有機栽培のコーヒー豆が魅力!オーガニックコーヒーおすすめランキングTOP8

オーガニックコーヒーが気になりだしたのは私がスーパーなどでオーガニック野菜のコーナーで野菜を見かけるようになって

その流れでコーヒーも試してみようかなぁ~と思ってからです!自然とオーガニックにこだわるようになってきました。

そしてここ最近、健康志向だったり、オーガニック志向だったりという文字をよく見かけるようになったというのもあるかなぁ~と!

そこで今回は、オーガニックコーヒーは知ってはいるが新しいものが気になる!評判のいいものは何なのか!オーガニックにこだわる人への参考になればと思いオーガニックコーヒーを取り上げてみました。

 

 

そもそもオーガニックコーヒーとはどんな飲みものなのか!

オーガニックコーヒーは普通のコーヒー豆と豆自体は変わらないんです!ただ、育て方に違いがあるということ。一般的にオーガニックとは農薬や化学肥料を使わずに作る製法のことで自然栽培で作られたコーヒーをオーガニックコーヒーと呼んでいるのです。土壌の中の微生物等を活用して作る農法でそれによって生産されたコーヒーの生豆のことで農法としては有機農法や有機栽培と呼んでいます。

そのオーガニック認定というものは世界中にはたくさんの認定団体があり個々にその品質をチェックしているというのが現状。まず、オーガニックコーヒーとしての認定基準は過去3年以上の期間、農薬や殺虫剤、化学肥料を未使用で採取されたものであるということ。またそのコーヒー豆の加工過程にも添加物・加工補助剤を使用しないなどの基準が設けられているのです。

日本国内においても有機加工食品の製造業者として認定を受けていることもまた、重要なポイントです。また、海外で認定を受けていても日本国内で取り扱うには段階があるということも認定の一つです。そしてJAS規格に適合するかという検査を受け合格したモノが有機JASマークつけることが認められている、格付けというわけですね!

やはり、食の安全性だったり健康を考える人が増えてきたのもあり、最近ではオーガニックコーヒーを好む人も増えてきています。またオーガニックコーヒーを取り扱うカフェやレストランも増えてきているという理由もわかるような気がしますね!ではなぜ、そのオーガニックコーヒーがそんなに魅力的なのか…ということを少し考えてみたいと思います。

 

有機栽培の魅力

世界の農法のひとつで農産物を育てるうえで農薬はその過程で害虫に収穫物を食べられたり、あるいは病気にかかり枯れてしまったりする被害を

防ぐ手段としては生産物を確保する上では必要な農薬だったりします。しかし、その農薬は時に毒性だったりするのも確かです。

使用できる作物、使用できる時期、使用してよい量などの使用基準が決められていてそれ以外の農薬を使用基準以外で使用するのは禁じられているのです。

そして無農薬栽培と有機栽培とには違いがあるんです。

無農薬栽培とは農薬を一切使わない農法!

有機栽培は過去3年以上の期間は農薬や殺虫剤を使わないということ!

この違いがあるんですよ♪またコーヒーは世界で綿花に次いで農薬多く使っているそうです。

じゃあ、なぜその有機栽培が人気なのか!又は魅力なのか!

その農薬を多く使っているからこそではあるのですがオーガニックが好まれる要因の一つなのです。健康志向な方には人気のコーヒーでしてまたこれが定着しているというわけです。

 

フェアトレードコーヒー豆とは?

フェアトレードとは…伝統的な技術で生産された産品を生産者から直接、適正な価格で購入し先進国市場で販売する仕組みのことで元々は欧州で始まった形態のこと!

もう少し、わかりやすくすると、農産物(コーヒー)の値段などを事前に決めてどんなに価格が下がったとしても決められた値段より低く買うのはやめようというのがざっくりとした意味合いです。

日本でフェアトレードが導入されたのは1993年、今から25年ほど前!そして2002年ころからカフェやスーパーなどでもフェアトレード商品がちらほらみられるようになりました。

2010年くらい、つい最近のような気がしますがようやく拡大してきたようです。コーヒーもその中の一つなのですが、賛否両論あるようですよ!

まぁ~その話は良いとして、そのようにフェアトレードのコーヒーを意識して飲んでみるのもよりコーヒーの深みを感じるかもしれませんね。

 

商品を購入する前に注意するべきこと5つ

①原産地で選ぶ

コーヒーの原産地…どんな国が浮かびますか?ブラジル・コロンビア・グァテマラ・ベトナムといったところでしょうか!

 

②焙煎具合が大切

焙煎の段階は8段階です。

ライトロースト・シナモンロースト・ミディアムロースト・ハイロースト・シティロースト・フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンロースト

ライトローストは焙煎時間が短くイタリアンローストに近づくにつれて長くなっていきます。

ライトローストのほうが味に酸味が強くイタリアンローストはほとんど酸味はなく苦みが強くなってくるので好みの味がこの焙煎時間によって変わってきますね!

 

③豆か粉か選ぶ

豆か粉かで選ぶとしたら挽く時間を考えれば粉で購入したほうが便利な気もします。

ただ、好みもあるのでお話しますが粉挽きにした場合に空気に触れる面積が一気に広がるので酸化が進みます。

せっかく熟成させたコーヒーが劣化していくと考えたほうが良さそうです。豆もまた1か月弱経つと酸化が進みますのでタイミングからして粉にしたら飲み始めるのがいいでしょうね。

 

④カフェインの有無

カフェインの有無にもこれも色々あって決してカフェインレス・ノンカフェインがいいかというとそうでもないのです。

カフェインは解熱鎮痛作用・強心作用・利尿作用などがあることは皆さんもご存知だと思います。カフェインは血管を収縮させることで頭痛の痛みを和らげるのですがずっと飲み続けるのも逆効果だったりするのです。

では、ノンカフェインがいいのかといえばそうも言えず、カフェインをコーヒーから除去、外すという過程に問題が生じるんです。

薬品を使うところにあるのですが日本では化学薬品は認められていないので日本製は安全なきがします!

というところから、カフェインの常習性はやめて健康を害さない程度の摂り方がベストなんですね。

 

⑤ブレンドかストレート

何種類かのコーヒー豆が混ざっていることがブレンドで、混ぜてないコーヒーがストレートです。ではどちらが良いのでしょう?

私は単純にストレートをお勧めします。そのほうがコーヒー豆の本当のおいしさがそのまま味わえると思いますし、上質なコーヒー豆であれば美味しいコーヒーに出会えるはず。というところですがブレンドにも良さがあるのですが作る人の腕にかかってくるという点も覗えますね。

 

インスタントタイプは?

最近はインスタントコーヒーも中々美味しいものが増えてきました。風味や香りを楽しみながら飲むコーヒー!

お湯一つあればすぐに作れる手軽さ、ずいぶんと味も品質も高いものが増えてきたように感じますよ。

 

原産地ごとで香りもおいしさも違う

コーヒーは主に熱帯、亜熱帯のコーヒーベルト内で栽培され、低地より高地産のコーヒーのほうが良質だと言われます。

コーヒーの樹は亜熱帯植物のため平均気温20度を超える温度帯の下でないと育たないのが特徴!

そして日中はどちらかというと霧が発生する地形、夜と日中の温度差が激しい土地が良質なコーヒーを作るのに適しています。

アラビカ種…高温多湿を嫌い5度以下の低温が長時間続いてもダメージがあるため湿気の少ない霧の降りない標高2000mの高地で山の急斜面で栽培!

ロブスタ種…環境適応が強く低地で栽培!

高地産のコーヒーが良質とされているのですがジャマイカのブルーマウンテンやハワイのコナといった高級コーヒーでも必ずしも高地産というわけではないのです。適正な気温や降雨量。土壌なども関係するので一概に言えないところもあります。

 

カフェインの量

私自身、元々コーヒー党なのですが、妊娠している方や苦手な方にも飲めるようなコーヒーがいくつかあるのでご紹介します。

①アバンスおいしいカフェインレスドリップコーヒー

知名度があまりない気がしますがOFFICEで何気に購入し期待はしていなかったのですが低コストで酸味が少ないコーヒーです。

②スターバックスデカフェ

こちらはスターバックスのコーヒーが比較的濃いイメージがある中にも割とあっさりしているので妊婦さんにも良さそうです。

今のところこの二つがお気に入りです!

 

インスタントタイプのメリット

インスタントコーヒーのメリットは一つずつ梱包されていて衛生面は安心!すぐに取り出せる!持ち運びやすい!

デメリットは…梱包が1つずつになっている分、ゴミが出やすい!味に物足りなさを感じる!など

 

オーガニックコーヒーの選び方のポイント

価格

比較的価格は高くなる傾向にあるのですが良質なモノを選びたいとき

飲みやすさ

好みに寄りますが酸味が好きだったり、苦みが好きだったりしますがその中間を選ぶシテイローストあたりが妥当かなぁ~と思ったりします。

風味、味

こちらも同じですが酸味・苦み・甘みくらいの好みで選ぶようにします。

その他

ここまでいろいろご説明してきたように有機栽培なのかどうかというところをポイントに選びます。

   

オーガニックコーヒーおすすめランキングTOP8

第8位 有機栽培カフェインレス水出しコーヒー

カフェインレスの水出しなので苦手な方や、妊婦さんにも安心して飲めます。豆とは違うのでコスパは良くないが手軽さはあり!

出典: Amazon.co.jp

有機栽培カフェインレス水出しコーヒーバッグ(30g×3バッグ)

 

第7位 AMOMA たんぽぽCOFFEEノンカフェイン

ノンカフェインなのでカフェイン苦手な方にもOK!コストパフォーマンス良しの手軽さあり!

出典: Amazon.co.jp

AMOMA たんぽぽコーヒー 3袋セット 2.5g×30ティーバッグ×3袋 ■無農薬・国内焙煎ノンカフェインコーヒー

 

第6位 KEYCOFFEE LP有機コーヒー

酸味がある!

http://

 

第5位 MMC有機栽培珈琲プレミアムブレンド

粉なので封を開けたらできるだけ1か月ほどで飲み切るのがベスト!やわらかな酸味!

出典: Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 アートコーヒー オーガニックコーヒー 粉 350g

 

第4位 小川珈琲店有機オリジナルブレンド

JAS認定 まろやかな味です。drip珈琲があるのでインスタントで飲みたいときに簡単に作れます。

http://

出典: Amazon.co.jp

小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド 粉 170g

 

第3位 アートコーヒー オーガニックコーヒー粉

酸味と苦みのマイルドな味

http://

出典: Amazon.co.jp

【Amazon.co.jp限定】 アートコーヒー オーガニックコーヒー 粉 350g

 

第2位 UCC珈琲探究 有機栽培珈琲

独自のスーパーアロマ製法 まろやかな味がお勧め!

http://

 

第1位 マウントハーゲン ローストグラウンド珈琲

シリーズが豊富でオーガニックカフェインレスやインスタントもあってとても選びやすい。

http://

出典: Amazon.co.jp

マウント ハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレス ロースト&グラウンド コーヒー 250g

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめのコーヒーグッズをご紹介!

KINTO (キントー) コーヒーカラフェセット 300ml

nuts_icubeのイチオシ!

美味しいコーヒーが飲みたくて、KINTOのコーヒードリッパーを使っています☺︎
フィルター不要でエコだし、食洗機にも対応!見た目も飾っておきたくなるお洒落さ♡

 

OXO ON 電気ケトル コーヒー

匡子/makoのイチオシ!

キッチンカウンターもカフェ風にしてしまうスタイリッシュな形。
簡単に温度が調節が出来るので、コーヒーや紅茶などそれぞれ適温で淹れることが可能。細口なので安定してコーヒーがドリップできます。

 

カリタ コーヒーミル クラシックミル

太田 奈那のイチオシ!

朝にコーヒーお香りで目覚めたく。コーヒーミルを探していたところ老舗のkalitaさんのが欲しいイメージにぴったりだったので買いました。
手挽きのゴリゴリする感じが最高。コーヒーミルはkalitaさんから色々種類出てますが、こちらは豆容器にフタがあり、挽くときに豆が飛び散らないので良いです。(見た目もカッコいい)お値段の割に重厚感が有り。ぜひキッチンに飾ってほしいです。

 

siroca 全自動コーヒーメーカー SC-A121 ステンレスシルバー

myaのイチオシ!

豆を挽からコンパクトサイズのコーヒーメーカーを探しててこちらを購入しました♪
場所も取らずウチにはぴったりた。

 

お気に入りのコーヒーを見つけて癒しの時間に

至福の時間だったりするのがコーヒータイム!コーヒーが好きな人ほど、豆にこだわったり、焙煎方法にこだわったり…いろいろだと思います。

オーガニックコーヒーがここ数年、人気なのもわかるような気がします。ココにご紹介したオーガニックコーヒーを参考にお好みのオーガニックコーヒーが見つけてくださいね!

記事内で紹介されている商品

有機栽培カフェインレス水出しコーヒーバ…

サイトを見る

AMOMA たんぽぽコーヒー 3袋セット 2.5g×3…

サイトを見る

キーコーヒー LP 有機珈琲 180g×2個

サイトを見る

【Amazon.co.jp限定】 アートコーヒー オ…

サイトを見る

小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド …

サイトを見る

【Amazon.co.jp限定】 アートコーヒー オ…

サイトを見る

UCC 珈琲探究 有機栽培珈琲 220g

サイトを見る

マウント ハーゲン オーガニック フェアト…

サイトを見る

関連記事