洗濯物干しに欠かせないアイテム!物干し竿おすすめランキング4選

物干し竿は、特に意識して選ぶものでもないと思っていました。ですが引越しを機に、考えを改めたことがあります。一人暮らしをきっかけに、実家のものを貰うわけにもいかないので物干し竿を購入したのですが、引越して別のマンションに住むことになった際、長さがギリギリだったんです。

もともと一人暮らしで物干し竿は最低限の長さのものを使っていたんですが、引越し後は兄弟と同居することになっていたため、部屋もそれなりに広く、ベランダもスペースがあったんですね。ゆえに物干し竿を掛ける場所も広く、縁ギリギリに竿を乗せていた記憶があります。

強風の時は洗濯物以前に、物干し竿が落っこちるかどうかの方が心配になっていましたね。ゆえに晴天であっても、風がある日は室内干しにしていて、勿体無いなあと思っていました。ある程度古くなったこともあり、現在はそれなりの長さの物干し竿に切り替えましたが、以前に良い商品を選んでおくことはやはり大事です。

今回はその時の経験などと踏まえ、物干し竿の特徴や選び方をご紹介します。

 

素材による物干し竿の違い

洗濯ばさみのついた物干し竿

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/505944

 

物干し竿にはスチールやアルミなどいくつかの種類があります。それぞれに違いがあるので、購入前に把握しておきましょう。

 

表面がステンレスのスチール

まずスチール系の物干し竿は、表面がステンレスでコーティングされています。ゆえにスチール系とステンレス系は一括りにされていることも多いです。海外で製造されている物干し竿も多いためか、ほかの素材に比べてコスパも良いのが魅力。

ただ弱点として、錆びやすさがあります。あくまで室内干し専用として使うか、雨天時は竿ごと家の中にしまうといった使い方が求められる点に注意です。

 

錆びにくさを求めるならオールステンレス

ステンレスに焦点を当てた場合は、外も中もステンレスのオールタイプも存在。スチールでないためか、錆びにくいのが特徴です。また重さもあるため、持ち運びが不便に感じることはありますが、ちょっとの風でズレたり落ちたりといった心配もなくなります。

悪天候の時も外に出しっぱなしにしたいなら、オールステンレスがおすすめです。

 

買い替えが面倒ならアルミ

もう1つのアルミ系物干し竿は、こちらもオールステンレスほどではありませんが、錆びにくいです。丁寧に使えば買い換える必要なくずっと使い続けることも不可能ではありません。

デメリットはコスパが良くないことで、スチールやステンレス製の物干し竿に比べると数倍程度はかかります。ただ一生ものとして使うなら、スチール製の物干し竿を何度も買い換えるより、長期的なコスパは少なくなるでしょう。

またスチールやステンレスよりも軽量なので、あまりにたくさんの洗濯物を干すのには不向き。強風で吹き飛ぶ可能性もあるので、物干し台が安定している家や、単身者に向いています。

 

家によって違うぴったりな物干し竿

洗濯物を下げた物干し竿

引用元https://www.photo-ac.com/main/detail/1620258

 

マンションなどの集合住宅に住んでいる人と、一軒家に住んでいる人とでも、ぴったりな物干し竿は変わってきます。

 

集合住宅の場合は訪問時に長さの計測を

賃貸にしろ購入にしろ、集合住宅はベランダや外壁に物干し竿を乗せる場所が予め用意されていることが多いです。ゆえにそこに住むならば、物件を見学するタイミングでどのぐらいの長さが必要か計測しておきましょう。

ポイントはただ物干し台両端の距離を計測するだけでなく、何cmかプラスした値の物干し竿を購入すること。両端の間隔が長ければ、プラスする値も長くなります。

仮に両端の距離が200cmほどなら、加える値は25cmほど。300cmなら30cm程度、400cmより長いなら50cmほどあると良いでしょう。これは実際に物干し竿をかけた際、両端からどれだけはみ出るかの値でもあります。物干し台の縁ギリギリでは竿がいつ落ちるかわかりません。しかし数cm程度では、洗濯物の重さに耐え切れずに折れる可能性も考えられます。

 

一軒家や物干し竿に併せて台を選んでも良い

一方一軒家の場合、庭にしろベランダにしろ、別途物干し台を購入して竿を掛けることが多いです。ゆえに既に物干し竿があるのなら、竿に適した物干し台を探しても良いでしょう。

数値の計算は集合住宅の場合とは逆で、225cmほどの物干し竿なら、両端の間が200cmほどの台を使うと良いです。また外観や設置場所の広さにも注目。場所が狭いなら200cmぴったりの台ではなく、もう少し狭いサイズを選んだ方が良いこともあります。

 

マットレスに使いやすい物干し竿

物干し竿は衣類用に買い求める人が多いかもしれませんが、一方で布団などマットレス類を干すことも可能。専用の布団干しを持っていないなら、必然的に物干し竿を使うことになりますから、その点も考慮して選びましょう。

ポイントとなるのは、竿の太さです。物干し竿の場合、直径や2cm台から4cm台までありますが、布団は洗濯物に比べて重いため、しっかり支えられる4cmタイプがおすすめです。太ければ太いほど、重いものをかけ易いと思ってください。

ただ4cm台になると、集合住宅に備え付けの物干し台に引っ掛けることができなかったり、小さいハンガーを吊るせないなどのデメリットが発生することもあります。自分の場合の条件を確認しておき、その中で最も太いサイズの物干し竿を探すようにしてください。

 

物干し竿を選ぶポイント

物干し竿

 

上記にプラスして、物干し竿を購入する際に気をつけるべき点を教えます。

 

引越しが多いなら伸縮タイプで臨機応変に

まず物干し竿の長さですが、マイホーム購入ではなく賃貸で今後も引越しを繰り返すようなら、固定タイプではなく伸縮タイプがおすすめ。以前の私のように長さがギリギリで困ることもなくなりますし、反対に長すぎて周囲に迷惑をかける心配もありません。

 

ハンガーを吊るして干すならハンガーフック付き推奨

また洗濯物を干す際、物干し竿に直接かけるのではなく、ハンガーを利用する人もいるでしょう。直接かけるよりもスペースの節約になるので、多くの洗濯物が干せますものね。

その場合は、ハンガーフック付きの竿を探すのがおすすめ。ハンガーフックは竿の下部にハンガーを引っ掛けられる機能が備わっており、風で洗濯物が飛ばされるのを防いでくれます。逐一洗濯ばさみで留める手間が省けるのも魅力です。

 

実際に愛用している商品の紹介

洗濯物を干す

私が使っているのは、積水樹脂のステンレス物干し竿です。と言っても中身はスチールパイプなのですが、長さが長さ2m7cmから3m8cmの間で調整可能。1本で約10kgまで耐えることができます。

積水樹脂ではほかにアルミ製の物干し竿もありましたが、比較しても半額近いコスパの良さも魅力。定住というほど住居に関しては安定していないので、現状はコスパ重視にしています。

 

物干し竿おすすめランキング4選

ほかにも物干し竿は種類が豊富。ここでは気になった商品をランキング形式でピックアップしました。

 

第4位 アイリスオーヤマ ステンレスジョイントタイプ

アイリスオーヤマ ステンレスジョイントタイプ

まずはアイリスオーヤマの伸縮可能な物干し竿です。長さは210cmから300cmの間で伸び縮みするタイプと、276.5cmから400cm間のタイプと2種類から選べます。

素材はステンレスで覆った銅管に、亜鉛メッキを施したシルバーカラー。キャップ部分がブルーになっています。耐荷重は16kgで、錆びにくいのも特徴です。

 

第3位 ekans ステンレス伸縮物干し竿

ekansのステンレス製物干し竿は、ハンガーフックがついています。220cmから300cmで伸縮する小ぶりなタイプですが、伸縮は両サイドから行えるので調節が便利です。耐荷重はおよそ10kg。

2.9cmと、筒が太目に作られているのも魅力ですね。

 

第2位 アイリスオーヤマ アルミものほし竿

2位は再びアイリスオーヤマの物干し竿。こちらはアルミ製です。長さは最短時138cmは共通で、最長254cmのタイプと373cmのタイプがあります。

耐荷重は12kgとほかに比べて大差ないのに、竿自体の重さが0.5kgほどしかない軽さが魅力。

 

第1位 MORY きらきらポール 伸縮ものほし竿

MORY きらきらポール 伸縮ものほし竿

私が1番気になったのは、MORYの物干し竿です。伸縮範囲は140cmから250cmと小ぶりですが、ステンレス製で耐荷重が17kgもあり、一方本体は0.8kgと持ちやすいのが良いです。

パイプは太い側で2.5cmあるところも気に入りました。コスパも高すぎず、使いやすそうです。

 

物干し竿の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、物干し竿の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

自分に適した物干し竿を見つけて♡

物干し竿も一概にまとめることはできず、様々な種類があります。買い替えを行う機会はなかなかないかもしれませんが、引越しやご家族の転勤、独立といった機会には、引越し先の住居にぴったりの物干し竿はどれか、考えてみましょう。適した物干し竿を選択することで、洗濯もより快適に行えますよ。

記事内で紹介されている商品

積水 ステンレス物干し竿

サイトを見る

アイリスオーヤマ ステンレスジョイントタ…

サイトを見る

ekans ステンレス伸縮物干し竿

サイトを見る

アイリスオーヤマ アルミものほし竿

サイトを見る

MORY きらきらポール 伸縮ものほし竿

サイトを見る

関連記事