ハウスダストアレルギーを持つ子供の母親が教える!空気清浄機おすすめランキング!

空気清浄機を購入しようとしたきっかけは、長男を出産したときが1月で加湿器を購入しようと思ったんです。でも、産院の助産師さんに「今は子供のアレルギーも多いので、空気清浄機のほうが風邪のウイルス予防にもなるしいいよ」とのアドバイスからでした。

今まで数台使ってきましたが、実際に長男がハウスダストアレルギーの診断されてり、私も花粉症に産後になってしまったりしたのでとても便利な用品として使ってきました。今回は、子供のアレルギーのついての私の母親としての経験を交えながら空気清浄機のお話をしたいと思います。

空気清浄機って必要?

空気って窓を開ければ綺麗になるんじゃないの?私は思っていました。でも、実際は窓の外の空気が自分に合わない場合があるんですよね。空気は純粋ではありません。外の新鮮な空気を入れ替えたつもりなのに、実は不要な成分を窓をあけることで取り入れてしまっていることもあります。

代表でいえば花粉ですね。私は杉花粉ですが、ヒノキ花粉の方もいますし、娘はブタクサとかイネ、ヨモギにアレルギーがあります。誰かにとっては何ともないことだけど誰かにとってはアレルギーの問題になるということがたくさんあります。しかも、こういうものは季節によって変わってきて目に見えません。

アレルギー原因は、鼻水が止まらなかったり肌がかゆくなったりなど身体の不具合で血液検査をしたら実はそうだったというものが多いです。なのでわからない人も多いわけですよね。私たち人間は酸素が必要です。

酸素は空気の中に含まれているので吸わないわけにはいきません。空気清浄機には、花粉、PM2.5、ハウスダスト対策などを主に除去する機能がついています。

さらに、冬のウイルスと乾燥対策に加湿できるものや、タバコやペットのにおいを脱臭できるものがあります。簡単に言うと価格で違います。価格が上がれば上がるほど、たくさんの機能が増えて不必要な問題成分を空気から除去する機能がパワーアップします。

それから、広い範囲の空気を綺麗にすることができます。たとえば病院にある業務用のものでは、なるべくウイルス感染をしないようなものを採用していたりします。でも、一般人が持てないくらい高価なものです。どれくらいの空気の綺麗さを求めるかということを考えて選ぶと価格帯も抑えられて満足できる空気清浄機を選べると思います。

私が空気清浄機を使い始めて変わったこと

私の子供のアレルギーのことをお話します。まず、赤ちゃんのころから鼻水がいつも出ていて、関節や頬がよく赤くただれていました。赤ちゃんの頃は、小児科に行くので気にする必要はないとのことでしたが、ママ友のすすめで皮膚科や耳鼻科を受診しました。

そのときに皮膚科でアレルギー検査をすすめられて血液検査したところ、ハウスダストアレルギーということでした。

ハウスダストアレルギーとは、室内のダニ、ホコリに反応するアレルギーです。それを聞いて自分のせいだと思い、家を拭き掃除したり清潔になるべくするようにがんばっていましたが薬を飲んだり塗ったりしないと改善せず、季節ごとにひどくなるという悩みがありました。

でも、実際にはダニはともかくホコリというのは砂埃もあるので幼稚園や小学校へ行くことになると全く防げないことがわかりました。

春がとくにひどいのは、春の嵐などの砂埃や花粉、PM2.5なども不必要なものとして長男には反応していたんだと思います。いくら掃除をしても防げないときに、空気清浄機をちょっといいものに変えたんですよね。加湿空気清浄機に換えてから少し本人が楽になっているようでした。

もちろんアレルギーは春にひどくなるんですが、室内でくしゃみがとまらないとか鼻づまりがひどくて夜中に起きるなどということが少しつけていると楽というかんじですね。

これは、あくまでも私の家族の意見ですが、私も花粉症があるのでつけていると少し室内では楽だということと、それから冬に風邪をひいたときに家族全員が感染するということはなかったということですね。

もちろん、完全に防げるものではないですが、うがい手洗いとともに空気清浄機も感染予防としては効果的なものなのかなと考えていましたし、夜寝る前につけると鼻とか喉が楽だなという感想はあります。

ただ、加湿できるものについてはフィルターを掃除することと交換も大事です。どうしてもカビやすいのでお手入れをきちんとすることが大事です。長く使うというよりは、数年使ったら買い換えるほうが、清潔感や空気を綺麗にするということに関してより効果的なのかなと私は思っています。

 

空気清浄機のタイプ

空気清浄機のタイプは、たくさんあります。価格帯も幅広いですね。空気清浄機とはその名のとおり空気を清浄して綺麗にするものです。空気を綺麗にするためにホコリやウイルス、花粉などをどのように集めてるかという方式がそれぞれ違います。ホコリの集め方の違いをお話します。

 

ファン式

モーターでファンを回して、空気を吸い込みます。その吸いこんだ空気をフィルターを使ってろ過する方式がファン式です。国内の空気清浄機は、このタイプが多いです。フィルターについては、別売りでとり換えようなども売っています。

できるだけフィルターの掃除を怠らないことでより綺麗な空気を持続することができます。ファンで空気を吸い込んで循環させるのでスイッチをつけておけばどんどん部屋の中の空気を綺麗にします。ただ、音はうるさいものもあるようです。

 

電気式

イオン式とも呼ばれます。こちらも人気のタイプですね。特に音が静かなので赤ちゃんのいる家には便利です。私もイオン式に換えてからずっとこちらを使っています。仕組みはプラスがマイナスに引き寄せられるように高圧放電によりホコリや花粉などを帯電させて集めます。

ファンのもののほうが、空気清浄の効果は高いものが多いですが、音が静かなことと長く部屋の中で使っていればだんだん部屋の空気も綺麗になるので使いやすいものかなと思います。

 

イオン発生器

マイナスイオンを発生させるものがイオン発生器です。マイナスイオンには、空気清浄だけでなく消臭やリラックス効果それから疲労回復の効果もあると言われています。

シャープのプラズママイスターなどが有名ですが、空気清浄をしながら癒やしの効果もあるのかなと自分も今まで使ってきて思いますね。

 

実際にアレルギーの息子が買ってよかった空気清浄機。

去年、長男が大学進学をしまして今まで使っていた空気清浄機を処分しました。バタバタと進学するための準備などで時間がとれず、未だに新しいものは購入してはいないのですが、私はシャープの物が好きなので今検討中です。

リニューアルをどんどんするので、ランキングのご紹介のところでリアルに私の検討しているものを1位にしています。今回は、ハウスアレルギーを持つ長男が1人暮らしで現在使っているものが買って良かったと言っていたのでご紹介します。

息子空気清浄機

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機

出典: Amazon.co.jp

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 

参考価格16500円。

今回、空気清浄機の件で長男はどうしてるんだろうと思いLINEをしてみました。家電は引っ越したときにある程度はそろえたのですが、空気清浄機を忘れていたなと思ったら、やはりアパートは狭いしアレルギーがすぐ1人暮らしで出てしまったようで、自分でアマゾンで買ったと言っていました。

どれにするか迷っているときに大学の友人や先輩の家に遊びに行ったときに空気清浄機を置いている人が多くて自分も欲しくなってマネをして買ったようです。理系の大学なので大学院の先輩ともつきあいがあるので、20歳をずいぶん過ぎている先輩も多く、たばこを吸う人も多いようです。

なので、アレルギーのない人も部屋が臭くなるなどの理由から置いている人が多いようですね。どうしても、物もあふれがちになってしまって掃除もままならないようですが、空気清浄機があると安心のようでした。

息子の感想ですが、いいところは「くしゃみが減る」悪いところは、「一人暮らしでは大きくて少し邪魔だった」「給水しにくい」とのことでした。実際に家に行ったときに1番に買ったことを弟妹に自慢をしていてずっとつけていたので気に入っていることが間違いはないですね。

それからその日寒くてしばらく使ってない暖房のスイッチを入れたら臭かったんですが、こちらを作動しているとニオイも気にならなくなりました。実家でも使っていたシリーズものなので安心感もあると言っていましたね。

タバコなどニオイが強いものが近づくと「ゴー」とパワーアップして吸い取るような音がするみたいです。パワーも一般の家庭のリビングでも充分使えるタイプだと思いました。

空気清浄機気になるランキング

空気清浄機は、たくさんのメーカーで販売されています。もちろん家電量販店などでも売っていますが、ネットのほうが安くてデザインなども豊富なものが多いようです。

たくさんの種類があるので迷いますよね。今回は、ネットで人気のある空気清浄機の機能の説明を簡単に入れながら、ランキング方式でご紹介します。

 

6位 Levoit 空気清浄機 小型 花粉・アレル物質対策

出典: Amazon.co.jp

Levoit 空気清浄機 小型 花粉・アレル物質対策  

参考価格13990円。

こちらは、アマゾンで脱臭機としても人気の高いものですね。小型と書いてありますが、実際は筒状います。よくある筒状のゴミ箱くらいの大きさかなと思いますね。ただ、とってもスタイリッシュでインテリアとしても好まれているようです。最小の消費電力は9Wで超省エネです。2種類の夜間ライトモードつきですね。

HEPA及び活性炭フィルターにより、花粉、ペットのニオイ、タバコの煙など、0.3umまでの微細粒子を99.97%除去します。集塵・脱臭能力は定評があるようです。Etekcity はアメリカ拠点とし、製品はヨーロッパ、北アメリカ、アジアでも販売されています。

音については、強だと大きいようですが、それだけ集塵力がフィルター式なので強いということですね。フィルターは6か月交換を推奨しています。

 

5位 ツインバード マイナスイオン発生空気清浄機

出典: Amazon.co.jp

ツインバード マイナスイオン発生空気清浄機 

参考価格16200円。

こちらは、マイナスイオンを発生させて空気を綺麗にするタイプですね。12畳までのお部屋の空気を浄化できます。
マイナスイオンには、リフレッシュ効果やリラックス効果などもあると言われているので、ホッとする空間づくりにもいいかもしれません。花粉症の方にもHEPAフィルターがあるので安心です。

それからニオイをとる脱臭フィルターもあります。空気清浄機は、花粉対策やニオイ対策をしっかりしているものを選ぶといいですね。それから、機械音がうるさくて苦手という方のためには 静音モードもあります。寝る前や外出前にもつけたままで眠ることのできる3時間タイマー機能もあります。

4位 Pureplove 空気清浄機

参考価格14800円。

こちらはコンパクトで筒状のスタイリッシュな形状が人気の空気清浄機ですね。音に関しては、わりと静かという評価が多いです。猫用などの気になるペットがいる部屋の脱臭に使っている人もいます。

プレフィルターとHEPAフィルターで空気浄化しながら、UV-C除菌技術で細菌も除去できるように作られています。マイナスイオンも発生できるものですね。 時間設定ボタンがあり、2時間、4時間、8時間と各時間帯の設定ができるのも便利です。

やはり、1番の人気のポイントはコンパクトなことですね。来客の多い方のタバコ対策にもさりげなく置けるからいいという口コミや黄砂や花粉やハウスダストアレルギーをお持ちのお子さんが、つけているとくしゃみや鼻水が減ったような気がするというレビューもあります。

見えない空気に含まれてるものって案外わかりやすく除去できるのかもしれませんね。

 

3位 シャープ プラズマクラスタースタンダード空気清浄機

出典: Amazon.co.jp

シャープ プラズマクラスタースタンダード空気清浄機 

参考価格15800円。

イオン式と言えばシャープというくらい有名ですよね。私も空気清浄機はシャープのものから今まで選んできたように思います。私が好きな部分は、8畳のお部屋の清浄スピードが約12分ほどで完了するとことですね。

もちろん、それからも部屋にいる時はつけっぱなしにアレルギーシーズンなどはなるわけですが、戻ってきてなるべく早く空気を綺麗にしたいと考えるときに清浄スピードが早いのはいいですね。

シャープ独自の空気浄化技術、プラズマクラスター7000を搭載しています。プラズマクラスター空気清浄機の特長は、部屋全体に風の流れが素早く行き渡るスピード循環気流なんですよね。

遠くのホコリも引き寄せて大きな背面全体の吸込口でパワフルに吸引するので、綺麗に部屋をしたいときは裏側を部屋の内側に向けて使ったりしますね。プラズマクラスターイオンが静電気を除去しながら、効率良く脱臭集塵します。

 

2位 uvistare ミニ空気清浄機  エアクリーナー

出典: Amazon.co.jp

uvistare ミニ空気清浄機  エアクリーナー  

参考価格2380円。

こちらの注目するべき点は、音が静かということにつきますね。空気清浄機のレビューは音に関してのことが多いです。特にうるさいとか気になるという方が多いですね。コンパクト小さいということもあると思いますが、音が小さいことがとてもいいという方が多いです。

コンパクトサイズのいいところは、自分のところ周辺をとくに綺麗にできることですね。オフィスのデスクの上や寝室でも置くスペースを気にせず少しスペースがあれば置けます。

オフィスの上 を消臭できます、有害な細菌、ウイルスも退治します、空気はいつも爽やかな感じが続きます。さらに便利なことは、 乾電池の単3を4本で動かせるだけでなく、USBケーブルでパソコンやモバイルバッテリーからの給電が可能なことですね。

外出先で電源がないときは乾電池で使用でき、パソコンなどUSB電源がある場所では付属Micro USBケ ーブルで給電して利用できます。

ミニサイズなのでどこに置いても邪魔になりません。乾電池使用可能ということは、車の中でもできますし、持ち込めばインターネットカフェやビジネスホテルなどでも使えるということですね。共有する場所の消えない誰かのニオイも一緒に消せることもいいところだと思います。

 

1位 シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター

出典: Amazon.co.jp

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター 

参考価格17800円。

こちらは、加湿空気清浄機ですね。高濃度プラズマクラスター7000搭載のシャープのものです。空気清浄機に加湿器が付いたものと考えるといいですね。私は、加湿タイプが好きです。なぜかというと加湿といってもほどよく加湿するので、冬は乾燥対策になるし咳などが出ているときも楽です。

それから、お肌も乾燥はよくないので加湿器がついているものだと美容面でも安心だと思っています。静電気を除去して微小な粒子の付着を抑える独自のプラズマクラスターで除電して 遠くのホコリも引き寄せます。スピード循環気流で大面積で吸い込む背面ワイド吸引です。

これがシャープの空気清浄機の特徴ですね。私が注目したのはニオイやカビを抑える「梅雨モード」ですね。

加湿器はカビやすいですので湿度が高いときは湿度を下げれる機能は便利だと思います。 お部屋が乾燥しているときは、加湿フィルターが回転して加湿。湿度が高い時は、回転を停止して加湿をストップして加湿しすぎる心配はありません。

運転中に加湿しない時は、加湿フィルターが水につからない位置で停止し、送風で乾燥されるために清潔です。フィルターについた大きなホコリは、いつものお掃除ついでに、後ろパネルをつけたまま掃除機で吸い取るだけなので簡単にしっかりお掃除ができるのもいいですね。

お値段がお買い得なのは、新製品ではないからですね。でも、このモデルは手ごろで使いやすいと売れているものです。家電に関しては、新製品が絶対に良いとも限りません。こういったベストセラー的なモデルを選ぶことができるのもネットショッピングのいいところですね。

まとめ

今回は空気清浄機のことについてお話しました。たぶん、買おうかなと思う方は自分に花粉症などのアレルギーがあるか、ペットやタバコのニオイなどが気になる方が気軽に買おうかなと言う方ですよね。

でも一方でお子さんにハウスダストアレルギーや花粉症などの空気に含まれるものでアトピーが出たり鼻炎などで悩んでるお母さんのみなさんも多いかと思います。お子さんのアレルギーについては、母親はすごく悩むものです。

私もそうでした。アレルギーに特効薬は今もないのでなるべくアレルギーになる物質を減らしてあげるということがポイントになります。とくに、鼻水やくしゃみ、鼻詰まりは子供のとってつらいものです。

空気清浄機を持って歩くわけにもいかないのですべて防ぐことはできないですが、空気清浄機があると少し楽になるので家がホッとする場所になります。家に空気清浄機があると学校でくしゃみがとまらなかった1日からの解放される場所になります。

それから、ハウスダストアレルギーは大人になると少し軽くなる人が多いです。もちろん、重症の方もいますが私の長男はだんだんと春の短い期間だけは薬がないとつらいけど、日々の生活ではそこまでつらいということはなくなっています。とくに、アトピー性皮膚炎などは大人になるにつれて出にくくなったように思います。

空気清浄機に関しては、やはりあったほうが本人が楽だといまだにいっています。空気が綺麗になるということもありますが、そこにボタンを押して空気がきれいになるんだという安心感もさらに加わっているように思います。

ハウスダストアレルギーをお持ちのお子さんがいらっしゃる方は、子供部屋とかにも専用のものを付けておいてあげるとお子さんも安心できると思います。

精神的なストレスでも悪化する場合があるので、痒くなったり息苦しくなったりしたときもボタンを押せば大丈夫という感じで使っていくといいかなと思います。アレルギーに関しては、一緒に寄り添っていくしかない疾患でもあります。

少しでも調子が悪いときは、早めに病院を受診することも悪化しない大事です。

お薬手帳などを参考にすると毎年同じ時期に受診してるということが分かると思うので、ひどくなる前に受診しておくというもの本人に負担が少ないアレルギーとのつきあいになりますよ。

 

記事内で紹介されている商品

SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清…

サイトを見る

Levoit 空気清浄機 小型 花粉・アレル物質…

サイトを見る

ツインバード マイナスイオン発生空気清浄…

サイトを見る

Pureplove 空気清浄機  

サイトを見る

シャープ プラズマクラスタースタンダード…

サイトを見る

uvistare ミニ空気清浄機  エアクリーナー…

サイトを見る

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラス…

サイトを見る

関連記事