買いたいものを検索してください

美味しい炭酸水おすすめランキングTOP14|そのまま飲んでうまい!

最近、人気のある炭酸水ですが、皆様はどのような炭酸水を飲んでいますか?炭酸水は糖分が少ないので健康面を考えて飲む方も多いのではないでしょうか。

炭酸水は無糖なので、どれだけ飲んでも糖分を摂取することが無いところが嬉しいですね。また、炭酸水を飲むことで満腹感が得られるので、食べ過ぎ防止にもなるという声もあります。生活に上手く採り入れていきたい炭酸水ですが、自分に合った炭酸水を選ぶ上で何が重要なのかを知っておきたいですね。

ここでは、「炭酸水の魅力、種類、炭酸水選びのポイント、炭酸水のおススメメーカー」について説明させていただきます。そして、私の「愛飲の炭酸水」を披露いたします。続いて、ランキング形式で「割剤にぴったりの炭酸水、そのままで美味しい炭酸水おすすめTOP5」をご紹介致します。

炭酸水を選ぼうと思っておられる方は、是非チェックしてみて下さい。

 

炭酸水の魅力とは?

炭酸水は近年ぐんぐんと人気が高まってきている飲料です。水分を摂取するだけでなく、炭酸水の形で体内に採り入れることにより、より魅力が高まります。その魅力を1つ1つ挙げていきましょう。

 

無糖なのでカロリーが低く抑えられる

一般的な炭酸飲料との比較になりますが、炭酸水は無糖なので糖分を摂取することにはなりません。無糖なのでどれだけ飲んでもカロリーが低く抑えられるという特徴があります。普段、炭酸飲料を愛飲している方が、炭酸水に切り替えることで糖分の摂取を抑える事が可能になります。

 

胃腸を刺激する

炭酸水は炭酸ガスを含んでいるので、炭酸水を飲むことで胃腸を適度に刺激することになります。胃腸の刺激により、体内に水分が吸収されやすくなるので代謝が良くなり不純物を老廃物の形で排出しやすくなります。

 

食欲を抑える

炭酸水を飲むことで、炭酸ガスが胃の中で充満するため、満腹感が得られるようになります。食欲がありすぎて困っている方は、炭酸水を飲むことで自然に食欲を抑える事が出来るようになると期待出来ます。

 

割材に最適

ブランデーやウイスキーは割って飲むのが一般的ですが、割材として炭酸水は非常に注目されています。割材として、普通の水でも十分なのですが、炭酸水で割ることで爽快感や喉越しの良さが強調されるので飲みやすい仕上りになります。特に、暑い夏には炭酸水で割るアルコール飲料は清々しく感じるのでおすすめです。

 

炭酸水にも種類がある

炭酸水

炭酸水は大きく3つの種類に分ける事が出来ます。

 

発泡水

発泡水は、採水された時点から天然の炭酸が含まれているものを指します。「天然炭酸水」とも呼ばれています。天然の炭酸が含まれているので、後から炭酸を加えているタイプの炭酸水よりも、まろやかな口当たりで炭酸そのものが抜けにくいという特徴があります。

採水地により、水の硬度や含まれるミネラル量などにも差異があるので、好みの採水地のものを選ぶ事も出来ます。南フランスで採掘される「ぺリエ」、ドイツの「ゲロルシュタイナー」等が有名です。

 

天然水炭酸水

一般的なミネラルウォーターに炭酸を含ませたものを「天然水炭酸水」と言います。水の特徴は水源地によりますが、炭酸の強度はそれぞれのミネラルウォーターに最適なように添加されています。

イタリアの「サンペレグリノ」、日本の「サントリー南アルプススパークリング」、「伊賀の天然水強炭酸」等がこのジャンルに当てはまります。

 

人工炭酸水

採水ではなく人工的に造られた純水に、炭酸を加えたタイプを「人工炭酸水」と良います。近年流行りの強炭酸水はこのジャンルに当てはまり、そのまま味わいを楽しむというよりは割材として使われることが多くなっています。アサヒ飲料の「ウィルキンソンタンサン」、「サントリーソーダ」がこのジャンルに入ります。

 

炭酸水選びのポイントをご紹介!

炭酸水を選ぼうと思っても、沢山のメーカーから数多くの商品が販売されているので、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。ここでは、炭酸水を選ぶ上でチェックしておきたいポイントを見ていきたいと思います。

 

炭酸の強さ

炭酸水には、ペリエのような「微炭酸」もあれば、人工炭酸水に見られる「強炭酸」のタイプもあります。炭酸の強さは好みにもよりますが、喉越しの良さや刺激を求める方は「強炭酸」タイプを選ぶと良いでしょう。

また、割材として使用する炭酸水には、ブランデーやウイスキーのもとの風味を感じたい方には「微炭酸」がおすすめですが、喉越しの良さや爽快感で選ぶなら「強炭酸」が良いと思います。食事の時の水代わりとして飲む方は、「微炭酸」が良いでしょう。

 

水の種類・硬度

採水地によって、水の種類や硬度が異なります。世界保健機関(WHO)の基準によれば、硬度が120mg/l以下を「軟水」に、120mg/l以上を「硬水」と定められています。

日本の水道水、国産のミネラルウォーターは軟水で、まろやかな口当たりが特徴的となっています。料理にも炊飯にも珈琲を淹れる水としても最適とされています。一方、ヨーロッパで採水される水はミネラルやマグネシウムを含む硬水が多く、独特の味わいが得られます。

水の硬度はその土地の食文化と密接に関連しています。肉がメインの西欧料理ではミネラルが不足しがちなため、ヨーロッパでは硬水で不足しがちなミネラルを補っています。日本も食の欧米化が進み、食事だけではミネラルが不足しがちになっています。食文化のグローバル化が進んでいるのにもかかわらず、水のグローバル化は遅れたままになっています。食事によって、軟水と硬水を飲み分けてみていはいかがでしょうか?

出典:evian公式サイト

カルシウムを多く含んでいる硬水は、ヨーロッパではミネラル不足に加え、成人病予防として愛飲している方も多くなっています。私達が硬度で選ぶ際には、馴染みのある軟水を選ぶと間違いが無く割材としても最適ですが、硬水をそのまま飲んで美味しいと思う方は硬水を選ぶのも良いでしょう。

 

フレーバー

炭酸水の中には、フレーバーが魅力の商品も多く見られます。レモンやオレンジ等の柑橘家のフレーバーが多いですが、中には巨峰フレーバーやライチフレーバー、ラムネフレーバー等様々なフレーバー付きの炭酸水が楽しめるようになっています。

フレーバー付きの炭酸水でアルコール飲料を割ることで、さらに楽しみが広がるので色々なシーンで活用していきたいですね。もちろん、フレーバー付きの炭酸水をそのまま飲んでも美味しいので常備しておくのも良いと思います。

 

炭酸水のおすすめメーカーをご紹介

炭酸水のおすすめメーカーをご紹介致します。ここでは、昔からお馴染みの「ウィルキンソンタンサン」と「カナダドライ」について説明していきます。

 

ウィルキンソンタンサン

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水
ブランド
カテゴリ

スーパーでも必ず店頭に並んでいる「ウィルキンソン」は実は日本メーカーの商品なんですよ。もともとは明治時代に、イギリス人のウィルキンソン氏が日本に渡航して兵庫県宝塚に良質の炭酸鉱泉を発見したことがウィルキソンタンサンのはじまりです。

昭和時代には、アサヒビールと販売契約を締結して、ジンジャーエールやトニック等を発売して大人気となりました。昭和54年、東京サミットで「ウィルキンソンタンサン」が飲料水として採用されたのをきっかけに広く販売されるようになりました。現在では、アサヒ飲料より「ウィルキンソンタンサン」が販売されており、強炭酸タイプやフレーバータイプ等、ラインナップも豊富に揃っています。

 

カナダドライ

カナダドライは、コカ・コーラシステムの炭酸飲料ブランドとして長年親しまれてきていました。このカナダドライから、日本人の好みに合わせて「強炭酸」タイプの炭酸水と、フレーバー入りの炭酸水とが販売されています。

「ゼロカロリー」「無糖」「ノンカフェイン」が特徴の炭酸飲料で、コカ・コーラシステム独自の厳しい基準(マルチバリアシステム)で管理することで、水はもちろん炭酸ガスまでもフィルターを通る装置を採用しています。これにより、徹底した美味しさが追求されているところが魅力です。

 

ライター愛用の炭酸水をご紹介

炭酸水

私の愛用の炭酸水をご紹介致します。

 

伊藤園 磨かれて、澄みきった 日本の炭酸水

種類 人工炭酸水
硬度 硬度21(東日本)、硬度83(西日本)、硬度50(九州)
炭酸の強さ やや強め
フレーバー

そのまま飲んでも割材としても美味しい

伊藤園の「磨かれて、澄みきった  日本の炭酸水」です。こちらは採水地が3タイプあるので、それぞれのタイプにより硬度が異なるという特徴があります。硬度に差異はあるものの、全て軟水なので、そのままでも口当たりよく飲めるし、割材としても便利に使えます。

心地よい炭酸の刺激が感じられるので、クセがなく使いやすいように思います。無糖の炭酸水なので、料理にも使えて健康面でも安心感が持てます。天然水を多層フィルターで磨くことにより、より安心で美味しいミネラルウォーターに仕上がっているところも魅力です。

カロリーは100ml当たり、0kcal という点も嬉しいですね。我が家では夕食前に夫が飲むようにしており、食べ過ぎ防止に一役買ってくれています。価格も非常に安く、ペットボトルがしっかりとしているので携帯する時にもへこむことがなくて良いと思います。

 

【割材にぴったり!】炭酸水おすすめ人気ランキングTOP5

炭酸水

ランキング形式で、割材にぴったりの炭酸水TOP5をご紹介致します。

 

第5位 VOX 強炭酸水 ストレート

種類 人工炭酸水
硬度 15~38
炭酸の強さ 5.0GV(強炭酸)
フレーバー ストレート

炭酸ボリューム「5.0」の強炭酸

VOXは人気急上昇中の強炭酸水で、カロリーの無い炭酸水をお風呂上りに飲むなど、アルコール飲料に代えて愛飲している方も多い商品です。こちらは「プレーン」タイプなので、アルコールを割る時にも強いフレーバーが邪魔をしないので使いやすいように思います。

炭酸が強いので、刺激のある喉越しや口当たりの爽やかさを求める方におすすめです。原料は、水と炭酸のみで、99.99 %の純度を誇る二酸化炭素を特許技術「マイクロバブル圧縮充填法」により世界最高レベルの炭酸充填量5.0を実現しました。

ハイボールには強炭酸を合わせるのが人気ですが、こちらは強炭酸なのに口に含む時の風味のまろやかさも持ち合わせているので使いやすいように思います。割材としては、フレーバーの無いストレートが一番適していると思いますが、他にも「シリカ」「ミントフレーバー」「レモンフレーバー」「コーラフレーバー」からも選べるのも嬉しいですね。

 

第4位 KUOS 強炭酸水 ラムネフレーバー

No.4

出典: Amazon.co.jp

種類 人工炭酸水
硬度 記載無し(軟水)
炭酸の強さ 5.5GV(強炭酸)
フレーバー ラムネ

刺激的な炭酸とスッキリした後味が魅力

KUOSは強炭酸水で大分県日田市のクオス工場で造られています。クオスプレーンから作られるフレーバーは刺激的な強炭酸とスッキリとした後味。クオスは限りなく磨き上げられた純水から炭酸水を作っており、これによりわずかな雑味や酸味などを感じない、フレッシュな香りのフレーバー炭酸水に仕上がっています。

カロリーゼロで後味が爽やかなラムネフレーバーは人気が高く、そのまま飲むだけでなく割材としても高い人気を誇ります。ガツンとした強炭酸のハイボールなどが好みの方には非常におすすめしたい商品です。甘味料は一切不使用なのにラムネがほのかに香る炭酸水なので、満足感が得られるように思います。

 

第3位 サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水

種類 天然水炭酸水
硬度 記載無し(軟水)
炭酸の強さ 5.0GV(強炭酸)
フレーバー 無し

天然水を使用した強炭酸水

サンガリアの「伊賀の天然水」シリーズで、こちらは強炭酸水です。強炭酸水は非常に人気が高く、そのまま飲む方も割材として使用する方にもどちらにも使えるところが良いと思います。

天然水は伊賀の天然水を使用しており、水質が良いことでも知られている水源なので期待出来ます。5.0GVと強炭酸なので、刺激的な喉越しが好きな方におすすめです。夏には爽やかなハイボールが飲みたくなりますが、こちらは強炭酸でしかも水の味が良いのでいつでも楽しめるところが良いと思います。

こちあは「プレーン」タイプですが、「レモン」タイプを選んでもレモン風味のハイボールが簡単に味わえるのでレモンが好きな方には嬉しいですね。Amazonの口コミも概ね好評なのも信頼出来ると思います。

 

第2位 サントリー 南アルプス スパークリング

No.2

出典: Amazon.co.jp

サントリー 南アルプス スパークリング
ブランド
カテゴリ
種類 天然水炭酸水
硬度 30
炭酸の強さ 記載無し(強炭酸)
フレーバー 無し

適度にミネラルを含む、爽快な刺激

サントリーの「サントリー南アルプスの天然水」に強い炭酸を加えている商品。アウトドアメーカーである(株)スノーピークと共同開発した商品で、「サントリー天然水」ブランド史上最強ガス圧の無糖炭酸水です。爽快な刺激が魅力で、そのまま飲んでも割材としても活用出来る炭酸水です。後味の良さが感じられるので、飲みやすい仕上りになっています。

エネルギーはゼロですが、ナチュラルミネラルウォーターを使用しているのでナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン等が含まれているところも大きな特徴です。ラベルも清涼感のあるデザインなので、中身の印象がそのまま伝わるところも良いと思います。無糖炭酸水なのでカロリーを気にする方にもおすすめです。

 

第1位 アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水

No.1

出典: Amazon.co.jp

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水
ブランド
カテゴリ
種類 人工炭酸水
硬度 記載無し(超軟水)
炭酸の強さ 記載無し(強炭酸)
フレーバー 無し

王道の本格炭酸水ならこれ!

アサヒ飲料の「ウィルキンソンタンサン」の強炭酸タイプです。刺激強めの本格炭酸水という位置付けで、2016年、独自の工程管理によりこれまでの限界を超える超炭酸を実現。よく冷やしていただくことで、ガス持ちが良くなり、そのままでも割材としても美味しく飲めると評判です。

「ウィルキンソンタンサン」は100年以上超える伝統と信頼のブランドということも安心感が持てて良いと思います。強炭酸の爽快感とキレの良いすっきりとした味わいが魅力です。炭酸水で迷ったらこちらを選んでおくと間違いが無いでしょう。「強炭酸」がもっとも人気がありますが、「レモン炭酸水」「グレープフルーツ炭酸水」「機能性表示タイプ」の用意もあります。

様々な用途に使える、王道の本格炭酸水なので、買い置きしておくのも一案だと思います。

 

【割材にぴったり!】炭酸水おすすめ人気商品の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水 サントリー 南アルプス スパークリング サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水 KUOS 強炭酸水 ラムネフレーバー VOX 強炭酸水 ストレート
種類 人工炭酸水 天然水炭酸水 天然水炭酸水 人工炭酸水 人工炭酸水
硬度 記載無し(超軟水) 30 記載無し(軟水) 記載無し(軟水) 15~38
炭酸の強さ 記載無し(強炭酸) 記載無し(強炭酸) 5.0GV(強炭酸) 5.5GV(強炭酸) 5.0GV(強炭酸)
フレーバー 無し 無し 無し ラムネ ストレート
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【強炭酸】炭酸水おすすめ人気ランキングTOP4

ランキング形式で、炭酸が強い強炭酸の炭酸水のおすすめTOP4をご紹介致します。

 

第4位 SOLシリカ強炭酸水 SÔL天然水仕込み

No.4

出典: Amazon.co.jp

SOLシリカ強炭酸水 SÔL天然水仕込み
ブランド
カテゴリ
種類 天然水炭酸水
硬度 46(軟水)
炭酸の強さ 5.0GV(強炭酸)
フレーバー 無し

ミネラルたっぷりのシリカ入り炭酸水

水の郷100選にも選ばれた美しい水の町として知られる大分県日田市の地下深い岩盤層の下で長い年月をかけて自然ろ過された、良質なミネラルを多く含む良質な水を原水の炭酸水です。一切空気に触れることなく地下から汲み上げた原水を非加熱でろ過除菌したナチュラルミネラルウォーターなのでお水の自然な美味しさをそのまま味わえます。この商品の魅力はシリカが含まれていることです。

シリカの含有量は42.5mg/lで、1日に必要なシリカが500mlに詰まっています。シリカは、ミネラルのケイ素の事で食物繊維の主成分。内臓・骨・筋肉・血管・髪・皮膚などあらゆる組織に含まれ、コラーゲンやヒアルロン酸などを作ったり強化したりするのに欠かせない物質で、最近さまざまな業界で注目されている物質です。

口当たりが優しい飲み口ながら炭酸が強く喉越しがよい炭酸水です。

 

第3位 イズミック SODA鈴鹿山脈の天然水 強炭酸水

種類 天然水炭酸水
硬度 10~30mg/L(軟水)
炭酸の強さ 5.0GV(強炭酸)
フレーバー 無し

天然水ベースでは最強の爽快感

三重県鈴鹿山脈の多くのミネラルを含む天然水を使用した炭酸水です。炭酸充填量が天然水をベースとした炭酸水としてはトップクラスの5.0GVで、その強さは同等の充填量の商品やそれ以上の商品よりも炭酸が強く感じ、私はここ商品が天然水ベースでは一番炭酸が強いと思います。癖がなく飲みやすいのでそのままはもちろん、お酒などの割り材に使っても美味しくいただけます。

また、炭酸が強いのでハイボールなどに特におすすめです。この商品にはレモンフレーバーも販売されています。自然なレモン風味は味が濃く、レモンの酸味と苦さが炭酸をより強く感じさせてくれるので、レモンフレーバーもおすすめです。

 

第2位 アサヒ ウィルキンソン レモン

種類 人工炭酸水
硬度
炭酸の強さ 強炭酸
フレーバー レモン

王道炭酸水のレモンフレーバー

おすすめのメーカーでも紹介した、炭酸水の王道ウィルキンソンの商品です。ウィルキンソンの炭酸水は、ガツンとくる強い刺激の炭酸が特徴になりますが、こちらはレモンフレーバーになっており、レモンの香りとレモンピールのような苦さを感じることができるので、より炭酸のドライさが際立ち喉越しの良い強い刺激の強炭酸です。

甘くはないけれど炭酸のドライ感が強いからか、レモンの甘みをほんのり感じるのでそのまま飲んでもとても美味しく感じます。水の旨みよりも炭酸の刺激を感じることができ、飲んだ後に爽快感がありますのでレモンフレーバーのウィルキンソンもおすすめします。

 

第1位 アイリスオーヤマ 炭酸水 ストロング 5.5

種類 人工炭酸水
硬度
炭酸の強さ 5.5GV(強炭酸)
フレーバー 無し

刺激が強い!強炭酸

アイリスオーヤマが販売している、水の都100選にも選ばれている大分県日田市の水を使った炭酸水です。スッキリした飲み口ながら炭酸の強さが前面に出ているので、飲んだ瞬間に口の中から喉からその炭酸の強い刺激を感じることができます。

喉越しがよく、お酒などの割り材にしてもお酒に負けない炭酸の強さがあるので強炭酸をそのまま味わうことができ、炭酸の強さを一番に求める方に満足がいく商品だと思います。3℃に冷やすことで、炭酸の強さをより感じることができるので暑い時期に飲みたくなる炭酸水です。

 

【強炭酸】炭酸水おすすめ人気商品の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

商品名 アイリスオーヤマ 炭酸水 ストロング 5.5 アサヒ ウィルキンソン レモン イズミック SODA鈴鹿山脈の天然水 強炭酸水 SOLシリカ強炭酸水 SÔL天然水仕込み
種類 人工炭酸水 人工炭酸水 天然水炭酸水 天然水炭酸水
硬度 10~30mg/L(軟水) 46(軟水)
炭酸の強さ 5.5GV(強炭酸) 強炭酸 5.0GV(強炭酸) 5.0GV(強炭酸)
フレーバー 無し レモン 無し 無し
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【そのままで美味しい!】炭酸水おすすめ人気ランキングTOP5

ランキング形式で、そのままで美味しい炭酸水のおすすめTOP5をご紹介致します。

 

第5位 ポッカサッポロ  グリーンシャワー

種類 人工炭酸水
硬度 記載無し(軟水)
炭酸の強さ 記載無し
フレーバー グリーンを感じさせる香り

みどり香る炭酸水

ポッカサッポロの「グリーンシャワー」というフレーバーが魅力の香炭酸水です。こちらはすっきりとした無糖ですが、ほのかに香るグリーンの爽やかな香りでリラックスしながら飲めるところが良いと思います。原材料には、水、二酸化炭素、香料だけを使用しています。

無糖でカロリーゼロなので、カロリーが気になる方におすすめです。みどりが感じられるフレーバー風味。パッケージも女性好みで、自然に溶け込むデザインも良いと思います。自然な甘さのある風味が満足感を与えてくれるところも気に入っています。

そのまま飲んでも美味しいですし、食事との相性も抜群です。男女問わずこのフレーバーであれば飲めるように思うので、多目に購入して家族で飲むのにも向いています。

 

第4位  ナベグラヴィ  天然炭酸水

種類 天然水炭酸水
硬度 376(硬水)
炭酸の強さ 普通
フレーバー 無し

世界一ミネラル含有量の高いミネラルウォーター

ナベグラヴィは、世界一ミネラル含有量が多いことで知られているミネラルウォーターです。しかも、注目の重炭酸イオンを他に類を見ないほど圧倒的な量を含んでいるという特徴があります。重炭酸イオンは、生体活動におけるエネルギー合成に関与しており、身体の中からエイジングケアをサポートしてくれると期待できます。

もちろん、冷やしてそのまま飲むととても美味しく、ボトルも美しいので食事時にそのまま瓶でテーブルに置けるところも便利で良いですね。飲みやすい口当たりで、まろやかな風味も女性好みだと思います。炭酸の強さは、強炭酸のようなガツンとくるタイプではなく、ほのかにミネラル感が感じられる程度で飲みやすいです。

 

第3位 サッポロ  ゲロルシュタイナー

種類 発泡水(天然炭酸水)
硬度 1310(高硬水)
炭酸の強さ 強炭酸
フレーバー 無し

高硬度なのに飲みやすい天然炭酸水

ドイツの天然炭酸水の「ゲロルシュタイナー」です。こちらは高硬度なのに飲みやすいところが魅力の天然炭酸水で、日本でも昔から愛飲している方が多い商品です。原材料の水は、鉱泉水で、ユネスコのジオパークにも指定されている貴重な地質遺産であるアイフェル高地にある町、「ゲロルシュタイン」で採水・ボトリングされています。

天然炭酸ガスのきめ細かい泡立ちも特徴の1つとなっています。すっきりとして飲みやすく、硬度が高いのに炭酸がきいていて飲みやすく仕上がっています。夏場に冷やして飲むとキリッとしたひきしまった水が喉越しが良いので、とてもおすすめです。ミネラル、マグネシウム等が豊富に含まれているところが素晴らしいので、ミネラル配合の天然炭酸水を探しておられる方にもおすすめです。

 

第2位 サンペレグリノ 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター

種類 天然水炭酸水
硬度 674(硬水)
炭酸の強さ 微炭酸
フレーバー 無し

イタリアでポピュラーなミネラルウォーター

サンペレグリノはイタリアで最もよく飲まれている炭酸入りミネラルウォーターで、日本でも人気が高いブランドです。硬水ですが冷やして飲むと爽やかな口当たりで、食事中にも飲まれていることが多いです。

イタリアレストランでもよく提供される炭酸水で、ワインやイタリア料理との相性も良いので重宝されています。またボトルデザインもスタイリッシュなので、テーブルに置いておくとお洒落な雰囲気にもなるところが嬉しいですね。

サンペレグリノには、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム等が豊富に含まれているところが大きな特徴です。ミネラル等を自然に摂取したい方におすすめです。微炭酸タイプが好きな方にも向いていると思います。

 

第1位 ペリエ

種類 発泡水(天然炭酸水)
硬度 400.5 (硬水)
炭酸の強さ 若干強め
フレーバー 無し

天然炭酸水は高硬度タイプも飲みやすい

ペリエと言えば知らない人はいない、というほどの知名度を誇るフランスの天然炭酸水です。水源は南フランスで、鉱泉水です。ペリエと言えば、グリーンの瓶ボトルがメジャーですが、コチラはペットボトルタイプです。ペットボトルタイプも美しいデザインなので、食卓時に置いておいても雰囲気が出るので良いと思います。

喉越しが良いので、冷やしておくとどんどんと飲める爽やかさが魅力。硬水はそのまま飲むのがおすすめですが、ペリエはお酒とのブレンドも楽しむ方も多いですね。ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム等が含まれているので、毎日飲んでいると自然にミネラル類が摂取出来るようです。

強炭酸が好きな方向けではないですが、穏やかな口当たりの炭酸が好みの方におすすめです。

 

【そのままで美味しい!】炭酸水おすすめ人気商品の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

商品名 ペリエ サンペレグリノ 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター サッポロ ゲロルシュタイナー ナベグラヴィ 天然炭酸水 ポッカサッポロ グリーンシャワー
種類 発泡水(天然炭酸水) 天然水炭酸水 発泡水(天然炭酸水) 天然水炭酸水 人工炭酸水
硬度 400.5 (硬水) 674(硬水) 1310(高硬水) 376(硬水) 記載無し(軟水)
炭酸の強さ 若干強め 微炭酸 強炭酸 普通 記載無し
フレーバー 無し 無し 無し 無し グリーンを感じさせる香り
リンク Amazon楽天楽天Yahoo! Amazon楽天楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

炭酸水の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、炭酸水の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

炭酸水の関連記事もチェック!

トニック

 

好みの炭酸水でヘルシーな毎日を

炭酸水は、基本的には糖分が入っていないため継続して飲むことでカロリーを抑えることにつながっていきます。また、お酒を割る時にも、カロリーゼロの炭酸水で割れば、全体のカロリーをそれほど気にしないでも済むので美味しくお酒が楽しめそうですね。

最近では強炭酸タイプが流行っており、爽快感と満腹感が得られるので食べ過ぎ防止に人気がありますね。ミネラル類を摂取したい方は、炭酸の強さよりも天然炭酸水に注目すると良さそうです。

ランキングでピックアップした炭酸水は、人気商品、話題商品、ロングセラー商品を取り上げてみました。炭酸水を選ぶにあたって、少しでも参考にしていただければ幸いです。

好みの炭酸水を見つけてヘルシーな毎日を送られますように!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 炭酸水

サイトを見る

伊藤園 磨かれて、澄みきった 日本の炭酸水

サイトを見る

VOX 強炭酸水 ストレート

サイトを見る

KUOS 強炭酸水 ラムネフレーバー

サイトを見る

サンガリア 伊賀の天然水 強炭酸水

サイトを見る

サントリー 南アルプス スパークリング

サイトを見る

SOLシリカ強炭酸水 SÔL天然水仕込み

サイトを見る

イズミック SODA鈴鹿山脈の天然水 強炭酸水

サイトを見る

アサヒ ウィルキンソン レモン

サイトを見る

アイリスオーヤマ 炭酸水 ストロング 5.5

サイトを見る

ポッカサッポロ グリーンシャワー

サイトを見る

ナベグラヴィ 天然炭酸水

サイトを見る

サッポロ ゲロルシュタイナー

サイトを見る

サンペレグリノ 炭酸入りナチュラルミネ…

サイトを見る

関連記事