買いたいものを検索してください

香りも味も楽しみたい!紅茶好きが教える本当に美味しい紅茶ランキングTOP8

紅茶の存在を知ったのは、ミルクティがきっかけでした。それまでお茶といえば緑茶か烏龍茶だったこともあり、お茶と牛乳という組み合わせに驚きもありましたね。

また紅茶は特に香りを楽しむ飲み物であることも新鮮でした。飲む前、口に含んだ後に感じる良い匂いは、味とともにリラックスさせてくれます。以来、気分がモヤモヤした時や、落ち着きたい時には紅茶に頼っている私です。

今回はそんな紅茶という飲み物について、改めて振り返ってみました。紅茶好きゆえのおすすめランキングも紹介しているので、同じく紅茶好きという方はもちろん、実は紅茶未経験という方も最後までぜひチェックしてみてください。

 

紅茶とは?

ポットに入った紅茶

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/883410

 

紅茶は名前の通り赤みがかった色をしています。しかし緑茶や烏龍茶とは元となる植物が同じカメリア・シネンシスで、どれだけ発酵させるかで分けられているんです。製法はもともと茶葉の中にある酸化酵素を用いた酸化発酵で、全く行わないのが緑茶、ちょっと行うのが烏龍茶、そしてじっくり行うのが紅茶です。

発酵が進むにつれて、お茶の色が緑から黄(あるいは茶色)、赤へと色が変化すると考えればイメージしやすいでしょう。

また紅茶は単体で飲むだけでなく、ミルクティーやレモンティー、さらには果物などを加えたフレーバーティーなどバリエーションが豊富なこともポイント。香りや味が実に様々なので、飲み比べも楽しいです。

 

抑えておきたい!紅茶の代表的な種類

ティーバッグとレモン

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/832027

 

紅茶はストレート、茶葉にも複数の種類があります。

 

・実はフレーバーのアールグレイ

1つ目はアールグレイ。茶葉の1種と理解している方も多いですが、実はフレーバーティの1種です。香りはベルガモットというハーブによって付けられており、お茶ながら柑橘系の匂いがします。

ゆえに素材そのものが果物のジュースと違って、味はあっさりした印象を受けやすいです。

 

・あっさり目のダージリン

2つ目のダージリンは、比較的さっぱりした味が楽しめます。ほのかにフルーツティーな甘さもあるため、初めて紅茶を飲む人でもストレートで飲みやすいです。

 

・コクたっぷりなアッサム

ダージリンとは対象的に、味に深みがあるのがアッサムです。色が烏龍茶、下手をするとコーヒーのような茶色っぽいカラーなのも特徴。ただお茶にありがちな渋みや苦さはさほどでもないため、飲んでみると意外とOKだった、なんて人も多いです。

 

・お店で使われやすいセイロン

最後のセイロンは、味や香りにしつこさがない種類です。それゆえレモンやミルクを併せやすいのが魅力。ストレートはもちろん、レモンティーやミルクティーなども出しているカフェやファミレスなどもセイロンが使われやすいです。

一口一口を堪能するというより、手軽にパパッと飲んでしまいたい時におすすめ。

 

・セイロンの1つでもあるウバ

セイロンティーはスリランカを主な産地としていますが、さらに細かく5つの地域に分けることが可能。ウバはその1つなんです。

渋みが特徴であるため、甘味を好む方にストレートはおすすめしません。ミルクティーや、砂糖などで味を整えて飲みたい種類です。

 

紅茶の選び方のポイント【形状】

紅茶のティーバッグ

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/709264

 

ここからは紅茶選びのポイントを見ていきましょう。まずは茶葉からインスタントまで、様々な形の違いからご紹介します。

 

・時短で飲めるインスタント

お手軽順!というわけではないですが、まずはインスタントから。多くは粉末タイプになっており、お湯に注ぐだけで紅茶が完成します。少量のお湯で溶いた後、冷水を加えてアイスティー、牛乳でミルクティーなどアレンジもしやすいです。

商品によっては個包装されていることもあり、外出先で飲めるのも魅力的。

ただ茶葉から加工していることもあって、値段はやや高め。ほかのインスタント品の例に漏れず、ブランドにこだわらないようなら、茶葉から淹れたほうが安上がりなこともあります。

 

・茶葉の管理が楽なティーバッグ

茶葉から淹れるなら、ティーバッグタイプもありです。茶葉はパック内に入っていますから、淹れ終わった後はそのままゴミ箱へ。ポットなどを洗う手間も省けます。

ティーバッグの形が立体的だとジャンピングしやすく味が良い、固定にホチキスを使っていると電子レンジ不可など、ティーバッグの中にもさらに細かな違いがある点に注意。

 

・量の調整やアレンジが利く茶葉

作るのは一見面倒そうに見える茶葉のみですが、インスタントやティーバッグに比べて応用が利くメリットを持っています。量の調整は個包装でないインスタントも可能ですが、味の濃淡から行うとなると、茶葉や調味料などのバランスから変更できる方が便利ですよね。

その上でより深い風味を堪能したいなら、茶葉を使ってじっくり紅茶を淹れましょう。

 

形状以外に気をつけたい紅茶の選び方

紅茶選びにおける、形以外のポイントも要チェックです。

 

・値段は1杯あたりも確認

gなどの量で比較したくなりますが、種類によって1杯あたりに必要な量は変わってきます。例え容量自体が多くても、1杯にかける量も多くなればコスパが良いとは言い切れません。

複数の紅茶を比較する際は、1杯あたりの容量も見てください。

 

・アレンジしやすいか

紅茶の場合、独自に味や香りなどくせがあります。それはストレートでも変わりないため、ミルクやレモンのアレンジを考えているなら、見合った紅茶を選びましょう。

上記の茶葉の種類や、商品ごとの味の特徴などを見て、自分が求める飲み方が可能かを確かめてください。

 

・本格派を求めるなら海外産?

緑茶だと日本ですが、紅茶の場合はインドやセイロンで挙げたスリランカなど海外の産地もおすすめです。海外産は輸入時の安全性が気になるという方もいるでしょうが、本場の味を求めるなら検討しましょう。

品質に関しては、茶葉の産地こそ海外でも製造は国内で行っている、品質チェックや安全の規格取得など、メーカーが配慮していることもあります。

 

紅茶おすすめの飲み方

ミルクティ

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/1426844

 

紅茶を初めて飲む方は、インスタント以外は煮出しすぎに注意しましょう。時間が経つほど濃い味になると言えば魅力的に移りますが、お茶なので渋みや苦味も出やすいです。

ミルクなどを加えるなら問題ありませんが、ストレートで飲む場合は、お湯の色が変わってきたらとりあえず一口飲んでみましょう。その時十分だと思ったら、パッケージなどに記載の目安時間より前でもOK。渋くて飲めなくなるよりはマシです。

また味付けでは、砂糖がわりにハチミツやメープルシロップなど、ほかの甘味を加えるのもおすすめ。どちらもとろみある素材なためか、砂糖よりまろやかな味になります。ハチミツはレモンティーとも合いますよ。

 

おすすめの紅茶ランキングTOP8

では最後に、おすすめの紅茶をランキング形式でご紹介します。

 

第8位 AGF ブレンディ スティック 紅茶オレ

牛乳の割合高めが好みの方に

まずはブレンディの紅茶オレ。個包装のスティックタイプになっており、お湯に溶かして飲める手軽さが魅力です。ちなみにミルクティーではなく紅茶オレになっているのは、製造にあたって紅茶とミルクを同じ量で混ぜているため。ミルクティーに比べて牛乳の味を感じやすいです。

紅茶は嫌いではないけど、牛乳味強めが好みならこちらをおすすめします。

 

第7位 日東紅茶 カフェインレスアールグレイ

出典: Amazon.co.jp

日東紅茶 カフェインレスアールグレイ 20袋入り
ブランド
カテゴリ

就寝前にもおすすめの紅茶

7位はカフェイン量が少ない紅茶です。1パックあたり0.001g以下しか含まれていません。それゆえ就寝前など、寝つきが気になるタイミングにもおすすめ。アールグレイの香りを楽しみたいけど、できればカフェインは抑えたい時に便利です。

個包装のティーバッグタイプなので、茶葉の後始末が簡単なのも魅力。ただカフェインレスの分コスパは高めなので、別にカフェインたっぷりでも構わないなら、敢えて購入する必要はないかもしれません。

 

第6位 AHMAD TEA デカフェアールグレイ

ベルガモットの香りを堪能したい時におすすめ!

続いてもカフェイン控えめのアールグレイです。ただデカフェの定義として、全体の96%以上を除去するとあるため、7位に比べるとカフェインの量はやや高め。

ただAHMAD TEAの場合、原材料に紅茶とベルガモットが分けて入っているのが特徴でもあります。その分7位より強い芳香が堪能できるため、紅茶と言えば香り!という方にはおすすめです。

 

第5位 名糖 レモンティー

お湯に混ぜるだけでお手軽レモンティー

5位はインスタントのレモンティー。粉末になっているため、必要分をお湯で溶かせば完成です。実際に原材料としてレモン果汁を加えており、1杯あたりレモン2個分のビタミンCが得られるのも魅力。

紅茶の中でもフルーツティー、レモンを好む方におすすめです。レモンの酸味が強く、紅茶の苦みや渋みを感じにくいため、お子さんでも飲みやすいタイプと言えます。

 

第4位 和光堂 牛乳屋さんのやさしいミルクティー

出典: Amazon.co.jp

和光堂 牛乳屋さんのやさしいミルクティー  
ブランド
カテゴリ

スイーツっぽさもあるカフェインレスイルクティー

カフェインの除去率は90%以上と、これまで紹介してきた紅茶よりは劣りますが、気にする方にはおすすめ。インスタントミルクティーなので、カフェインレス紅茶に別途ミルクを加える手間も省けます。

牛乳屋さんの~とありますが、味は単純に牛乳のみを加えているのではなく、脱脂粉乳や生クリームで味を調整。より甘めの甘めの仕上がりです。甘党の方にはおすすめですが、苦手な方は注意してください。

 

第3位 ユニリーバ リプトンイエローラベル

出典: Amazon.co.jp

ユニリーバ リプトンイエローラベル
ブランド
カテゴリ

鮮やかなオレンジが魅力の低コスパ紅茶

リプトンのイエローラベルは、味は香りはもちろん、色も鮮やかなところが魅力です。ティーバッグという簡単なタイプですが、来客用としてもおすすめの1品。

コスパもよく、普段使いにもぴったりですが、注意点としてはティーバッグにホチキスの針があること。ディーバッグごと電子レンジなどに入れられません。イエローラベルでさらにフレーバーティやミルクティなどを作りたい場合は、方法に気をつけましょう。

 

第2位 日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ

出典: Amazon.co.jp

日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ 100袋入り
ブランド
カテゴリ

コスパ最強!毎日紅茶を飲む人にぴったりの定番ブランド

カフェインレスだと値段や容量などデメリットもありますが、ノーマルタイプであれば1パックあたり、3位の半分以下で飲めるのが日東紅茶です。

DAY&DAYの名前の通り、1日1杯以上のペースで紅茶を飲む愛好家には欠かせません。デメリットは茶葉が独自ブランドなので、アールグレイなど特定の種類にのみこだわる人は気になるかも知れない、ぐらいでしょうか。

 

第1位 日東紅茶 ロイヤルミルクティー スティック

出典: Amazon.co.jp

日東紅茶 ロイヤルミルクティー スティック
ブランド
カテゴリ

牛乳で煮だした本格ミルクティー

ベストに選んだのは、日東紅茶のロイヤルミルクティーです。ロイヤルミルクティーは紅茶をお湯で煮出すのではなく牛乳を使っているため、ただのミルクティーより濃さを感じます。

インスタント紅茶はそれ自体をお湯で溶かすため、もともとお湯で煮だしたタイプだと薄味になりがちですが、ロイヤルミルクティーの場合はその心配がないのも魅力。もちろん、ホットミルクなどに溶かしてのみ、より濃さ、甘さを感じてみるのもおすすめです。

 

紅茶の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、紅茶の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

紅茶を飲んでリラックスした毎日を

紅茶は美味しさだけでなく、味と香りによるリラックスさも魅力のドリンクです。仕事や家事、育児で疲れた時や、冬の寒さが堪える時など、ホッと一息ついてみてはいかがでしょう?

気持ちを落ち着ければ、次の作業の効率アップにも繋がりますよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

AGF ブレンディ スティック 紅茶オレ

サイトを見る

日東紅茶 カフェインレスアールグレイ 20…

サイトを見る

AHMAD TEA デカフェアールグレイ 100パック

サイトを見る

名糖 レモンティー

サイトを見る

和光堂 牛乳屋さんのやさしいミルクティ…

サイトを見る

ユニリーバ リプトンイエローラベル

サイトを見る

日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ 100袋入り

サイトを見る

日東紅茶 ロイヤルミルクティー スティック

サイトを見る

関連記事