エンタメ好きが教える!ブルーレイプレーヤーおすすめランキング

最近ではDVDより、ブルーレイディスクの方が出回っているイメージを抱きます。先日も、気に入った映画のDVDを購入しようと思ったのですが、ブルーレイは値段が高い割に特典なども豊富で、ついついDVDより優先してしまうんですよね。

ただ始めてブルーレイを購入した際、専用機でないと視聴できない、というのは、当時の私にとっては衝撃でした。ビデオテープと比べればどちらもディスク型で似ていますから、互換性もあるのかなと思っていたんです。

ゆえにブルーレイプレーヤーが来るまで、視聴を我慢するハメになったのも、今では良い思い出。今回は、ほかにも様々な魅力があるブルーレイプレーヤーについてご紹介します。

 

ブルーレイならではの映像

ブルーレイディスク

 

ブルーレイプレーヤーの魅力の1つは、画質の良さです。作品そのものの質が良いならより綺麗に、DVD互換の機器であれば、古い作品でも違って見えます。

また4K対応テレビを持っているなら、ブルーレイプレーヤーにも4K対応機能を持たせることをおすすめします。というのも、通常のプレーヤーでは4Kとして映像を出力できず、4Kテレビであっても質は普段のままになってしまうため。

ほかにもウルトラHDなど、高画質の種類は多いので、持っているテレビの機能や、ブルーレイディスクの質に併せて選びましょう。

 

オーディオ機器としてのブルーレイプレーヤー

オーディオ再生

 

ブルーレイプレーヤーは、主に映像を再生する機器として用いられますが、CDなど音楽の再生も可能。少しマニアックになってしまうかもしれませんが、ブルーレイオーディオが利用できる機器も存在します。

一方音楽再生に関しては、全てのブルーレイプレーヤーに備わっているわけではありません。オーディオ再生機能を求めるなら、きちんと機能有りの商品を探しましょう。

加えて再生時、曲名や歌手名などの情報は表示されないことが多いです。インターネットなどを介し、CDの情報を元に該当する作品をサーチするといった機能が必要。

CDであれば歌詞のパンフレットが付いていることも多いので、選曲ミスは起こりにくいですが、ipodなど詳細が表示される機器に慣れている人は注意しましょう。

 

購入する際の注意点

HDMIケーブル

ブルーレイプレーヤーを購入する際は、以下の点にも注意してください。

 

テレビなどとの接続端子

ブルーレイプレーヤーは、テレビとの接続用にHDMI端子を用いています。基本的にはHDMI端子で映像も音楽も再生してくれますが、音声のみの作品と映像のみの作品はやはり異なるもの。

もしオーディオ再生も行う予定なら、音声用の端子が備わっているプレーヤーを選びましょう。またHDMI端子も、映像のみ、音声のみと分かれているケースがあります。

映像や音の質や種類によっては3つ以上の端子が備わっており、より高品質の状態で鑑賞したい、ホームシアターなど迫力を求めたい環境に適しています。

 

低画質でも高画質に

映像のところで4Kについてお話しましたが、映像自体が4Kより低い画質の場合、ブルーレイプレーヤーに4Kアップコンバートという機能を持たせることで、4K映像として再生できます。

ちなみにブルーレイディスクの場合、4K対応なのはウルトラHDブルーレイ。規格が表示されていない場合は未対応なので、4K画質で観るにはコンバートが必要です。

 

対応規格及びネット接続もチェック

忘れてはいけないのが、ブルーレイディスクの規格に対応しているか。一般的なブルーレイディスクは大抵視聴できますが、プレーヤーの製造年や、特殊な規格のディスクでは非対応の場合も。

せっかく買ったのに観られなかったでは話になりませんので、特にBD-Rなど、書き込み可能なディスクの規格には注意しましょう。

またインターネットに接続できたり、USBメモリなどに入っている映像が視聴できるプレーヤーもあります。ブルーレイディスクだけでなく、動画サービスを利用したり、サービスにおいて作品をダウンロードすることが多いなら、プレーヤーの機能としてつけておくと便利。

ネットワークなどを経由して、保存場所と離れていてもブルーレイプレーヤーから再生できるケースもありますよ。

 

ポータブルなら持ち運びもできる

ポータブルプレーヤー

 

またブルーレイプレーヤーの中には、持ち運び可能なポータブルタイプもあります。ポータブルタイプは画面が備わっているため、テレビに接続することなく視聴できるのが魅力。移動中など屋外にいても楽しめます。

テレビに接続することも可能なので、家の中で使うなら大画面も可能です。

一方で屋外の場合、動力は内蔵のバッテリーが担当します。途中で映像が途切れてしまわないよう、出かける前にきちんと充電しておきましょう。

 

価格帯ごとのおすすめ

ブルーレイプレーヤーのうち、機能よりも価格を重視するなら、映像の再生専用機になる可能性が高いです。つまり音声再生や録画機能など、ブルーレイプレーヤーに本来不要な機能を取り除いています。コスパは1万円を下回ることもあるため、不要な機能が多い人にはおすすめ。

反対に価格を問わず機能を追求すれば、ブルーレイディスクはもとよりマルチプレーヤーとして機能させることも可能です。一方でSONYなどメーカーゆえに高額になるなど、機能とは異なる部分で価格が決まることもある点には注意。

ちなみに据え置きタイプとポータブルでは、小型だからといってポータブルが安価と考えると痛い目を見ます。むしろ小さなサイズに機能を詰め込む分、ポータブルの方が高額と考えても良いでしょう。

 

愛用のブルーレイプレーヤー

出典: Amazon.co.jp

パナソニック ブルーレイプレーヤー フルHDアップコンバート対応 ブラック DMP-BD90
ブランド
カテゴリ

私が気に入っているのは、パナソニックのDMP-BD90という機種。機能としてはフルHDアップコンバートで、ブルーレイディスクよりDVDに対しての要素が強いですが、その分値段は低め。

ただCDにしろDVDにしろブルーレイディスクにしろ、ーRなどの書き込み可能な規格も対応になっており、自分で録画、編集した作品も視聴できるのが魅力です。

加えて据え置き型ではありますが、最大辺が約25cmでシンプルな直方体ということもあり、収納しやすいのも気に入っています。

 

おすすめブルーレイプレーヤーランキング4選

ほかにもまだまだあるブルーレイプレーヤー。最後にほかの商品の中で気になったもの、評判の良いものをランキング形式で紹介します。以下も商品選びの参考にしてみてください。

 

第4位 パナソニック ブルーレイレコーダーDIGA DMR-BRW1050

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 おうちクラウドDIGA DMR-BRW1050
ブランド
カテゴリ

まずはパナソニックから、レコーダーメインのプレーヤーです。1TBの容量に加え、2チューナー対応。 こちらは4Kへのアップコンバートに対応しており、さらにアプリのおうちクラウドDIGAを介して、撮影した映像を家族や友人間で共有ができます。

その分かなり高額なのですが、値段を気にせず機能がたくさん欲しい人にはぴったり。

 

第3位 SONY ブルーレイプレーヤーUBP-X700

出典: Amazon.co.jp

ソニー SONY ブルーレイプレーヤー/DVDプレーヤー UBP-X700 Ultra HDブルーレイ対応 4Kアップコンバート UBP-X700 BM (2018年モデル)
ブランド
カテゴリ

続いてはSONY製。録画機能がなく、プレーヤー機能メインにしては高額なのは、メーカーの特徴かもしれませんね。ただ機能も悪くなく、Ultra HDブルーレイも再生できるほか、DVDなどの古いディスクでも4Kアップコンバートが可能。

またデジタルミュージックエンハンサー機能により、音声も高品質で楽しめます。

 

第2位 Pioneer ブルーレイプレーヤーBDP-3140-K

出典: Amazon.co.jp

Pioneer ブルーレイプレーヤー アップスケーリング/音声付き早見・遅見再生機能搭載 ブラック BDP-3140-K 【国内正規品】
ブランド
カテゴリ

2位はPioneerのプレーヤー。DVDーRなどの規格も再生可能で、古い作品でも画質はハイビジョンで視聴できます。

また通常速度以外での視聴も便利。1.5倍の早見は音声付きで観れますし、ブルーレイプレーヤーとしては初めて遅見再生機能も備わっています。英語の学習など、ゆっくり確認したい場合に0.8倍での視聴が可能です。

 

第1位 LG  ブルーレイプレーヤー

出典: Amazon.co.jp

LG ブルーレイプレーヤー
ブランド
カテゴリ

最も気になったのは、LGのブルーレイプレーヤーでした。アップコンバートはフルHD止まりですが、BDーRなど対応規格は多岐に渡っており、CDやUSBメモリ内の映像や音楽も再生可能。動画はもちろん、静止画の再生機としても機能します。

CDの場合、接続しているUSBに、音声ファイルとして変換・保存も可能。パソコンや携帯機器などでCDの曲を再生したい時に便利ですね。またWi-Fiが内蔵されており、YouTubeの視聴も行えます。

さらに年齢制限のある作品の視聴を制限するなど、子供向けのセキュリティも充実。お子さんのいる家庭での使用もおすすめです。

 

まとめ

ブルーレイプレーヤーは、ブルーレイディスクを持っている人だけでなく、CDやDVD、インターネット上の動画を楽しむ人にも役立つ機能を備えていることがあります。

いずれブルーレイディスクを視聴する際に改めて購入するのも良いですが、今使っているCDなどの再生機と比較し、良い機能が備わっていれば切り替えるのもおすすめ。

ブルーレイプレーヤーでより迫力のある作品を楽しみましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

パナソニック ブルーレイプレーヤー フルH…

サイトを見る

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイ…

サイトを見る

ソニー SONY ブルーレイプレーヤー/DVDプ…

サイトを見る

Pioneer ブルーレイプレーヤー アップスケ…

サイトを見る

LG ブルーレイプレーヤー

サイトを見る

関連記事