買いたいものを検索してください

おいしい淹れ方もご紹介!アイスコーヒー用コーヒー豆おすすめランキングTOP5

我が家では春から初秋にかけてよく飲むアイスコーヒー。前日から水出しコーヒーをセットしておいて、翌朝フィルターを取り出して、そのまま冷蔵庫に準備完了。手軽に楽しく飲みたいときにいつでもサッとコーヒーが飲めることに幸せを覚えるのです。牛乳で割ってカフェオレ風にしたりして楽しんでいます。

そんなアイスコーヒーを淹れるのにおすすめのコーヒー豆を今回はいくつかご紹介したいと思います!

 

アイス用コーヒー豆とホット用コーヒー豆の違いは?

ここでは、アイスコーヒー用コーヒー豆が、ホットコーヒー用コーヒー豆と比べて、特に何が違うかというと主には焙煎度合いが違うということがまず最初に思いつきます。8段階の焙煎度合いでいうと6段階目のフルシティローストから8段階目のイタリアンロースト程度の深煎りタイプの豆がアイスコーヒーには向いていると思います。

アイスコーヒー用の豆は深煎りしたものを使用するのが一般的なので、それほど産地による味わいの違いを感じにくいのではないかと私は思います。なので、まずはどの程度の煎り具合の豆を自分が好むかを確かめたうえで、様々な産地違い、ブレンド違いを試していくという順番で楽しまれると良いかなと思います。ですから、豆はどこの国のものでも基本的にOKです。お好みのものを選んでください。

なお、ホットコーヒーで飲む時と違って、冷たいアイスコーヒーは酸味を強めに、苦みを弱めに感じると一般的に言われています。そんな特性についてはなんとなく頭の片隅に置いておくとお好みのものが探しやすいかもしれません。

コーヒー

 

アイスコーヒー用コーヒー豆を選ぶときの基本

ここでは、アイスコーヒー用コーヒー豆を選ぶときに気にすべきこと・ポイントをいくつかご紹介いたします。

 

焙煎度合い

コーヒー豆の焙煎度合いにはライトローストからイタリアンローストまでの8段階あります。

ライトロースト きわめて浅煎りでこの状態でコーヒーとして引用することは稀。
シナモンロースト シナモン色程度の煎り方で酸味を強く感じる。さっぱりとした味わい。
ミディアムロースト 明るい茶色になる煎り方。アメリカンコーヒーと言われるような飲み方をする場合に適している。
ハイロースト 市販のレギュラーコーヒーに多い煎り方。
シティロースト 市販でよく売られているコーヒーに多い煎り具合。ロースト感が感じられる。
フルシティロースト 酸味が少なく苦みが強くなる。アイスコーヒーやエスプレッソに向く。炭焼きコーヒーといわれるものはこのフルシティローストの強さの煎り方のものが多い。
フレンチロースト ミルクと合わせるコーヒーに向いている。ロースト感のある香り。苦みがとても強い。
イタリアンロースト エスプレッソやカプチーノ向き。強い苦みと濃厚なコクがある。

お店によっては独自の焙煎度合いの表現方法を使用しているところもあるので「アイスコーヒーに向いている焙煎度合いはどれですか?」とお尋ねになると良いかもしれません。

なお、お店で豆を購入して現地で豆を挽いてもらう際には「アイスコーヒー用に挽いてください」とご依頼されてください。通常より細かい挽き具合にしてくれます。(中細挽きが一般的なアイスコーヒー用ということです)

 

鮮度に注意する

私もホットコーヒーで飲む場合には豆で購入してきて、密閉できる容器に入れて基本的には冷凍してしまうのですが、アイスコーヒーの場合はホットコーヒーで飲む時よりも使う粉の量が多いため、自宅で挽くのに手間がかかるため、お店で粉に挽いてもらっています。ところでコーヒー豆は粉にしてもらった場合、酸化の速度が非常に速いので、おいしく飲める期間がとても短くなります。私はアイスコーヒー用に買うときには一度に購入する豆の重さは最大で200グラム程度までにしています。

だいたい焙煎してから2週間ほど(本当はもっとできるだけ早く消費するのが望ましい)で使い切れる分量だけを用意されるほうが良いかと思います。100グラム単位で購入できるところが多いので、まずは少量からお試しになることをおすすめします。また、保管時には、できるだけ酸素を遮断する密閉容器に入れて保存されることもお忘れなく。

 

原産国による違い

この数年いろいろなコーヒー豆を飲んでみて、ある国や地域だけではなく、その農場によっても全く味わいが違うということに気が付いてしまったので、一般化してご説明することが逆に難しくなってしまいましたが、下記にごく簡単にご紹介したいと思います。

単一の豆でお好みの味わいを探すのも楽しく、またコーヒー屋さんが工夫を凝らしておいしいアイスコーヒーが楽しめるようにブレンドされたブレンド豆を様々に試してみるのも面白いです!爽やかな味が好みの方は特に中米のものを飲んでみると良いかもしれません。

南米・ブラジル 気軽に購入できる価格帯なためかブレンドのベースに使われることが多い。酸味・コク、苦みのバランスに優れる。軽めの味わい。甘い香りが楽しめる。
南米・コロンビア 気軽に購入できる価格帯なためかブレンドのベースに使われることが多い。バランスが良い味わい。
コナコーヒー(ハワイ) 強い酸味とコク・風味がある。ブレンドに用いると良質な酸味が得られるという。高価な豆。良心的なコーヒー店ではおいしいコナコーヒーが手に入ることがある。
マンデリン(インドネシア) 苦味とコクが強い。独特な味わいがある。
コスタリカ 柑橘系の酸味がある。軽めでスッキリとした味わい。

 

おいしいアイスコーヒーの淹れ方「急冷式」のポイント

急冷式の場合は、すぐその場で飲むためのアイスコーヒーを作ることができます。また、どちらかというとコーヒーの味にこだわりがある方や、スペシャリティコーヒーなどの高価な豆を使ってアイスコーヒーを淹れる場合に向いているかと思います。

急冷することによって香りや風味が失われないようにするわけです。

 

濃いめのコーヒーを淹れる

コーヒー豆を1人あたり20グラム、お湯を1人あたり150cc用意します。通常のホットコーヒーを淹れるよりお湯の量が少ないのでゆっくり、細いお湯でコーヒーを淹れましょう。(ホットコーヒーを淹れる場合の2倍量が目安)

 

温度で違いが出る!

ハンドドリップで濃い目のコーヒーを淹れます。90度以上のお湯を使うと苦みが強め、80度前後のお湯を使うと酸味が強めに出るといわれています。温度の違いでも随分味が変わりますので、いろいろ試してお好みの味をみつけてみてください。

 

氷で、急冷。

多めの氷で一気に冷やし、そのまま召し上がれ。お湯と氷の量が1:1になるのが良いようです。氷の量によりお好みの味に調整してください。(※抽出したコーヒーを氷を敷き詰めておいたドリッパーで受けるところから冷やすのがおすすめ)

 

手軽に飲みたい方には水出し式がおすすめ!

味にこだわる方は急冷式がおいしいと仰るのですが、私は手軽にアイスコーヒーを楽しみたい派なので、水出し式もおすすめです。我が家ではハリオの水出し珈琲ポット(浸出式)を使用しているほか、ウィズウェル ウォーター ドリッパーという滴下式といわれる、一滴一滴時間をかけてコーヒー液を抽出するタイプの水出しコーヒーの器具も愛用しています。

水出しコーヒーについては、より角のないまろやかな味が楽しめるかなと思います。

やはり味が劣化するのが早いため、水出し式で出したアイスコーヒーは2日間ほどで飲み切ってしまうことがおすすめです。冷蔵庫にすぐ飲めるアイスコーヒーがあるのはとっても幸せな気持ちになるのでおすすめです。

 

ハリオの水出し珈琲ポット

出典: Amazon.co.jp

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 1000ml コーヒードリップ 8杯用 ブラウン MCPN-14CBR
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る

イーグルス感謝祭開催中!ポイント最大39倍

楽天市場で価格を見る

最も気軽な水出しコーヒーを楽しめる!

どなたでも簡単においしいアイスコーヒーを楽しむことができるのでおすすめです。一番手間がかからず、ペーパーフィルター不要なところも気軽に楽しめる利点です。

 

ウィズウェル ウォーター ドリッパー

出典: Amazon.co.jp

Wiswell ウィズウェル Cold Brew コールドブリュー 水出し コーヒーサーバー Water Dripper ピアノブラック 黒 WIS-WD201PB
ブランド
カテゴリ

滴下式アイスコーヒーを気軽に!

濃縮タイプの水出しコーヒーのため、自分好みの濃度のアイスコーヒーが自由自在に楽しめるのもおすすめポイントです。コーヒーゼリーを作ってもおいしかったです。浸出式よりは早く出来上がるのも。

 

アイスコーヒー用コーヒー豆おすすめランキングTOP5

5位 藤田珈琲 アイスコーヒーブレンド(ラオス)

出典: Amazon.co.jp

アイスコーヒー ラオスブレンド(粉・中挽き) 500g単品 【藤田珈琲 コーヒー豆】
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る
内容量 500g 焙煎 深煎り
原産国 ラオス・他 挽き具合 豆または粉(中挽き)または粉(中細挽き)

コスパ良し!アイスコーヒーがたくさん飲みたい人向け

特に夏はアイスコーヒーをたくさん飲みたくなる我が家。アイスコーヒーについてはコスパも大事です。500グラムで税込みで600円台で買うことができるコスパの良さは魅力的です。

ブレンドのメインに使われているのは苦みがしっかりとあるラオスのコーヒー豆ということで、キリっと引き締まった苦みが楽しめるということなのですが、アイスコーヒーで飲むためちょうどよい苦みが楽しめるのではないかと思います。

アイスコーヒーブレンド(ラオス)は藤田珈琲店さんのホット用人気NO.1商品「プレミアムラオスブレンド」の姉妹商品ということなのですが、こちらのアイスコーヒーブレンド(ラオス)も実はホットでも楽しめるということです。苦みが好きな方やエスプレッソとして淹れてみても良いですね。

 

4位 澤井珈琲 アイスコーヒーdeマンデリン

公式を見る
内容量 200g/500g 焙煎 アイスコーヒーロースト(極深煎り)
原産国 インドネシア(スマトラ島)他 挽き具合 推奨:中細挽き

選択可能

酸味が苦手、コクのあるコーヒーが好きな方向け!

アイスコーヒーは酸味を感じやすい特徴があるのですが、そのコーヒーの酸味が苦手な方もおられると思います。私も質の悪い酸味が強いコーヒーは今も苦手です。

マンデリンの豆をメインにして、濃厚な旨味でもある苦みを大事に、酸味をほとんど感じないようにブレンドされたというこちらのアイスコーヒーdeマンデリンは一度試す価値ありのアイスコーヒーブレンドだと思います。

澤井珈琲さんでは注文を受けてから焙煎してくれるということで、新鮮な豆が期待できるのもおすすめポイントです。

 

3位 パオコーヒー イタリアンブレンド

出典: Amazon.co.jp

【自家焙煎コーヒー豆 深煎り】業務用 イタリアンブレンド 500g (豆のまま)
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る
内容量 100g、200g、500g、1キロ 焙煎 極めて深煎り
原産国 ブラジル、コロンビア 挽き具合 選べます

家で気軽に飲める!

我が家が愛用しているパオコーヒーさん。ネットで購入できるコーヒー豆屋さんとして、なかなか良心的なお店なのでとても気に入っています。

100g単位から豆を買うことができるため、いろいろな味を試しやすく、家庭用としては本当におすすめです。

夏季限定 アイスコーヒーブレンドが時期になると販売されているので、夏場にぜひチェックしてみてください。イタリアンブレンドについては水出しコーヒーに使える通年で買える銘柄のため、今回ランクインさせてみました。他にフレンチブレンドなども水出しコーヒー用に使えます。

イタリアンブレンドについては苦みが強いと思いますのでミルクなどと割ってアイスカフェラテなどにするのがおすすめです。私はそもそもティラミスを作るためのエスプレッソを淹れるために購入したのですが、余った時にアイスコーヒー用に転用しちゃいました。

 

2位 土井珈琲 専門店のアイス珈琲

出典: Amazon.co.jp

専門店のアイス珈琲 《イタリアンロースト》 【細挽き】 土居珈琲 200g コーヒー豆 珈琲豆 ギフト ブレンドコーヒー アイスコーヒー
ブランド
カテゴリ

5日間のBIG Sale開催中!

Amazonで価格を見る
内容量 200g 焙煎 フレンチローストまたはイタリアンロースト
原産国 インドネシア産、コロンビア産、ブラジル産 挽き具合 選べます

一流のアイスコーヒーを楽しみたい人に!

一流の銘柄を贅沢に使用してブレンドされたアイスブレンドコーヒー。「一流のアイスコーヒー」の味わいを追求されて作られているとのことです。強めの苦みを生かしつつも酸味を若干きかせることにより透明感のある苦みに仕上げているとのこと。

一流の珈琲屋さんが一流のアイスコーヒーブレンドを作ったら、いったいどのような味になるのか。興味がわくのは私だけではないはずです。飲んでみたいアイスコーヒーブレンドです。

なお、夏にはアイスコーヒー向きの厳選豆セットを販売されているのでそちらも要チェックです。

 

1位 COFFEE potohoto potohoto深煎りブレンド(甘み・コク・キレ)

公式を見る
内容量 100g、250g、500g、アイスパックタイプも 焙煎 深煎り
原産国 ・ブラジルダテーラ農園
・グアテマラヌエバグラナダ農園
・パプアニューギニアトロピカルマウンテン
挽き具合 選べます

これ以上ないアイスコーヒーが楽しめる!

あまりに苦みが強いコーヒーは胃が疲れて、飲みつかれるときがあります。そんなときもこちらのpotohoto深煎りブレンド(甘み・コク・キレ)がおすすめです。深煎りにもかかわらず、苦みをたて過ぎずにじっくり深い味わいを楽しめて、キレのよい飲み心地に仕上げられているとのことです。

コク、甘み、深み、そしてキレ。アイスコーヒーのブレンドは若干通常のものより劣るものを使ってしまわれる場合もある中、良質で高品質な豆を使っているのは飲めばすぐ感じられるかと思います。

味は分かるというより感じるもの。また飲みたくなる、幸せな気持ちになれるアイスコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

 

コーヒー豆の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、コーヒー豆の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

to buyインフルエンサーおすすめのコーヒーグッズをご紹介!

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー オリーブウッド 400ml VCWN-40-OV

ハリオのコーヒーポット。持ち手と蓋がオリーブでできてるので木皿や木のスプーンとも相性ばっちり?コーヒーサーバーとしてはもちろん紅茶のティーパックを入れておうちカフェするのもGood?

#カフェ風
#コーヒー
#コーヒーポット
#ハリオ
#おうちカフェ
#ほっこりおうちカフェグッズ

 

HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン テクニカ 3杯用 TCA-3

ハリオのサイフォンコーヒー。アルコールランプで沸かしてフラスコにコーヒーがポタポタ…じっくり淹れたコーヒーはほんと、美味しい!

#サイフォンコーヒー
#コーヒー
#おうちカフェ
#ハリオ
#ほっこりおうちカフェグッズ

 

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ

デザイン製のあるコーヒーメーカーですが、手に馴染み持ちやすく使いやすいです(*´w`*)別売りで蓋もあるので中に埃などが入るのも防げますよ‼︎

 

おいしいアイスコーヒーを我が家で!

やはりアイスコーヒーというと夏の楽しみという側面が強いですね。アイスコーヒーは日本ならではの飲み物ともいわれています。

おいしいコーヒーは何度も飲みたくなります。上質なコーヒーに出会えると、胃が疲れるということもないように思います。

コーヒーを楽しみながら、心のゆとりが持てる時間を大事にしたいと思います。私も、手抜きをしていないで、今年の夏は急冷コーヒーも淹れて楽しみたいと思います!この記事でおいしいアイスコーヒーが楽しめる良いコーヒー豆に皆様が出会えますように。

記事内で紹介されている商品

HARIO (ハリオ) 水出し コーヒーポット 10…

サイトを見る

Wiswell ウィズウェル Cold Brew コールド…

サイトを見る

アイスコーヒー ラオスブレンド(粉・中挽…

サイトを見る

【自家焙煎コーヒー豆 深煎り】業務用 イ…

サイトを見る

専門店のアイス珈琲 《イタリアンロースト…

サイトを見る

HARIO (ハリオ) コーヒーサーバー オリー…

サイトを見る

HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン テク…

サイトを見る

CHEMEX コーヒーメーカー 3カップ

サイトを見る

関連記事