料理好き主婦が教えるペティナイフおすすめ6選

調理をしている時にあったら便利だと思う商品は数多くあります。そのうちの商品の1つがペティナイフ。

ペティナイフとは、刃渡りが9~15cmほどの洋包丁です。

普通の包丁よりも刃渡りが小さいため、小回りが効きやすく、ジャガイモの芽を取ったり野菜や果物の皮を剥いたり、カボチャや人参などの面取りに使いやすいです。

小回りがきく反面、刃渡りが小さいので大きな食材やキャベツの千切りなどを切る事には向いていません。

そんなペティナイフの種類やおすすめの商品をご紹介します。

 

ペティナイフの種類

ペティナイフは刃渡りが小さい洋包丁とお話ししました。

洋包丁には万能な三徳包丁や大ぶりの食材を切るのに優れている牛刀があります。

ペティナイフという商品に定義はありませんが、刃の先端が丸い三徳包丁ではなく、刃先が真っ直ぐで尖っている牛刀の小さい包丁と考えるとよいと思います。

多くのペティナイフは同じような形をしていますが、刃の材質は「鋼」「ステンレス」「セラミック」の3種類あります。

 

メリット

・鋼は切れ味が鋭く硬いので刃こぼれしにくく丈夫

・切れ味が落ちたら砥石で研ぐことができる

デメリット

・錆びやすくて重い

 

セラミック

セラミックは、包丁の材質としてはあまり一般的ではありませんが、刃が白い包丁です。

メリット

・切れ味が良く軽い

デメリット

・刃が欠けやすい

・砥石で研ぐことができない(専用シャープナーでしか研ぐことが可能)

ステンレス

メリット

・ステンレスなので、軽く錆びにくい

・砥石で研ぐことができる

デメリット

・切れ味が落ちるのが早い

毎日、メインで使う包丁ならある程度のお手入れもしょうがないと思えますが、サブとして使うペティナイフは錆びる心配がなく、砥石で研ぐことができるという点から、お手入れが簡単なステンレスの商品がよいと思います。

 

ペティナイフと果物ナイフの違い

小ぶりな包丁がペティナイフなら果物ナイフと一緒なのではないのかと思います。

正直、筆者は大きな違いはないと思っています。両方とも刃渡りに違いはありません。違いがあるのは刃の厚さです。

果物ナイフは刃に厚みがあります。先ほど、ペティナイフは牛刀の小さい包丁と考えるとよいとお伝えしました。

その例えを使うなら、果物ナイフは出刃包丁を小さくした商品です。

使い方の違いはほとんどありませんが、果物ナイフは刃に厚みがあるので安定して包丁裁きができます。

ペティナイフは刃が薄いので飾り切りなど細かな作業に重宝します。

 

ペティナイフを選ぶときのポイント

実際にペティナイフを購入する時に気をつけたいポイントは3つあります。

 

刃渡り

ペティナイフは刃渡り9~15cmの商品が多いです。しかし、刃渡り9cmと15cmでは大きな違いです。

それなので、実際に手に取って自分が使いやすいサイズを見つけた方がよいかと思います。筆者は刃渡り11cm~13cmの物が使いやすいです。

 

握り具合

ペティナイフだけに限らず、包丁はメーカーや素材により、商品の柄の太さや形がそれぞれ違います。

実際に握ってみて手の中に収まりやすく握りやすい商品を選びましょう。

 

片刃か両刃か

包丁は片方だけに刃が付く「片刃」と、左右両方に刃が付く「両刃」 があります。

片刃は片面が真っ直ぐなので果物の皮むきや食材を薄く切るのに優れていますが、硬さがある物を垂直に切ろうとしても真っ直ぐに切ることが困難です。

その点、両刃なら真っ直ぐに切る事ができます。

2本目の包丁として野菜や果物の皮を剥くことなどに使うと考えているなら片刃がおすすめです。

牛刀などの代わりとしてお考えならば両刃をおすすめします。

 

ペティナイフのおすすめ6選

 

グローバル ペティーナイフ 刃渡り

包丁メーカーとして有名なグローバルのペティナイフです。

刃の部分と柄が一体化のオールステンレスで衛生的に使えるだけでなく、スタイリッシュな見た目の商品なので人気があります。

 

貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ

柄の部分が逆三角形になっているので握りやすいペティナイフです。

強化木で作られている黒い柄は握りやすさだけでなく高級感がある見た目です。切れ味と切れ味の持ちが良いと評判のペティナイフです。

 

藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 ペティナイフ

刃と柄がステンレスの一体型です。

柄の部分は波打っているので握りやすいだけでなく滑りにくくしっかりと持つことができます。

職人の方による本刃付け仕上げなので切れ味がよく、そして研ぎ直しも簡単にできます。

 

Misono 440 ペティーナイフ

Misonoは、プロの料理人の愛用者も多いことで有名な包丁メーカーです。

軽く錆びにくく、そして切れ味も良いのでプロの料理人用のペティナイフといってもよいと思います。

 

下村工業 ネオヴェルダン ペティナイフ

刃と柄がオールステンレスの一体型のペティナイフ。

切れ味や切れ味の持ちが良いと評判で、購入しやすい商品価格なので人気があります。

 

Henckels ケルンM ペティナイフ

刃と柄の部分が一体型でスタイリッシュな見た目のペティナイフ。

購入しやすい商品価格ですが、切れ味がよく持ちやすいので、使い方の目的はないけれどペティナイフを揃えておこうとお考えなら一番おすすめするのがこちらになります。

 

まとめ

ペティナイフについてご紹介しました。

ペティナイフは刃渡りが短いので、野菜や果物の皮むきや飾り切りに、2本目の包丁として家にあると便利です。

大きな物や硬い物を切るのにはむいていませんが、一人暮しや少数家族で、お料理は最低限と思っている方であれば包丁はペティナイフだけでも不便はないと思います。

ペティナイフを選ぶときのポイントでお伝えした片刃か両刃かは、購入時に考えなく商品を選んでしまうことが多いです。

しかし、使用していくうえで使い勝手の良さが違うので必ずチェックしましょう。

記事内で紹介されている商品

グローバル ペティーナイフ 刃渡り

サイトを見る

貝印 関孫六 ダマスカス ペティナイフ

サイトを見る

藤次郎 プロ DPコバルト合金鋼割込 ペティ…

サイトを見る

Misono 440 ペティーナイフ

サイトを見る

下村工業 ネオヴェルダン ペティナイフ

サイトを見る

Henckels ケルンM ペティナイフ

サイトを見る

関連記事