見えないところも綺麗に!選び方は?歯間ブラシのおすすめランキングTOP5

歯磨きをするときに使っているものは何ですか?

多くの人は歯ブラシを使っているのではないでしょうか。

 

しかし、歯ブラシだけでは除去しにくい汚れなどがあります。

歯垢や食べかすが残ってしまうと虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

私自身、歯ブラシだけでは充分な歯磨きができておらず、歯医者さんでの歯科検診などの際に「歯間ブラシを使ってみてください」とオススメされたことをきっかけに使い始めました!

 

歯間ブラシを使うまでは歯ブラシのみのブラッシングや時間があるときにはデンタルフロスを使って歯磨きをしていました。

歯間ブラシは、なんだか痛そうだし、歯間ブラシを使うのが怖いと思っていました。しかし、使ってみると痛くないし、汚れもしっかり除去されてスッキリ!

夜など、時間があるときに歯ブラシに歯間ブラシをプラスして、しっかりと歯磨きタイムをとっています。

 

歯間ブラシを愛用するようになってから、歯磨きが上達した私がオススメする歯間ブラシをご紹介していきます。

 

歯間ブラシとデンタルフロスの違い

歯間ブラシとは、歯と歯の間のすき間の汚れを取り除くための歯ブラシよりも小さなブラシです。

歯間部に残った歯垢を効率よく取り除くことができます。

様々なサイズがあり、歯並びや隙間に合わせて選ぶことができます。

 

歯間ブラシは使い捨てではないのに対して、デンタルフロスは使い捨ての商品です。

デンタルフロスは糸状なので、より細い場所の歯垢を除去することができます。

 

歯間ブラシは、歯間の根元に三角形の隙間のある方・歯ぐきが後退気味の方・ブリッジをしている方に向いています。

デンタルフロスに比べて、歯間部が広い場合に適しています。

 

歯間ブラシのタイプ

歯間ブラシには、様々な特徴がありご自身に合った商品を選ぶことで、安心して使っていくことができます。

また、歯垢の除去をしたい歯の場所によって歯間ブラシを使い分けるのも良い方法です。

 

L字型タイプ

歯間ブラシ本体の形状には「L字型」と「I字型(ストレート型)」があります。

歯によって使い分けすると、よりキレイに歯を磨くことができます。

一般的にL字型は奥歯に使用します。

 

I字型タイプ

一般的にI字型は前歯に使用します。

L字型と併用して使うことにより、すべての歯をキレイにしやすくなります。

 

ゴムタイプのソフトピック

ゴムタイプの商品は、歯茎に当たってしまってもやわらかい当たり心地なので、優しい使い心地です。

やわらかい商品なので、力を入れずにゆっくりと動かして使いましょう。

 

ワイヤータイプのツイストブラシ

ワイヤーでできているため、適切な角度に曲げることができます。

曲げることができるので、使いづらい奥歯に対する使用にも使いやすい商品です。

 

歯間ブラシ、選び方のポイント

歯間ブラシを選び際のポイントについて、ご紹介します。

口の中は十人十色なので、自分にピッタリのものを見つけていきましょう。

 

ブラシの太さ

歯間ブラシは、ブラシの大きさ選びが非常に大切です。

大きすぎるものを選んでしまうと歯茎を傷つけてしまったり、痛みを伴うこともあります。

ブラシは一般的にSSS(超極細タイプ)~M(普通タイプ)サイズがあります。

 

目安として

  • SSSタイプは~0.8mmで、特に狭いところ(前歯部)
  • SSタイプは~0.8mm~1.0mmで、やや狭いところ(前歯部+臼歯部)
  • Sタイプは1.0~1.2mmで、歯ぐきが下がっていたり、歯並びが悪いところ
  • Mタイプは、1.2~1.5mmで、歯間がやや広いところ(歯ぐき下がりやブリッジを装着している箇所)

このように、1人の人でも歯の部位にもよって、適したブラシの大きさが変わってきます。

歯の部位によって、使い分けしていくことがオススメです。

 

使う部位については目安なので、自分の歯に合わせて使っていくことをオススメします。

 

やわらかめ?硬め?

やわらかい使い心地の「ゴムタイプ」のソフトピックと硬い使い心地のナイロン毛がワイヤーで固定されている「ワイヤーブラシタイプ」があります。

 

硬めのものはしっかりと歯垢をかき出しやすく、使用も長持ちしやすいメリットがあります。

デメリットとして、硬い素材なので力を入れてしまうと歯茎を傷つけやすく使用に注意が必要です。

 

やわらかめのものは歯茎を傷つけにくく優しく歯間の汚れをかき出せるメリットがあります。

デメリットとして、やわらかいために先端が折れやすいというところがあります。

 

両方使ってみて、ご自身の使いやすさで自分に合うタイプを見つけていくことがオススメです。

 

歯間ブラシの使い方講

<a href=“https://tobuy.jp/posts/6d4Prpf2Rx5“>Lisa</a>
Lisa

歯間ブラシはどのように使っていくのでしょうか?

ここでは、使い方や使っていく上での管理について、ご紹介します。

 

歯間ブラシの使い方

歯間部にゆっくり歯間ブラシを挿入して、前後に数回動かします。

歯間ブラシを使った後、口をすすぎます。

また歯間ブラシは流水でブラシ部分をよく洗って、乾燥させます。

 

歯間ブラシの替え時は?

歯間ブラシは使い捨てではなく、繰り返し使うことができます。

 

しかし、一生使うことはできないので、買い替えが必要です。

そこで気になるのが、替え時はいつか?ということですよね。

 

まず、チェックするのは、先端のブラシ部分です。

歯間用ブラシの毛先が乱れたり、短くなってきたりしたら取り替え時期です。

歯ブラシと同様に、ブラシ部分で判断することがオススメです。

 

ゴムタイプの場合は、ふにゃふにゃになってしまう、またはゴムのボリュームがなくなってきたと感じたら替え時です。

ワイヤータイプの場合は、ワイヤーが目立つようになった、または毛が短くなったと感じた時が替え時です。

 

適宜、交換して、衛生に使っていきましょう。

歯間ブラシは、交換せずに使い続けると、しっかりと歯垢がとれなくなってしまったり、せっかく使っているのに、効果がなくなってしまうので、要注意です。

 

歯間ブラシの保管方法

毎回、使用後の歯間ブラシは、収納する前に、よく水を切ることが大切なポイントです。

そして、保管をしておく際も、乾燥させるために、できるだけ風通しの良い場所に置いておくことがオススメです。

 

歯間ブラシホルダーもあるので、そのような商品を使って、保管していくこともオススメです。

 

デンタルプロ TOOTH LOVE BALL ホルダー

出典: Amazon.co.jp

TOOTH LOVE BALL ホルダー (歯間ブラシホルダー) ベビーピンク
ブランド
カテゴリ

コンパクトで場所をとらない

大きさは幅約3cmとコンパクトだから場所を取りません。

洗面台にもコロンとした可愛いフォルムで、コンパクトに置いておくことができます。
また起き上がりこぼしになっているので、どこかへ転がって行ってしまう事もなくとっても便利!!

 

山崎実業  歯ブラシ&歯間ブラシスタンド

出典: Amazon.co.jp

山崎実業 歯ブラシスタンド 歯ブラシ&歯間ブラシスタンド ミスト ホワイト 3394
ブランド
カテゴリ

歯ブラシと歯間ブラシを一緒に保管

歯ブラシや歯間ブラシをまとめて収納できる歯ブラシスタンド。

4セット保管できるので、家族で使うことができます。

シンプルなデザインで、どんな洗面台にも合いそうです。

 

2019年度最新版!のおすすめランキングTOP5

歯間ブラシを使うようになってから、歯医者さんでも、歯磨きが上手になったと褒められた私がおすすめする歯間ブラシのおすすめランキングTOP5をご紹介します。

 

5位 小林製薬のマイクロ歯間ブラシI字型

出典: Amazon.co.jp

【まとめ買い】小林製薬のマイクロ歯間ブラシI字型 超極細タイプ SSSS 15本(糸ようじブランド)×3個
ブランド
カテゴリ

とにかく細いブラシを使いたい人に

0.4mm超極細ワイヤーで、狭い歯間にもスムーズに入るので、今まで取れなかった歯垢や食べカスも取り除くことができます。

とにかく細いブラシを使いたいという人にオススメの商品です。

極細なので、ワイヤータイプですが、他の商品に比べて、耐久性はないように感じますが、なかなかここまでの極細のブラシの商品はないことと、極細ゆえなのではないかと思っています。

歯間ブラシが苦手だという人にも使ってみてもらいたい商品です。

 

4位 システマ 歯間用デンタルブラシ

出典: Amazon.co.jp

システマ 歯間用デンタルブラシ SSS 8本
ブランド
カテゴリ

操作しやすいコンパクトヘッド

口腔内で操作しやすいコンパクトヘッドが魅力的な商品です。

コンパクトヘッドで口腔内で操作しやすく、ロングハンドルでしっかり握れます。

歯間部への挿入がスムーズで、耐久性にも優れた独自設計で、使いやすさを感じることができます。

 

折れにくく曲がりにくい超高強度ワイヤー、ワイヤー強度を高める先細ノズルを採用しています。

 

握りやすさや操作のしやすさを重視したい人にオススメです。

 

3位 ライオン DENT.EX 歯間ブラシ

出典: Amazon.co.jp

ライオン DENT.EX 歯間ブラシ 4本入 ×4 個 (4S(レッド))
ブランド
カテゴリ

歯間に挿入しやすい110°アングル

折れにくい超合金SAワイヤーで、耐久性にも優れた商品です。

硬くバネ性に富んでいるため曲がりにくく、従来のステンレスワイヤーに比べ約3倍の耐久性となっています。

 

歯間に挿入しやすい110°アングルが魅力的な商品で、挿入角度が調整しやすく持ちやすいホルダーです。

臼歯部でも高い操作性を発揮してくれます。ブラシを曲げずに頬側、舌側どちらからのブラッシングにも対応できます。

全長85mmのホルダーペングリップで持ちやすく、臼歯部にも容易に届きます。
クリスタルカットの滑り止めにより、歯間部への微妙な角度が調整できます。

丸いホルダーなので、特定の角度で固定されず、どの方向からも使えます。

 

2位 ガム・ソフトピック カーブ型

出典: Amazon.co.jp

ガム・ソフトピック カーブ型 30P サイズSSS~S
ブランド
カテゴリ

奥歯にぜひ使ってもらいたい商品

奥歯にも届きやすいカーブ型の商品です。

やわらかいゴムタイプの歯間ブラシで、歯周プラークをやさしくかき出してくれます。

歯やハグキを傷つけそうでワイヤータイプの歯間ブラシを使うのに不安を感じる方や奥歯の歯間部を丁寧にケアしたい方にオススメです。

奥歯の歯垢の除去が苦手な人に特に使ってもらいたい商品です。

 

1位 小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ

出典: Amazon.co.jp

やわらか歯間ブラシ SSS-S お徳用 40本
ブランド
カテゴリ

やわらかいのに折れにくい

ゴムでできた商品で、やわらかさが魅力的な商品で、歯と歯ぐきにやさしく使えます。

しかも、ゴムが歯間に密着するので、歯垢を効果的に取り除けます。

 

やわらかい商品は、折れやすい商品が多いですが、こちらの商品は、やわらかいのに折れにくく、やわらかい商品の中で、耐久性に優れているように感じています。

 

歯茎にやさしく、しっかりと歯垢を取り除いてくれるので、小さな頼れる商品です。

初めて歯間ブラシを使う人にもオススメです。

 

歯間ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、歯間ブラシの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

綺麗な歯で素敵な笑顔に!

笑顔を見たときに、キレイな歯が見えると、素敵だなあっと思います。

自分自身も綺麗な歯を手に入れて、綺麗な歯の見える素敵な笑顔になっちゃいましょう!

 

歯間ブラシを使うことによって、自宅でも、手軽に丁寧なブラッシングは可能です。

歯ブラシだけでは除去しにくい歯垢や食べかすも歯間ブラシを使ってキレイにしていきましょう。

 

歯間ブラシを使って、素敵な歯を目指しましょう!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

TOOTH LOVE BALL ホルダー (歯間ブラシホ…

サイトを見る

山崎実業 歯ブラシスタンド 歯ブラシ&歯間…

サイトを見る

【まとめ買い】小林製薬のマイクロ歯間ブ…

サイトを見る

システマ 歯間用デンタルブラシ SSS 8本

サイトを見る

ライオン DENT.EX 歯間ブラシ 4本入 ×4 個…

サイトを見る

ガム・ソフトピック カーブ型 30P サイズS…

サイトを見る

やわらか歯間ブラシ SSS-S お徳用 40本

サイトを見る

関連記事