買いたいものを検索してください

【2020年最新版】文具好きが教える!多機能ボールペンおすすめランキング10選

大人になってから、鉛筆やシャープペンシルよりボールペンを使う頻度が増えました。ゆえに最初は私も黒もしくは青のボールペンを持ち歩いていたんです。

でもボールペンとして使う以外の方法も備えた多機能ボールペンを知って、こちらを使う頻度が上がりましたね。もともとなんでもまとめたがりというか、要は面倒くさがりなんですけど、ボールペンってそれ自体が細くてコンパクトなので、複数の用途がそこに収まるならより便利だなと。

そんな多機能ボールペンの魅力とおすすめ品を、今回はランキング形式でご紹介します。

 

種類豊富な多機能ボールペン

スマホとタブレットとタッチペン

多機能と言っても、どんな使い方ができるのかはメーカーによって違います。ただ多機能と表記されているだけの理由で購入して、求めている機能が無かったなんてオチは嫌ですよね。

そこでまずは、どんな種類を備えているのかを確認しておきましょう。私が利用、あるいは見聞きした範囲では、以下の機能を備えているボールペンが多かったです。

 

スマホ操作に便利なタッチペン付き

最近特に多いのは、タッチペン機能が備わっているボールペン。ペン先とは反対部分がやや丸みを帯びており、スマホやタブレットに反応しやすい形状になっています。

私もスマホに買い換えた頃そうだったんですが、指でタッチするってなんだか違和感ありますよね。画面はボタンのように凹凸がないので、ちゃんと反応してくれない時もありますし、小さな場所をタップすると、なぜか狙ったところとはズレた場所が押されたことになったり…。

でもタッチペンがあれば、指よりは細いので正しい場所に触れやすいです。また電話しながらメモなど、筆記具とセットで持ち歩いている方は、1本分荷物が少なくなるのでおすすめ。

 

USBメモリ付きペン

機能が追加されているのはタッチペンと同じく背中部分。取り外せるようになっていて、そこにUSBメモリが付いているんです。

ボールペンにくっつける関係上、容量はさほど多くはないですが、例えばその日に必要な書類のデータなど、一時的に入れて持ち歩く場合に重宝します。使わない時はペンに戻せる商品なので、無くしてしまう心配もありません。

 

多色ボールペン

人によっては黒だけでなく様々な色のボールペンが必要なこともあるでしょう。そんな時にも多機能ボールペンは役立ちます。色以外の機能が無い場合は、多色ボールペンと呼ばれることもあるので、そちらで探してみるのもおすすめです。

メジャーなのは、インク色が黒に赤と青をプラスした3色か、緑を加えた4色。原色と言えば黄色もありますが、白い紙に文字を書くことを考えると、明るすぎるので採用されにくいのかもしれませんね。

ただ黄色もないわけではなく、それどころかインク色にほかの様々な色を選ぶことができるボールペンも存在。ボールペンでイラストを書いたり、勉強など文字の色分けが必要な書き物をする時には便利な商品です。

 

シャーペン兼ボールペン

筆記具としてのバリエーションでは、シャープペンシルがセットになったボールペンも存在します。シャーペンがメインの場合は多機能シャーペンと呼ばれることも。

ボールペンの場合、文字の消去に修正液が必要というデメリットがあり、持っていない時は二重線などで潰して別の欄に書き直すため、紙のスペースを圧迫しがちです。そんな時はむしろ、シャーペンで記入する方が便利。

シャープペン機能があるボールペンなら、背の部分に消しゴムがセットされていることも多いため、間違っても消して同じ場所に書き直すことが可能です。ちなみにどうしてもボールペンで書きたいならば、修正液や修正テープを備えた商品を探すのも有り。

 

人気ブランドごとの特徴的なインクの違いについて

ボールペン

 

文字が消えにくい三菱鉛筆の「ジェットストリーム」

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリーム
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青
芯の太さ 0.5mm
シャーペン ×
グリップ やわらかめ
本体色 アイボリー・ネイビー・ベビーピンク・ローズピンク・透明ネイビー・透明ブラック・黒
大きさ・太さ 147.3mm・12.2mm
重さ 11.5g
替え芯
付加機能 ×

三菱のジェットストリームは、文字をしっかり残せるインク。油性というだけでも消えにくくはありますが、なんと衣類についた場合、クリーニング屋さんでも薄くすることしかできないそうです。

備忘録にはぴったりですが、紙以外のところに付けないよう、注意しましょう。3色ボールペンなど、異なるカラーでも採用されているのは嬉しいですね。

 

ゼブラの「エマルジョンインク」は水性っぽい油性?

ゼブラ 多機能ペン スラリマルチ

インク色 黒・赤・青・緑
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ かため
本体色 黒・ピンク・ライトブルー
大きさ・太さ 154.3mm・13.8mm
重さ 16.6g
替え芯
付加機能 ×

2つ目のエマルジョンインクは、油性でありながら水性のメリットも備えたインク。主に油性の速乾性と水性の書き心地を同時に感じられます。横書きをしなくてはいけない左利きの方や、すぐに記入したノートなどをしまいたい場合などで、手を汚したり字を滲ませる心配がありません。

4色ボールペンに加えシャーペンまで使えるスラリマルチなど、機能面でも充実した商品が揃っています。

 

スムーズに書ける!ぺんてる「ビクーニャインキ」

ぺんてる 多機能ボールペン フィール

インク色 黒・赤
芯の太さ 0.5mm(ボールペンは0.7もあり)
シャーペン
グリップ やわらかめ
本体色 メタリックのレッド・ブルー・グリーン・ブラック・シルバー
大きさ・太さ 149mm・15mm
重さ 13g
替え芯 ×
付加機能 ×

最後はビクーニャインキ。こちらもエマルジョン同様、書き心地が魅力的なインクです。こちらは完全に油性ながら、ベタつきを抑えやすくすることで書きやすさを実現しました。

たくさんの文字を書くときなど、突っかかりやすさが増えやすい機会に重宝します。文章を書き始める時に、掠れたような文字になってしまうのを防ぎたい時にもおすすめです。

本体カラーのバリエーションが豊富な、2色+シャーペンを備えた多機能ボールペン、フィールなどがあります。

 

多機能ボールペンを選ぶ時に気をつけたいこと

ペン
出典: ami1012gogo

目的の機能を持つボールペンを見つけても、買う前にいくつかのポイントを確認してください。機能があるから使い勝手が良いとは限らないんです。

 

ペンの重さや太さは最適か

多機能ボールペンの場合、機能が多ければ多いほどペンのボディそのものが太く重くなります。当然といえば当然なのですが、そうなると収納に困ることも。

例えばペンケースの場合、1本ずつしまえるタイプなら要注意。基本通常サイズで型やスペースを作っているので、多機能ボールペンが収まらないことがあります。手帳やスマホケースなど、縁に輪っかのようについている収納部分にも言えることです。

重さではポケットなど、ペンを身に付ける際に気をつけましょう。重さ故に服が引っ張られてしまい、見た目のバランスも悪くなりますし、使い続けるとペンを入れている側だけ変に伸びてしまうこともあります。

また今まで多機能ボールペンを触ったことがない場合、重さや太さが原因で書きにくく、肝心のボールペンとしては使いづらく感じることも。場合によっては、ボールペンとその他の機能と分けた方が持ち歩きやすいんです。

 

ペンのグリップの握り心地

グリップは、ペンの握る部分のことです。ペンの握り心地を左右する重要なパーツで、触り心地や握り心地だけでなく、太さややわらかさなど商品ごとに違いがあります。滑りにくくフィット感が良いと、書きやすいと感じるでしょう。しかし、手の大きさや指の太さなどには個人差があるため、一概にどのグリップが良いとは言えません。

例えば、柔らかく弾力のある素材のグリップなら、長時間握っていても指が痛くなりにくく、ペンだこ防止にも役立ちます。手が小さい方や筆圧が高くなりがちな方には、少し太めのグリップが付いているペンのほうが握りやすいでしょう。

他にも、握り心地にこだわったグリップを売りにした商品もあります。パイロットのドクターグリップは、人間工学に基づき無理なく握れる軸径を採用し、筆記時の負担を軽減できる形状に設計されています。

自分に合うグリップがわからない方は、店頭でいろんなペンを試し書きしてみると良いでしょう。

 

機能を切り替える手段

多色ボールペンで考えると分かりやすいでしょう。例えば黒から赤に色を変える時、どんな方法をイメージしますか?比較的多いのは、色ごとに芯を押し出すボタンがあり、切り替えたい色のボタンを押すことで入れ替わるタイプでしょう。あるいはペン軸を回すことで、色が切り替わるタイプもありますね。

ほかの機能においても、どのようにして切り替えるのかを理解してから買うのがおすすめ。使い慣れていないと、切り替えに手間取ってしまうからです。

色がひと目で分かり、切り替えやすいのでボタンノック式!

色ごとにボタンが備わっているボタンノック式は、ボタンの色がインクの色と同じになっているため、ぱっと見ですぐ求める色を使うことができます。回転式でも時間がかかるわけではありませんが、直ぐに求める色で書きたい時には便利ですね。

私も講義や会議などのような、他者の話をノートにまとめている時にはボタンノック式のボールペンを使うようにしています。

細身で高級感あるものが多い回転式!

一方ペン軸を回転させることで求めるインクのペン先を出す回転式は、ボタンの厚みがなくなるためか細身の作りになった商品が目立ちます。

シャープな外見は見た目にもよい印象を与えるので、出先などで使う時に便利です。細い分服のポケットに入るボールペンも多く、荷物を極力減らしたい方におすすめします。

手帳に挟む使い方もしやすいところも私はお気に入り。手帳は付箋やシールなどで目立たせることもできますが、ペン1本でアレンジできる多機能ボールペンがあるとやはり便利です。

振り子式

振り子式とは、ペン軸に書かれている色の印を上に向けた状態でノックボタンを押すと、印の色のペン先が出てくる方式のことです。上を感知するために内部におもりが入っており、軸を水平にするとおもりが振り子のように動き、期待した色のペン先がでます。

振り子式の魅力は、片手でスピーディに色が切り替えられることと、切り替え時の音が小さいこと、ノックする部分が一つで見た目がシンプルであることです。

振り子式は素早く色変更でき音もしにくいので、授業中や仕事中に良く色を切り替えて使う方や、シンプルな見た目のペンをお探しの方におすすめです。

 

ほかの色や機能は必要?

特に多色ボールペンで注意したいのですが、インク色を何色も備えて本当に全部使えるか、は考えてください。黒は前提としても、それ以外の色って意外と使いません。

普段黒ではなく、青や緑で書いているなら話は別ですが、重要なもののチェックは赤だけあれば十分なことも多いのではないですか?

使わない色があると、継続した時に、黒だけなくなってほかのインクがまだたっぷり残っている結果を招きやすいです。普段使っている色がなくなれば、当然買い換えることになります。

中身だけ付け替えることができればまだマシですが、そうでなければ使わない色しかないボールペン、結局捨てるハメになります。

私もつい、「たくさんの色があって楽しい」という動機で目移りしてしまうことがあるので、購入時は実用的な色を念頭に置いて決めます。

 

多色ボールペンはインクの詰め替えもチェック

複数の色を1本で使い分けることができる多色ボールペン。専用のレフィルを使うことで、インクがなくなっても詰め替えて使うことができます。

多色ボールペンは定番の赤黒青だけでなく、自分好みのいろんな色を入れて使っている人も多いですよね。好きな色のレフィルを買えば、好きな色だけのオリジナルペンにできます。ただし、詰め替え用レフィルは、どの商品でも必ず売っているものではありません。色の種類や芯の太さなど、商品ごとにレフィルの充実度はかなり異なります。カスタマイズしたい方は、前にレフィルの充実度もチェックしておくと良いでしょう。

 

オシャレなものからシンプルまでデザインも様々

多機能ボールペンには、様々なデザインの商品があります。キャラクター絵柄のもの、キラキラして豪華なもの、シンプルなものなど、使うシーンや用途に応じて、多数の商品からお気に入りを選ぶのも楽しいものです。

購入時は好みのデザインであるだけでなく、使い勝手もしっかりチェックしましょう。ビジネスユースなら、クリップ付きで胸ポケットに刺して持ち運べる商品はいかがでしょうか。手帳や学生の授業ノートなら、間違えたら簡単に消すことができるフリクションペンが便利でしょう。

 

プレゼント向け高級多機能ペンorコスパ重視多機能ペン

多機能ボールペンは、価格の幅が大きい商品です。数万円する高級品もあれば、100均ショップで購入できるプチプラ商品まで、実に様々な価格の商品があります。

プレゼント用なら、だれもが知っている高級文具ブランドの商品がおすすめです。ドイツのLAMYやイギリスのPARKERなら、入学や就職などのお祝いなどにピッタリです。名入れをすれば、世界にひとつしかないオリジナルのプレゼントにもなりますよ。

自分用なら、書きやすくてコスパの良い商品が良いでしょう。ただし、安い商品は自分が必要と感じる機能が付いていても使いにくいことがあるので、購入前に機能面をしっかり確認しましょう。

 

おしゃれでプレゼントにぴったり!多機能ボールペンのおすすめ4選

ギフト

 

LAMY 2000 複合筆記具 マルチファンクション

出典: Amazon.co.jp

LAMY 2000 複合筆記具 マルチファンクション
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青・緑
芯の太さ 0.5mm
シャーペン ×
グリップ なし
本体色 ブラック
大きさ・太さ 139mm・11mm
重さ 22g
替え芯
付加機能 名入れ

最初はLAMYの多機能ボールペン。本体カラーはブラックであり、やや男性向けの4色ボールペンです。名入れが可能で、英数字なら筆記体もOKですから、ちょっと凝ったデザインとして選ぶのもおすすめ。

 

PARKER 多機能ペン ソネット

インク色 黒・赤
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ なし
本体色 ステンレススチール・ラックブラック・レッド
大きさ・太さ 139mm・10.2mm
重さ 20g
替え芯 ×
付加機能 ×

PARKERの多機能ペンは、本体にレッドや茶系のスチール、また蓋及び中央の装飾にシルバーとゴールドがあるなど、男女どちらにも合わせやすいタイプです。機能は黒赤のボールペンとシャーペンの3種類が使えます。

 

PARKER IM ボールペン

出典: Amazon.co.jp

PARKER IM ボールペン
ブランド
カテゴリ
インク色
芯の太さ M中字
シャーペン ×
グリップ なし
本体色 ステンレス・ラックブラック
大きさ・太さ 140mm・11mm
重さ 32g
替え芯 ×
付加機能 名入れ

PARKERからはIMシリーズもギフトとしておすすめ。ソネットとは異なり名入れができます。本体カラーは黒とステンレスですが、ステンレスのみソネット同様、装飾部分がシルバーかゴールドかを選べます。ステンレスなら女性にもおすすめ。

 

三菱 ピュアモルト4&1 オークウッド・プレミアムエディション

出典: Amazon.co.jp

三菱 ピュアモルト4&1 オークウッド・プレミアムエディション
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青・緑
芯の太さ 0.7mm(シャーペンは0.5)
シャーペン
グリップ なし
本体色
大きさ・太さ 148.7mm・13.7mm
重さ 25.2g
替え芯
付加機能 利き用・左利き用あり、名入れ

もう1つは三菱のピュアモルト。名入れの際、文字色を選べるのが特徴です。本体はオークウッドで茶系となっていますが、ゴールドにシルバー、ピンクなどで名入れすることもでき、性別問わずおすすめ。

さらに利き手別でも分かれている商品なので、左利きの方へ送りたい特にもぴったりです。

 

USBメモリ付き多機能ボールペンをご紹介!

The perseids ipen 5in1

インク色
芯の太さ
シャーペン ×
グリップ なし
本体色
大きさ・太さ
重さ
替え芯
付加機能 タッチペン、充電器

スマホや携帯の充電も可能!

The perseidsのipen 5in1は、フラッシュメモリとして使えるだけでなく、スマホや携帯の充電もできる多機能ボールペンです。メモリ用の端子とは別に、充電用の端子が存在し、マイクロUSB・typeC・iPhone用から選ぶことができます。自分のスマホに合わせて端子が選べるため、変換アダプタが必要ないのも魅力。

ちなみにメモリの容量は32GBで、充電は650mAhバッテリーで行います。筆記具よりもIT機器としての機能が詰まったボールペンです。

 

多機能ボールペンの王道・3色ボールペンのおすすめをご紹介!

多機能の中でも使われやすい、黒・赤・青の3色ボールペンをご紹介します。多機能というより最低限の機能さえあればOKという方におすすめです。

 

トンボ鉛筆 3色ボールペン リポーター3

カラーチェンジを手軽に!

まずはトンボ鉛筆のリポーター3。芯は0.7mmと太めのボールペンです。芯の出し入れや色の変更は一般的な3色ボールペンと同じくペン軸のサイドに設けられたボタンで行います。

最大の特徴はボタンの形状。なんと色ごとにボタンの形も変わっているため、覚えればペンをいちいち確認せず色を変えることができるんです。長文を一気に書いてしまいたい時、色を確認するためにいちいちペンを見るのが手間という方におすすめです。

 

三菱鉛筆 ジェットストリーム スリムコンパクト

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 ジェットストリーム スリムコンパクト
ブランド
カテゴリ

多機能ボールペンでも細めにしたい方に

三菱鉛筆の多機能ボールペンはジェットストリームが有名ですが、その中でも細さで人気なのがスリムコンパクト。太くなりがちな多機能ボールペンの中でも、軸径11.2mmと細く、手帳やポケットなどに差して持ち運ぶのに重宝します。

芯も0.5mmのほか、0.38mmから選べ、文字も小さく細かいものが好みという方にはぴったりです。軸のカラーも複数あり、ホワイトなどのパステル系からボルドー、ネイビーのようなシックな色まで様々。使う人の好みはもちろん、利用場面に応じて分けるにも適しています。

 

パイロット 消せる3色ボールペン フリクションボール3

出典: Amazon.co.jp

パイロット 消せる3色ボールペン フリクションボール3
ブランド
カテゴリ

消えるインク機能付きのボールペン

パイロットからは、インクを消すことができる3色ボールペンをご紹介します。消えるのは60度以上になると消えるフリクションインクを採用しているためで、背面にあるラバーで擦ることによって摩擦熱を生み出し、文字が消えます。

シャーペンのように消しカスが出ることはありませんから、消しカスで汚したくない場所で筆記する際に役立ちます。

温度で消えるとはいえ、一旦消えた場所に新しく書き直すことも可能ですから、書き損じをした時にも便利です。シャーペンや鉛筆並みにボールペンを使うならおすすめです。

 

多機能ボールペンおすすめアイテム10選おすすめランキング

ボールペン

 

具体的な多機能ボールペン選びに迷ったら、まずは以下から始めてみましょう。私のおすすめ商品をランキング形式で並べました。

今回は、私が独断でランキング順位を決めさせていただきました。ランキングの順位だけではなく、ご自身の用途に合わせて商品選びを行ってください。

 

第10位 ZEBRA 多機能ペン マーベルシャーボX

出典: Amazon.co.jp

ゼブラ マーベル シャーボX MV6 限定色 スパイダーマン
インク色 黒・赤
芯の太さ 0.7(シャーペン0.5)
シャーペン
グリップ なし
本体色 スパイダーマン・アイアンマン・キャプテンアメリカ・マーベルロゴ
大きさ・太さ 138.1mm・11.2mm
重さ 22.1g
替え芯
付加機能 ×

10位の商品はゼブラの多機能ペン。こちらの商品は0.5mmのシャーペンに、0.7mmのボールペンが黒と赤の2色で合計3種類。商品の機能性では、物を書く際や芯を切り替える際に音を抑えて静かにできるのも特徴です。

ただデザインがマーベルヒーローのものを使っている、いわゆるプレミア品。ゆえに商品の価格も高いので、ファン向の商品です。

 

第9位 ロットリング マルチペンフォーインワン

出典: Amazon.co.jp

ロットリング マルチペン フォーインワン
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ なし
本体色 グレー
大きさ・太さ 150mm・8mm
重さ 30g
替え芯
付加機能 ×

続いてはこちらの商品。ロットリングのマルチペンは、ボールペンが黒と赤、青の3色にシャーペン、消しゴムがついています。書いて消すまで求める方におすすめ。こちらの商品は重さがそれなりにありますが、むしろ書く際にペンを安定させるため、敢えて付けているのが特徴です。とにかく軽いほうが良い方には不向きかもしれません。

商品の機能が多い分、商品の値段も高めなので注意。

 

第8位 CROSS テックスリープラス

出典: Amazon.co.jp

CROSS 多機能ペン テックスリープラス
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ なし
本体色 ブラック・オールサテンブラック・クローム・サテンクローム・パールホワイト・フロスティピンク・メタリックブルー
大きさ・太さ 140mm・10mm
重さ 22g
替え芯
付加機能 タッチペン

続いてはタッチ機能を備えたボールペンの人気ブランドクロスの商品。ボールペンとしては黒と赤の2色で、シャーペン機能も有している商品となっています。こちらの商品は画面のタップだけでなく、スライドなどほかの操作にも適しているのが良いですね。

タッチ機能がつくと高めになるのか、そもそものブランド価格なのか、ペンにしてはコストがかなりのものなので、この商品はスマホ操作にペンがどうしても必要という方向け。

 

第7位 三菱鉛筆 多機能ペンピュアモルトプレミアム4&1

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルトプレミアム
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青・緑(3&1、2&1も選択可能)
芯の太さ 0.7mm(シャーペンは0.5)
シャーペン
グリップ かため
本体色 ブラック
大きさ・太さ 140.6mm・14.1mm
重さ 25.2g
替え芯
付加機能 ×

続いては人気の三菱鉛筆から販売されているこちらの商品。三菱鉛筆の商品からはまず5つもの機能を備えたボールペンです。こちらの商品はインク色が黒色、赤色、青色、そして緑色と4色で、消しゴム付きのシャーペンがセットになっています。

ペン軸がオーク材で、独特の触感を持っているのもポイント。ペンのグリップを重視する方に向いています。ちなみに緑色のない3&1、黒色と赤色のみの2&1と機能の数が異なるタイプの商品も存在。

機能数が少ないと商品価格も下がるので、緑色や青色のボールペンがさほど必要でないなら、そちらの商品を選ぶのもおすすめです。

 

第6位 三菱鉛筆 多機能ペンピュアモルト2&1

インク色 黒・赤
芯の太さ 0.7mm(シャーペンは0.5)
シャーペン
グリップ かため
本体色 メタリックブラウン・ナチュラル・ダークブラウン
大きさ・太さ 147mm・14mm
重さ 35g
替え芯
付加機能 ×

第6位の商品も7位の商品と同じ三菱鉛筆から販売されているこちらの商品。7位の三菱鉛筆の商品との違いはプレミアム感が無くなったこと、というと残念な印象も受けますが、さほど機能に変化が見られないピュアモルトが6位です。

2&1タイプの商品でボールペンが黒と赤のみになっているほかは、ペン軸のオーク材による握りやすさなどプレミアムとあまり変わらず。なのに価格が安いので、コスパが気になるならこちらの商品の方がおすすめです。こちらの商品は軸色もブラウン系で3色から選べます。

 

第5位 ぺんてる 多機能ボールペンビクーニャEX

出典: Amazon.co.jp

ぺんてる 多機能ボールペン ビクーニャEX
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤
芯の太さ 0.7mm(シャーペンは0.5)
シャーペン
グリップ なし
本体色 ブラック・ホワイト・ブルー・シルバー・レッド・ピンク・バイオレット
大きさ・太さ 134mm・14mm
重さ 19g
替え芯
付加機能 ×

5位の商品はぺんてるのボールペン。

こちらの商品の機能は黒と赤のボールペンにシャーペンの3WAYタイプです。前軸部分に重心が来る設計になっているため、書きやすさも感じさせてくれます。インクも粘性が少なく、1回でたくさんの文字を書く際に重宝します。

またこの商品、ペン軸の色は7色存在し、黒色や白色と言ったシンプルな色合いからピンク色、バイオレットカラーなど鮮やかなカラーも多いです。

こちらの商品は見た目も重視したい人にはうってつけのアイテムですね。

 

第4位 三菱鉛筆 多機能ペンジェットストリーム2&1

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 2&1
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤
芯の太さ 0.7mm(シャーペンは0.5)
シャーペン
グリップ かため
本体色 ブラック・ネイビー・ボルドー
大きさ・太さ 147.6mm・12.2mm
重さ 15.3g
替え芯
付加機能 ×

続いては三菱鉛筆「ジェットストリーム」からの人気ブランドの商品から。こちらの三菱鉛筆の商品も赤色・黒色のボールペン+シャーペンの3種類の機能ゆえ、低コストなのが魅力の商品です。

こちらの商品のペン軸のデザインは黒色のほか、ネイビーカラーやボルドーカラーと言った大人向けカラーが並びます。ちょっとシックな雰囲気を出したい方におすすめの商品です。12.2mmというスリムさもあり、収納にも便利な商品となっています。

 

第3位 ステッドラー 多機能ペン アバンギャルド

出典: Amazon.co.jp

ステッドラー 多機能ペン アバンギャルド
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ かため
本体色 ブラック・レッド・アクア・アーバンブルー・カーマイン・クールシルバー・グリーンティ・シャンパンゴールド・スノーホワイト・チェリーブロッサム・ナイトブルー・バレンシア
大きさ・太さ 131mm・9.5mm
重さ 14g
替え芯 〇(一部他社製品対応)
付加機能 ×

3位の商品は人気ブランドステッドラーの多機能ペン。こちらの商品の機能はボールペンが黒色・赤色・青色の3色にシャーペン。グリップ部分が握りやすい形状と素材で、長時間の書き物に向いている商品となっています。

ただしステッドラーの商品の場合、規格さえ合えば他社の替芯を入れることも可能です。緑色などほかの色を取り入れて、自分だけのオリジナルペンを作れるのは良いですね。

こちらのペン軸のカラーは実に8色。黒色白色のほかシルバーカラーやゴールドカラーなど幅広く、デザインにこだわる方も満足しやすいラインナップの商品です。自分のお気に入りの色を見つけてみてください。

 

第2位 Tombow 多機能ペン2&S+消しゴム モノグラフマルチ

出典: Amazon.co.jp

トンボ鉛筆 多機能ペン 2&S+消しゴム モノグラフマルチ
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ なし
本体色 ブラック・ブルー・ゴールド・ピンク・ライム・モノカラー
大きさ・太さ 150mm・18.5mm
重さ 13.7g
替え芯 ×
付加機能 ×

第2位の商品はこちら。トンボの多機能ペンは、黒と赤のボールペンにシャーペンと消しゴムのついたタイプです。こちらの商品のポイントはボールペンもシャーペンと同じく0.5mmを採用していること。ほかの多機能ボールペンの場合、ボールペン部分は0.7mmであることが多いため、より細かい字、小さな字を好む方にはおすすめの商品です。

本体のカラーは6色で、ペン軸部分にモノブランドでお馴染み、青色、白色、黒色のラインが入った種類もあります。ブランドのファンならば、そのモノカラーを選ぶのも良いですね。

 

第1位 三菱鉛筆 多機能ペンジェットストリーム 4&1

出典: Amazon.co.jp

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1
ブランド
カテゴリ
インク色 黒・赤・青・緑
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ やわらかめ
本体色 ブラック・ネイビー・ボルドー・パープル・ピンク・ライトピンク
大きさ・太さ 148.8mm・13.7mm
重さ 23.6g
替え芯
付加機能 ×

そして堂々の第1位はこちらの商品。何度も登場してきた、人気の三菱鉛筆から販売されている商品です。こちらの三菱鉛筆の商品は4位の商品に2つ機能を追加した、ジェットストリームの4&1タイプ。追加部分はボールペンのインク色に青と緑が追加されている点なのですが、芯も0.7でなく0.5になっているのがポイント。

2位の商品同様細かい文字が書きやすく、それでいて機能数が豊富なので1位としました。記入時にインクによる抵抗が少ない、握りやすいグリップなど、ブランドの特徴もそのまま備えています。

こちらの商品のペン軸は全部で6色。場面や好みで使い分けることができるのも魅力です。

 

高級感があるデザインの多機能ボールペンおすすめランキングTOP3

ここでは高級感あふれる多機能ボールペンをご紹介します。機能性を取り入れつつ、デザインも重視したい方におすすめです。

 

第3位 ラミー トライペン

インク色 黒・赤・青
芯の太さ 0.3mm
シャーペン
グリップ かため
本体色 ステンレス・マットステンレス・マットブラック
大きさ・太さ 140mm・-
重さ
替え芯
付加機能 ×

シンプルカラーのシックな3色ボールペン

まずはラミーのトライペン 。機能はボールペンインクのみ3色ですが、デザインが高級感あるシルバーと、艶消しで落ち着きあるマット2種類を展開。ビジネスシーンで使いやすいボールペンです。シャーペンやほかの機能が特に必要なければおすすめ。

金属製の軸はほどよい重さで、筆記時に安定感を与えてくれます。回転式であるため色ごとのボタンがなく、全体的にすっきりしたフォルムも魅力的です。

 

第2位 ロットリング トリオペン

インク色 黒・赤
芯の太さ 0.5mm
シャーペン
グリップ かため
本体色 シルバー・ブラック
大きさ・太さ 144mm・10mm
重さ 22g
替え芯 ○(一部他社製品利用可能)
付加機能 ×

シャーペンが必要な方はこちら

2位はロットリングのトリオペンをチョイス。こちらも見た目がシルバーとブラックで3位と似ていますが、ボールペンが黒と赤の2色のみで、プラスしてシャーペンが使えます。

ボタン式ながらペンデュラム・グラビティシステムという独自システムによって、色の切り替えボタンは使わないのが特徴。片手での操作も容易で、手帳を持ちながらなどもう一方の手がふさがっている時に活躍します。

またゼブラ社など、他社の替え芯を利用することも可能。使い切ったら気に入ったインクや、よりコスパのよい替え芯に切り替えるのもありです。

 

第1位 ロメオ 多機能ペン 4in1

インク色 黒・赤・青
芯の太さ 0.7mm
シャーペン
グリップ やわらかめ
本体色 ブラック
大きさ・太さ 142mm・10mm
重さ 22g
替え芯 ○(一部他社製品利用可能)
付加機能 ×

ノック方式で好きな色をスマートに

高級感ある多機能ボールペン1位は、ロメオの4in1です。ペン軸は黒のみですが、グリップ部分にレザーが使われており、心地よい握りやすさと共にリッチな印象を得た得てくれます。またシャーペンを含めて4種類の芯が利用できるため、マーカー代わりのライン引きや重要項目のチェックなど、多色さにこだわる方にもおすすめです。

ちなみにロメオも、ボタンを使わずに切り替えが可能できるタイプ。ただし回転式ではなく、振り子式を利用しているのが特徴で、使いたい色や種類のマークを上に向けた状態で振れば、該当する芯が出てきます。

 

to buyインフルエンサーおすすめの多機能ボールペンもご紹介!

スタイルフィット ゲルインクボールペンリフィル

メインで使用しているボールペンです。ホルダーはディズニーリゾート限定のものですが市販でも可愛いホルダーがたくさんあります。好きな色を自分でカスタマイズでき、太さも様々。わたし個人としては0.38mmのブラウンブラックがオススメです。

 

ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ  0.5 10色 JJ15-10CA

中学生から使用しているペンで
受験勉強にも大活躍しました。
今現在もお世話になっています。
なんといっても書きやすさが抜群です。
1度試し書きしてみてください。

 

多機能ボールペンの人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、多機能ボールペンの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon人気売れ筋ランキング 楽天人気売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング人気売れ筋ランキング

 

ボールペンの関連記事もご紹介!

グリーンボールペン
ノートの上のボールペン

 

コンパクトな多機能ボールペンで事務作業もスマートに

ボールペン

多機能ボールペンいかがでしたか?自分が求める機能と、実際に使い方を想定すれば、よりスマートな文具として仕事でもプライベートでも活躍してくれるはず。筆記用具はコンパクトに1本でまとめてみませんか?

記事内で紹介されている商品

三菱鉛筆 3色ボールペン ジェットストリー…

サイトを見る

ゼブラ 多機能ペン スラリマルチ

サイトを見る

ぺんてる 多機能ボールペン フィール

サイトを見る

LAMY 2000 複合筆記具 マルチファンクシ…

サイトを見る

PARKER 多機能ペン ソネット

サイトを見る

PARKER IM ボールペン

サイトを見る

三菱 ピュアモルト4&1 オークウッド・…

サイトを見る

The perseids ipen 5in1

サイトを見る

トンボ鉛筆 3色ボールペン リポーター3

サイトを見る

三菱鉛筆 ジェットストリーム スリムコン…

サイトを見る

パイロット 消せる3色ボールペン フリクシ…

サイトを見る

ゼブラ マーベル シャーボX MV6 限定色 …

サイトを見る

ロットリング マルチペン フォーインワン

サイトを見る

CROSS 多機能ペン テックスリープラス

サイトを見る

三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルトプレミ…

サイトを見る

三菱鉛筆 多機能ペン ピュアモルト 2&1

サイトを見る

ぺんてる 多機能ボールペン ビクーニャEX

サイトを見る

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム …

サイトを見る

ステッドラー 多機能ペン アバンギャルド

サイトを見る

トンボ鉛筆 多機能ペン 2&S+消しゴム モ…

サイトを見る

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム …

サイトを見る

ラミー トライペン

サイトを見る

ロットリング トリオペン

サイトを見る

ロメオ 多機能ペン 4in1

サイトを見る

関連記事