になります。

人が生活していく上でにおいが発生することはある程度避けられないものですが、こまめな掃除や臭い対策を行うことで気にならないレベルまで下げることもできます。

また、できれば嫌な臭いを取り除くだけではなく、お部屋が素敵な香りになったら最高ですよね。

そこで今回は、気軽なニオイ対策にぴったりな、ついでに素敵な香りを演出してくれるお部屋用芳香剤を人気順にご紹介します。

 

どこで使う?場所別お部屋用おすすめ芳香剤タイプ

ここからは、お部屋別にお部屋用芳香剤のおすすめのタイプをご紹介していきたいと思います。

玄関

まずは玄関におすすめのお部屋用芳香剤タイプについてです。

玄関のニオイの原因は主に靴の臭いです。

汗のしみこんだ湿った靴は雑菌やカビが繁殖するのに最適な環境となっており、そのまま放置すると臭いが発生してしまいます。

また、シューズボックスを密閉してしまうことで、さらに臭いがこもる原因となります。

靴を脱いだらすぐに消臭スプレーをかけて、湿気が取れるまでは靴箱にしまわずにそのまま玄関においておきましょう。

シューズボックスには靴がちゃんと乾いてからしまうようにします。また、シューズボックスは閉めっぱなしにせずに1日に1回は開けて空気を入れ替えておきましょう。

こんな風に臭いがこもりがちな玄関におススメなのは、消臭効果の強いお部屋用芳香剤です。消臭しないまま香りの強いお部屋用芳香剤をおいてしまうと、ニオイが交じり合って、ますますイヤな臭いと感じてしまうので注意しましょう。

最近では、嫌な臭いを香りでごまかすのではなく、消臭を重視してくれている商品が多く販売されていますよね。

玄関用の商品としては、置き型タイプのもののほかに、臭いが気になったときに使えるスプレータイプのお部屋用芳香剤もおすすめです。

スプレータイプのほうは瞬時に変化できるので、すぐに香りを変化させたいと思ったときには有効なタイプの商品だと思います。

 

リビング

次はリビングにおすすめのお部屋用芳香剤のタイプをご紹介したいと思います。

リビングは布製のソファーやカーテンなどに臭いがこもりやすい場所です。

特にダイニングとリビングが繋がっているリビングダイニングの場合は、食事の匂いもつきやすいのが悩みです。

また、リビングは部屋の広さがあるので、お部屋用芳香剤のタイプによってはあっという間に消費してしまい、コストが高くなりがちです。

そのため、最初から目的に応じたお部屋用芳香剤を選ぶことが必要です。例えば、たばこの臭いが気になる人、ペットの臭いが気になる人は消臭効果のあるお部屋用芳香剤を選びましょう。

タイプとしては消臭効果の持続する置き型タイプのものがおすすめです。特に臭いが気になっているわけでなく、香りをお部屋に残して気分を変えたいという場合は気軽に使えるスプレータイプがおすすめです。

好きな香りをいくつか選んで、香りを気分によって変えて使うこともできます。

アロマ感覚で香りを楽しみたい人は、香りが部屋中に広がりやすいプラグインタイプのお部屋用芳香剤を選びましょう。

ただし、こちらは香りを楽しむ商品として非常に有効ではありますが、子どもやペットがいる家庭では安全管理も大切です。

 

寝室

次は寝室用におすすめのお部屋用芳香剤のタイプについてです。

寝室に使うお部屋用芳香剤は匂いの調節できるものがおすすめです。

リラックス効果のあるアロマタイプのお部屋用芳香剤の匂いはその香りから交感神経を鎮め、副交感神経を優位にして安眠を誘いますが、人によっては香りが気になって眠れなかったり、強すぎる香りを不快に感じたりすることもあります。

気が付いたときふと香るくらいのほのかな香りに抑えておくことが大切です。

また、香りは下に流れて行く傾向があり、顔の近くに置くほど香りが強く感じるようになるので、寝室での置き場所にも工夫することが大切です。

香りを有効活用して、自分自身リラックスしてよい眠りにつけるといいですね。

 

お部屋用芳香剤を選ぶときのポイント

 

リラックスできる香りで選ぶ

お部屋用芳香剤を選ぶときはまず香りをかいでみて、自分が好きな香りを選ぶことが大切です。

同じ香りのものでもメーカーによって香りは違うため、なんとなく選んだ香りが好きなタイプの香りではなかった場合、その香りによってかえって不快に感じてしまう原因となります。

また自分の好みの香りというだけでなく、一緒に暮らしている人がいる場合は家族の香りに対する意見も参考にしてみましょう。

子どもは特に匂いに敏感なため、赤ちゃんや小さなお子さんのいる家庭ではあまり強い香りのお部屋用芳香剤を使うのはおすすめできません。

「マスキング効果」といって、強い香りを日常的にかいでいることで、匂いに対して嗅覚が鈍くなってしまうこともあります。

また、手の届くところに消臭剤をおいてしまうと転倒や誤飲の可能性もあるので、注意が必要です。

 

機能性で選ぶ

通常、香りを楽しむためのお部屋用芳香剤には消臭機能はありません。

好きな香りを楽しみたいだけならばリラックス効果の期待できる香りのアロマオイルや、香りを楽しむために作られているルームフレグランスタイプの商品もいいですが、消臭機能や殺菌作用を期待したいのなら香り重視の商品よりも機能性の高い商品を選ぶことが大切です。

トイレ用、玄関用など置く場所を表記してある商品は、その場所に合ったサイズ、消臭効果、消臭機関などを計算して開発された商品です。そのため表記された場所で使うことで、香りというよりは商品のもっている機能を最大限発揮することができます。

機能性を重視する商品は、置く場所や目的に対応した商品を選ぶようにしましょう。

 

タイプで選ぶ

商品は、タイプで選ぶのもポイントです。

お部屋用消臭剤は、置き型タイプの商品やスプレータイプの商品、スティックタイプの商品など様々なタイプの商品が多く販売されていますよね。それぞれのタイプに特徴があるかと思います。

それぞれのタイプの特徴につてみていきましょう。

 

スプレータイプ

まずはスプレータイプについて。

スプレータイプは即効性がありますが、その分長期的な継続を図ることは難しいです。なので、急な来客など、気づいたときにすぐ香りを変化させたい方にはスプレータイプがおすすめですよね。

 

置き型タイプ

次は置き型タイプについて。

置き型タイプはスプレータイプほどの即効性はありませんが、圧倒的に香りの継続力がありますよね。

なので、置き型タイプだと手間なく香りのコントロールができますね。

 

スティックタイプ

最後はスティックタイプについて。

スティックタイプはより香りがどのタイプよりも良いですが、スティックタイプは比較的ほかのタイプの商品よりも価格が高めな商品が多いことや、一般的な置き型タイプのような消臭は不向きであるといえます。

 

それぞれの特徴を考えながら、自分に合ったタイプの芳香剤を選ぶべきですよね。

 

サイズやコスパで選ぶ

お部屋用芳香剤を定期的に購入する場合は、どのくらいの期間使えるのか、1カ月当たりの価格はいくらかかるのかも把握して使うことが大切です。

切れたらなんとなく買い替えるという人も多いですが、年間でみると出費がかさんでいる場合もあります。部屋の広さによっても消費するスピードが変わってくるので、頻繁に買い替えるという人は特に臭いの気になる場所や香りでリラックスしたい場所などに絞って利用するのもおすすめです。

長期間利用できるタイプのお部屋用芳香剤もありますが、置き型タイプのものは一度開封すると保存することができません。また、常に使うことでせっかくの良い香りを感じにくくなることもあります。

臭いが気になるときや香りによってリラックスしたいとき、来客向けに使う場合は香りが劣化しないスプレータイプのお部屋用芳香剤がよいでしょう。

 

お部屋用芳香剤のおすすめ10選

ここからは、おすすめのお部屋用芳香剤の商品を一つ一つ詳しくご紹介していきたいと思います。

無香空間 特大 消臭剤 本体 無香料

まずはこちらの置き型タイプの商品から。

無香空間は製薬会社の実験室で生まれた品質の高い消臭剤です。各種の消臭効果をもつアミノ酸系消臭成分が透明なビーズにギュッと詰まっています。

発売以来20年間高い評価を保っている商品で、介護施設などでも使用されている実績があります。使用するとビーズが減っていくのが楽しいという意見も多く、リピーターの多い商品です。

 

クレベリンスプレー

お次がこちらのスプレータイプの商品。

クレベリンスプレーは正露丸でお馴染みの大幸薬品が開発した除菌・消臭スプレーです。

二酸化塩素分子の力で空気中のウイルスや菌を除去します。

6畳の部屋なら約1時間で99%の菌とウイルスを除菌するパワーがあるので、インフルエンザや風邪の気になる時期にぴったりの商品です。

キッチン・洗面所・室内など、場所を選ばずに使えます。

 

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend デオドラント ルームミスト ホワイトムスク

出典: Amazon.co.jp

ノルコーポレーション ルームフレグランス Johns Blend デオドラント ルームミスト ホワイトムスク

こちらはスティックタイプの商品です。

スティックタイプは見た目としてもおしゃれな商品がほとんどですよね。どこにおいても様になる、パッケージが目を引くルームフレグランスです。

消臭成分を配合しているので部屋や玄関、トイレなどの臭いの気になる場所で使うこともできます。

ホワイトムスクは爽やかで甘いソープ系の香りですが、他にもラベンダー・ラテモカ・アップルペアーの香りがあり、いくつか揃えておけば気分に応じて使い分けることもできます。

スティックタイプなので、何よりも香りを楽しみたい方におすすめの商品です。

 

ドでか無香空間 消臭剤 本体 無香料 リーフレット付き

出典: Amazon.co.jp

ドでか無香空間 消臭剤 本体 無香料 リーフレット付き

こちらは置き型タイプの商品。

通常のお部屋用芳香剤は臭いを香りでごまかすことによって感じにくくしますが、無香空間は消臭成分が悪臭成分にのみ反応し、別の成分に変化させることによって臭いの元から消臭します。

存在感のある1800g入りで、リビングやワンフロアーの広い空間もその香りを対応できます。

部屋にこもりがちなたばこ・カビ臭・ペットの臭い除去にも効果的です。

 

ランドリン ルームディフューザー クラシックフローラル

出典: Amazon.co.jp

ランドリン ルームディフューザー クラシックフローラル

こちらも置き型タイプの商品です。

香水のような上質な香りを楽しむことのできるリードディフューザーです。

香水瓶のようなガラス製の容器と香りオイルを吸い上げる樹脂製の香りスティックがセットされており、香りスティックの本数を変えることで香りの強さを変えることができます。

量が少ないため一見すると、すぐに香りの効果がなくなってしまいそうですが、実は約1.5カ月から3カ月持つためコスパの面でも優秀です。

 

ノンスメル清水香 ホテル仕様 消臭 除菌スプレー 無香

出典: Amazon.co.jp

ノンスメル清水香 ホテル仕様 消臭 除菌スプレー 無香 本体

こちらはスプレータイプの商品。

白元アースが国内の有名ホテルの客室清掃で使われている業務用消臭スプレーの「清水香」と共同開発した消臭除菌スプレーです。

たばこの臭いは90%、汗の臭いは98%、食べ物の匂いは99%、ペットの臭いは99%消臭するとされており、さまざまな生活シーンで利用可能です。

空間消臭から布製品の消臭まで幅広く使えるので、1本持っておくと便利です。無香タイプのほかに香りつきのものもあります。

 

ランドリン ファブリックミスト クラシックフローラル

出典: Amazon.co.jp

ランドリン ファブリックミスト クラシックフローラル

こちらもスプレータイプの商品です。

ランドリンは「着る香水」というコンセプトのもとにファッション性を追求し、エレガントな香りにこだわったファブリックケアブランドです。

オーガニック認証を受けたオーガニック栽培の植物エキスを配合しており、ペットやたばこなどのイヤな臭いにW除菌・消臭効果を発揮します。

香りを楽しむルームフレグランスとして使うだけでなく、毎日洗濯できないソファーやラグなどの布製品、カバン、靴などにも使えます。

そしてランドリンのシリーズは、今回ご紹介したクラシックフローラルの香りに加えてフラワーテラスの香り、ロマンティックフラワーの香り、エレガントフローラルの香り、ナンバーセブンの香り、ジャックミントの香り、クラシックフィオーレの香りがあります。

ジャックミントの香りは男性向けの香りとなっているそうです。

どの商品も上品な香りの商品となっています。

 

ファブリーズ 消臭剤 置き型 無香 本体

出典: Amazon.co.jp

ファブリーズ 消臭剤 置き型 無香 本体

W消臭ゼリーが臭いを吸収し、消臭する置き型タイプのファブリーズです。

ファブリーズは、置き型タイプ、スプレータイプともにとても優秀な商品が豊富ですよね。

1つ目の消臭成分がアンモニア臭や酸性臭を消臭し、2つ目の消臭成分が硫黄系の臭いを消臭します。

縦置き・横置きのほかに寝かせて置くこともできるので、消臭剤が置きにくいせまいスペースにも設置することが可能です。

香りのバリエーションが豊富で、気分に合わせて選ぶこともできます。

香りの種類としては、スカイシャワーの香り、ナチュラルガーデンの香り、リラックスフルーティーの香り、フローラルハートの香り、ピュアクリーンの香り、そして無香タイプとなっています。

香りの名前もどれも素敵ですよね。

自分のお気に入りの香りを見つけてみてください。

 

 

お部屋の消臭力 無香料

こちらも置き型タイプの商品です。

ナノレベルの孔(あな)を持つ悪臭を吸着するナノパウダー配合で、気になる臭いを強力に消臭します。

ラベリフィルムは簡単にはがせるので、はがして使えばすっきりとしたデザインで場所を選ばずに使用できます。

無香タイプのほかにもさまざまな香りが揃っており、約2~3カ月間効果が持続するので普段使いのお部屋用芳香剤としてぴったりの商品です。

 

クレベリンゲル

二酸化塩素分子の力でウイルスや菌を除去するクレベリンの置き型タイプです。

トイレや浴室などの1~3畳のスペースなら約2カ月、6~8畳の部屋なら約1カ月効果が持続します。

風邪やインフルエンザが流行る季節は特に、玄関・リビング・寝室などウイルスや菌が入り込みやすい場所や繁殖しやすい場所に置いておくことをおすすめします。

 

まとめ

生活臭は人が暮らしていくうえで、少なからず発生してしまうものです。

生活臭を少しでも減らしたいなら、洗えるものは毎日洗い、部屋をこまめに掃除しておくことで雑菌やカビの繁殖を防ぐようにしましょう。

特に、毎日使う枕、布団シーツ、カーテン、ソファーカバーなどの布製品は臭いがこもりがちです。寝具は週に一度、カーテンも季節の変わり目ごとに洗濯するようにしましょう。

その上で、洗濯ができない商品や毎日洗うのが面倒なものは除菌・消臭スプレーを使って上手に臭い対策を行いましょう。

部屋に置くお部屋用芳香剤には色々な種類のものがありますが、できれば消臭効果や除菌効果があるものがおすすめです。

臭いを他の香りでごまかすのではなく、悪臭の元を断ってよい香りを楽しみましょう。

また、タイプも豊富で、スプレータイプや置き型タイプ、フレグランスタイプなど様々です。

それぞれのタイプごとにメリット、デメリットがありますので、自分の用途に合わせて賢く使うようにしてみてください。

記事内で紹介されている商品

無香空間 特大 消臭剤 本体 無香料

サイトを見る

クレベリンスプレー

サイトを見る

ノルコーポレーション ルームフレグランス…

サイトを見る

ドでか無香空間 消臭剤 本体 無香料 リー…

サイトを見る

ランドリン ルームディフューザー クラシ…

サイトを見る

ノンスメル清水香 ホテル仕様 消臭 除菌ス…

サイトを見る

ランドリン ファブリックミスト クラシッ…

サイトを見る

ファブリーズ 消臭剤 置き型 無香 本体

サイトを見る

お部屋の消臭力 無香料

サイトを見る

関連記事