買いたいものを検索してください

手軽で美味しい!カレー好きライターが教えるレトルトカレーのおすすめ12選

カレーは好きなんですが、カレーは大鍋で大量に作ったほうが美味しいってよく言いますよね。しかし私は現状そこまでの量を作っても保存できず、鍋で放置してもカビなどが怖くてなかなか作れません。かと言って、1人分の材料を買って小さな鍋で行うのはルーの調整などが意外と面倒でもあり、最近はもっぱらレトルトに頼っています。

温める手間はありますが、ファミレスなどで注文するよりは遥かに安いこともあって、月に1回は確実。多いと週1ぐらいのペースでレトルトカレーを食べます。カレー好きに加えて味のバリエーションも多いので、複数の味で食べ続ければ飽きませんし、メーカーごとの微妙な違いを比べるのも楽しいです。

今回はそんあレトルトカレーについて改めて振り返り、味や種類ごとにおすすめの商品を分けてご紹介します。

 

レトルトカレーの味の種類を決めよう

レトルトカレー

レトルトカレーはバリエーション豊富としましたが、そもそもカレーは国風が出やすい料理なのかもしれません。本場はインドやタイでしょうが、レトルトで見ても様々なタイプがあります。

 

甘さも程よい欧風カレー

1つ目は欧風カレー。欧風とは言うものの、日本製のヨーロッパ風味というのが正確なようです。デミグラスソースが入っているカレーが多く、また素材は玉ねぎをメインとしており、ハヤシライスに通じるものがあります。

そのせいか辛口であっても甘さを感じやすい印象。玉ねぎはあめ色になるまでしっかり炒めているレトルトカレーも多く、甘味を出しているのかもしれません。辛すぎず食べやすいカレーです。

 

カレーライス味?和風カレー

一方辛さを感じつつも、どこか馴染んでしまうのが和風カレー。こちらは日本ならではの出汁が入っている商品が多いようで、舌も違和感なく受け入れてやすいです。

合わせるならナンよりもパンよりもご飯。カレーライスが好きな方は失敗しにくいタイプと言えます。

 

辛さ重視のインドカレー

本格派という名称もつきやすいのがインドカレー。こちらは欧風とは逆に、甘口でもそれなりの辛さがある印象を受けます。ただレトルトカレーであってもスパイスの種類が豊富であり、ただ辛いのではなくコクがあるタイプ。レトルトでもしっかりした味を求めたい時に買います。

ご飯やパンも良いですが、ご飯なら現地のインディカ米、またナンと併せて食べてみたいレトルトカレーでもあります。

 

あっさり目のタイカレー

タイカレーも本場と言えますが、インドカレーに比べるとスープのようなあっさりさを感じます。とろみが欲しい時にはおすすめしませんが、スープカレー感覚で楽しみたい時にはうってつけですね。

パンを浸して食べたり、カレー単体で食べる、あるいはしっかり食べている時間がない時に便利です。

 

スパイスで選ぶおすすめレトルトカレー

カレーライス

ここからおすすめのレトルトカレーをご紹介していきます。まずはスパイス。

 

明治製菓 銀座カリー 中辛

31種類のスパイスでコクたっぷり!

まずは定番ブランドの1つでもある銀座カリーをチョイス。30種類以上のスパイスを取り入れていることもあって、辛いのですが美味しさもあって、箸ならぬスプーンが進む味です。

肉類で言えばビーフカレーですが、厚みはさほどないのが惜しいところ。自分で大きめに肉や野菜をカット、炒めてから加えるプラス一手間もおすすめです。

 

ご当地カレー 淡路島玉ねぎカレー辛口

出典: Amazon.co.jp

淡路島玉ねぎカレー辛口
ブランド
カテゴリ

辛いのは苦手な人も食べやすい玉ねぎカレー

牛肉も入っていますが、それ以上に圧巻なのが玉ねぎの量。ソテーしてあめ色玉ねぎになっているのか、カレー部分は辛いのに玉ねぎのおかげで甘味もある不思議な味。スパイスはショウガやニンニクなどを含んでおり、1パックの量が決まっているのについもっと食べたくなってしまうやみつきさもあります。

 

調味 よこすか海軍カレー

船に缶詰でも飽きさせない味を再現

最後はよこすか海軍カレー。海軍と言えば、同じ素材で肉じゃがとカレーを使い分けて飽きさせない、肉や野菜など素材のバランスが良いので軍人の栄養補給にぴったり、といった逸話が有名ですね。

よこすか海軍カレーはその味を再現した商品で、スパイスたっぷりの中辛ながら、煮込みに時間をかけることで甘さや旨みを出し、辛さをほどよく抑えてくれています。

エネルギー補給のために付け合せはパンよりご飯だったそうで、よこすか海軍カレーにもご飯の方が合います。

 

具材で選ぶおすすめレトルトカレー【チキン編】

レトルトカレー

カレーのメインとも言える肉は様々な種類がありますが、まずはヘルシーさもあるチキンのおすすめです。

 

ハウス カリー屋キーマカレー

出典: Amazon.co.jp

ハウス カリー屋キーマカレー
ブランド
カテゴリ

とろみよりもさらに固形にこだわる方に

まずはカリー屋カレーシリーズのキーマ。スープやとろみのあるルーを通り越して、固形っぽさが特徴です。イメージとしては鳥そぼろでしょうか。

辛さはハウスの中では中辛の3としていますが、29種類ものスパイスが入っているルーを加えているためか、ピリっとした感じもあります。甘口じゃないとダメという方は注意かもしれません。

 

新宿中村屋 インドカリースパイシーチキン

出典: Amazon.co.jp

新宿中村屋 インドカリースパイシーチキン
ブランド
カテゴリ

本格派チキンカレー!

続いては新宿中村屋のチキンカレー。元祖カレーと言っても良い老舗ブランドで、インドカレータイプということもあってピリっとした辛さがついてきます。ただりんごなども入っているせいか、辛さだけの味というわけではなく、コクもしっかりしている印象。

具材は鶏肉のほかは玉ねぎとじゃがいものみなので、よりカレールー、スパイスの味を感じやすいのかもしれません。レトルトの中ではコスパが高めですが、辛さ=旨さでもあり、1度は食べておきたくなる味です。

 

江崎グリコ カレー職人バターチキンカレー中辛

出典: Amazon.co.jp

江崎グリコ カレー職人バターチキンカレー中辛
ブランド
カテゴリ

まろやかさとコクを重視したい方に

チキンカレーは、バター入りもおすすめです。素材はトマトが多いので、ケチャップのような酸味も感じますが、バターによる乳製品特有のまろやかさも美味しさの理由。

乳製品はバターだけでなくチーズも入っており、またチキンが具材としてだけでなくブイヨンでも含まれています。乳製品とチキンの味が感じやすいので、両方が好きな方やトッピングでチーズを好む人に食べやすい味です。

 

具材で選ぶレトルトカレーのおすすめ!【牛肉編】

続いては定番のビーフカレーから、おすすめのレトルトカレーをご紹介します。

 

ハインツ 特選ビーフカレー中辛

出典: Amazon.co.jp

ハインツ 特選ビーフカレー中辛
ブランド
カテゴリ

リッチな気分を味わいたい時に堪能しよう

ハインツのビーフカレーは、野菜などの素材とは別に、しっかり焼いた牛肉が入っています。レトルトだと素材は細かくなっていて食べた感じがしないこともありますが、特選ビーフカレーなら噛みごたえも◎。

美味しさの分値段はやや高めなので、ちょっとしたご褒美や記念日用としてもおすすめです。

 

新宿中村屋 インドカリービーフスパイシー

出典: Amazon.co.jp

新宿中村屋 インドカリービーフスパイシー
ブランド
カテゴリ

牛肉タイプもスパイスの旨みが引き立つ!

新宿中村屋やビーフでも美味しいです。こちらも本格インドカレーであり、スパイスによる辛さが際立つ印象。チキンカレーとは違い具材も豊富なので、鶏と牛の好みだけでなくバリエーションで選ぶのもおすすめです。

りんごなど甘味を加える素材もチキンより多く入っているので、辛さはやや控えめ。甘口好きの方にも食べやすいです。

 

ハウス食品 とろうま牛角煮カレー

大きな牛肉をたっぷり味わえるレトルトカレー

牛肉編ラストは、その名も牛角にカレー。牛肉が角煮に使われるような大きなカットで入っているため、レトルトカレーながら牛肉をしっかり噛み締めることができます。素材がゴロゴロ入っている方が好きという方にぴったり。

りんごやソテーされた玉ねぎのおかげで中辛ながら甘味もあり、また210gと容量も多いので、満足感も得やすいです。

 

コスパで選ぶレトルトカレーのおすすめ!

最後はレトルトカレーの中でも比較的安い商品。カレーを頻繁に食べるのでコストは抑えたい方などにおすすめです。安さの基準は、1個あたり200円しない商品としました。お店によって値段が変わることもあるので、購入前には確認を。

 

大塚食品 ボンカレーゴールド 中辛

出典: Amazon.co.jp

大塚食品 ボンカレーゴールド 中辛
ブランド
カテゴリ

定番ブランドのなじみやすい味

実は1番最初に食べたレトルトが、ボンカレーでした。家になぜかあったんですよね。以来、なんとなく舌に馴染んだ味。どことなく優しさも感じます。中辛ということもあって、辛さが苦手な人でも食べやすいです。

具材の中ではじゃがいもが大きめでごろっとしているので、じゃがいも好きの方には特におすすめ。

 

ハウス カリー屋カレー中辛

ボリュームも満足の100円未満カレー

カリー屋カレーシリーズは、通常タイプならコスパも◎です。200gの容量はほかに比べると多めに分類されることもあり、お腹いっぱい食べたい時に重宝します。2つ買って食べても、コスパはまだ安いぐらいなのではないでしょうか。

こちらもキーマカレーと同じく中辛ですが、スパイス豊富で辛さもしっかり感じます。苦手な方は甘口タイプを選びましょう。

 

江崎グリコ カレー職人欧風カレー中辛

出典: Amazon.co.jp

江崎グリコ カレー職人欧風カレー中辛
ブランド
カテゴリ

甘口に近いまろやかさで食べやすい

ラストはカレー職人から欧風カレー。量はやや少なめですが、欧風ということもあって中辛の割に甘味を感じさせてくれます。お子さんが大人用カレーに初挑戦する、なんて時にも良いかもしれません。

デミグラスソースが入っていることと、玉ねぎをあめ色になるまでしっかり炒めているのが、甘さの理由。とろみもあって、ご飯やパン、ナンに絡めやすいのも良いですね。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのレトルトカレーもご紹介!

明治 男の極旨 黒カレー

so-free7のイチオシ!

レトルトカレーと感じさせない美味さです。家では娘や嫁さんも気に入ってます。とにかく一度食べてもらいたいです。コクが深い!もちろんキャンプにもオススメです。

 

レトルトカレーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、レトルトカレーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

手軽で美味しいレトルトカレーを食べよう

カレー

湯せん、あるいはレンチンでパパッと食べられるレトルトカレーですが、お店の味に負けず美味しい商品が揃っています。味の種類も豊富なので、連続で食べても飽きません。保存もききますから、冷蔵庫が空っぽで困った時などの非常食にも便利です。

そのままでも、ひと手間加えても楽しいレトルトカレー。今日のご飯はレトルトコーナーで、色々な味のカレーをチェックしてみては?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

明治製菓 銀座カリー 中辛

サイトを見る

淡路島玉ねぎカレー辛口

サイトを見る

調味 よこすか海軍カレー

サイトを見る

ハウス カリー屋キーマカレー

サイトを見る

新宿中村屋 インドカリースパイシーチキン

サイトを見る

江崎グリコ カレー職人バターチキンカレ…

サイトを見る

ハインツ 特選ビーフカレー中辛

サイトを見る

新宿中村屋 インドカリービーフスパイシー

サイトを見る

ハウス食品 とろうま牛角煮カレー

サイトを見る

大塚食品 ボンカレーゴールド 中辛

サイトを見る

ハウス カリー屋カレー中辛

サイトを見る

江崎グリコ カレー職人欧風カレー中辛

サイトを見る

明治 男の極旨 黒カレー

サイトを見る

関連記事