料理好きライターがおすすめする!ブレンダー5選

 こんにちは。きまぐれスムージー生活を送っているライターMです。ナントカ健康法というのは根気がなくて続かないし、仮に始めたとしても毎日続けようと思っているとできなかったときに落ち込むので、最初から自分に課題は課しません。

そのかわり野菜を中心に美味しいものを食べ、好きなことをしてよく笑い、ストレスをためないように過ごしています。ストレスって目に見えないけど良くないんですよ。活性酸素というものを生み出してせっかく摂った栄養素をフイにしてしまうんです。

その活性酸素を除去してくれる強ーい見方が栄養素である「ファイトケミカル」生の野菜や果物に多く含まれています。なのでなるべく生のままで取り入れたいものです。

ちなみにスムージーとは「凍らせた野菜や果物を使ったシャーベット状の飲み物」という意味なので冷凍庫にあるものを使った場合はスムージー、冷蔵庫にあるものを使った場合は野菜ジュースとなりますね。

ジュースの呼び方はともかく。サラダにしたらおおきなボウルいっぱいの生野菜がジュースにするとグラス1杯になってしまいます。しかも美味しい。サラダはドレッシングに塩分や油分をたっぷり使いますがジュースは足しても蜂蜜をスプーン1杯くらいなもの。とってもヘルシーです。

そしてなんだかお洒落さんになった気分。すがすがしい気分の一日の始まりです。

 

ブレンダーとは

さて、その野菜ジュースやスムージーを作ってくれる道具ですが。家庭用品の売り場へ行くと「ミキサー」「ジューサー」「ブレンダー」「フードプロセッサー」「ミル」などなど

たくさん種類がありすぎて、何がどう違うのか分からなくなってしまいますね。まずはその違いから。

おおまかにいうと、それらは「固形のものを粉砕する道具」です。そのうち固体を液体にまでしてくれるものがミキサー、ジューサー、ブレンダー。

ジューサーは水分を抽出する際に皮や繊維などを取り除くのでサラサラの果汁が残ります。残った野菜カスはカレーやハンバーグに混ぜるもよし、目をつぶってごみにするも自由です。

低速抽出でビタミンを壊さないように考えられている商品もありますので、野菜ジュース健康法を本気で日課にしようと考えている人にはお勧めです。

一方ミキサー。このミキサーは、最近耳にするブレンダーと実は同じもの。日本では昔からミキサーと呼ばれてきましたが、ブレンダーの呼び名が世界では一般的です。

皮ごと砕くので果汁にとろみがつきます。繊維が摂れるのでダイエット目的の人はこちらをどうぞ。

 

ブレンダーの用途

ここからは呼び方をブレンダーに統一しますね。ブレンダーは粉砕するのを得意としていますのでジュースやスムージー作りがあっという間です。またゆで野菜でスープや離乳食も簡単にできます。ドレッシング作りもボウルいらずですね。

 

ブレンダーの傾向

一昔前ならぶら下がり健康機などと一緒にされて「使わなくなった家庭用具ランキング」をしたら上位にランクインしたであろうブレンダーですが野菜ジュースのブームもあり最近は少し様子が変わってきました。

以前のブレンダーはがっちりしたボディの据え置き型が主流でしたが、住宅事情や家族構成の変化からか、最近は据え置きでも1~2人前のジュースを作るのにちょうどいいコンパクトサイズの商品やアタッチメントを付け替えて何通りにも使えるハンディブレンダーも増えてきました。見た目にもおしゃれで見せる収納に向いている商品ばかりです。

調理器具はサッと手を伸ばして使いやすいのが一番です。戸棚にしまい込んでしまうと出したり片づけたりが億劫で何年もそのまま…ということになりがちです。

特に下ごしらえの調理器具は身近な場所に出しっぱなしにしておきたいものです。

 

ブレンダーのお手入れ

ブレンダーやフードプロセッサーは使った後に洗うのが面倒で敬遠しまう人が多いですね。特に刃の裏側の細かいところをちまちまブラシで洗うことを考えると私も使うのをやめたくなります。主婦の一日は忙しいのですから。

ですが。使った後に水を1/3程度入れ、洗剤を数滴(商品によって異なりますが)垂らしてスイッチオン。ガーッと回せば安全に洗浄することができます。
あとは水ですすいで風通しの良い場所で乾燥させればいいだけです。

 

ブレンダーの安全面・衛生面

離乳食をきっかけにブレンダーを使い始める人も多いかと思います。小さなお子さんが誤って作動させて指を…という危険のないように、各社安全性には配慮されています。

たいていの商品は本体とカップ(容器部分)の印を合わせた上でスイッチを押さないと作動しない仕組みになっていますので安心してください。

 

ハンドブレンダーについて

せっかく購入するなら毎日でも使って使って使い倒したいですよね。

単純なブレンダーは鋭利な刃で「つぶす」「混ぜる」という仕事しますが、最近ではチョッパーやホイッパーなどのアタッチメントが付属しているものが多く発売されています。

こうなると「刻む」ことや氷など硬いものまで「砕く」こともお任せあれ。また手軽に「泡立て」もできるようになります。付属の専用カップは丈夫なうえにフタが付いていることが多く、そのまま保存容器にすることもできます。

 

ブレンダーを選ぶポイント

多機能ハンディブレンダー、気になりますね。1台でブレンダー・フードプロセッサー・ハンドミキサーと3台の役目をこなせます。実は私、上の機械をすべて所有してますので、ハンディブレンダーにかえたらこれまでの3台が不要となります。

キッチンがどれだけすっきりするでしょう!

とはいえ使えるものを処分する勇気のない昭和世代なのでここは独り立ちする姪っ子へのお祝いという視点でよさそうなものを選んでみたいと思います。選ぶポイントは

  • 価格帯…30,000円まで
  • サイズ…コンパクトであること
  • 機能…多機能でパワーがあること
  • 手入れのしやすさ…洗いやすいこと、部品が外せるもしくは単純なつくりであること

 

ハンドブレンダーおすすめ5選

そんなわけで私がプレゼントに選んだブレンダーは

1:XProject社 ハンドブレンダー

出典: Amazon.co.jp

XProject社 ハンドブレンダー

ハンドブレンダー専用の収納スタンド付きです。きざむ、つぶす、混ぜる・泡立てる・砕くの5役です。800wの高パワーでスピード調節機能が付いています。

 

2:OXA社 ハンドブレンダー

きざむ・つぶす・混ぜる・泡立てる・砕くの1台5役です。

 

3:ティファール社 ハンドミキサー スティックミキサー クリック&ミックス

出典: Amazon.co.jp

ティファール社 ハンドミキサー スティックミキサー クリック&ミックス

混ぜる・つぶす・つぶす・泡立てるの4役です。アタッチメントがカラフルでコンパクト、クッキングカップの中に収納できるので場所をとらず便利です。

泡立てもホイッパーの形状ではなくアタッチメントの交換だけでいいのが面白いです。

 

4:ブラウン社 マルチクイック7-ハンドブレンダー

出典: Amazon.co.jp

ブラウン社 マルチクイック7-ハンドブレンダー

ブラウン社のハンドブレンダーの最上位機種です。
きざむ・混ぜる・こねる・泡立てる・きざむ・スライス・せん切りの7役です。

 

5:クイジナート社 スマートスティックハンドブレンダー

出典: Amazon.co.jp

クイジナート社 スマートスティックハンドブレンダー

つぶす・混ぜる、こねる、泡立てる、細切り、スライス、すりおろしの7役です。
ですが他社のようにつぶす・混ぜるを分けたら8役のカウントに。
日本製にはない強力なモーターを使用したフードプロセッサーには定評のあるクイジナート社です。

 

番外:バーミックス社

出典: Amazon.co.jp

バーミックス M300 60周年 ベーシックセット レッド M300BSRD

M300-60周年ベーシックセット。予算オーバーなので選外にしましたが、ハンドブレンダーの元祖で憧れの商品です。
参考までに。

 

まとめ

思っていた以上にどれもお安かったです。レビューを見ると「何年持つか」というコメントがちらほらありましたので、永久に使えるものではなさそうです。

まずは手頃な値段のものを買い求めてみて、自分の必要とする機能はどんなものか取捨選択して2台目に挑むのも一つの考えかなと思います。
使用頻度が少なそうな人は何通りにも使える高機能な商品を選べば手に取る回数も多くなり活用できるのではないでしょうか。

記事内で紹介されている商品

XProject社 ハンドブレンダー

サイトを見る

OXA社 ハンドブレンダー

サイトを見る

ティファール社 ハンドミキサー スティッ…

サイトを見る

ブラウン社 マルチクイック7-ハンドブレン…

サイトを見る

クイジナート社 スマートスティックハンド…

サイトを見る

バーミックス M300 60周年 ベーシックセッ…

サイトを見る

関連記事