手軽に美味しく楽しめる♩カップそばおすすめランキング10選

時々、なぜかカップそばを食べたくなることはありませんか?飲み会の後や少し小腹が空いたときに食べるカップそばは、罪悪感も加わってより美味しく感じます。

また、カップそばに少しアレンジをして食べるという方もいらっしゃると思います主人は、カップそばににんにくチューブやラー油を入れることがありますよ。

そこで今回は、手軽に美味しく楽しめることで人気の『カップそば』について、魅力や選び方のポイント、おすすめの商品を紹介します。ぜひ参考にしてください!

 

カップそばの魅力

カップそばの魅力といえば、何と言っても誰でも簡単に美味しく作れること!やはり、カップそばの容器に記載されている通りに作るのが、1番美味しいのだと思います。

もちろん、メーカーの説明通りでもよいのですが、作る人の好みに合わせることができるのも魅力の1つです。例えば、お湯を少なめにしたり、待ち時間を長めにしたり、ちょい足しをしたりなど、色々とアレンジするのも楽しいです。

また、普通に味が美味しいので、年越しそばとして毎年家で食べているという方も多いのではないでしょうか。大晦日の主婦はなにかと忙しいので、カップそばでよいときは本当に助かると思います。

他に、今ではスーパーだけではなく、コンビニやドラッグストアでも購入することができます。手に入りやすいというところもポイントですね。

 

カップそばの選び方のポイント

種類で選ぶ

・マルちゃん

・どん兵衛

・エースコック

など

カップそばというと、マルちゃんやどん兵衛が定番として頭に浮かびます。

チョコレート菓子である「きのこの山」と「たけのこの里」のどちらが好きか決める「きのこたけのこ戦争」は有名ですが、私は『マルちゃん、どん兵衛戦争』もあってよいのではないかと思っています。

(ちなみに、マルちゃんやどん兵衛は、メーカー名ではありません。マルちゃんは東洋水産、どん兵衛は日清です。)

また、スーパーカップでお馴染みのエースコックは、縦型の商品を発売しています。

具材も一般的な天ぷらではなく、味付けした豚肉を使用しているので、食べごたえがあるカップそばが好きという方におすすめです。

 

麺の製法で選ぶ

・フライ麺

・ノンフライ麺

カップそばの麺は、油で揚げて乾燥させたフライ麺の商品が多いです。

カロリーは高くなりますが、スープにコクが増し、よく馴染みます。

種類はあまり多くありませんが、ノンフライ麺を使ったカップそばもあります。

油で揚げないので、生麺に近い食感を楽しむことができます。また、食べごたえのある強いコシも、ノンフライ麺の特徴です。

カップラーメンでは、フライ麺とノンフライ麺の両方のよいところをとった「ハイブリット麺」というものがあるそうです。

カップそばではどうなるのか、開発を楽しみに待ちたいですね。

 

食感で選ぶ

カップそばの具材でお馴染みのものといえば天ぷらですが、ここでも食べる人の好みによって大きく分かれる問題があります。

それは、天ぷらを先に入れるか、後からのせるかということです。

私は、以前は「あとのせサクサク派」だったのですが、最近は汁が染みたしっとりとした食感の天ぷらが好きになり、先に入れるようになりました。

また、繰り返しになりますが、軟らかい麺がよい方はフライ麺、茹でたての食感がよい方はノンフライ麺の商品を選ぶのがよいと思います。

 

つゆで選ぶ

・関西だし

・関東だし

カップそばは、地域によってスープの味が違います。その土地の嗜好に合わせて、だしの種類を変えているそうです。

最近では、どの地方のカップそばも取り寄せができますので、違いを食べ比べてみても面白いかも。

 

具材で選ぶ

・天ぷら

・山菜

・おあげ

・肉

・鴨

など

1番多いカップそばの具材は天ぷらですが、山菜を使った商品もあります。

カロリーが気になるという方は、わらび、ぜんまい、タケノコなどを使っている山菜そばがよいでしょう。

他にも、うどんのイメージがある「ふっくらとしたおあげ」が入っている商品もあります。スープがおあげによく染みて、美味しいですよ。

また、カップ麺に食べごたえを求めるという方は肉そば、普段とは違うだしを求めるという方は鴨だしはいかがでしょうか?

売場にはたくさんの商品が並んでいます。新商品も次々に発売されるので、よく売場を見て選んでくださいね。

 

関西と関東だしの違い?!

「カップ麺って、東日本と西日本で味が違うのだよ!」と聞いたことがある方は、多いと思います。これは都市伝説ではなく、本当の話です。

 

カップそばの容器をよく見てみると、東日本のものは『E(イースト)』西日本のものは『W(ウエスト)』と記載があります。日清のどん兵衛では東日本は鰹だし、西日本は鰹と昆布のだしをベースに作っているそうです。

 

日清 どん兵衛天ぷらそば 西

私は、2年半ほど九州で暮らしたことがあります。

そのときにお店で売っていたのは、西日本のカップそばでした。実際に食べてみると「あれ?何か違う」という違和感があり、スープの色も薄く感じました。

そこで、関東にある実家に帰省したときに、自分用のお土産として東日本のカップそばを買って帰りました。やっぱり、子供のころから慣れ親しんだ味が1番ですね。

 

マルちゃん 緑のたぬき天そば 西

また、マルちゃんの緑のたぬきは、北海道、東日本、関西、西日本と4種類あるそうです。

東日本と西日本の違いでもこれほど差が出るのかと驚いたので、ぜひ皆さんにも色々と試してみて欲しいです。

 

カップそばのアレンジレシピ!

最初に、主人はカップそばににんにくチューブやラー油を入れると書きましたが、他にもおすすめのアレンジ方法があります。チキンラーメンのコマーシャルのように、カップそばの中に生卵を入れて、黄身の上からお湯を注いでみてください。

それだけで、豪華なカップそばが出来上がります。黄身と麺を絡めるようにして食べると、美味しいですよ。また、年越しそばとして食べるときや、カップそばしか食べないというときは、お餅を入れています。簡単にボリュームアップできるので、嬉しいです。

インターネットを見ると、豆乳を加えるという方もいるそうです。豆乳によって、より風味が増すそうです。興味のある方は、ぜひ試してみてください。

 

カップそばおすすめランキング10選

10位 ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば

出典: Amazon.co.jp

ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば

油で揚げていないノンフライ麺なので、茹でたての風味を楽しむことができます。

カロリーもフライ麺と比べると控えめなので、嬉しいですね。

鰹だしのスープが、サクサクの天ぷらとよく合います。一度食べてみて、フライ麺との違いを感じて欲しいと思います。

 

9位 イトメン カップ山菜そば

出典: Amazon.co.jp

イトメン カップ山菜そば

1986年に発売されて、今現在まで愛されているロングセラー商品です。

鰹と昆布のだしがきいたスープに、わらび、ぜんまい、きくらげ、チンゲン菜とタケノコが入っているので、天ぷらが具材のカップそばよりもあっさりと食べることができます。

小腹が空いたときは、これだけでも十分に満足することができると思います。

 

8位 エースコック まる旨 肉そば

少し甘めのスープに、お肉のだしの味が染み出ています。

コクを感じるので、食べると思ったよりも満腹感があります。

また、こちらの容器は縦型なので、収納に場所をとりません。

スーパーで特売をしていることも多いので、家にストックしておくのもよいと思います。

 

7位 日清 デカうま わかめそば

麺が90グラムと大盛りなので、カップそば1つでお腹をいっぱいにしたいという方におすすめです。

具材はわかめの他に、カマボコ、揚げ玉、ネギが入っています。

ボリュームがあるのに、スープはわりとあっさりとしているので、女性でも食べきることができると思います。

 

6位 ニュータッチ 凄麺 鴨だしそば

10位で紹介した商品と同じく、ノンフライ麺を使ったカップそばです。

鴨だしのきいたスープに、具材の鶏肉団子がよく合います。スープが染みて美味しいです。

本格的なそばをインスタントでも楽しめるのは、嬉しいですね。

 

5位 JALUX そばですかい

JAL国際線の機内で人気のカップそばも、今では取り寄せて自宅で食べることができます。

こちらの商品は、約85度のお湯で戻る特殊麺を使っていて、伸びにくいという特徴があります。

また、鰹といりこのスープに、柚子の爽やかさがプラスされています。

食べやすい味なので、小腹が空いたときにちょっとだけ食べたいとき、汁物の代わりにしたいときなどによいと思います。

 

4位 日清 どん兵衛 天ぷらそば 東

あとのせサクサクの天ぷらがポイントの商品です。

どん兵衛の麺は真っ直ぐなので、すすった際の食感がよいです。鰹と丸大豆醤油のスープは、風味もよいですね。

どん兵衛は東日本、西日本の他に、利尻昆布を使った北海道限定の商品もありますよ!

 

3位 マルちゃん紺のきつねそば 東

鰹節と昆布のだしがきいたスープに、ふっくらとしたおあげが乗っている、ありそうでなかなかない商品です。

私は、赤いきつねの甘いおあげが好きなので、この商品を見つけたときは嬉しかったです。

こちらも、東日本と西日本でスープが違っています。

 

2位 マルちゃん 緑のたぬき天そば 東

出典: Amazon.co.jp

マルちゃん 緑のたぬき天そば 東

鰹節のだしがきいたスープに、麺がよく絡みます。

天ぷらを先に入れる、いわゆる「先入れふにゃふにゃ」にして食べるのがお気に入りです。

私は東日本のスープが好きですが、食べたことのない北海道、関西の商品も試してみたいです!

 

1位 日清 どん兵衛 鴨だしそば

鴨脂のうま味を感じるスープが、何ともいえず美味しいです。

少し甘めで、関東風の味だと思います。あっさりとしているのにコクがあるので、つい多めにスープを飲んでしまいます。

具材のお肉とネギの風味もよいですね。ストレート麺の食感も楽しむことができますよ。

 

まとめ

いかがでしたか、気になる商品はあったでしょうか?

カップそばは、コンビニやスーパーで気軽に買うことができて、いつでも簡単に作ることができます。そのまま保存ができるのも、嬉しいですね。

また、だしが1種類ではなく、関東風や関西風など消費者の好みに合わせて製造しているのは、企業努力を感じます。

ただ、カップ麺の賞味期限は、製造から6カ月と意外に短いです。

冷蔵庫を使わず、衛生的に保存できるのは嬉しいのですが、いつの間にか賞味期限が切れているということがあります。

そのため、保存食として用意している方は、定期的に確認をしてくださいね!

記事内で紹介されている商品

日清 どん兵衛天ぷらそば(西) 100g×12個

サイトを見る

マルちゃん 緑のたぬき天そば 西

サイトを見る

ニュータッチ 凄麺 かき揚げ天ぷらそば

サイトを見る

イトメン カップ山菜そば

サイトを見る

エースコック まる旨 肉そば

サイトを見る

日清 デカうま わかめそば

サイトを見る

ニュータッチ 凄麺 鴨だしそば

サイトを見る

JALUX そばですかい

サイトを見る

日清 どん兵衛 天ぷらそば 東

サイトを見る

マルちゃん紺のきつねそば 東

サイトを見る

マルちゃん 緑のたぬき天そば 東

サイトを見る

日清 どん兵衛 鴨だしそば

サイトを見る

関連記事