買いたいものを検索してください

【2020年最新版】購入前に知っておくべきポイントは?泡立て器おすすめランキング10選

市販で販売されているお菓子も好きですが、たまに手作りのお菓子が食べたくなる時ってありませんか?お菓子を作る時にかかせないのが、泡立て器。メレンゲを作る際などなどお菓子作りに必須の調理器具ですよね。

お菓子作りだけでなく、普段の料理でも泡立て器は大活躍!お手製ドレッシングやスープ作りなど、さまざまな場面で使用する事が多いアイテムです。

以前に比べて泡立て器を活用するようになってからは、お菓子や料理の腕が上がったような気がします。自分に合った泡立て器なら、もっとお菓子作りや料理が楽しくなりますよね。

今回は、そんな優秀すぎるおすすめ泡立て器をご紹介!選び方の秘訣も事細やかにご紹介しますので、泡立て器を買い換えようと思っている方はもちろん、今まであまり泡立て器に関心がなかった方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

泡立て器とハンドミキサーは機能性が違う!

食材を混ぜ合わせる時に使用する泡立て器とハンドミキサー。両方とも役割は同じですが、機能性に違いがあります。

まず、ハンドミキサーは電気を利用して早い速度で一気に食材を混ぜるのが特徴です。生クリームのツノを立てたい時や、ふんわりとしたケーキ生地を作りたい時に便利。腕が疲れずに簡単に泡立てを終えられます。

しかし、簡単なぶん価格帯は泡立て器よりもお高め。また、泡立ち力が強いため、あまり泡立てすぎないほうが良い物でも凄く泡立ってしまう面もあります。

泡立て器は完全に手動で泡立てを行うため、生クリームのツノを立てる時だったりケーキ生地を作る時には、かなりの時間をかける事になるでしょう。ハンドミキサーと同様に泡立てる事もできますが、腕や手が疲れてヘトヘトになってしまいます。

とはいえ、泡立て器は細かな部分までしっかりと泡立てられるのが魅力!プロのパティシエさんはハンドミキサーを使用せずに、泡立て器を使うそうです。繊細な食材の泡立てを自分の手で行うのが、美味しいお菓子・料理作りの秘訣なのかもしれませんね。

泡立て器の魅力はそれだけでなく、気軽に購入できる価格設定なところも。泡立て器の種類によって向いている食材などもありますので、よく作る料理に合わせて使い分けしやすいのも魅力的です。

 

泡立て器のタイプ

泡立て器を選ぶ前にまず知っておきたいのが、商品のタイプです。それぞれに違いがありますので、チェックしておいてくださいね。

 

手動タイプ

泡立て器で1番オーソドックスな形をしているのが、手動タイプの商品です。たくさんのワイヤーがまとめられていて、手動で泡立てをする時に使う調理器具になります。ワイヤーの細さや長さ、素材などは商品によってそれぞれ変わります。

手を使って泡立てなければなりませんので、腕が疲れるのがネック。特にお菓子作りにこだわりたい方は、繊細な動きを出せる手動タイプの商品がおすすめです。お手頃に購入できる商品も多く、価格帯を重視したい方にもピッタリ!

 

電動タイプ

ハンドミキサーではなくとも、泡立て器にも電動タイプの商品が存在します。泡立て器の電動タイプの特徴は、微細な振動力。サラッとした食材に最適な使用感で、エアリーな食感にしてくれるのが魅力的なタイプです。

たくさんの食材を泡立てる時やとろみが強い食材の泡立てには、あまり向いていません。ハンドミキサーよりは価格帯が低めですが、手動タイプの物と比べると若干お高め。しかし、1本持っておけると料理やお菓子作りの幅が広がる便利な種類でしょう。

 

回転手動タイプ

持ち手部分のハンドルを回転させる事により、泡立てを行えるのが回転手動タイプです。手動タイプの泡立て器よりも腕や手が疲れる事なく、簡単に泡立てられるのが魅力的。ハンドミキサーよりも手軽に使えるので、サッと泡立てを簡単に済ませたい時に最適です。

 

コイルタイプ

ワイヤーをらせん状に巻いた泡立て器を、コイルタイプと呼びます。特徴は、キメの細かい泡立ちになるところ。たくさんの量の泡立てには向いていませんが、少しの量ならばほかのタイプの商品よりも簡単に早く泡立てを終わらせられます。

 

泡立て器選びのポイント

泡立て器を購入する前には3つのポイントをおさえておくのが◎!スムーズな商品購入のためにも、泡立て器選びのポイントを確認しておきましょう。

 

価格で選ぶ

泡立て器を購入する際に気になるのが価格帯。今は100均でも購入できるような低価格の商品もたくさん販売されています。電動タイプの泡立て器になると価格はお高めになりますが、基本的には購入しやすい価格設定の物が多いでしょう。

しかし、プチプラを追い求めすぎると質の悪い商品にあたってしまう可能性もあります。素材や耐久性などを事前にチェックしておけると、長く愛用できる泡立て器を選べます。

コストパフォーマンスを重視するなら、お値段だけでなく素材や耐久力にも注目してみましょう。

 

ワイヤーの素材で選ぶ

泡立て器に使われている素材によって、使用感や耐久力が変わります。

「ステンレス」

ステンレス素材を使って作られた泡立て器は、高耐久が魅力的!熱に強い面もある素材なので、熱い食材を泡立てる時にも使いやすいですね。

食材の硬さにも気兼ねする事なく泡立てが行えます。良いこと尽くしに見えますが、併せて使う調理器具を傷つけてしまう面もありますので、大切なボウルやフライパンには使用を避けたほうが良いでしょう。

「シリコン」

シリコン素材を使った泡立て器は、ボウルやフライパンなどの調理器具を傷つける事なく使えるのが魅力です。ステンレス素材の泡立て器に比べると耐久力は優れていませんが、静かに泡立てが行えるのも嬉しいポイントです。

「プラスチック」

プラスチック素材使って作られた泡立て器の特徴は、おしゃれでかわいいデザイン性。料理をするのが楽しくなるようなデザインの商品が多く、調理器具を傷つけにくい点も◎!

プチプラで購入できる商品もたくさんあるので、デザイン性を重視する方におすすめの素材です。

 

ワイヤーの形で選ぶ

泡立て器に使われているワイヤーには、商品によって本数や長さなどが変わります。どういった料理に使う事が多いか、どんな場面に使うかを事前にイメージしておけると、自分にピッタリな泡立て器を選べるでしょう。以下の欄でワイヤーについて詳しくご紹介しますので、お気に入りの泡立て器選びの参考にしてみてくださいね。

どんな食材を泡立てるかによって、向いている泡立て器のワイヤーの形が変化します。よく作る料理やお菓子に合わせたワイヤーの形の泡立て器を使えると、仕上がりが格段に上がりますよ。

 

・素早く泡を立てたい方は、ワイヤーが「細め」で本数が多い物がおすすめ!

手動での泡立ては腕が疲れてしまうから苦手、という方も多いでしょう。そんな方におすすめなのは、細めのワイヤーを使った泡立て器です。本数が多めに作られているワイヤーも◎!

早い時間で泡立てを完成する秘訣は、食材に空気をしっかりと含ませる事です。細く本数が多いワイヤーの泡立て器なら、空気が入りやすく、泡立ての時間を短縮させられるでしょう。コイルタイプのようなキメの細やかな泡が立てられる物だと、更にスピードを上げられます。

 

・泡を立てるより混ぜたい方は、ワイヤーが「太め」な物がおすすめ!

重さがあるバターや粉系の食材をしっかりと混ぜたい時には、ワイヤーが太くなっている泡立て器をチョイス!細いワイヤーの泡立て器だと力が弱く、上手に混ぜ合わせるのが難しくなります。耐久力に優れたステンレス素材を使い、ワイヤーが太めになっている泡立て器なら、食材を満足いくまで混ぜられます。

 

・ソースを作りたい方は、ワイヤーが「固定」されている物がおすすめ!

料理の際に使うソースやドレッシングを混ぜる時は、なるべく気泡が入らないようにするのが美味しく完成させるコツ。ワイヤーの先が固定されている泡立て器なら、気になる気泡を出さずにしっかりと混ぜ合わせる事ができますよ。サイズ感が小さな物なら、コーヒーやココアなどのドリンクを混ぜる時にも活躍してくれます。

 

自分に合ったワイヤーのサイズは?

どんな料理やお菓子作りに使用するかによって、泡立て器のワイヤーのサイズを使い分けられると、より完成度が増します。仕上がりの良さを引き立てるためにも、向いているワイヤーのサイズの商品を選ぶようにしてみてくださいね。

 

・ドレッシング・ソース作りには「14〜20㎝」サイズがピッタリ!

少しの量の食材を混ぜ合わせるには、サイズ感が小さく設定されている泡立て器がおすすめです。ミニサイズの泡立て器は、小さなボウルやカップに入りやすいので、食材を混ぜ合わせる際にとても便利です。

ドレッシングやソースなどを混ぜたい時、コーヒーやココアを混ぜたい時には、14㎝から20㎝程度の泡立て器を選んでみましょう。

 

・ケーキに使う生クリームの量を泡立てるなら、「25㎝」サイズがおすすめ!

一般的に連想する泡立て器のサイズは、おおよそ25㎝になっている物が多いでしょう。1番オーソドックスな大きさで、持っているとさまざまな料理やお菓子作りに使えるので便利です。

ホールケーキの大きさにのせる生クリームを泡立てたい時や、お菓子作りに必要なたっぷりの生クリーム作りには、25㎝程度の大きさの泡立て器が最適でしょう。

 

・多量に泡立てをする時は「30〜35㎝」サイズが◎!

たくさんの量の食材を一気に混ぜ合わせたい時には、30から35㎝と大きめサイズの泡立て器をおすすめします。

サイズ感が大きくなってしまうので収納しにくさを感じる面もありますが、1つ持っていると量が多い時の泡立てがとても楽になります。

料理やお菓子作りをする時にたくさんの量を混ぜ合わせる機会が多いなら、30から35㎝の大きめサイズの泡立て器を持っていると安心です。

 

持ち手の形状・太さ・素材も確認

maru

泡立て器を選ぶ時によく確認してほしいのが、泡立て器の持ちやすさです。せっかく購入しても持ちにくければ、だんだんと使用するのが億劫になり、置物になってしまう事も……

いつでも手軽に使えるように、泡立て器の持ちやすさは特にこだわって選んで欲しいポイントです。

持ち手部分は自分に合った太さをしているか、滑りにくい素材で作られているか、滑りにくい加工がされているかをしっかりと事前に確認しておけると安心です。持ち手が持ちやすい泡立て器であれば、長い時間の泡立ても疲れにくくなりますよ。

 

泡立て器おすすめ人気メーカー

あやか

泡立て器を選ぶ際に、どうしても決められない!迷ってしまう!という方は人気メーカーからチョイスするのもおすすめです。

 

ニトリ

お値段以上の高品質感がコンセプトになっているニトリ。ソファやベッドなどの家具から、日用品に至るまで幅広い商品を取り扱っている人気メーカーです。

リーズナブルなのに使いやすいと、TwitterInstagramなどのSNSでもたびたび話題になる商品を販売しています。

そんなニトリの泡立て器は、スタイリッシュなデザイン性が魅力的!主張しすぎないシンプルなデザインですが、フォルムやカラーが洗練されていて、おしゃれなキッチンインテリアにピッタリなんです。

お手頃価格で購入できる事もあり、とても人気が高い商品のひとつになっています。

 

パール金属

調理器具はもちろん、キャンプなどのアウトドアに必要な商品も販売しているパール金属。コストパフォーマンスにこだわる方にぜひ使ってみてほしい商品が盛りだくさんな、低価格・高品質のメーカーです。使用感を重視する方にも一押し!

そんなパール金属の泡立て器は、種類が豊富な点が魅力的。業務用としても使える本格的な泡立て器から、ドレッシングなどを泡立てる小さめサイズの商品、お子さんが使いやすいカラフルなデザインの物などなど、とにかくバリエーションが豊富!

自分にピッタリな使いやすい泡立て器を見つけるなら、パール金属の商品をチェックしてみてくださいね。

 

【手動】泡立て器おすすめランキングTOP7

第7位 パール金属 ONE POT 米もとげる泡立

タイプ 手動
ワイヤーの素材 ナイロン
ワイヤーのタイプ 太めタイプ
ワイヤーの長さ

マルチに使えるおしゃれな泡立て器

ワイヤー部分にナイロン素材を使った、パール金属 ONE POT 米もとげる泡立。ボウルやフライパンなどの調理器具を傷つけにくく、泡立てる際に音が静かなのが魅力的な商品です。金属がこすれる音が苦手、という方にもピッタリですよ。

持ち手部分がグリーンカラーになっていて、デザイン性の良さも◎!ワイヤー部分のブラックとマッチして、おしゃれな雰囲気の泡立て器になっています。嬉しいのが、お米をとぐ際にも使える点。

1つ持っておけば色々な料理に活用できるので便利ですね。プチプラ価格で気軽に購入しやすいのも、こちらの商品の魅力的な点のひとつ。使いやすくて低価格な泡立て器をお探しなら、こちらの商品がおすすめです。

 

第6位 サクライ エコクリーン

タイプ 手動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ 細めタイプ
ワイヤーのサイズ 18㎝

 水でOK!究極に洗いやすい泡立て器

サクライ エコクリーン 泡立て器の特徴は、なんと!水のみで洗えるというエコなところが特徴です。ゼロクリア加工が施されている泡立て器で、強い油汚れも水のみで落とせる、洗いやすさに特化した商品。なるべく洗剤を使用したくない方にもおすすめです。

抗菌や抗カビ仕様にもなっているので、泡立て器を衛生的に使いたい方にも最適。ステンレス素材で作られているので、サビにも強く耐久力もバッチリです。長く愛用できる泡立て器なら、こちらの商品がピッタリ!

細く本数が多いタイプのワイヤー部分で、肝心の泡立て機能も◎!価格帯がお高めなのがネックですが、洗いやすさの面ならNo.1とも言える逸品です。泡立て器の洗いにくさに苦労しているなら、ぜひこちらの商品を使ってみてくださいね。

 

第5位 ティファール 泡立て器 インジニオ

タイプ 手動
ワイヤーの素材 シリコン樹脂
ワイヤーのタイプ 太めタイプ
ワイヤーのサイズ

おしゃれなデザイン性+使用感の良さ!さすがティファールです

高品質な調理器具を販売している有名ブランドと言えば、ティファールですよね。品質の良さだけでなく、デザイン性にもこだわりたい方は、こちらの商品がおすすめ!

持ち手部分の黒色とヘッド部分の赤色がマッチして、見ているだけでもうっとりするような洗練されたデザイン性が特徴です。

シリコン樹脂を素材に使っていますが、プラチナシリコンと言った耐熱性に優れた素材なので、230度までの高温にも使用可能。食器洗浄機にも入れられるので、洗いやすさを求めている方にもピッタリです。

泡立てている時に音がうるさくならないのも魅力的。静かに泡立てができるので重宝する事間違いナシの商品です。おしゃれでいて使用感の優れた泡立て器をお探しなら、ティファール 泡立て器 インジニオをチェック!

 

第4位 石浜金物工業 耐熱防水 泡立

タイプ 手動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ 太めタイプ
ワイヤーの長さ 24㎝

業務用ならではの計算された設計が◎!

専門の人が使う業務用泡立て器なら、石浜金物工業 耐熱防水 泡立て器が一押しです。特徴は持ち手部分のフォルム!普通の泡立て器とは違い、角がある持ち手部分で、滑る事なくしっかりと手にフィットします。

ステンレス素材の難点とも言える滑りやすさを克服してくれた、使い心地の良い逸品。泡立て器で泡立てる時に手から滑り落ちてしまうのがお悩みの方に、ぜひ使ってみてほしいと思える商品です。サビや熱にも強いので、長く愛用する事もできますよ。

業務用ならではの使いやすさを実感できる泡立て器なら、断然こちらがおすすめ!価格帯はお高めになってしまいますが、本格的な業務用泡立て器が欲しい方に最適な商品だと思います。

 

第3位 下村企販 日本製 泡立て器

タイプ 手動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ 細めタイプ
ワイヤーの長さ 23㎝

ミニ泡立て器として使いやすさ抜群!料理の幅が広がります

スリムなサイズ感で目を惹くこちらの商品。ワイヤーの長さは23㎝と長めですが、横幅はとてもコンパクトで収納しやすさの面でも完璧です。使わない時はしまっておけて、場所を取らないので便利!

カップの中にも入れやすいサイズ感なので、カフェラテやコーヒーなどのドリンクを混ざる時にも大活躍してくれます。ミニ泡立て器を1つ持っておけると、ドレッシング作りやソース作りなどなど料理の幅がグンと広がりますよ。

シンプルなデザインで、どんなキッチンのインテリアにもマッチします。ステンレス素材なので耐久力もバッチリ!ミニ泡立て器をお探しの方は、こちらの商品をチェックしてみてくださいね。

 

第2位 OXO 泡だて器 バルーン ウィスク

出典: Amazon.co.jp

OXO 泡だて器 バルーン ウィスク
ブランド
カテゴリ
タイプ 手動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ 細めタイプ
ワイヤーの長さ 29㎝

滑りにくい持ち手とぎっしり詰まったワイヤーで使いやすさ最高級

OXO 泡立て器 バルーンウィスクは、ワイヤー部分が細く、本数も多く設計されているので、本格的な泡立てを可能にしてくれます。時間がかかってしまう泡立ても、こちらの商品ならスピードアップできるでしょう。

キメの細やかな泡が簡単に作れると話題の泡立て器です。

カーブがかった持ち手部分で、しっかりと手の平にフィットする感覚!それだけでなく、滑りにくい素材を使って作られているので、持ちやすさが最高クラスになっています。ソフトな質感になっているワイヤー部分で、洗いやすさの面でも◎!

使用感の良さと仕上がりの良さのどちらも兼ね備えている泡立て器なら、OXOのバルーンウィスクがピッタリ。価格帯はお高めですが、そのぶんのパフォーマンスを実感できる高クオリティの商品です。

 

第1位 柳宗理 ステンレスカトラリーシリーズ 日本製 泡立て器

出典: Amazon.co.jp

柳宗理 ステンレスカトラリーシリーズ 日本製 泡立て器
ブランド
カテゴリ
タイプ 手動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ 細めタイプ
ワイヤーの長さ 30㎝

プロが絶賛する使用感と仕上がりの良さ!

調理器具と言えば柳宗理!というプロの料理人も多いそうです。そんな柳宗理の泡立て器は、ワイヤーがスリムになっていて本数が多く設計されているのが特徴的。キメの細やかな本格的な泡立ちを叶えてくれる、仕上がりの良さに優れている商品です。

持ち手部分の質感は滑りにくく、持ちやすい形になっているので、泡立て時に余計な力を入れなくてすみます。手のひらにきちんとフィットするので、疲れにくいのが嬉しいですね。

ワイヤー部分はステンレス素材になっていて熱に強く、どんな食材でも混ぜ合わせられます。

サビなどにも強く、耐久性にも優れています。しっかり泡立つ!との口コミも多く、仕上がりの良さ・使用感の良さともにNo.1に輝いた商品。お高めな価格設定ですが、プロも絶賛するような使い心地の良い泡立て器をお探しの方におすすめしたい商品です。

 

【電動】泡立て器おすすめランキングTOP3

第3位 ミルク泡立て器 Sedhoom ハンドヘルド 電動牛乳 泡立て器

出典: Amazon.co.jp

ミルク泡立て器 Sedhoom ハンドヘルド 電動牛乳 泡立て器
ブランド
カテゴリ
タイプ 電動
ワイヤーの素材 ステンレス
ワイヤーのタイプ コイルタイプ
ワイヤーの長さ

おうちカフェを楽しむ時に大活躍!

自宅でのんびりゆったりとした時間を過ごすなら、本格的なコーヒーやカフェオレをおともにしたいですよね。おうちカフェをする時におすすめなのが、こちらの商品です。乾電池を使用する電動タイプの泡立て器で、線がかさばらないのが嬉しいポイント!

コードレスなので持ち運びもしやすく、どんな場所でも使いやすいですよ。コイルタイプになっていて、美味しいカフェラテを作る時にピッタリ!ラテアートを作る時にも大活躍してくれますよ。

ヘッド部分は取り外しが可能なので、洗いやすさも抜群です。TwitterやInstagramなどのSNS映えにも持ってこいなラテアート作りにおすすめ。おうちカフェを存分に楽しめる商品です。

 

2位 HadinEEon ブレンダー ハンドミキサー

出典: Amazon.co.jp

HadinEEon ブレンダー ハンドミキサー
ブランド
カテゴリ

機能性最高!マルチに使える電動泡立て器

食材を泡立てるだけでなく、潰す・混ぜる・刻むといった4役を果たしてくれる機能性に優れたこちらの商品。アタッチメントを取り替えるだけで、泡立て以外の機能も使えるのでとても便利ですよ。

パワー不足を感じさせないパワフルな動きで、どんな料理も思いのままに作れるでしょう。

持ち手部分が、持ちやすく手に密着するフォルムになっているのも◎!お手頃価格で機能性抜群の電動泡立て器を手に入れたいなら、こちらの商品が一押しです。

 

1位 パナソニック ハンドミキサー MK-H4-W

大手メーカーならではの使い心地の良さに圧巻!

本格的な電動泡立て器が欲しい方には、こちらの商品をおすすめします。高・中・低の3段階に速度が切り替えられるのがおすすめポイントのひとつ。速度を切り替える事によって完成品のクオリティがグッと上がります。

コードが長いので、どんな場所でも使いやすい!電動泡立て器にありがちな騒音もなく、静かにしっかりと泡立てができるのが嬉しいですね。自分で泡立てるのは疲れる、苦手だ、という方にぜひ使ってみてほしいおすすめ商品です。

 

泡立て器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、泡立て器の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分に合う泡立て器を見つけよう!!

ミキサー

料理やお菓子作りの腕を上げるには、まず調理器具を揃える事が大事ですよね。自分に合った調理器具を使えると、驚くほど料理やお菓子の仕上がりが良くなります。今回は、食材の泡立てや混ぜ合わせるのに便利な泡立て器をご紹介させて頂きました。

気になった商品がありましたでしょうか?ぜひ、おすすめ商品ランキングをお気に入りの泡立て器を探す際の参考にしてみてくださいね。自分にマッチする泡立て器を使えると、日々の料理・お菓子作りがもっと楽しくなりますよ。

記事内で紹介されている商品

パール金属 ONE POT 米もとげる泡立

サイトを見る

サクライ エコクリーン

サイトを見る

ティファール 泡立て器 インジニオ

サイトを見る

石浜金物工業 耐熱防水 泡立

サイトを見る

下村企販 日本製 泡立て器

サイトを見る

OXO 泡だて器 バルーン ウィスク

サイトを見る

柳宗理 ステンレスカトラリーシリーズ 日…

サイトを見る

ミルク泡立て器 Sedhoom ハンドヘルド 電…

サイトを見る

HadinEEon ブレンダー ハンドミキサー

サイトを見る

パナソニック ハンドミキサー MK-H4-W

サイトを見る

関連記事