手動or電動?比較し分かった静音家庭用シュレッダーおすすめランキング

ゴミから個人情報がばれてしまうということで、さまざまな事件が起こることもありますよね。ストーカーや御近所トラブルもゴミから多く起こっています。ゴミ袋に入れたら消えてしまうというイメージがあるかもしれませんが、もし誰かがこちらが意図しないことを考えていて個人情報を筒抜けて見られたりしていると思うとゾっとしますよね。

ゴミは個人情報の宝箱だというドラマや小説などにもあるように個人情報の管理はしっかりしておかないといけない世の中になっているのかなと思いました。今回はご家庭で簡単に個人情報を他人にわからないようにできる家庭用シュレッダーをご紹介します。

 

家庭用シュレッダーとは?

紙

家庭用シュレッダーとは、家庭で個人情報が書いてある郵便物などの用紙を細かく切って個人情報がわからなくする機械です。会社などでは以前から使われていましたが、最近は個人情報について国や学校でも他人にわからないようにするという風潮もあり、ご家庭で個人情報をゴミとして捨てるときにより安心だと人気があります。

家庭用シュレッダーは、ご家庭で気軽に使えるように価格も安くコンパクトで場所も取らない工夫が多くしてあります。それから今はDVDやCDなど個人情報だけでなく個人の趣向品などもわからないように処理できる商品も増えています。おしゃれでかわいいデザインからスマートな電化製品と変わらないようなデザインもあります。

個人情報については、スタンプで文字を消したり自分で細かく紙を破ったり、はさみで切るという方もいますが、手間もかかります。それから名前や住所、それからお手紙の内容などは11文字でもわかるとその人を特定できる場合も多いです。日本は漢字を使うので名字もそうですが、他人に見せたくない内容なども漢字1文字あれば想像できるのはこわいところです。

他人だけでなく、ご家族がいる場合も見せたくない物もあると思います。そういった場合もゴミ箱に捨てる前にシュレッダーをかけておくと便利です。知られたくない住所などの封書やはがき、それから他人に見せたくない内容の書き損じの手紙や資料なども家庭シュレッダーがあれば安心です。

 

手動・電動どっちがいい?

紙

オフィスで使うシュレッダーはたくさんの重要書類などを処理するので電動のほうが多いですよね。でも、家庭用シュレッダーはより使う方の好みにあるように手動と電動の2つのタイプがあります。

今回は手動と電動の違いについてご紹介します。

手動タイプと電動タイプについて、それぞれの特徴とどのような人におすすめのタイプかご紹介いただきたいです。

 

手動タイプ

シュレッダーに紙を挟んでハンドルをくるくるまわしながら紙を裁断するのが手動タイプです。たとえば、郵便物もそんなに多くないとか郵便物も大事にとっておくようなかたは手動タイプで充分だと思います。たまに使うという方向きです。手動の場合は、お値段も安く大きな音もしません。小さくてコンパクトでかわいらしいデザインも多いですね。

ただ、厚手の紙を裁断する場合は手動ですから力が入りますし、多くの枚数を手動で裁断すると筋肉痛になる可能性はあります。手動なので電気も使わずエコという部分もあります。細い縦長に切れるというかんじですね。気軽にシュレッダーを楽しみながら使ってみたいという方が手動タイプをまず買ってみるということも多いようです。

 

電動タイプ

家庭用シュレッダーも最近は電動タイプが主流になってきているかなと個人的には思いますね。なんといっても楽だということ、それからおもしろいというところも人気が出ている理由ではないかなとも思われます。手動タイプを使っていて、力がいるとかめんどくさいなどから電動へ切り替えるという方も多いですね。電動タイプはとにかく楽です。

機種によっては多少違うとこともあるかもしれませんが、基本スイッチを入れて紙を裁断部に差しこむとあっという間に裁断されます。しかも細かく裁断されますので個人情報などもしっかり処理できます。CDやDVDなども処理できる電動タイプもあります。DVDなどを処理できるのは家族にも見られたくないという方も多く、やはり男性に人気のようです。

手動と違って少し大きめであり音も大きいというのがデメリットではありますが、最近は人気だからこそ静音を重視しているモデルやコンパクトで持ち運びやすい商品など各社工夫をしているようです。会社と同じような使い心地も処理能力もありながら音も静かでコンパクト、それから見た目もおしゃれだという電動タイプのモデルが売れ筋です。

 

家庭用シュレッダーの選び方のポイント6つ

ポイント

家庭用シュレッダーはネット販売で主力商品なのでメーカーや種類も多数あります。どちらかというとシンプルな製品なので違いがあまり分からないという方も多いと思います。

だけど、家庭用シュレッダーには外せない選び方のポイントがあります。今回は家庭用シュレッダーの選び方のポイントについてご紹介します。

 

 手動か電動かをまず考える

家庭シュレッダーには手動と電動の違いがあります。たまに使うという方であれば手動でいいと思いますし、つねにシュレッダーを使いたいという方や一度にまとめて処理したい方には電動がおすすめです。

具体的にはシュレッダーを買うまでの自分の個人情報の処理の頻度やどのようにやっているかなどを思い浮かべるといいと思います。もっと便利に処理ができたらいいなと思って家庭用シュレッダーが欲しいと思うことが多いと思いますので、どれくらい便利にしたいかをまず思い浮かべると満足度の高い商品を購入できます。

 

裁断のサイズの確認!ストレートカット、クロスカット、マイクロカットを選ぶ

個人情報の書いてある紙などを裁断するという目的があるのが家庭用シュレッダーです。どれも同じだと思われがちですが実は機種によって裁断の細かさが違います。大きくわけると3つの裁断のタイプがあります。まずは手動に多いのがストレートカットです。ストレートカットは縦方向にカットする方式です。

細長く麺のように切れるのがストレートカットです。価格がお手頃な手動タイプに多いですね。どうしても縦方向なので文字はところどころ読めてしまいます。そこまで気にしないというなら問題ないと思いますし、少し手でゴミをぐるぐる回して解読をできないようにするのもありかもしれません。

それから電動式に最も多いのがクロスカットです。縦だけでなく一定間隔で横にも裁断する方法です。電動タイプでしたら値段が安くてもクロスカットが採用の場合が多いです。それからより細かく裁断できる方法がマイクロカットです。クロスカットの進化系ですね。2mm×10mm前後まで小さく裁断できる方法がマイクロカットです。

さらに個人情報をわからないようにすることはできるのですが、細かく裁断するために時間がかかったり採用機種が少し高めだったり細かすぎて処理するときに散らかりやすいということもあります。裁断についてはカット方法を知らずに買ってから気がついたという方も多いようです。それぞれのカットの特徴を知っていると商品も選びやすくなりますね。

 

裁断枚数や裁断できる厚さなどの確認

機種によって1度に裁断できる枚数は違います。大量に裁断したい方やまとめて裁断する方、厚紙などを裁断する方などはどれだけ1度に重ねて裁断できるかはチェックしたほうがいいですね。自分にあった商品を選ぶことで裁断時間も短縮できます。

それからDVDやCDなども裁断できる商品もあります。不燃ごみとして出すことが多いのでしたら、個人情報保護のためにもDVDなども裁断できる機能があるとより安心かもしれませんね。

 

静音設計もチェック

たくさん裁断できる電動タイプは便利ですが、その分、音がうるさいという場合もあります。オフィス用のシュレッダーなどはブーンというような大きな音がする場合も多いですよね。電動の場合はどうしても音が出るということはありますが、最近では静音設計がしてあってなるべく音を小さくするタイプなども出てきています。

お値段が安くなってお買い得だと思っても古いモデルはうるさいということも多いので、音が気になるという方は最新モデルから静音設計の商品をまず見て音の大きさを旧モデルと比較してみてもいいかもしれません。音については静かなモデルはそれが売りになっているので説明文に必ず書かれていますし、購入された方のレビューも参考になると思います。

 

インテリアの1部になる可能性もあるのでデザインとサイズもチェック

書斎などがある場合は別ですが、家庭用シュレッダーの場合、パソコン周りやリビングの端っこなど家族や自分がすぐ使える場所や目につくところに置くことが多くなります。片付けてしまうと出すのがめんどくさくなって使わなくなることは間違いがないのですぐ使える場所に置きたいアイテムであると思います。

その場合は、まずは邪魔にならないことが大事です。コンパクトで持ち運びができると便利ですね。デザインや色もインテリアとマッチするかなども大事かなと思います。

逆に家庭用であっても大きながっしりしたタイプを書斎やパソコン周りに置きたいという男性もいると思います。家庭用シュレッダーはインテリアの一部になると考えて、置いた時のイメージや具体的な置き場所のスペース、他の家具などとの調和なども考えていたほうが後で後悔しない買い方になると思います。

 

安い商品が欲しい場合は、口コミを必ずチェック

私はたくさんの商品おすすめランキングを書いています。その時に口コミは良いものと悪いものを両方読んで総合で決めるようにアドバイスを書いているんですが、安いシュレッダーの場合は違います。あまりにも安い商品は粗悪品もあります。シュレッダーはいわゆる便利なハサミと言ってもいい商品です。平たくいうと刃ものであるかなと思うんです。

なので紙がよく切れないとか紙がすぐつまるなどの悪い口コミの商品は、欲しいデザインであっても検討をやり直してください。ただし、ここで注意しなければいけないのが使い方を間違っていたり長く使っていない方が久しぶりに使うなど頻繁に使っていない方の苦情口コミは要注意です。

メーカー側の使い方の注意なども読んだり、どんな紙を切っているかなどを見ることはやはり重要です。商品を買うとレビューを書くようにメールが頻繁に来るのでめんどくさくて適当に口コミを書く人も多いです。参考にする口コミはなるべく細かく使いやすいかどうか音はどうかなどを具体的に書いてあって本人がどのように感じているかなどを書かれている方の文章が参考になりやすいと思います。安い商品の場合はあくまでもお値段に見合った満足度で書いてあることが多いということも頭に入れておきましょう。

 

家庭用シュレッダーはどこで買う?

ネット通販

ネットではたくさんの家庭用シュレッダーが販売されています。実店舗だと種類が限られるので、たくさんのメーカーからデザインや大きさや使い勝手をレビューを見ながら検討されるという方も多いようです。オフィス家具や文具用品を扱っているショップなどやアイリスオオヤマなど家庭用品をある買っているショップサイトでも扱っています。

ただ自社製品だけになるのでアマゾンなどの総合ショッピングサイトから探す方が多いようです。価格に関してもアマゾンなどのソウゴウサイトでは売れ残りが安くなるのではなく人気商品や売れ筋商品が安くなることも多いです。

ネット販売だとシュレッダーなどは新製品が毎年出る商品ではないので、ロングセラーで売れ続けている商品などはグッとお買い求めやすくなっているので実店舗で見かけたとしても一度ネットでも同じ商品や似たような商品の価格も比較してみるのをおすすめします。

コンパクトなサイズの商品もありますが、買って持って帰るのも車ではないと大荷物になる可能性もあるので玄関まで配達してくれるのもネット販売は便利です。

 

家庭用シュレッダーおすすめランキング7選

家庭用シュレッダーはネットでも主力商品と言ってもいいほど売れ筋のようです。そのためさまざまなデザインや機能、それから価格帯がありますので選ぶのも大変です。

シュレッダーは道具なのではやり使いやすさ重視で売れている商品をみなさんは選びたいと思います。今回は、ネットで人気の使える家庭用シュレッダーを厳選してランキング方式でご紹介します。

 

7位 iOCHOW シュレッダー

80枚A4用紙を連続裁断できる

こちらの商品は電動式です。業務用であるので本格的にカットができます。オフィスでも使えますが家庭でも本格派の商品を使いたい方に人気です。カット方法はクロスカットです。できるだけ細かくできる3mmx10mmのミニクロスカットと商品説明にあります。

より細かく裁断できるマイクロカットは2mm×10mm前後と言われていますのでマイクロカットに近いと思います。それから電動にありがちな連続裁断をすると熱がこもってしまうというデメリットを改善したモデルで放熱ファンを内蔵しています。過熱による故障なども起こりにくいモデルです。A4用紙を80枚連続裁断できます。時間でいうと10分間、裁断し続けられます。

10分をすぎると自動でオフになるので過熱によるトラブルもあらかじめ起きないように配慮してあります。裁断した紙は透明な窓がついているゴミ箱に入ります。商品サイズは31.5x43x20.5 です。ハンドルがついているので持ち運びやすいです。それからプラスチックのカードにも対応しています。

たとえば銀行カード、電話カード、特典カード、会員カードなどさまざまなビジネスカード簡単に粉砕可能です。 読み取れないまで完全完璧にカードのチップを粉砕し、カードを処分することができます。オフィスで使うのと同等なように機能性も高く使えるシュレッダーが欲しいという方におすすめの商品です。

 

6位 アスカ クロスカットシュレッダー

細型のデザインでスッキリ収納できる卓上シュレッダー

こちらの商品は電動式です。お値段もお手頃で気軽に卓上で使えるタイプです。連続使用時間は約10分で最大裁断枚数は3枚です。ダストボックスは4L、わかりやすくいうとA4のコピー用紙が約30枚分ほど入るサイズです。カットはクロスカットです。細断サイズ4×10mmです。

細型のデザインでスッキリ収納できる卓上シュレッダーです。サイズはW95mm x D375mm x H184mmと大変コンパクトでスリムです。便利なのはブックエンドとしても活用できます。いつも使う机の上に置けるコンパクトなサイズなのが特徴ですね。従来から人気のあったシリーズの最新商品になります。

低価格な商品にもかかわらず連続使用時間も10分と長くなったのも最新機種だからこそです。実は従来品は3分間しか持ちませんでした。価格帯も安いので従来品を長く使っている方が最新モデルに買い替えるということも多いようです。

どんどんいい機能が進化しつつお値段が下がっているのがシュレッダー業界ですので最新モデルはまずチェックしたほうがいいかもしれませんね。

 

5位 ナカバヤシ パーソナルシュレッダー

自宅での利用にちょうどいいバランスを追求

こちらの商品は電動式です。裁断サイズは2×10mmの微細クロスカットタイプ卓上シュレッダーですね。ご家庭で使うのにちょういいバランスを追求しました。インタリアの一部としてもデザインは大事ということでカラーはポップなグリーンとピンク、またはシンプルなホワイトから選べます。

ご家庭の机の上に置いても、違和感のないコンパクトサイズです。紙の挿入部分はA5です。A4サイズの場合は2つ折りで裁断が可能です。よくある紙の巻き込みを少なくするために刃を逆回転させる逆転スイッチも搭載してあります。危険防止のためにダストボックスが未セットの場合は細断を行わないダストボックススイッチや過熱防止機能、それから渦電流保護機能など、安全面にも配慮されています。

シンプルなカラーが多い中、ビビットなカラーが楽しめるのもいいですよね。音の面では多少大きいということはあるようですが、普段使いなら3分あれば、すぐ細断できるのでそこまで気にならないというレビューもありました。手軽でかわいい電動式のシュレッダーです。

 

4位 コクヨ シュレッダー

ディスク細断もOKな静音タイプ

こちらの商品は電動式です。人気のメーカーコクヨの商品ですね。こちらは刃の劣化を防ぐAmazonで買うとメンテナンスシート1枚入り特典付きです。サイズはW18cm×D35.5cm×H35.5cmです。最大裁断枚数はA4コピー用紙約6枚 です。細断寸法4×40mmです。クロスカット方式ですね。

CDやDVDも細断できます。細断寸法はCDは5分割です。 CDの場合はストレートカットです。投入幅は紙が220mm、CDが124mmです。推定耐久枚数は CDが約500枚 です。作動音は 約50dB 、連続使用時間は約12分です。このようにコクヨの商品は、細かい部分も数値化してわかりやすく説明があるのも選ばれる理由だと思います。

さすが有名な老舗文具メーカーだなと思いますね。コクヨはオフィス家具でも有名なメーカーなので会社の事務所で事務用品だけでなくオフィス用品も販売されているメーカーです。こちらはオフィス用のシュレッダーを多く販売されているコクヨならでは騒音の面でも配慮されています。細断ゴミは10Lまで可能です。コンパクトながらハイパワーの家庭用シュレッダーです。

 

3位 アイリスオーヤマ シュレッダー クロスカット

出典: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ シュレッダー クロスカット

ホチキスの芯もそのまま細断

こちらの商品は電動タイプです。電動タイプなのにこのお値段というのは家庭用品をお買い得なお値段で販売されているアイリスオーヤマならではだと思います。お値段がここまで安くて電動はめずらしいですね。高価な商品よりは劣る部分もありますが手軽に使うならこれでもかまわないという方も多いです。最大細断枚数は5枚です。

ダストボックス容量は約8.7Lです。わかりやすくいうとA4コピー用紙約65枚です。ゴミ捨てに頻繁にいかなくてもしっかり入るサイズもいいですね。連続使用時間は2分です。高価なシュレッダーは10分という商品もありますが、普段使いでちょっとした郵便物をカットするくらいなら問題ないと思います。

細断サイズは約4×40mmのクロスカットです。商品サイズ(cm)は幅約31×奥行約19×高さ約30 です。10号・11号のステープラー針の裁断が可能なのも便利ですね。安全にも配慮されていてモーターが加熱すると自動的にストップするサーマルプロテクターもついています。

それから扉を開けると、自動で電源が切れるダストボックススイッチもついています。さらにモーターが加熱すると自動的にストップするサーマルプロテクターもあります。お値段もお手頃ですが何より家庭用ということで安全面に配慮しているところがこだわりのシュレッダーです。

 

2位 コクヨ シュレッダー AMKPS-X80D

出典: Amazon.co.jp

コクヨ シュレッダー AMKPS-X80D

静音設計約53dB &インテリアに合わせて選べる5色展開

こちらの商品は電動式です。人気のメーカーのコクヨの中でもとくに人気がある家庭用シュレッダーです。サイズはW17cm×D33cm×H30.6cmです。こちらもメンテナンスシート1枚入り特典付きです。最大裁断枚数はA4コピー用紙が約5枚です。細断寸法4×40mm のクロスカット方式です。ゴミ容量は 8Lです。

作動音は 約53dB です。連続使用時間 約10分です。コクヨの商品と言えばやはり満足の機能があげられます。こちらはとくに安全性や静音性を重視したモデルです。安全性に配慮したロック付き投入口シャッターはロック解除ボタンを押しながら、シャッターをスライドさせる使い方をします。

シュレッダーはおもしろいのでついお子さんが興味を持ってしまったときに事故が起こることもあります。小さなお子様がいるご家庭でも安心して大人の方だけが使えます。みんながいるリビングで使っても音が気にならない 静音設計です。それからインテリアに合わせて選べる5色展開なのもいいですね。

リビングや書斎などでもお部屋の色やデザインにあわせてカラーを選べます。A4コピー用紙を一度に約5枚細断することが可能。それに加えて約10分間連続して使用することができるので、ご家庭用としては十分な細断機能を備えているといえます。使いやすくインテリアにも配慮したパワーのある家庭用シュレッダーです。

 

1位 フェローズ シュレッダー

人気機種のリニューアル品!カード細断、CD細断も可能

こちらの商品は電動式です。ネットでかなり売れていた人気機種のリニューアル品ですね。さらに使いやすく進化した家庭用シュレッダーです。サイズはW200xD420xH390mmです。A4用紙を1度に8枚投入可能です。使用頻度の高いA4サイズを折りたたまずに投入できるのも楽です。

それからセキュリティー性が高い2×15mmのマイクロカット採用です。紙の他にもカード細断、CD細断が可能です。紙とCDは別々の専用のカッターで細断され、付属の分別トレイでゴミの分別もできます。別スロットルなので分別もできるということは今の世の中とても便利だと思います。

会のゴミ出しにしたがって出しやすいですよね。ステープラーも11号針まで対応していますので冊子になった資料の細断もできます。ゴミ箱の容量も16LわかりやすくいうとA4用紙約300枚分と大容量です。そのままゴミ袋を設置していればすぐ処理もできます。連続使用時間は7分です。

静音設計でありますがレビューによると比較的音量と振動は小さめだということでした。夜中ではなく少し早めの使うほうがその点は安心かもしれません。デスクの下にすっきり置けるスリムでコンパクト設計ながらパワフルでどんどん細断できる便利な実力派シュレッダーです。

 

シュレッダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、シュレッダーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

善意でもゴミ袋を開けられる可能性もある

紙

実は以前、私も引っ越ししたときに怖いなと思ったことがあります。私は転勤族なので引っ越した当初に自治会のゴミの出し方がきびしい地域へ移りすみまして、間違っていてプラスチックごみを生ごみに入れてしまいました。詳しくいうとポテトチップスの小袋です。

ゴミを出してしばらくすると昔から住んでいる女性の方はチャイムを押してきて「ゴミ間違っているからやり直して」と注意をされました。そのときに玄関で確認をされてポテトチップスの小袋は洗ってプラスチックごみだと怒られたですね。もちろん、間違った私が悪いので平謝りしたのですが、お話を聞いているとゴミ業者が持っていかなかったわけではなかったんですよね。

ゴミの出し方が私が引っ越す前にさらに厳しくなったらしく善意でゴミ袋を開けてチェックされているということでした。そこで私の郵便物でわかったわけです。あとで同じく引っ越してきた近所の人もその方に数人ゴミ袋を開けられたということを聞きました。私が間違っていたのが悪いとはいえ、すべてのゴミをチェックしていたということがわかりそれからは分別もそうですが、個人情報がわからないように注意して出すことにするようになりました。

善意だとはいえ全く知らない方が自分のプライベートなことも知られてしまったのは母への手紙の書き損じなども入れていたのでショックでしたね。

今はまた別のところに引っ越しましたが、犯罪者だと少しかまえますが、きちんとゴミ出しをしていても善意とか正義とかで地域を正そうという方はゴミをチェックすることもあるというのは田舎になればなるほどあるなというのが実感です。他人のゴミを勝手に見ることはしてはいけないと法律上はなっているとしても通らないことも多いのかなと思っています。ゴミは燃やされるまで消えないということをお忘れなく。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

iOCHOW シュレッダー

サイトを見る

アスカ クロスカットシュレッダー

サイトを見る

ナカバヤシ パーソナルシュレッダー

サイトを見る

コクヨ シュレッダー

サイトを見る

アイリスオーヤマ シュレッダー クロスカ…

サイトを見る

コクヨ シュレッダー AMKPS-X80D

サイトを見る

フェローズ シュレッダー

サイトを見る

関連記事