買いたいものを検索してください

グルメブロガーが教える!マフィン型のおすすめ10選

マフィンはお好きですか?

手軽に作れて美味しいマフィンは、どこの御家庭でも人気者だと思います。

朝食に食べても良し、おやつに食べても良し、ちょっと小腹が空いたときに食べるのも良し、とあらゆるシーンでお手軽に食べられるのがマフィンですね。

家でもマフィンはマフィン型さえあれば簡単に作ることが出来ます。お店で買ってくるマフィンも良いですが、自分で作るマフィンはさらに一層味わい深く感じますよ。

マフィンを作るのは難しいのでは、と思っているとしたら大間違い。作り方はとてもシンプルでマフィン型と材料が揃えば誰でもすぐに作れます。

ここでは、美味しいマフィンを自分で作るために必要なマフィン型について説明していきます。

 

マフィン型選びのポイント

マフィン型と言っても、様々なタイプがあります。大きくて一度に沢山作れるタイプもあれば、形が動物や花になったりする面白マフィン型などもあります。

どういう点に注意をしてマフィン型を選んでいったら良いのか、1つ1つ重要なポイントを挙げてみましょう。

 

プレート型で一回に作れる個数

マフィン型というのは、プレートに凹みがあって、そこにマフィン生地を流し込んでいくというものです。

一回に作れる個数が多ければ、出来上がる1個当たりのマフィンのサイズは小さくなり、一回に作れる個数が少なければ、1個当たりのマフィンのサイズは大きくなります。

一回に小さいサイズのマフィンを沢山作りたいのか、大き目のサイズのマフィンを数個だけ作りたいのかで選ぶマフィン型が違ってきます。サイズの確認をすることも忘れずに行ってくださいね!

 

一個分のサイズ

前述した通りですが、一個分のサイズを大きくしたいのであれば、一度に作れる個数は少なくなります。個数を選ぶか、サイズを選ぶか、どちらかになりますので、ここは考えて選んでみましょう。また家にあるオーブンのサイズによっては中にはいらないものも出てきてしまいます。

 

【素材で選ぶ】マフィン型

マフィン型の素材には、沢山の種類が挙げられます。素材の違いによって作りやすさも大きく違ってきます。

自分にあった素材を選んでくださいね!

 

シリコン素材

シリコン素材のマフィン型は、やわらかく折ったり曲げたり出来るところが使い勝手が良いです。

焼きあがったマフィンを取り出す際にも、型が曲げられるので簡単に取り出すことが出来るところが魅力です。

しかし、オーブンで焼くということで、シリコン素材自体に否定的な考えもあることも覚えておいた方が良いでしょう。

 

フッ素加工

手軽に使えてお手入れも楽という素材では、フッ素加工のマフィン型があります。

マフィン型からも完成したマフィンを取り出しやすく、錆びることもなく長く使えます。水洗いも出来て焦げ付く心配も無いので、お手入れが楽でおすすめの素材です。

 

アルスター素材

熱伝導率が高く、キレイにマフィンが作れるという点では、アルスター素材があります。

アルスターは鉄にアルミメッキをした素材で、熱を伝えやすく丈夫で長持ちするところが良いですね。

しかし、マフィン型をよく使うという方でなければ、使わず放置しているうちに錆びてしまう素材なので、自分がよくマフィン型を使うかどうかという点を考えてから選びましょう。

 

ブリキ素材

素材で一番おすすめはブリキ製です。ブリキ製は一番熱伝導が良く、マフィンをしっとり柔らかく仕上げてくれるので、出来上がったマフィンがパサパサで悩んでいる方は、次はブリキ製の型を選んでみてください!!

よく使う人は使うほどに油がブリキに馴染み、型離れもしやすくなるというメリットもあります。あまり使わない方でもお手入れ方法をちょっとだけ工夫すれば錆びずに長持ちするのですよ!

錆びずに長持ちする方法は、しまう前にサラダ油を少量ぬり広げて、ふき取って油をなじませてからしまうことで錆びるのを防げます。

あまり使わないからと遠慮する必要はありませんよ。ぜひおいしいマフィンをつくって楽しんでください!

 

【用途で選ぶ】マフィン型を選ぶポイント

 

使い捨てタイプはギフトにも便利!紙タイプ

紙製のマフィン型は、型をいちいち洗うのが面倒な方や、そもそもあまりマフィンを作る機会がないので型の保管場所に困る方に向いています。生地が型にくっついてしまう可能性や、何度も繰り返し使えないというデメリットを逆手にとり、1回きりの使い捨てタイプとして使いましょう。

また使い捨てできるがゆえに、ギフト用としてもおすすめなのが紙のマフィン型です。マフィン型によっては可愛いデザインもありますから、誕生日やバレンタインなど、ちょっとしたイベントに手作りマフィンをプレゼントするのもよいでしょう。ほかの型と違って、食べ終えたら返してもらう必要もありません。

 

1度にたくさんのマフィンを焼けるプレートタイプ

紙やほかの素材のマフィン型は、1つずつが独立したカップタイプをしていることが多いですが、お店のように大量のマフィンを作りたい時にはプレートタイプが重宝します。

プレートタイプのマフィン型は、たこ焼き器のように1枚の板に複数の窪みがついたもの。商品によって差はありますが、おおよそ6個から10個前後のマフィンを焼けることが多いです。

 

オーブンにまとめて入るのがメリット

焼いた後皿に移したりラッピングしたりという手間はかかるものの、1度にまとめてオーブンへ投入できるので、1個ずつ入れて場所を確保する面倒さがありません。入れる回数が1回で済む点は、熱いオーブンに触れてやけどするリスクも少なくしてくれますね。

 

完成したマフィンが小さい?デメリットに注意

ただプレート自体が小さいと窪み、つまりマフィン完成時の大きさも小さくなりがち。小さいほうが好みという方には便利ですが、大きいマフィンを焼きたい場合はプレートのサイズだけでなくマフィン1個あたりのサイズも確認しておきましょう。

 

マフィン型のおすすめ10選!

可愛らしくてつい作りたくなるマフィンですが、意外とつくってみて感じたことの多いぱさぱさ感はどうにかならないものかと頭を悩ませると思います。

しっとりさせたくて充分加熱できないままだと、生になってしまうので、温度や加熱時間を工夫することより、作る工程での工夫が必要です。

ポイントはいかに空気を入れ込むかです。バターを溶かしすぎない、バターを混ぜるときに空気をしっかりと入れるように混ぜる。薄力粉を混ぜるときに混ぜすぎない、さっくりと空気を入れ込むように混ぜるなどの工夫をすることによって仕上がりに差が出るのです。

 

10位 遠藤商事 ブリキマフィン型

使う頻度がたかめのかたにぴったりのブリキ製

プロも使うほどブリキは熱伝導が高いので、ふっくらしっとりした美味しいマフィンができるのです。もちろん作り方にも注意が必要ですが。

あとはお手入れにも注意が必要です。

ブリキは使い込むほどに油が馴染んでいく性質を持っているので使うほどマフィンが型から外れやすくなるメリットがある反面、あまり使わない方は錆びやすいので、お手入れに工夫が必要です。

 

9位 クオリティベーキング マフィンカップF

出典: Amazon.co.jp

クオリティベーキング マフィンカップ
ブランド
カテゴリ

優れた熱分布でふっくらおいしく作れる深型で料理の幅も広がる!

型抜けが良く汚れも落としやすいノンスティックコーティングで、深型なのにお手入れがしやすく扱いやすいです。また、耐久性の高いアルマイト加工アルミニウム製で熱伝導率も高く、しっとり、ふっくら仕上げに出来上がり、柔らかくて美味しい理想的なマフィンができます。

また、型が深く、分離タイプなのでマフィン以外にもいろいろ使えて料理の幅も広がります。

 

8位 マフィン型6ケ取 cuoca

安くて家庭用にちょうどいい!

6個のマフィンが一度に焼けるワンプレートタイプの焼き型です。

家庭用オーブンで丁度良いサイズということなので使いやすいのが良いですね。

商品寸法(W×D×H)は、260mm×178mm×30㎜です。

素材は鉄のシリコン樹脂塗装品で、シリコン加工のため焼きあがったマフィンを型からきれいにはずすことが出来ます。

耐熱温度は220℃ということなので、温度をしっかりと守って使うようにすると良いですね。

製パン・製菓材料専門店が販売しているマフィン型なので、安心感があります。

価格もとても安く、買いやすいのも良いと思います。

 

7位 パール金属 スイートクロスハート2

可愛くて使いやすい!

一度に6個のマフィンが焼けるマフィン型です。

材質はシリコーンゴム。耐熱温度は200℃なので、この温度をしっかりと守って安全に使うと良いでしょう。

カラーがピンクなので、とても可愛らしく、キッチンで作業をしている時にもテンションが上がりそうです。

家庭用オーブンで使えるサイズで、幅270mm× 奥行185mm ×高さ35mm となっています。

マフィンを焼いた後も、型離れしやすいので、キレイに仕上がります。

また、お手入れも簡単で、食器洗い乾燥機にも対応しているのでとても便利。

オーブンだけでなく、電子レンジや冷蔵庫にも対応しているので、マフィン以外にも色々使えてお菓子作りのバリエーションが広がります。

価格がとても安いので、買いやすいところも嬉しいですね。

 

6位 馬嶋屋菓子道具店 シリコン加工 ミニマフィン天板 12P

出典: Amazon.co.jp

シリコン加工 ミニマフィン天板 12P
ブランド
カテゴリ

一口サイズのマフィンが簡単に作れる

一口サイズのマフィンが12個一度にできてきます。

パーティーやバレンタインなどのイベントに向けて重宝しそうなマフィン型です。

素材はスチールでシリコン加工が施されているため、焼きあがったマフィンをキレイに取り出すことが出来ます。

お手入れも楽で、焦げ付いたりしないところも良いですね。

天板サイズは260mm ×210mmなので、家のオーブンに対応するかどうかチェックしてみて下さい。

グラシン紙のカップを使う場合には、5号深型を使うと良いそうです。

お子様のおやつなどに最適。一口サイズのマフィンが簡単に作れると便利なので、持っておくと使い勝手が良さそうなマフィン型です。

シリコン加工のマフィン型なのに、とても価格が安いのでお買い得感があると思います。

 

5位 SOEKAVIA  マフィン型プレート

出典: Amazon.co.jp

SOEKAVIA マフィン型 プレート

パン屋他のお菓子作りにも使える

一度にマフィンが6個作れるマフィン型です。

素材はスチールで、シリコン加工を施してあります。オーブン専用の炭素鋼の材質で体に良いから安全に使えます。

マフィン型のサイズは家庭用オーブンに対応しており、長さ265mm、幅185mm、深さ27mmです。購入前には是非チェックしてみて下さい。

優れた耐熱性能があり、焦げ付きにくく、お手入れも簡単に出来ます。

シリコン加工なので、焼きあがったマフィンも型からするっと出すことが出来ます。マフィンだけでなく、パン、ゼリー、プリンなど色々なお菓子作りに使えるタイプなので、とても重宝しそうです。

価格は普通ですが、マフィンだけでなく冷菓作りにも役立ちますので、妥当なところではないかと思います。

 

4位 WILTON ジャンボマフィンパン

食洗機で洗えるハンドル付きマフィン型

世界中に多くのファンを持つ、アメリカWILTON社のマフィン型です。

アメリカンサイズの大きなマフィンが一度に6個も焼けるので、ワクワクします。

このマフィン型はサイズが大きいので、家のオーブンが対応しているかどうかをチェックしてから購入すると良いですよ。

マフィン型サイズは、横343mm× 奥行220mm×高さ45mmです。

素材はスチールで、ノンスリック加工が施されています(こびりつかない加工)。

焦げ付きにくいので、きれいに仕上がりますし、お手入れも簡単に出来ます。

また、食洗機で洗えるのも良いですね。

ハンドル付きなので、持ちやすく、焼きあがった時につかみやすいのも便利だと思います。

アメリカンサイズのマフィンが手軽に作れるという面白いマフィン型なのに、価格帯はリーズナブル。大きなマフィンを作りたいという方に向いています。

 

3位 WILTON ミニマフィンパン

12個も焼けるので長期的にはとてもお得

12個のミニマフィンが一度に焼けるマフィン型です。アメリカ大手のWILTON社の商品なので信頼も出来そうです。

素材はスチールで、ノンスリック加工済み(こびりつかない加工)です。焦げ付きにくいので、キレイにマフィンが仕上がります。

焦げ付きが無いので、お手入れも簡単で食洗機でも洗えます。

マフィン型のサイズは、横275mm×奥行195mm×高さ20mmとなっており、家のオーブンで使えるかどうか予めチェックしておいて下さい。

一口サイズのミニマフィンが簡単に出来るので、ホームパーティーやバレンタインなどのイベント時に大活躍してくれそうです。

価格帯は普通なので、何度も家でミニマフィンを作るという方であれば、長期的にはとてもお得に使えると思います。

 

2位 WILTON  レギュラーマフィンパン

出典: Amazon.co.jp

WILTON レギュラーマフィンパン
ブランド
カテゴリ

クオリティの高いマフィン型なのに、リーズナブル

レギュラーサイズのマフィンが一度に12個も作れるマフィン型です。

アメリカサイズなので、家のオーブンに入らないという方も多いと思うため、まずサイズを確認してみて下さい。

マフィン型のサイズは、横370mm× 奥行267mm×高さ33mmです。

アメリカ大手のWILTON社の商品ということで、安心感があります。

材質はスチールで、丈夫な作りで歪んだりしません。

焼きあがったマフィンは焦げ付きにくく、キレイに仕上がるのが良いですね。

焦げ付いたりしないので、お手入れも簡単。食洗機で洗えるところも嬉しいです。

クオリティの高いマフィン型なのに、リーズナブル価格。マフィン型を探している方で、このマフィン型が家のオーブンで使えるのなら、断然おすすめです。

 

1位 パール金属 マフィン型 プレート

型紙無しで焼いても型にくっつかない

マフィンが6個同時に焼きあがるマフィン型プレートです。

製品サイズは、幅268mm×奥行183mm×高さ32mmです。購入前には家のオーブンで使えるかどうか確認してみて下さい。

材質はスチールで、シリコーン樹脂塗装を施してあります。ハイクリーンコートなので、こびりつく心配も無いですし、汚れも落としやすく、お手入れが簡単なのが良いと思います。

オーブン専用のマフィン型で、型紙無しで焼いても型にくっつかないということなので、これはなかなか良いですね。

amazonでの口コミも概ね好評なので、これからマフィン型を購入しようという方にも、買い替えを検討している方にもおすすめです。

価格も安くて入手出来るところも良いと思います。

 

簡単美味しい!マフィン型で作れるレシピ

マフィンマフィンは簡単に作れます。まずは、マフィンの作り方をさらっと書いておきますね。

 

マフィンの作り方

材料

〇ホットケーキミックス粉150g

〇卵(Mサイズ)1個

〇牛乳110ml

〇砂糖50g

〇バター50g

 

作り方

下準備

〇バターを湯煎等で溶かしておく

〇オーブンを180℃に予熱しておく

1.ボウルに卵を入れてほぐし、牛乳・砂糖を入れて泡立て器でよく混ぜます。そこにホットケーキミックスを加えて混ぜます。溶かしたバターも加えてしっかりと混ぜます。

2.マフィン型に、1の生地を6分目まで入れて、予熱しておいた180℃のオーブンで20~25分焼きます。竹串を刺して、生地がつかなければ焼き上がりです。

〇基本のマフィンの作り方は、とても簡単です。

他にもチョコレートを加えて味を変えたり、クリームチーズを加えてコクを出したりと、色々なアレンジも可能です。

自分だけのマフィンを作るのはとても楽しいので、おすすめです。

 

マフィン型の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、マフィン型の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

マフィン型で見た目もおいしく!

テラス

マフィン型が1つ家にあると、焼き立てのマフィンが食べられるので嬉しくなりますよね。

簡単に作れて美味しいマフィンは、朝食にもおやつにも最適です!

オーブンが家にある方なら、是非マフィンを作ることをおすすめしますよ。マフィン型は様々な種類がありますが、どれもリーズナブルな価格で入手出来るので、手軽にマフィン作りをはじめられるのも嬉しいですね。

ここで挙げたマフィン型は人気のあるタイプなので、参考にしてみて下さい。

記事内で紹介されている商品

遠藤商事 ブリキマフィン型

サイトを見る

クオリティベーキング マフィンカップ

サイトを見る

マフィン型6ケ取 cuoca

サイトを見る

パール金属 スイートクロスハート2

サイトを見る

シリコン加工 ミニマフィン天板 12P

サイトを見る

SOEKAVIA マフィン型 プレート

サイトを見る

WILTON ジャンボマフィンパン

サイトを見る

WILTON ミニマフィンパン

サイトを見る

WILTON レギュラーマフィンパン

サイトを見る

パール金属 マフィン型 プレート

サイトを見る

関連記事