文房具愛好家が教える!ペン立ておすすめランキング!

鉛筆にシャーペン、ボールペンと、筆記具は様々な種類がありますよね。人によっては万年筆を持っていたり、ボールペンがメインなので修正ペンも必要だったりと、さらに幅が広いでしょう。

私の場合は趣味で絵を書く事があるため、カラーペンや色鉛筆など、色のバリエーションを補うためにたくさんの筆記具が必要です。

しかし逐一ケースから出したりしまったりを繰り返すのは不便。そんな時、ペン立てがあって良かったと思っています。名前の通り立てた状態で収納しますから、たくさんあってもまとめやすいんです。

今回はそんなペン立てを使うにあたって、ポイントやおすすめをご紹介します。

 

ペン立ての選び方は置き場所と量に注意

デスクとペン立て

ペン立ても安易に選ぶと失敗しがち。そこでまずは自分にどのようなペン立てが必要なのかを考えましょう。

 

ペンの種類だけ仕切りも欲しい

まずはペン立ての広さに注目。持っているペン、少なくとも使う場所に置いておくペンなら全て収納したいものです。購入前にどのぐらいの量があるかを確認し、可能ならぺん立てに入れた場合を想定して底面積を計測しておくと良いでしょう。

またボールペンにシャーペン、カラーペンなど種類がある場合は、区別できるよう仕切りも欲しいですね。ペンの量が変わりやすいなら、取り外し可能な仕切りだとより便利に使えます。

加えてぺん立てと言っても、鋏や糊などペン以外の文房具を入れる人もいるでしょう。その場合は大きめの収納スペースも必要ですから、ペンしか入らないような小さなものは避けてください。

 

面積の広いぺん立ては置き場所に注意

ただし、やたらと底面積の広いぺん立てでは、置き場所を圧迫してしまいます。特にもともと小さな机や、パソコンなどほかのアイテムも併設しているデスクでは使いづらいです。

ペンの数だけでなく、置き場所の空きスペースのサイズ以下で探すことも考えましょう。またペンが多く、どうしても大きなペン立てが必要になってしまうなら、ラックのように重ねるタイプで場所を確保する方法もあります。

 

倒れにくさは見極め必須

ペン立ては倒れなくて当たり前と思われるかもしれませんが、種類によっては倒れやすいタイプも存在します。ペン立てそのものが不安定なこともあれば、置き場所が傾斜していたり、表面に少しでも凸凹があるために倒れやすいことも。

普段からペン立てを置く予定の場所で物が倒れやすいなら後者の可能性が浮上するので、ペン立てには重さのある素材や滑り止め付きなど、安定さがあるものを選びましょう。

 

素材やデザインは置き場所に併せて

もし良い機能のペン立てが色々あって迷うようなら、見た目にも注目してください。置き場所のカラーや素材と同系統を選べば、インテリアとして統一感が出ます。

もちろんアクセントとしてあえて別の素材を使うのもありですから、最終的には好みですね。また金属ならスマートさ、木なら温かみなど、素材ごとに受ける印象も違います。

 

実際に使って良かったペン立て3選

ペン立てとノート

参考までに、私が今まで使ったことのあるペン立てをご紹介します。当時はあまり考えずに買ったものもあり、実際に使ってみて気になった点についても触れました。

 

第3位 ナカバヤシ ライフスタイルツール

まずはナカバヤシのペン立て。ライフスタイルツールという名前になっている通り、ペン以外の文房具も収納できます。綴じ込むことでファイルの形状になるため、使わない時は本棚にしまうことも可能。

ただ開けっ放しにしていると場所を取るので、むしろ普段は使わないアイテムを仕舞う場所向けでした。逐一取り出すのが面倒という方には向きません。

ちなみに絆創膏や薬など、救急箱として使うことも可能。こちらは普段使わないことも多いですから、衛生アイテムがごちゃごちゃしているなら使うのもありかもしれません。

 

第2位 ナカバヤシ パンチングメタル ペンスタンド 丸型

続いてはシンプルなペン立て。仕切りやポケットなどがあるわけではないので、種類で分けるなどの工夫は難しいですが、本数が少ない、区別は気にしないならおすすめします。

構造が簡易ということもあって、値段も安いのが魅力。デザインも凝っていない分、どんなデスク周りにも合わせやすいです。

 

第1位 オープン工業 大容量収納可能 ペン立

1位は仕切りありのペン立てです。区切ったスペースの大きさは均等でなく大小ありますから、大きい方には鋏や糊、あるいは油性マジックなど太いペンを収納することもできます。

また気に入っているのが、底面に滑り止めがついていること。ちょっと机を揺らしたぐらいでは倒れないので、安定さを求める方にぴったりです。

 

ペン立ておすすめランキング

ペン立て

ペン立ては上記以外にも様々な種類があるようです。ここではもし可能なら使ってみたい、今のペン立ての次に買うなら…を想定して気になるアイテムをピックアップしました。

 

第5位 LIHIT LAB マグネットポケットペンスタンド

まずはマグネットポケット付きのペン立てから。一見するとシンプルな仕切りなしのペン立てなのですが、側面の一部に強力な磁石が付いています。

金属など磁石で接着可能な場所であれば、壁に取り付けることが可能なんです。そもそもデスク上に置かなくて済むとしたら、省スペースにこだわる人には便利でしょう。

ただし耐荷重は300gなので、詰め込みすぎると落っこちてしまう可能性がありそうですね。

 

第4位 ソニック  ペン立て

こちらは仕切りと段差のあるペン立て。手前が奥より低くなっているので、奥が取り出しにくいという欠点が無いのが良いなと思いました。

また最奥部は広いものの薄いスペースになっていて、ペンではなく小さなメモ帳を入れるのに適した場所。メモを取ることが多い人にはぴったりです。

ペンは真ん中の高いスペース、前の低いスペースには消しゴムなど小物を入れるのに適しています。複雑な構造の割に値段も低いので、コスパにこだわる方にも良いでしょう。

 

第3位 MagicHouse 収納ケース

3位は4位に近い形をしていますが、より大きめサイズなのが特徴です。ゆえに場所が限られている人は注意。最大幅が18cmなので、確保できるか確認が必要です。

4位より上位にした理由としては、手前の低いスペースはほぼ高さがないので、より取り出しやすさが期待できること、スペースそのものが大きいゆえに、収納もたくさんできそうな点が挙げられます。メモ帳や鋏、ホチキスなどほかのステーショナリーをまとめて保管するのにも役立ちそうですね。

 

第2位 PLUS ウィッティ・パーティペンスタンド

2位はスペースとしてはシンプル構造のものに近いのですが、クリップなど小物を収納できるスペースが下部に用意されています。ペン立てが口を開けているかのような、面白いデザインも魅力ですね。

また底部がクッション材になっており、ペンを傷つけにくい設計になっています。ついつい乱暴に入れてしまう人にはありがたいかもしれません。

上部のペン入れ部分は大きいものが1つと小さめのもの2つで、区切りが全くないわけでもありませんから、たくさんではないけど種類分けしたい、鋏などほかのアイテムもまとめたい時に役立ちます。

 

第1位 カール事務器 マルチスタンド L

上の選び方でも少し触れましたが、場所がないなら重ねるタイプにすればよい、その1つがこちらです。段ごとに取り外しはできませんが、合計4段、上に重ねる形で存在していますから、底面積は少なくて済みます。

底面積だけ見れば、縦横9cm程度あれば十分ですね。また各ボックスの底面は斜めになっていて、ペンを取り出しやすいのも魅力。

ちなみにSサイズも存在しており、こちらは幅が5cmと狭くなっています。よりスペースを抑えたいなら、こちらもありですね。

 

まとめ

あえて探すというイメージが少ないかもしれませんが、ペン立ても目を向けてみると実に様々な形態があります。もし、自分により合ったものを選ぶことができれば、省スペースや使い勝手のアップ可能。

筆記具が多い方はこれを機に、ペン立てで収納上手になっちゃいましょう。

記事内で紹介されている商品

ナカバヤシ ライフスタイルツール 小物入…

サイトを見る

ナカバヤシ パンチングメタル ペンスタンド

サイトを見る

オープン工業 ペン立 

サイトを見る

リヒトラブ マグネットポケット ペンスタ…

サイトを見る

ソニック ペン立て リビガク ペンスタンド

サイトを見る

Magic House マジック ハウス 収納ケース…

サイトを見る

プラス ペン立て ウィッティ・パーティ

サイトを見る

カール事務器 ペン立て マルチスタンド

サイトを見る

関連記事