料理が楽しくなる!商品選びのポイントや人気ブランドは?おしゃれな両手鍋のおすすめランキング8選

煮る・焼く・炊く・蒸す・揚げるなど、さまざまな調理ができるのが両手鍋の魅力です。フライパンでは対応しにくい煮込み調理も難なくできるので、ひとつは持っておきたいキッチアイテムのひとつです。

「鍋なんてどれも同じだ」と思っていた私も、ル・クルーゼとダンスクの両手鍋に出会って、新しい料理にチャレンジする機会が増えました。自分が作りたい料理や、生活シーンに合わせて選べば、絶対手放せなくなる“私にぴったりの両手鍋”の選び方をご紹介します!

 

魅力たっぷりな両手鍋!持っておいて悔いなし?!

両手鍋

美味しいものを食べるのが好きな私が両手鍋の魅力に気がついたのは、煮物を作ったときでした。今まで火の通りを早くするために、電子レンジを使って軽く火を通してから煮炊きをしていましたが、鋳物ホーローの両手鍋を購入してからは、火が通りにくい食材も、短時間で調理でき、料理の手間も大幅に減りました。

お鍋が違うだけで毎日の料理の時間も楽しくなるので、両手鍋はひとつは持っておくと便利です。そんな両手鍋には4つ魅力がありますよ。

 

幅広い料理に対応できるから万能

冒頭でもお伝えした通り、煮る・焼く・炊く・蒸すの調理に加え、揚げ物もできる両手鍋は、どんな料理も作れる万能な調理器具です。最近では高さの浅いフライパンのような両手鍋もあるので、パエリアやすき焼きなどの鍋料理にも対応できます。

 

火の通りが早いから料理時間も短縮できる

鍋の素材によってそれぞれ特徴がありますが、アルミ素材の両手鍋は熱伝導率が良く、素早くお湯を沸かすことが得意なので、下ゆでやスープ作りに最適です。鋳物ホーローは食材への熱の通りが早く、煮炊きが得意です。

どの用途で使うかを考えてお鍋を選べば、大幅に料理の時間を短縮できますよ!

 

見た目もおしゃれだからテーブルにそのまま置ける◎

カラフルでかわいいホーロー鍋や鋳物ホーロー、スタイリッシュでかっこいいステンレス鍋は、そのまま食卓に持っていっても、とてもおしゃれです。大人数のパーティーの時も、おしゃれな両手鍋を選べば食卓が一気に華やかになります。

 

一人暮らしにぴったりのコンパクトサイズも

両手鍋には一人暮らしにぴったりの直径16センチ程度のものもあります。1〜2合のご飯を炊いたり、ひとり分のうどんや味噌汁、煮物を作ったりするのに最適です。

野菜を茹でたり、少ない油で揚げ物をしたりと、毎日の料理では意外と小さい鍋の方が出番も多いこともあるので、どの家庭でもコンパクトな両手鍋は活躍しますよ。

 

それぞれの特徴は?素材で見る両手鍋の機能性とは

料理

お鍋は素材によって得意・不得意があります。調理によって素材の違うお鍋を使い分ければ、料理の腕をぐんとあげることができますよ。どんな時に使うかを想像して選べば、失敗せず理想の両手鍋を選ぶことができます。

 

手軽で使いやすいアルミ素材

熱伝導がよく、どんな料理も対応できるのがアルミ素材の特徴です。茹でたり煮たりする料理にも素早く対応できるので、一つ持っておくと便利。鍋の重さも軽いので、高い位置に収納するときも安心です。

アルミは火の通りが良いのが魅力のひとつですが、焦げやすいというデメリットもあります。油なじみが悪いアルミは鍋底が焦げ付きやすいので、研磨剤が入ったクレンザーなどの洗剤で焦げ付きを落としましょう。

 

どこか懐かしい♪ホーロー素材

鉄やアルミニウムなどの金属の表面にガラス質をコーティングしているホーロー素材は、磁器からでる遠赤外線の効果で食材に火を通すことができます。そのため、食材の組織を壊すことなく旨味を引き出すことができます。

鍋の重さも重すぎないので、女性でも使いやすいのですが、ガラス質をコーティングしているため衝撃に弱いというデメリットがあります。鍋表面に傷がつくとヒビ割れてしまう恐れもあるので、取り扱いに注意が必要です。

 

シックにきまるステンレス素材

錆びにくく、衝撃に強いのがステレス素材の特徴です。お手入れも簡単で、鍋自体が劣化しにくいので、ひとつの鍋を長く使いたい方に最適!ただし、熱伝導率が悪いので、鍋自体が温まるのに少し時間がかかります。一度温まると、長時間保温できるので、じっくりと煮炊きする料理に向いていますよ。

 

重厚感が魅力の鋳物ホーロー

鋳物鍋の耐久性と保温力の高さに、ホーローをコーティングすることで焦げ付きにくさを加えた鋳物ホーロー鍋。蓋も重く密閉性も高いので、素材の旨味を閉じ込める無加水調理もできるのが魅力のひとつです。

料理のプロも愛用するほど人気の素材ですが、鍋自体がとても重いので、取扱いには注意が必要です。

 

両手鍋で人気のブランドは?

両手鍋

おしゃれにキマる両手鍋ブランドはたくさん登場しています。私もいくつか人気ブランドの両手鍋を持っていますが、どのブランドもそれぞれ魅力がたっぷり詰まっています。人気ブランドの両手鍋がひとつあるだけで、いつものキッチンがワンランク上になりますよ。

 

インテリアとしても映えること間違いなしのSTAUB

世界中のシェフから愛されているSTAUBの両手鍋。STAUB最大の特徴は、鍋の蓋裏に隠されている“アロマ・レイン”を発生させる突起があることです。食材から出た水分を蒸気に変えて旨味を再度閉じ込める“アロマ・レイン”の働きで、さらに美味しい料理が完成します。

 

どんなキッチンにもピッタリ♪ステンレスで機能性も抜群なジオ・プロダクト

シンプルでスタイリッシュなジオ・プロダクト。オールステンレスで、親子3代でも愛用できる洗練された機能美を感じることができる両手鍋が揃っています。お鍋をオーブンのように使用することもでき、コンロでケーキを焼くことも可能!シンプルで使いやすく、機能性が良いところも魅力のひとつです。

 

持ち手が個性的!カラーがとにかく可愛いDANSK

カラフルで丸みを帯びたポップでかわいいホーロー鍋のDANSK。ホーローの特徴である、コゲや臭い、変色にも強く、普段使いしやすいところが特徴です。DANSKの特徴的な蓋は、なんと鍋敷きとしても使えるため、機能的にも優れています。

蓋の取っ手は鍋つかみがなくても、菜箸や木べらを通すだけで簡単に開けることもできますよ。

 

ギフトにも大人気のル・クルーゼ

フランス郊外の小さな町で産まれたル・クルーゼ。今では、鋳物ホーローのパイオニア的な存在です。他のブランドと比べ、様々な形の両手鍋が存在するため自分にあった両手鍋を見つけることができます。カラーも豊富で、インテリアの一部としても食卓を華やかに演出してくれますよ。

 

使って実感!筆者が教える両手鍋選びのポイント3つ

両手鍋

2年に1度のペースで引っ越しをしている私が、どのキッチンでも使える「失敗しない両手鍋」を選ぶときに大切にしている選定項目が3つかあります。自分にぴったりな両手鍋を見つける際のヒントになるので、ぜひチェクしてみてくださいね。

 

IH・ガス対応かをチェック

まず一番大事なのが、キッチンの熱源がIHかガスかということです。最近はどちらにも対応している鍋が多く存在しますが、アルミや銅でできた鍋はIHでは使えない場合もあります。

どんなにデザインが良くて気に入った鍋が見つかったとしても、使えなければ全く意味がありません。そんな悲しい状況が起きないように、どの熱源に対応できるのかをチェックしておきましょう。

 

鍋の置き場所で素材を選ぶ

大きめの両手鍋を購入した場合、意外と困るのが収納場所です。鋳物ホーローのようにかなり重さがある鍋を、毎回棚上に収納するのは危険です。鍋が落ちてきた場合、怪我をしてしまう恐れがあるので、購入したらどこに収納するのかを考えておきましょう。

 

サイズ感は3~4人向けなら22センチ以上を選んで

「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、鍋に関してはそんなことはありません。使う人数によって鍋のサイズを選んだほうがベターです。一人暮らしなら16〜20センチのお鍋を選びましょう。大人数で使用する場合は22センチ以上のものを選ぶのがベスト!

肉や魚、野菜など、長さのある食材を調理する場合はオーバル型の両手鍋ならストレスなく調理することができますよ。

 

to buyオフィシャルインフルエンサーおすすめの両手鍋もご紹介!

Staub ココット ラウンド

TPMMのイチオシ!

念願のstaub☺︎ 4人家族の我が家には、いちばん使いやすい大きさです。そのまま食卓に出せるのもいいです。#キッチン #鍋 #ストウブ #staub

 

 Staub ブレイザー ソテーパン

sayuのイチオシ!

これからの時期、お鍋をする時に大活躍!!!丁度いい深さと大きさです。

 

Staub ピコ ココット ラウンド

myaのイチオシ!

いいお鍋が欲しくてお試しに1つ購入!これは料理が楽しくなります♪無水料理も作れるのも凄い!!!圧力鍋がいらなくなりました。そのまま食卓に置いてもオシャレになるので一石二鳥!

 

アイリスオーヤマ 両手鍋

Fusakoのイチオシ!

1つで6役!「蒸す」「煮る」「焼く」「炒める」「茹でる」「炊く」が可能です。鍋はとても軽く、洗う時も汚れが落ちやすいので、幅広い料理に活用できます。

専用のシリコンの取っ手と、オリジナルのレシピブックがついているため、買ってすぐに、困ることなくお料理を楽しむことができました。

ちょっとしたおかずから、煮込み料理まで、普段使いに活用しています。

 

Vermicular オーブンポットラウンド

Fusakoのイチオシ!

フタと本体の密閉性が、鋳物ホーロー鍋での究極の無水調理を実現した、日本製の鍋です。

とても重たいのですが、材料を入れて火にかけておけば料理ができるので、とても簡単に調理をすることができます。

また見た目もおしゃれなので、ホームパーティーでも映えるかと思います。レシピ本がついているので買ったその日から料理を楽しむことができています。

 

両手鍋のおすすめランキングTOP8

第8位 富士ホーロー ディープ キャセロール ソリッド 22cm

出典: Amazon.co.jp

富士ホーロー ディープ キャセロール ソリッド 22cm
ブランド
カテゴリ

日々の調理をラクにする深さのあるホーロー鍋

熱伝導率の良いホーロー鍋の中で、19センチの深さもあり、パスタや麺類を茹でやすい両手鍋です。レトロでかわいい、ホワイト・レッド・グリーンの3色のカラーバリエーションも魅力のひとつ。一人暮らしの方には、ひと回り小さい18センチの両手鍋もあります。

 

第7位 4TH-MARKET コッタ オーバルキャセロール

出典: 楽天市場

4TH-MARKET コッタ オーバルキャセロール

 

メイドインジャパンの耐熱陶器の両手鍋

三重県四日市市の伝統工芸品の「萬古焼」の両手鍋です。直火での調理はもちろん、オーブン、電子レンジでも使用することができるマルチなキッチンアイテムです。耐熱陶器なのでIHでは使用不可ですが、日本の食卓にきれいに馴染む土鍋としても活躍しますよ。

直径が26センチがあり、2〜2.5人前の煮込み料理を作るのにちょうど良いサイズです。

 

第6位 中尾アルミ製作所 プロキング 半寸胴鍋

日本の有名ホテルで長年愛用されているプロの逸品

厚さが4㎜もあるアルミ材を特別な装置で加工し、均一にしているため驚きの熱伝導率の良さを誇る両手鍋です。創業者自ら“鍋のベンツ”と公言するほど、熱回りが均一でプロも納得する高品質なアルミ鍋。IHは使用不可ですが、一度熱が伝わると弱い火力でもしっかりと火が通るので省エネになりますよ。

 

第5位 バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm

出典: Amazon.co.jp

バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm
ブランド
カテゴリ

食材の美味しさを引き出す無水調理ができる両手鍋

素材が持つ水分で調理ができるため、野菜スープやカレーなどの煮込み料理が得意な両手鍋です。22センチのオーブンポットラウンドなら、カレーやシチューが4人分が作れる定番サイズ。1〜2人暮らしなら18センチの両手鍋がおすすめです。

 

第4位 宮崎製作所 ジオ ポトフ鍋

全ての熱源に対応したオールステンレス鍋

熱伝導性に優れたアルミニウムをステンレスでサンドした全面7層構造の両手鍋です。蓋に適度な重さがあり、保温性も高く無水調理や保温調理もできる優れもの。オーブンに入れて調理することもできるので、煮炊き以外でも大活躍しますよ。

 

第3位 DANSK コベンスタイルII 両手鍋

デザインも機能性もハイクオリティ

超硬質ガラスコーティングされたダンスクの両手鍋は、焦げつきや臭いに悩まされることなく、毎日使いたくなる便利なキッチンツールです。直火やIH、オーブンにも使用できるので料理の幅も広がります。3人分以上の料理を作る時は、23センチのお鍋を選びましょう。

 

第2位 staub ココット ラウンド

世界の一流レストランのシェフに愛される鍋

素材の旨味を逃すことなく調理できるストウブの両手鍋は、蓋をしたままオーブン調理も可能です。直火、オーブン、IHと様々な熱源に対応できる上に、鍋底が焦げ付きにくのも魅力のひとつ。鍋蓋には食材からでた水蒸気を滞留させる“アロマ・レイン”を発生させ、美味しさやみずみずしさを閉じ込めることができます。

 

第1位 ル・クルーゼ ココット ロンド

愛され続ける“百年鍋”の異名をもつ鋳物ホーローのパイオニア

お料理好きの憧れブランドとして人気のル・クルーゼ。最大の特徴は熱伝導率の良さです。鍋全体に熱がまわり、食材の旨味をじっくり引き出してくれます。鋳物ホーロー鍋は金属つまみが多い中、樹脂製のつまみなので熱くなりにくく、普段使いしやすいのもポイントです。

ロースト料理も作りやすい27センチのオーバル型や、鍋物や炒め物のできる浅型、テーブルに映える豊富なカラーラインナップなど、様々なニーズにあった両手鍋を見つけることができます。

 

両手鍋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、両手鍋の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

両手鍋で美味しいお料理をより気軽に

鍋

お気に入りの調理道具は、毎日の生活の相棒のような存在になります。私も憧れのブランドの両手鍋を使い出して、日々の料理の時間がさらに楽しくなりました。“いつか欲しいな”と思っている両手鍋に出会えたら、少し背伸びをしてでも手に入れてみると、日々の暮らしに彩り与えてくれますよ。

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Staub (ストウブ) ココット ラウンド 24cm…

サイトを見る

Staub (ストウブ) ブレイザー ソテーパン …

サイトを見る

Staub (ストウブ) ピコ ココット ラウンド…

サイトを見る

アイリスオーヤマ 両手鍋 無加水鍋 20cm …

サイトを見る

Vermicular (バーミキュラ) オーブンポッ…

サイトを見る

富士ホーロー ディープ キャセロール ソリ…

サイトを見る

4TH-MARKET コッタ オーバルキャセロール

サイトを見る

中尾アルミ製作所 プロキング 半寸胴鍋

サイトを見る

バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm

サイトを見る

宮崎製作所 ジオ ポトフ鍋

サイトを見る

DANSK コベンスタイルII

サイトを見る

staub ココット ラウンド

サイトを見る

ル・クルーゼ ココット ロンド

サイトを見る

関連記事