料理好き主婦が教える!中華だしおすすめ10選

中華料理を作るのに使う中華だし。中華だしは料理に少し入れるだけで味に深みが出て美味しく仕上がります。それなので、私は週に3日以上は中華だしを使用しています。

チャーハンや炒め物はもちろん、スープにも活用でき、献立に困った時には重宝する商品です。今回はその便利な中華だしについてご紹介します。

 

 

中華だしと鶏ガラスープの違い

中華だしと聞いて鶏ガラスープを思い浮かべる方もいると思いますが、中華だしは味がしっかりと主張し、鶏ガラスープはアッサリとしているので、この2つは別の物と考える方もいます。

 

中華だし

様々なメーカーから様々な種類の中華だしが販売されていますが、中華だしは豚骨やオイスターソースなど、いくつもの食材を使用し煮込んで出来上がるもので旨味とコクがあり、スープはもちろん調味料として炒め物などにも使用します。中華だしを入れるだけで味が決まり中華風の料理になります。

 

鶏ガラスープ

鶏ガラスープはその名の通り、鶏のガラを時間をかけてじっくり煮込んで出来るスープです。サッパリとしていてクセのないアッサリとしたスープで、お料理の隠し味などにも使えます。中華料理に限らず、和食や洋食でも活用できます。

 

 

中華だしを選ぶ時のポイント

数多くの中華だしは当然の事ですがそれぞれの商品に違いがあります。味の違いは配合されている材料によりますし、好みがあるのでそれ以外のポイントに絞りたいと思います。

 

形状

中華だしには、練り状のタイプの商品と顆粒タイプの商品があります。練り状の物は、豚骨や鶏ガラ、多くの野菜エキスや香辛料などをベースに作られていて旨味とコクが強く一言で言えば濃い味で、少しの量でも充分な味付けになります。

顆粒の物は、練り状の物に比べると薄味でアッサリしています。それなので、隠し味として使うことができます。

味付けの簡単さではこれ1つで味が決まる練り状の商品がオススメですが、使用時の便利さはパラパラと入れるだけでよく使用量の調節がしやすい顆粒タイプの商品になります。

 

化学調味料の有無

多くの中華だしは化学調味料が含まれています。無添加の物には商品名にそのように記載されていることが多いので見てすぐに分かります。

 

 

中華だしおすすめ10選

 

創味シャンタン DELUXE

創味食品から販売されている商品。清湯スープをベースに、油脂、玉葱、ニンニク、スパイス等20数種類を配合した練り状の中華だし。練り状の中華だしの代表と言えばシャンタンではないでしょうか。

旨味とコクが強く、まさにこれだけで味が決まります。万能な中華だしなので、どれにしようか迷った時にはこちらの商品をオススメします。

 

味覇 ウェイパー 缶

鶏骨・豚骨スープをベースに、野菜エキス・スパイス・調味料などを配合した練り状の中華だし。動物性の旨みがあるのにクドさがなく、でもアッサリしすぎない中華だしです。

数年前に味が変わり、以前よりも中華っぽいコクが薄くなりましたので、色々な料理に使いやすくなりました。

 

味の素 Cook Do 香味ペースト

鶏ガラをベースにポークエキス・野菜エキス、こがしニンニク油などの香味油と調味料を配合した練り状の中華だし。

鶏と豚の旨みにスパイスがきいている中華だしなので、チャーハンや炒め物に使うのがオススメです。

チューブタイプなので使いやすいですが、油脂が多く含まれているようで冷蔵庫で保管すると強く押し出さないと出てきません。

 

ユウキ 化学調味料 無添加 味玉

鶏ガラ・豚骨スープをベースに香味野菜と香辛料をブレンドした濃厚な味わいの練り状の中華だし。

練り状の中華だしで化学調味料が入っていない物は珍しくこちらの商品以外はほとんど見かけません。

練り状にしてはサッパリした味わいですが、旨みがありスープや炒め物などに使用すると美味しさに深みを出してくれます。

 

創味 シャンタン 粉末タイプ

清湯スープをベースに、油脂、玉葱、ニンニク、スパイス等20数種類を配合した顆粒タイプの中華だし。先ほどご紹介したシャンタンの顆粒タイプになります。練り状の物よりいくらかコクと旨みが弱いように感じますが、使用量の調節がしやすく使いやすいです。

 

オーサワの中華だし

動物性原料を使用していない玉ねぎや生姜などの植物性素材でつくった顆粒タイプの中華だし。

化学調味料を使用せず、原料にもこだわっているので安心して食べることができます。植物性素材のみで無添加ということですが、ボヤけたような風味ではなく旨みがしっかりあります。

もう一つの特徴としては油脂成分が配合されていません。

 

味の素 中華あじ

鶏ガラ・豚骨に野菜エキスとオイスターソースをきかせた顆粒タイプの味の素の中華だし。コクと旨みが強くないけれど弱くもなく主張しすぎない中華だしなので万能に使えます。

ビン入りで少量なので扱いもしやすいです。中華だしを手軽に使ってみたい方にオススメの商品です。

 

オリジナル中華だし 聘珍樓

鶏ガラをベースに豚骨・ホタテ・玉ねぎ・生姜などのエキスが配合されている顆粒タイプの中華だし。

こちらは化学調味料・着色料・保存料を一切使用していません。旨みはあるのにクセがなく優しいスパイシーさで子供にも安心して食べさせることができると思える味です。

 

ユウキ食品 味ベース

牛をベースに鶏ガラ・野菜・香辛料などが配合されている顆粒タイプの中華だし。牛がベースの中華だしは珍しく、牛臭さはないのに牛の風味が豊かで旨みとコクがあります。

鶏ガラや豚骨ベースの中華だしとは一味違うので気分を変えたいときや普段使っているダシに飽きた時などにオススメの商品です。

 

スカイ・フード 四季彩々 中華だし

貝類をベースにオニオン・ゴマ・ガーリック・スパイスなどが配合された顆粒タイプの中華だし。化学調味料や添加物を一切使用してません。

畜肉素材をつかっていないダシですが、貝類の深い旨みでコクがあります。チャーハンや炒め物などの味付けに活用できますが、1番のおすすめスープです。とても美味しいスープが出来上がります。

 

まとめ

中華だしについてご紹介しました。何かお好みの商品は見つかりましたでしょうか?

中華だしはベースになる素材と配合されている素材により味が違います。それなので、調理に使うときにその中華だしの原料を意識して味のバランスを考え料理するのもオススメです。

また、最後の仕上げだけでなく下ごしらえの段階でも使用してみてください。筆者は餃子のタネを作る時に必ず中華だしを入れます。中華だしを入れた餃子は旨みが広がりとても美味しいです。

記事内で紹介されている商品

創味シャンタン DELUXE 

サイトを見る

味覇 ウェイパー 缶

サイトを見る

味の素 Cook Do 香味ペースト

サイトを見る

ユウキ 化学調味料 無添加 味玉

サイトを見る

創味 シャンタン 粉末タイプ

サイトを見る

オーサワの中華だし

サイトを見る

オリジナル中華だし 聘珍樓

サイトを見る

ユウキ食品 味ベース

サイトを見る

スカイ・フード 四季彩々 中華だし

サイトを見る

関連記事