買いたいものを検索してください

最強ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ人気6選|人気のソニーも!

ノイズキャンセリングヘッドホンは「電車や飛行機で移動する時にゆったりと休息を取りたい」「職場や学校で周囲の雑音から逃れて集中したい」という人に最適なアイテムです。機能や選び方を解説するとともに、おすすめ商品も紹介しましょう。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンとは

移動中に落ち着いて過ごしたいのに騒音が気になる」「雑音を気にせず勉強や仕事がしたい」ノイズキャンセリングヘッドホンはそのような人の心強い味方です。

カフェなどで仕事をするノマドワーカーも増加傾向にあり、場所を選ばずに業務をする人たちにも活用されています。

ところで、一般的なイヤホンとはどこが違うのでしょうか。それぞれの違いや構造について解説します。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンの構造

NINO

ノイズキャンセリングヘッドホンでは、まず内蔵されたマイクで周辺の雑音(ノイズ)を拾います。その音を分析したうえで雑音を打ち消す(キャンセル)のです。

それゆえ、ノイズキャンセリングヘッドホンと称されています。

音は、空気を振動させることで人の耳に届きますが、その波形は山と谷が繰り返す形です。その波形を180度逆にし、逆さ富士のように正反対にした波形で音を打ち消す仕組みを、「逆位相」といいます。

ノイズキャンセリングヘッドホンでは、本来届けたい音(音楽や音声データ等)はそのままに、取り除きたいノイズにだけ逆位相の音波を発生させます。

そのため、不必要な雑音に悩まされることなく、求める音だけをスムーズに聞けるのです。

 

イヤホンとの違い

音をダイレクトに耳に届けてくれる装置として、ヘッドホンの他に「イヤホン」があります。

音質を重視するならば、重低音や音の奥深さが感じやすいヘッドホンがおすすめです。

一方、イヤホンのメリットは、携帯性でしょう。コンパクトな形状であるため、持ち運びにはとても便利です。

イヤホンの形状にも大きく2種類あり、耳の穴に挿し入れる「カナル型」と、耳孔に当てるタイプの「インナーイヤー型」から選べます。

カナル型ならば、耳栓と似た形状であるため、遮音性・密閉性も高いといえます。耳孔の圧迫感を抑えたい人は、インナーイヤー型が適しているでしょう。

 

【聴覚過敏にも】ノイズキャンセリングヘッドホンの効果

周囲のノイズを取り除く仕組みについて理解を深めてきましたが、気になるのは実際の効果です。どれほどの役割を果たしてくれるのか、その使用感について解説します。

 

周囲の音を低減できる

ノイズキャンセリングヘッドホンは、音を聞く役割だけでなく、飛行機に搭乗した際の、機内の騒音回避などのためにも重宝するアイテムです。

音楽を鳴らさずとも、逆位相の効果によって、耳栓としての機能も果たす飛行中、ゆっくりと過ごせる環境を作ります。

そのため人が多い場所などで発生する生活ノイズから逃れ、仕事や勉強をしたい人に向いています。騒音に悩まされることなく、目の前のことに集中できるのです。

しかし、ノイズ低減には大いに役立つ一方で、突発的な高音などには対処しきれない部分もあります。全ての音を完全に遮断するものではない点は、留意しておきましょう。

 

雑音を低減して音楽を楽しむ

雑音を遮ることで音楽をより楽しむアイテムとしても活用されており、「繊細な音楽を高音質で楽しみたい」というオーディオファンの心をぐっとつかんでいます。

ノイズの解消には、逆位相によって発するホワイトノイズを使用します。適切なホワイトノイズで、求める音を鮮明に浮かび上がらせるのです。

数あるノイズキャンセリングヘッドホンでは、それぞれにおいて、騒音を処理する際に発する音に違いがあります。選ぶ時には、同じ音楽を聞き比べて、質感の違いを意識するとよいでしょう。

 

聴覚過敏の人におすすめ

聴覚過敏の人にとっても、ノイズキャンセリングヘッドホンは生活を快適にしてくれるアイテムとしておすすめです。

いろいろな感覚(視覚・嗅覚・味覚・触覚等)に対して、体が敏感に反応する体質の人がいます。音に敏感な聴覚過敏の場合、身の回りで発する音が、苦痛や不快感を引き起こしてしまう可能性も否定できません。

音楽を聞いて、不快な雑音を消そうと試みることもできます。しかし、周囲の雑音が大きいと、比例して音楽も大音量で流さなくてはならず、それも好ましい環境だとはいえないでしょう。

その点、雑音を取り去ってくれるノイズキャンセリング機能ならば、「違う音で雑音から逃れる」のではなく、不要な音そのものを低減できるのです。

 

【選び方】ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方

一口にノイズキャンセリングヘッドホンといっても、多様な種類があります。それぞれにメリットがあり、特徴を備えているのです。

自分に合ったタイプをチョイスするためにも、特性を理解し、適切な商品選びをしましょう。

 

密閉型か、開放型かを選ぼう

ヘッドホンでは、音を発生させる部分が、ハウジングというパーツで覆われています。このハウジングは一般的に、「密閉型(クローズド)」「開放型(オープンエアー)」に大別され、それはノイズキャンセリングヘッドホンでも同じです。

耳をすっぽりと覆う密閉型ならば、より高い遮音性が期待でき不必要な音をカットできます。音漏れもせず、外からの音も遮るので、屋外での使用に効果を発揮するタイプです。

ただし、音が耳元でこもりがちなことや、耳全体への圧迫感につながる場合もあります。

一方、開放型の特徴は、ハウジングにメッシュ素材などを採用し、空気を自由に出入させている点です。そのことで、抜けのよいクリアな音質につなげています。

耳への圧迫感も小さく、長時間の装着にも向いている反面、音漏れが大きく、周囲の雑音を受けやすい点はデメリットといえます。

 

雑音の低減具合を確認しよう

ノイズキャンセリングヘッドホンを手にする人の多くは、雑音のカットに主眼を置いている人でしょう。それゆえ、商品選びの際には、ノイズの低減具体をしっかりと確認することが大切です。

遮音性の高低は、どれほど不要な騒音をカットできるかという、使用者本人にとっての機能として重要です。それだけでなく、音漏れによる周囲への影響を生む点にも、注意が必要になります。

ノイズを遮断し、自分だけが快適な環境を得られればよいわけではありません。音漏れを周囲が気にするようでは、他人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

自分にとっての満足度と周囲への影響など、バランスを取ってベターな商品を選びましょう。

 

音質を確認しよう

ノイズを除去する機能が大切なことはもちろんですが、ヘッドホンである以上、音楽を高音質で楽しみたいものです。音質についても、抜かりなくチェックしましょう。

ヘッドホンの音質は、振動板(ドライバー)のサイズと、ハウジングの体積が影響します。30mm径と大型の40mm径のドライバーを比べれば、一般的には40mm径の方が高音質だとされています。

ハイレゾといって、再生周波数が40kHzまで対応しているかどうかも、一つの基準になります。

ヘッドホンの構造も大切ですが、好きな音楽のジャンルとの相性も見逃せません。視聴する時は、好みのジャンルの楽曲を用意して、いろいろなヘッドホンを比べましょう。

 

【安い・コスパ】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ人気2選

高性能な商品を、コスパ良く入手したいと願うユーザーは多いものです。そこで、品必を維持しながらも、手頃な価格がうれしい人気商品について紹介しましょう。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-ZX110NC(ソニー)

出典: Amazon.co.jp

ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-ZX110NC(ソニー)
ブランド
カテゴリ

300kJ/m3の高磁力ネオジウムマグネット使用による、解像度の高いサウンドが特徴です。鮮明な中高音と迫力ある低音が再現されるとともに、イコライザー機能で低域から中域までのバランスを整えます。

折り畳み可能なハウジングはコンパクトに変形可能で、出張時の機内での使用などに便利です。単4形アルカリ乾電池1本で、約80時間連続使用が可能という点にも、使いやすさへの配慮が見られます。

 

ノイズキャンセリング ヘッドホン E9 (Mixcder)

出典: Amazon.co.jp

ノイズキャンセリング ヘッドホン E9 (Mixcder)
ブランド
カテゴリ

パワーアックしたセルフスキームノイズキャンセリングチップの採用で、最大97%(※2)まで低周波サウンドをフィルタリングします。加えて、アクティブノイズキャンセル機能によって、高い音質も維持したままです。

Bluetooth5.0によって、コードの煩わしさからも解放してくれます。ワイヤレスの安定性も高く、外部無線デバイスへの干渉防止性能もアップし、常に快適に利用しやすいよう配慮がなされたモデルです。

(※2)Mixcder社による測定数値です

 

【高音質】ノイズキャンセリングヘッドホンおすすめ人気2選

ここからは、おすすめ商品を厳選してピックアップします。まずは、音質にフォーカスをあてたアイテムです。

 

ブルートゥースヘッドホンWH-1000XM3(ソニー)

出典: Amazon.co.jp

ブルートゥースヘッドホンWH-1000XM3(ソニー)
ブランド
カテゴリ

ソニーが独自に開発した「NCオプティマイザー」によって、ユーザーの環境や装着の仕方に合わせて、ノイズキャンセリング機能を最適化します。その結果、騒音除去機能を最大限に発揮し、理想的な環境を提供してくれるモデルです。

また「デュアルノイズセンサーテクノロジー」で高精度な逆位相の音を生成し、クリアな音質での音楽再生を可能にしており、良質なサウンドを求める人からの人気を集めています。

 

HEADPHONES700(BOSE)

耳に入ってくる音をユーザーに合わせて11段階で調節できるなど、圧倒的な機能性で高い人気を得るアイテムです。不要な音を抑制すると同時に、周囲の音を取り入れることも可能にしています。

ウェイクワードによって、音声による操作をスタートさせられる手軽さも魅力です。さらに「アクティブEQ」によって、いかなる音量でも臨場感に満ちたリスニング体験を可能にしてくれます。

 

【遮音性重視】おすすめ人気ノイズキャンセリングヘッドホンはこちら

遮音性は、ノイズキャンセリングヘッドホンに不可欠かつ重要な機能です。この機能を何よりも優先するユーザーは多いでしょう。

そこで、遮音性に優れた選りすぐりの1点を紹介します。その品質をぜひ確かめてみましょう。

 

密閉型ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-10RNC(ソニー)

出典: Amazon.co.jp

密閉型ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-10RNC(ソニー)
ブランド
カテゴリ

騒音低減率約99.4%(※1)という、ノイズキャンセリング性能を誇るヘッドホンです。デジタルノイズキャンセリングの原理を用いたデュアルノイズセンサーテクノロジーによって、高い遮音性を備えています。

音質も申し分なく、デジタルイコライザーが生み出す臨場感のあるサウンドが特徴です。40mmの大口径ドライバーユニットも、低音から高音までバランスの取れた高音質の実現に貢献しています。

(※1)ソニー社による測定数値です

 

to buyインフルエンサーおすすめのヘッドホンもご紹介!

SONY MDR-1000X

ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。ノイズキャンセリング機能に対応しているので、周囲環境の騒音をかき消してくれます。
また機能性が非常に高く、特に片耳側のハウジングを手の平で覆うとノイズキャンセリング機能は継続しながらも人の声をとおりやすくする「クイックアテンション」というが発動。
電車内などで急に社内アナウンスが聞きたくなるような場合に大活躍する機能です。
周囲の音を拾いながら音楽を楽しめる「アンビエントサウンドモード」も搭載。アナウンスなどに注意しながらも音楽を聞きたい場合にはこれが役に立ちます。
また、ワイヤレス環境ながらハイレゾ音源を楽しめる「LDAC」コーデックにも対応。ハイレゾ音源に対応した端末で再生すれば、これまでの音質とはひと味ちがう広がり豊かな別格の音楽を聴くことができますよ。

機能性をBluetoothヘッドホンに求める方にはオススメです。

 

Bose QuietComfort 35 black

提供品

音楽を聴くなら断然Boseがオススメ!!!!父親の影響で昔からスピーカーやイヤホンは基本Bose製。とにかく音が良いんです。大好きな重低音がしっかり響いてくる。音の奥行きが違う。そしてこのヘッドホンはワイヤレスで最大20時間使えるし、耳に当たる部分のクッション性がとても高くて気持ちがいいです◎

#春のダイエットお助けグッズ #ダイエット #筋トレ #ボディメイク #痩せたい #ランニング #ヘッドフォン #bose #ボーズ

 

BOSE QuietComfort 35

音楽アクセサリーとしては絶対外せないのがBOSE製品。音響老舗メーカーとして、高音質・迫力のあるサウンドが特徴的な同社の製品は、店舗での天吊りスピーカーでもよくみかけます。中でもBOSE製品のワイヤレスヘッドホンはノイズキャンセリング機能において技術的に優れている製品が数多く展開されています。
BOSE製のBleutoothヘッドホンでは、ノイズキャンセリング機能を搭載対応した「QuietComfort 35(QC35)」 がオススメです。

世界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載対応したQC35は周囲環境の不快な音をかき消し、スイッチ一つで静寂の世界へいざなってくれます。この消音機能により、音楽を静寂な環境で楽しむことができます。
さらに音質が全体的に彩り豊かで、重低音ではかなり迫力のある音がでます。
装着感も違和感なく、オーバーイヤータイプのワイヤレスヘッドホンが耳を優しく包み込んでくれます。
最高に静寂な環境で純粋な音楽を楽しみたい人にオススメのBluetoothヘッドホンです。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ノイズキャンセリングヘッドホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ノイズキャンセリングヘッドホンで快適な生活を

「騒音から解放されたい」「目の前のやるべきことに集中して取り組みたい」など、生活からノイズを取り除き、快適に音楽を聞きたいと願う人は多いものです。

ノイズキャンセリングヘッドホンには、雑音を取り去りながら、良質なサウンドが得られるメリットがあります。自分に合ったタイプを手にして、快適な暮らしへとつなげましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ノイズキャンセリングヘッドホンMDR-ZX110…

サイトを見る

ノイズキャンセリング ヘッドホン E9 (M…

サイトを見る

ブルートゥースヘッドホンWH-1000XM3(ソ…

サイトを見る

密閉型ノイズキャンセリングヘッドホンMDR…

サイトを見る

Bose QuietComfort 35 black

サイトを見る

関連記事