買いたいものを検索してください

【選び方・設定】無線LANルーターおすすめ人気ランキング6選!

ウェブコンテンツの増加やテレワークの普及に伴い、快適に暮らす上で家庭のインターネット環境は大切な要素です。

中でも、無線LANルーターは最適な通信をサポートするアイテムです。無線LANルーターを選ぶポイントとおすすめの商品を紹介します。

 

無線LANルーターとは

自分に合った無線LANルーターを選ぶには、ある程度の基本知識が必要です。

商品によっては電波が届きにくいものもあるので、使用する場所や用途に応じて選択するとよいでしょう。

無線LANルーターの基本知識を紹介します。

 

周波帯域ごとのメリットとデメリット

無線LANルーターによって、通信できる周波帯域は異なります。大きく分けて、『2.4GHz』『5GHz』の2種類です。

『2.4GHz帯域』は壁や天井などの障害物を透過しやすく、広い範囲で電波が届きやすいのがメリットです。しかし、電子レンジやBluetoothなど別の電波からの干渉を受けやすく、通信速度が低下するデメリットもあります。

『5GHz帯域』電波干渉を受けにくく安定した通信を提供し、通信速度も速いのが特徴です。その反面、障害物には弱いので、電波が届きにくくなる場面があるでしょう。

周波帯域の特徴を押さえ、使用場所に合わせた選択が必要です。商品によっては片方の帯域にしか対応していない機種もあるので、注意しましょう。

 

セキュリティ規格の違い

無線LANを利用していると、第三者によって不正に利用される危険があります。そのため、無線LANルーターにはセキュリティ対策が施されているのが一般的です。

セキュリティ規格には『WEP』『WPA』『WPA2』『WPA3』があり、WPA3が最も新しい技術です。古い暗号技術であるWEPはぜい弱性が確認されているので、現在はあまり使用されていません。

これらのセキュリティ規格は、新しくなるほど弱点が補われています。そのため、なるべく新しいセキュリティ規格を選択しましょう。

 

【選び方】無線LANルーターの選び方

 

無線LANルーターによっては、転送速度や電波の強さが異なります。使用する環境によっては、快適に利用できない場合もあるので注意が必要です。

無線LANルーターを選択する際のポイントを紹介します。

 

使用環境に合わせて選ぶ

無線LANルーターは、使用する環境に合わせて選択することが望ましいといえます。

各機器には推奨環境というものがあり、使用する場所の間取りと利用人数が目安として公開されています。

間取りや利用人数の違いは、無線LANルーターに搭載されている『アンテナの数』です。これらが多いほど通信速度が速くなり、より広い範囲まで電波が届きやすくなります。

推奨環境に対して注意したい点は、あくまでもこの情報は『家の中心に無線LANルーターを設置した場合』であるということです。

そのため、実際に使用する環境よりも広い間取りと人数を推奨している機器を選択する方が無難でしょう。

 

転送速度と通信規格

無線LANルーターの重要な選択基準の一つに『通信規格』があります。これは、無線の国際標準規格のことであり、最大転送速度や周波帯域が決められています。

通信規格には『IEEE 802.11a』『IEEE 802.11b』などがあり、スマートフォンやパソコンがどれに対応しているのかが重要です。

古い規格だと転送速度が遅いため、高速な光回線を使用していても動画やウェブサイトへのアクセスが遅くなる場合があります。

なるべく、接続する機器が対応している通信規格の中でも、最新の規格をカバーしている無線LANルーターを選択しましょう。

また、使用環境が通信規格の周波帯域に合っているかということも選択基準の一つです。

 

【自動接続】無線LANルーターの便利な機能

 

ノートパソコンと机回り

より快適に利用するために、無線LANルーターには『自動接続機能』などの便利機能が付いているものもあります。

選択するポイントの一つとして、あると便利な機能をいくつか紹介します。

 

設定が簡単な『自動接続機能』

Wi-Fiを使ったインターネットへの接続に不慣れな人のために、無線LANルーターによっては、接続を簡単にする『自動接続機能』が付いているものがあります。

例えば、バッファローのAOSS機能を利用すれば、無線LANルーターにあるボタンを押すだけで、機器と自動接続してくれます。

ルーターに対する事前設定も全て自動で行われます。

これを利用すれば、無線LANルーターにパソコンを接続して設定する必要がありません。セキュリティについても自動で設定してくれます。

 

通信が安定する『オートチャネルセレクト』

『オートチャネルセレクト機能』は、接続しているチャネルが混雑してきたら、周囲の電波の空き状況を確認し、電波状況のよいチャネルに自動で切り替えるものです。

チャネルを切り替えることで電波干渉を避け、通信速度を担保しようとします。

集合住宅など無線の利用者が多い場所では、同じチャネルが利用されるケースが多発するため、オートチャネルセレクト機能があると便利です。

比較的新しい機種では、動作中に自動で切り替わるものがありますが、古い機種だと無線LANルーターを再起動することで切り替わるものもあります。

通信速度が遅いと感じたら、機器を再起動してみるとよいでしょう。

 

複数の端末を使うなら『MU-MIMO』

通常、無線LANルーターは端末と1対1で接続します。複数の機器を無線LANルーターに接続すれば、順番に通信をするので通信速度が低下しがちです。

しかし、『MU-MIMO機能』が付いている無線LANルーターであれば、複数の端末と同時に通信できるので遅延が発生しにくいといえます。

ただし、MU-MIMO機能を利用するためには、接続する子機もMU-MIMO機能に対応している必要があります。事前にパソコンやスマートフォンなど、接続する機器の仕様を確認しましょう。

 

【テレワーク】無線LANルーターおすすめ人気ランキング3選

通信速度の速さや、接続が簡単な機能が付いているなど、無線LANルーターは各メーカーによって工夫がなされています。その中でもおすすめの機器を紹介します。

 

TP-Link「ARCHER AX50」

出典: Amazon.co.jp

新世代Wi-Fi6対応 TP-Link「ARCHER AX50」
ブランド
カテゴリ

新世代Wi-Fi6対応

TP-Link社の「ARCHER AX50」は、通信速度の速い規格『Wi-Fi6』に対応し、ストレスの少ない使い心地を提供してくれます。

アンテナ4本搭載のビームフォーミング機能により安定した通信を確保し、推奨環境は戸建て3階またはマンション4LDKに相当します。

さらに、MU-MIMO機能も付いているので遅延は発生しにくいでしょう。

ルーターの設定や使用時間の設定などは、専用アプリで簡単に行うことができます。高性能の割に安価な価格が魅力的な無線LANルーターです。

 

BUFFALO「AirStation WSR-2533DHPL2」

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO「AirStation WSR-2533DHPL2」
ブランド
カテゴリ

ストリーム数4×4

「AirStation WSR-2533DHPL2」は、コンパクトでシンプルな外観が特徴の無線LANルーターです。

お手頃な価格でありながら、ビームフォーミング機能やMU-MIMO機能を網羅し、高速なIPv6にも対応しています。

Wi-Fi6には非対応であるものの、推奨環境は戸建て3階・マンション4LDKと広い範囲で利用可能です。

セキュリティ規格はWPA2なので、外部から侵入されるなどの危険性はほとんどないでしょう。

 

NEC「Aterm PA-WG1800HP4」

出典: Amazon.co.jp

NEC「Aterm PA-WG1800HP4」
ブランド
カテゴリ

端末ごとに利用時間を管理

高速通信IPv6に対応しているAterm PA-WG1800HP4 は、NECの独自技術『IPv6 High Speed機能』を利用すればさらに通信速度がアップします。

一般的な通信IPv4でも、高速な通信規格11acで転送するため、ストレスフリーな使い勝手に期待が持てるでしょう。

接続する端末ごとに、利用制限タイマーが設定できるので、子どもがいる家庭でも時間にメリハリを付けた使い方ができます。

 

【テレワーク】おすすめ人気無線LANルーターの比較表はこちら

商品画像
商品名 新世代Wi-Fi6対応 TP-Link「ARCHER AX50」 BUFFALO「AirStation WSR-2533DHPL2」 NEC「Aterm PA-WG1800HP4」
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

【ゲーミングモデル】無線LANルーターおすすめ人気ランキング3選

ゲームをストレスなく楽しむためには、リアルタイムな動きに対応できるものや、遅延を最小限に抑える通信が求められるでしょう。

パワフルな通信を目的とした、おすすめのゲーミングモデルを紹介します。

 

ASUS「RT-AX88U」

Wi-Fi6対応・外付けアンテナ

「RT-AX88U」はWi-Fi6対応の高速通信を実現し、有線LANのような使い心地でオンラインゲームを楽しめます。

周波帯域も2.4GHz・5GHzの両方を網羅しているので、使用環境に合わせて選択可能です。

ゲームだけでなく、高画質なストリーミング再生動画もストレスなく視聴できるでしょう。

推奨環境は戸建3階・マンション4LDKであり、最大接続台数は21台という高いスペックを誇ります。

WPSのワンタッチ接続機能が付いてるので、煩わしい接続設定や手順は不要です。

 

ASUS「TUF-AX3000」

ゲームを最優先

まさにゲームのために作られた「TUF-AX3000」は、快適なゲームライフをサポートする機能が充実しています。

Wi-Fi6対応で高速通信ができる上、ゲームのパケットを優先して転送する『ゲームブースト』があるので、複数台で接続していてもゲームの動作にほとんど影響を与えません。

プレイステーション4などの家庭用ゲーム機を接続するLANポートも四つ付いており、どれも1000BASE-T対応の高速通信にマッチした仕様になっています。

 

BUFFALO「AirStation WSR-5400AX6」

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO「AirStation WSR-5400AX6」
ブランド
カテゴリ

充実の機能が満載

ゲーミングモデルの中でも、複数台の接続を強みとした無線LANルーターが、「AirStation WSR-5400AX6」です。

多数の機器が接続しても同時通信を可能としたOFDMA機能により、接続された機器全てがストレスなく使用できるでしょう。

ほかにも、来訪者にインターネット接続だけを許可する『ゲストポート機能』や、特定の接続端末の利用を『タイマーで制限する機能』も付いています。

また、買い替える人にとってはうれしい、『無線引越し機能』も搭載されています。

これは、旧無線LANルーターの設定を、ボタンを押せば無線を通じてAirStation WSR-5400AX6に引き継げる機能です。

 

【ゲーミングモデル】おすすめ人気無線LANルーターの比較表はこちら

商品画像
商品名 ASUS「RT-AX88U」 ASUS「TUF-AX3000」 BUFFALO「AirStation WSR-5400AX6」
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

無線LANルーターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、無線LANルーターの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

テレワークをより快適にする製品をさらに紹介

マウスとデスク周り
親子でモニターを見る

 

快適なネット環境を整えよう

無線LANルーターを選択する際は、使用目的と利用する環境に合わせて選ぶとよいでしょう。

古い無線LANルーターよりも、比較的新しい商品の方が、高速な通信規格や高いセキュリティ規格を網羅しています。

ゲームを得意とする機器もあるので、オンラインゲームを楽しみたい人は、ゲーミング機能が充実したモデルを選択してみてはいかがでしょうか。

自分に合った無線LANルーターを入手し、快適な通信を楽しみましょう。

記事内で紹介されている商品

新世代Wi-Fi6対応 TP-Link「ARCHER AX50」

サイトを見る

BUFFALO「AirStation WSR-2533DHPL2」

サイトを見る

NEC「Aterm PA-WG1800HP4」

サイトを見る

BUFFALO「AirStation WSR-5400AX6」

サイトを見る

関連記事