タオルマニアが教える!ベビー用バスタオルおすすめランキング

こんにちは。

私はもともとタオルが大好きで、色々な生地のタオルを集めてコレクションしていました。

そんな私に子どもが生まれ、タオルマニアだった私は、ベビー用のバスタオルを丁寧に選び、こだわりました。

以前、私が体調を崩してしまい洗濯物を溜め込んでしまったときがあったんですが、そのときにベビー用バスタオルが無かったので私たち親と同じバスタオルで拭いてあげたら、赤ちゃんなりに何か違いがわかるのか、タオルで包んであげた時の表情や動きが違いました。

やっぱり赤ちゃんのお肌に優しい作りになっているベビー用バスタオルを使ってあげると、赤ちゃんも気持ちが良くて嬉しいんでしょうね。

また、ベビー用のバスタオルは、毎回洗うものですから出産祝いとしても非常に喜ばれる商品です。出産祝いのプレゼントは、何個あってもいいような商品がおすすめです。

そんなベビー用のバスタオル。

普通のバスタオルとベビー用バスタオルの違いや選び方など、よくわからないママもいるのではないでしょうか?

今回はそんなママのために、わからないことを解決してスッキリできるように、選ぶ力になれるように、ベビー用バスタオルの説明や紹介をしていきます!

 

そもそもベビー用バスタオルってどんなバスタオルのこと?普通のバスタオルとは機能性が違ったりするの?

普通のバスタオルと、ベビー用バスタオルでは、違いがあるんです。どんなことなのか、お話していきますね。

 

肌触り

1つ目は、素材が同じでも、肌触りが違うということです。

普通のバスタオルでふわふわだと思っているものよりも、遥かにベビー用バスタオルのほうがふわふわして柔らかいです。肌触りがとってもいい作りになっています。

やっぱりお肌がまだ柔らかくて敏感な赤ちゃんには、肌に刺激の少ないものや、できるだけ柔らかくてふわふわなものを使ってあげたいですよね。

ベビー用のバスタオルを買うことは少し手間かもしれませんが、大切な赤ちゃんのお肌を守り、肌心地のいい商品を使ってあげてくださいね。

 

2つ目に、普通のバスタオルは大きくて長方形のものがほとんどだけれど、ベビー用のバスタオルは色々な形があります。

赤ちゃんはまだ体が小さいので、長方形だと大きくて使いにくく感じる方も多いみたいです。なので、他の形も作られているベビー用バスタオルだと、自分で使いやすい形を選ぶことができるので、助かりますよね。

 

吸水性・速乾性

3つ目に、ベビー用バスタオルには、吸収性や速乾性に優れている素材が使われています。

大人よりも肌の体温の高い赤ちゃんは汗で湿ったりすることがあったりしますし、お風呂上がりの濡れた体の水分をすぐに吸い取って体を冷やさないようにしてあげたいので、吸収性と速乾性に優れていると助かりますよね。

バスタオルなら、普通のものとベビー用のものは一緒だろうと思っていた方も多いのではないでしょうか?

このように、普通のバスタオルには無いものが、ベビー用のバスタオルにはあったりするので、赤ちゃんに使うのならベビー用バスタオルを選んであげるのが良いと思います。

ざっくりとお話しましたが、このあと素材や形のことを詳しく紹介していきますね。

 

私が考えるベビー用バスタオルを選ぶ時のポイント・注意点!

バスタオルは、赤ちゃんのお肌に直接触れるものです。赤ちゃんの柔らかいお肌は、柔らかいバスタオルで包んであげたいですよね。

それに、赤ちゃんのお肌はデリケートで敏感なので、ちょっとした刺激でもお肌が傷ついて荒れてしまうくらい繊細なので、肌への刺激がなるべく少なく、安全で、赤ちゃんのお肌に触れても安心できる優しいバスタオルを選んであげたいですよね。

赤ちゃんのことを考えて、赤ちゃんのお肌に優しいタオルを選ぶには、どのようなことを注意したらいいのでしょうか?

ベビー用バスタオルと言っても、素材や形などを見てみてると、色々と種類があります。

それに、ベビー用バスタオルは沐浴後やお風呂後だけでなく、お出かけのときにおくるみとして使ったり、寝かしつけで抱っこするときに使ったり、寝ている赤ちゃんに掛けてあげたり敷いてあげたりと、様々な使い方があるんです。

なので、素材や形に注目して、どのようなことをする時に向いているのか、向いていないのかポイントを確認しながら読んでいただけたら嬉しいです。

では、詳しく紹介していきますね。

 

素材

まずは素材について。赤ちゃんの柔らかなお肌に負担にならない、優しい肌への触れ心地の素材を選びたいですね。

おすすめの素材をご紹介したいと思います。

 

◉コットン素材100% ガーゼ生地

コットン100%の素材は肌触りが良く、吸収性に優れています。

コットン100%の素材の中でも、ガーゼタイプの生地は目が粗いので速乾性と通気性が優れています。

バスタオルは濡れて雑菌が繁殖しやすいものですが、速乾性と通気性が優れているので、雑菌の繁殖を防いでくれます。

素早く乾いてくれるものだと赤ちゃんの肌にも清潔に使用することかできるので、安心できますよね。

そして、軽くて柔らかく、デリケートなお肌の赤ちゃんの体を拭いても、お肌を傷つける心配が少なく、肌を優しく包み込めるため、赤ちゃんのお肌を拭くのに適しています。ガーゼタイプの生地は吸収性も高いです。

ガーゼタイプの素材は、空気の層ができやすく、空気を含むと温かみを感じられるので、お風呂上がりで濡れている赤ちゃんの体を冷やすことなく、ふんわりと包み込めます。

でも逆に、ガータイプの素材は薄手なものが多いので、春先や秋口、冬などの気温が低い日のお出かけのときに、おくるみとして使用するのは寒いと思います。通気性が良いので、暖かい日には向いています。

通気性がいいので、寝ている赤ちゃんの下に敷いてあげても良いと思います。大人よりも肌の体温が高く、肌が蒸れやすい赤ちゃんでも、通気性のいいタオルを敷いてあげることによって、汗をかきにくくなります。

吸収性も良いので、汗をかいてしまってもタオルが吸収してくれます。もし、寝ている時にミルクなどを吐いてしまったり、ヨダレが垂れてしまっても、吸収性の良いガーゼタイプの素材なら簡単に拭き取ることができます。

 

◉パイル生地

ふんわりとした風合いが特徴のパイル生地。

繊維が裏側に出ている構造の生地なので、繊維が赤ちゃんの柔らかいお肌に引っかかることがないです。なので、お肌を傷つけてしまう心配も無く、ふんわりとフィットします。

ただ、裏側は糸が出ていて引っかかりやすいので、引っかからないようにしましょう。そして、お洗濯をすることで毛羽立ってしまうこともあるので、ネットに入れてお洗濯するなどして、毛羽立ってしまわないように気をつけましょう。毛羽立ってしまうと、赤ちゃんのお肌を傷つけてしまう心配が出てくるので、こまめに毛羽立っていないかチェックすることも大切です。

パイル生地もガーゼ生地同様、空気の層ができやすく、空気を含むと肌に温かみを感じられるので、お風呂上がりで濡れている赤ちゃんの体を冷やすことなく、ふんわりと包み込めます。そして、肌への吸収性も高いです。

ただ、パイル生地のバスタオルは何回かお洗濯すると、生地が薄くなってきて使いにくくなります。そして、価格によって厚さや柔らかさが違うので、ネットで購入するのはオススメできません。実物を見て触り、厚さと柔らかさを確認しましょう。

パイル生地は柔らかく、繊維で赤ちゃんのお肌を傷つけてしまう心配が無いので、寝返りやずり這いをするようになった赤ちゃんの下に敷いてあげるのがオススメです。

動いて肌を擦ってしまったり、お顔を擦り付けてしまっても、安心です。そして、その時期の赤ちゃんはヨダレが多く出る時期ですが、吸収性も高いので、しっかりとバスタオルが吸い取ってくれます。

お出かけのときに、おくるみとして使用するのも良いと思います。

 

◉オーガニックコットン素材

ベビー用バスタオルにも、オーガニックがあります。

オーガニックコットン素材とは、どのような素材なのかわからない方も多いのではないでしょうか?

オーガニックコットンとは、2~3年以上認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬と肥料の厳しい基準を満たし、守って栽培された綿花のことです。

この素材は、最後の仕上がりまで化学処理をしていません。なので、ふんわりとした自然な風合いを生かした、生地の成りのものが多いです。

厳しい基準を満たして栽培されているので、オーガニックのものは、赤ちゃんのお肌だけではなく、大人の人間の体にも、環境にも優しいです。

オーガニックコットン素材は、アレルギー体質のお肌の方でも使うことができ、オススメです。もちろん、赤ちゃんのデリケートなお肌にも使うことができます。

1本1本の繊維に弾力性があるので、何回もお洗濯をしても生地が薄くなることが無く、ふんわりとした優しい肌触りが続きます。

 

形や大きさ

 

◉正方形

無難な形で、使い勝手の良い正方形タイプ。

バスタオルをひし形になるような向きで置いて、そこに赤ちゃんを寝かせてあげると頭も体も包み込めます。

なので、お風呂上がりの赤ちゃんの髪の毛についた水分も拭き取りやすいですし、お出かけのときや、寝かしつけで抱っこするときに、おくるみとしても使うことのできる形です。

 

◉長方形

長方形の形は、体が大きくなっても使えるので、長く使うことができます。

お風呂上がりに水分を拭き取るバスタオルとして使用する場合、体がまだ小さいときは、頭の方は少し開けて抱っこすると足の方に結構布が余るので、その部分を折り返すと、赤ちゃんをちょうど良く包み込むことができて拭きやすいです。

長方形だと、横幅は少し狭く、縦幅が大きいので布団の上にも敷くことができ、ちょうど良い形です。

 

◉バスローブ形

簡単に体を包み込むことのできるバスローブタイプ。

体に巻き付けるように包み込めるので、赤ちゃんの濡れた体を包み込むことができるので、赤ちゃんの体も冷えませんし、お母さんも包みやすくて楽だと思います。

この形の難点は、お風呂上がりの体を拭くバスタオルとしてしか使えないところです。

 

◉おくるみ形

赤ちゃんを抱っこしたりするときに使うおくるみと同じ形のバスタオル。

おくるみの形をしていると、お風呂上がりの赤ちゃんの体をしっかりと包み込むことができるのと、頭の方が帽子のような形のつくりになっているので、頭もしっかりと包み込めます。なので、お風呂上がりの赤ちゃんの髪の毛についた水分も拭き取りやすいです。

おくるみの形をしているので、お出かけのときや、寝かしつけで抱っこするときに、おくるみとしても使うことのできる形です。

このように、素材や形ともに様々な種類があります。

ちなみに私は、ガーゼ生地の正方形とパイル生地の長方形を使っています。

読者様が、どのように使いたいのかも考えて、生地と形を選ぶのが良いと思います。

そして、同じものを何枚も購入するのではなく、私のように違う生地と形のものを何枚かずつ購入して使い分けるのも良いかと思います。

 

 

タオルマニアが教えるベビー用バスタオルおすすめランキング

私が実際に子育ての際に使用したことのあるベビー用バスタオルは色々とあります。

その中で、おすすめしたい商品を10個ほどランキング形式で紹介していきます。

 

第10位 『ブルーム スピードライ ガーゼ キッズ ラップタオル

出典: Amazon.co.jp

ブルーム スピードライ ガーゼキッズラップタオル

まずご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は、お風呂上がりの赤ちゃんの濡れた体の水分を、負担をかけずに素早く拭き取ってくれる『スピードライ』です。普通のバスタオルよりも、柔らかい糸を使用して作られている商品なので、とても柔らかいです。

素材はガーゼで、触ると薄く感じ本当に優秀なバスタオルなのか心配になりますが、そんなことは無く、吸水性と速乾性に優れています。畳むと小さくなるので、お洗濯の時もかさばらないです。表面はガーゼ生地で、裏面はパイル生地になっています。

カラーは、アイボリー、イエロー、サンドベージュ、ピンク、ピンクパープル、ブルー、ライトグリーン、チョコブラウンの8色展開です。明るいカラーが多いので可愛くって、全色揃えたくなってしまいます。

サイズは62cm×120cmの長方形なので、お風呂上がりのバスタオルとしてだけでなく、寝ている赤ちゃんの下に敷いても、掛けてあげても良いと思います。

商品の価格は、1,200円です。ベビー用バスタオルとして優秀な商品ですが、少しお高く感じます。

大切な赤ちゃんに向けてこだわりある商品をお探しの方は、ぜひ一度こちらの商品を使ってみてくださいね。

 

第9位 『今治タオル 身長計つきバスタオル』

次にご紹介するのがこちらの商品です。有名な今治タオルの商品です。

今治は、タオルの聖地とも言われています。

その理由は、今治はとても自然環境が良く恵まれているので、糸や生地に優しく、綿が本来持っている柔らかさを引き出せます。なので、赤ちゃんの柔らかいお肌をそっと優しく包み込むような、しっとりふんわりした柔らかいタオルが作れるんです。

そんな今治タオルにも、身長計つきのバスタオルがあるんです。綿100%から作られているので、肌触りが良いです。裏は白パイル地になっています。今治タオルなので、品質はとても優れています。

柔らかく優しい肌触りで、吸水性と速乾性も優れています。日本で作られているので、ママも安心して赤ちゃんの敏感なお肌にも使用できますね。サイズは、約70cm×130cmの長方形です。

身長計がついているので、お風呂上がりの赤ちゃんの濡れた体を拭くときに身長も確認できるので、ママにとっても楽しい時間になりますよね。

デザインは、ゾウとキリンがあり、デザインによって価格が変わってきます。

商品の価格は、1,500〜2,000円前後で、少しお高いですね。

出産祝いとしてもおすすめの商品かなと思います。

 

第8位 『undoudou 表ガーゼ 湯上りタオル』

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品の素材は綿100%で無撚糸(むねんし)タオルという糸を織る製法で作られたベビー用バスタオルです。特別な製法で作られているため、生地にたくさんの空気を含み、柔らかくてふわふわとしています。 なので、赤ちゃんの敏感なお肌を優しく包み込めます。

吸水性も優れているため、お風呂上がりの濡れた赤ちゃんの体を優しく包み込み、素早く水分を吸い込むので、冷やすことなく体を拭いてあげることができます。

ふわふわで温かみのある肌触りなので、お出かけのときや寝かしつけで抱っこするときに、おくるみとしても使用できます。サイズは、80cm×80cmの正方形です。価格は、1,480円です。

肌触りも良く、2枚組で、お風呂上がりのバスタオルとしても、おくるみとしても使えるので、お手頃な商品の価格だと思いますよ。

手軽な商品を購入したいママはぜひこちらの商品を購入してみてはいかがでしょうか。

 

第7位 『今治タオル Kontex フード付バスタオル』

出典: Amazon.co.jp

今治タオル Kontex コンテックス フード付バスタオル

次にご紹介するのがこちらの商品です。

こちらの商品は、第9位でも登場した、今治タオルのバスローブ(フード付バスタオル)です。

赤ちゃんの敏感なお肌にも安心して使える綿100%で、新生児の頃から使うことのできる商品です。

表はふんわり起毛ガーゼで、裏は一面タオル地になっていて、吸水性に優れています。

フード付なので、お風呂上がりの濡れた赤ちゃんの髪の毛も素早く拭くことができます。

マドラスチェックの柄に刺繍が付いていて、チェックの色によって刺繍のデザインも違うので、選ぶのも楽しいです。

日本で作られているものなので、ママも安心できますよね。

サイズは、60cm×120cmの長方形です。

価格は、4,320円です。お高いですが、可愛さと安全性は抜群だと思います。出産祝いのプレゼントとして贈られることの多い商品でもあるので、出産祝いのプレゼントとするのも良いと思います。

 

第6位 『calmland かさばらないミニバスタオル』

出典: Amazon.co.jp

calmland バスタオル かさばらないミニバスタオル

第6位の商品としてご紹介するのがこちらの商品!

こちらの商品はゆっくり丁寧に織り上げられた国産ガーゼを4枚合わせで作られた『かさばらないミニバスタオル』です。こちらの商品は最初から柔らかいですが、使っていくうちに更にどんどん柔らかくなっていきます。なので、赤ちゃんの柔らかいお肌にフィットします。

サイズは、47cm×100cmの長方形です。普通のバスタオルよりひとまわり小さいので、小さい体の赤ちゃんにピッタリなサイズです。

このバスタオルは、吸水性と速乾性に優れています。なので、お風呂上がりの濡れた赤ちゃんの体についている水分を素早く拭き取ることができ、雑菌の繁殖しやすいバスタオルが乾きやすいので、清潔に使い続けることができます。

日本で作られているので、ママさんも安心して赤ちゃんに使うことができますね。

こちらの商品のデザインは20種類あり、価格は1728円です。少しお高い商品となっていますが、機能性はとても優れているので、高すぎるということもないと思います。

価格に対して満足のいく商品だと思います!

 

第5位 『Binztec ベビーバスタオル 天然有機コットン6層ガーゼ』

出典: Amazon.co.jp

Binztec ベビーバスタオル 天然有機コットン6層ガーゼ

第5位としてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は蛍光剤不使用で、オーガニックコットン100%のベビー用バスタオルです。

吸水性と速乾性の優れたオーガニックコットン100%のガーゼ素材が6重になっているので、ずっと触れていたくなるような優しい柔らかさになっています。赤ちゃんの敏感なお肌にも優しいです。

柔らかく撚り合わせた糸で織ってあるので、購入時からふわふわで柔らかく、お洗濯をしてもふわふわの柔らかさが続きました。

サイズは、110cm×110cmの正方形で、バスタオルとして使ったり、寝ている赤ちゃんにかけて使ったり、寝かしつけで抱っこするときにおくるみとして使ったりと、様々な使い方ができます。

商品のデザインも16種類と多いので、選ぶのも楽しいですね。こちらの商品の価格は、デザインによって多少の誤差があり、1,600円前後です。この使い勝手の良さなのに、お手頃な価格なのはママにとっても嬉しいですね。

手軽な商品を購入する際にはこちらの商品をぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

第4位 『日本製 昔ながらのガーゼ バスタオル

第4位としてご紹介するのが日本製のこちらの商品。

こちらの商品は日本製の綿100%の3枚合わせガーゼで作られた、ベビー用バスタオルです。

生地がとても柔らかく、お洗濯をすればするほど柔らかくなり、使っていて驚きました。さすが誇り高き日本製の商品!といった感じですかね。

とても柔らかいので、赤ちゃんの敏感なお肌にも安心して使用することができました。

3枚合わせになっているので、吸水性も高く、温かみもあり良かったです。吸水性に優れているので、お風呂上りで濡れた体の赤ちゃんを優しく包み込み、素早く水分を拭き取れます。なので、赤ちゃんの体を冷やしてしまうことがないです。

サイズは、120cm×66cmの長方形なので、お風呂上がりの濡れた体を拭くためだけでなく、寝ている赤ちゃんの下に敷いてシーツとして使ったり、寝ている赤ちゃんにかけてあげて使ったりもできます。

カラー展開はありませんが、デザイン展開はあります。生地も縫製も日本で行われています。価格は、1,300円前後です。この品質にしては低価格な、ママにうれしい商品。

とても生地が柔らかく、丁寧な縫製をされていて、2枚組なので、お手頃な価格だと思います。

 

第3位 『MRZD ベビーバスタオル』

第3位としてご紹介するのがこちらの商品!

こちらの商品は天然100%、ガーゼ100%で作られたMRZDのベビーバスタオルです。

MRZDのバスタオルは、蛍光剤不使用で、漂白もしていなく、化学成分を一切含んでいないんです。なので、ママも安心して赤ちゃんの敏感なお肌に使えます。

天然100%の6枚合わせガーゼで作られているため、厚手で、吸水性に優れていて、通気性も良く、温かみもあり、とても柔らかいです。裏面は、太い糸の使われたガーゼ生地になっています。

こだわって作られているので、肌触りが良く、赤ちゃんのお肌を傷つけることもありません。

サイズは、105cm×105cmの正方形で、お風呂上がりに体を拭くバスタオルとして使ったり、寝かしつけで抱っこするときにおくるみとして使ったり、寝ている赤ちゃんにかけてあげて使ったりと、様々な使い方ができます。

価格は、1,299円です。タオルの質が良いので、このお値段でも安く感じてしまいます。

 

第2位 『PUPO 両面ふわふわ 正方形バスタオル』

PUPO 両面ふわふわ 正方形バスタオル

第2位としてご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は第3位でも登場したPUPOの、ふわふわした手触りが売りのベビー用バスタオルです。

売りにしているだけあり、本当にふわふわで柔らかいんです。普通のバスタオルよりも細い糸を使って織られていることにより、この柔らかくてふわふわな肌触りなバスタオルが出来上がっていると思うと、敏感な赤ちゃんのお肌のことをしっかり考えられていることがわかり、嬉しくなります。

ふわふわな理由は糸の細さだけでなく、織り上げた後にタオルについているのりやホコリ等の不純物を取り除く「後晒(あとさらし)加工」が施されているからなんです。後晒加工をすることで、清潔になり、綿本来の吸水性を発揮できるようになります。

両面パイル地の柔らかいタオルが、赤ちゃんの敏感なお肌を優しく包み込んでくれます。

サイズは、90cm×90cmの正方形で、お風呂上がりに体を拭くバスタオルとして使ったり、お出かけのときや寝かしつけで抱っこするときにおくるみとして使ったり、寝ている赤ちゃんにかけてあげて使ったりと、様々な使い方ができます。

カラーは、白・ピンク・ブルー・クリームの4色展開です。

大阪の泉州地区で作られているので、ママも安心して使えますね。泉州地区で作れているタオルは、年々人気を上げています。

価格は、1,185円です。低価格なのでママにうれしいですよね。お値段以上の品質です。

 

第1位 『今治タオル ベビー専用バスタオル 正方形』

そして第1位としてご紹介するのがこちらの商品!

こちらの商品は、第9位と第7位にも登場した、今治タオル。

このバスタオルは、質感・吸水性・安心・安全にこだわって作られた、ベビー用バスタオルです。

今治は、タオルの聖地とも言われています。

その理由は、今治はとても自然環境が良く恵まれているので、糸や生地に優しく、綿が本来持っている柔らかさを引き出せます。なので、赤ちゃんの柔らかいお肌をそっと優しく包み込むような、しっとりふんわりした柔らかいタオルが作れるんです。

今治タオルは、年々人気と知名度を上げていて、海外でも注目を集めています。

今治タオルの最大の特徴である「抜群の吸水性」を保証するために、今治タオル独自の品質検査で「5秒ルール」というものを行っています。この品質基準をクリアしているので、とても吸水性が優れているんですね。

「安心」「安全」「高品質」が代名詞なだけあり、品質も使い心地も良く、使っているときの安心感もとても大きいです。

赤ちゃんのお肌に直接触れるものなので、こんなにも安全だとママも安心して赤ちゃんに使うことができますよね。

サイズは、80cm×80cmの正方形なので、バスタオルとして使ったり、寝ている赤ちゃんにかけて使ったり、お出かけのときや寝かしつけで抱っこするときにおくるみとして使ったりと、様々な使い方ができます。

商品の価格は、2,380円と少しお高いですが、それだけの価値があるバスタオルだと思います。

 

まとめ

普通のバスタオルとベビー用バスタオルの違いや、その中でも生地や形などのお話をしてきましたが、参考になったでしょうか?

赤ちゃんの柔らかくて敏感なお肌に直接触れるものなので、刺激の少ない優しいものを選びましょう。

赤ちゃんが包まれたときに気持ち良くて、幸せそうなお顔をしてもらえるようなベビーん用バスタオルに出会えますように。

 

 

記事内で紹介されている商品

ブルーム スピードライ ガーゼキッズラッ…

サイトを見る

今治産タオル 身長計つきバスタオル

サイトを見る

un doudou 表ガーゼ 湯上りタオル

サイトを見る

今治タオル Kontex コンテックス フード付…

サイトを見る

calmland バスタオル かさばらないミニバ…

サイトを見る

Binztec ベビーバスタオル 天然有機コット…

サイトを見る

日本製 昔ながらのガーゼ バスタオル

サイトを見る

MRZD ベビーバスタオル

サイトを見る

PUPO 両面ふわふわ 正方形バスタオル

サイトを見る

今治タオル ベビー用 高級 バスタオル

サイトを見る

関連記事